フォト
無料ブログはココログ

曹操の骨発見。虫歯菌と群発頭痛で命ちじめた?「偉人たちの健康診断」参考 前漢末から王莽の新、後漢末から三国の人口変化 追記

2019年8月8日(木)のNHKの番組、「偉人たちの健康診断」で、後漢末から三国時代にかけての魏の建国者、曹操の健康診断をしています。

 

2006年に河南省で3世紀のものとみられる墳墓が発見された。なかの副葬品には12の鼎など皇帝のものとみられるものがあった。墓の墓碑に魏武王という表示があり、中で発見された頭骨の縫合線が隙間がなく50代から60代後半の頭骨、ということで曹操の墓であることが確定された。副葬品は極めて質素なものであった。

曹操は非常の人(たぐいまれな人)とも、姦雄ともいわれた。曹操は演劇の「三国志演技」では善玉の劉備に対し、悪役の曹操として位置づけられている。しかしここではあくまでも正史の「三国志」で見ることにする。曹操は字は孟徳。後漢の丞相,魏王、武帝と贈り名される。人相見に「治世の能臣、乱世の姦雄」といわれた。

発掘された曹操のものと思われる頭骨。

縫合線の形状 隙間が無くなっている。50代から60代後半の人物。

190815_081001

頭骨に付いている上あごの骨についている歯の状態。ひどい虫歯の跡がある。さぞ、虫歯の痛みに苦しめられたのであろう。

190815_081003

歯が抜けた跡と5年以上前に抜けた歯の跡もある。

190815_081201

同じ墓に葬られていた卞(べん)夫人の下あご歯はきれいにそろっている

190815_081301

副葬品の中に石枕がある 曹操の墓の副葬品はとても地味である。

190815_081302

曹操の副葬品はとても地味である。漢の王族では玉を金糸で縫い合わせたもの(金る玉衣)で遺体を包んだものがある。

壊れた象牙を物差しに再利用しているものがある。また夫人達にも絹を着させなかった。

◎この地味な曹操の墓により、今まで見つからなかった。

190815_081401_20190817153101

曹操の顔の復元

上海の復旦大学が曹操の子孫、280人を特定して、顔の特長から曹操の顔を復元した。

◎曹操の歯のDNAから顔も復元されるかも。

190815_081601

曹操の戦略と戦い

曹操は孫子の兵法の注釈書を書いた、極めて優れた軍略家。

官渡の戦いでは 袁紹軍10万に対し、曹操軍1万の戦いであった。

食糧庫を襲うなど奇襲作戦などを駆使し戦いに勝利する。

190815_082001

曹操の略史

155年 曹操生まれる。曹操の家は,大宦官、曹騰の家で父は養子であった。宦官の家の子という負い目があった。

174年 20歳で孝廉にあげられる 警察長官(洛陽北都尉)として厳しい取り締まりをし、「禁を侵すものなし」と評判が高くなる

184年 30歳の時、黄巾の乱に対し、騎都尉として功を立て済南国の相となる

192年 曹操挙兵 黄巾の乱の反乱軍の降伏したものから青州兵を組織

200年 官渡の戦いで10万の袁紹軍に勝利する

207年 河北を統一する 曹操53歳

208年 赤壁の戦い 曹操敗北 天下三分

213年 魏公となる

220年 曹操逝去 66歳。

     息子の曹丕が皇帝となり後漢滅亡 魏建国

     曹操は自分の生きている間は漢の帝室を滅ぼさなかった。

◎曹操は非合理的なことを嫌い、自分の任地の人々を苦しめる、淫祠邪宗などを取り締まった。これは後漢の第五倫なども行った。

曹操の病気

曹操は昼寝のとき、起こしてくれと頼んだのに起こさなかったとして寵姫を撲殺した。群発頭痛持ちの人ではありうること。

 190815_082401

片頭痛と群発頭痛

群発頭痛では激痛を訴え興奮して落ち着きが無くなる。何をしているかわからぬほどの激痛。

190815_082402

自分で金づちで頭をたたいて血だらけになったりする人も。

曹操の体はほとんど同郷の名医、華佗が診ることに

190815_082602

古代中国の鍼と現代の鍼

曹操の頭痛を抑えるのに肋骨の下の横隔膜のところに鍼を打った。技術はとても難しい。

華佗は田舎に帰ったきり戻らなかった。曹操は待ちきれず華佗を追及、ウソがばれる。曹操は華佗を殺してしまう。

190815_082701

華佗の5禽戯は5種類の動物の動きを真似る技。運動と気功術を兼ねる。血液の循環を良くし、免疫力を向上させる。

190815_083001

群発頭痛を抑えるのに良いツボ 懸ろと懸り

190815_083002

群発頭痛の患者の殆どは男性に起きる

190815_083801

三国時代のありさま 地図 215-218年ころに

魏志倭人伝に書かれる

190815_084301

三国時代の人口については末尾の「参考」を参照ください。

曹操の政策  

1、屯田制 流民に農具や牛を貸し与え、新しい農地を開拓させた。

◎末の資料参照 人口が激減し耕作放棄地がたくさんあった。

190815_084401

190815_084402_20190818135101

2、才能により官吏を 少し道義的に問題があっても能力があれば官吏に登用 それまでは儒教の親孝行などの徳目で採用

赤壁の戦い、と曹操の死と虫歯菌の恐ろしさ

赤壁の戦いでは、呉の周瑜に簡単に見透かされるほど、作戦に焦りがあり,歯の痛み、頭痛などの病状が進んでいたのではないか。

もしこういう病がなく、じっくり攻めていれば魏軍の勝利は間違いがなかったのではないか。

曹操の敗因 あせりと頭痛

数10万といわれる曹操軍、それに対し劉備・孫権の連合軍は数万人

 北方の曹操軍は船での戦いに不慣れ

 寒い時期に押し寄せた 補給が十分でない

 様々な軍が参加しまとまりがない

 南方の風土病に感染しやすい

―焼き討ちに会い壊滅的な敗北

◎もしも怒りで華佗を殺さず、治療をしてもらえていれば、戦いにも勝ち早くに全中国を統一したであろうに。

曹操は死期を悟り、簡単な墓を作るように命じた。

190815_084601

220年曹操逝去 享年66歳。ひどく重度の虫歯が原因ではなかろうかと。

190815_084602

ミュータンス菌は時に、人の命を奪う。

190815_084701

虫歯(ミュータンス)菌)は、いろいろな臓器に結び付く。脳梗塞、心筋梗塞、腎盂腎炎など。

190815_084901

虫歯に穴が開くと,ミュータンス菌が体のいろいろな臓器に結び付く。

190815_084902

虫歯を防ぐ 歯磨きは20分たってから磨く。すぐだと柔らかい歯に細かい傷がつき虫歯菌が付きやすくなる。時間のないときはお茶か水でよくゆすいでから。

190815_085501

◎参考 前漢末から王莽の新、後漢末から三国の人口変化)

ブログ筆者の書いた小説「第五倫伝」(旧題「人相食む」未発表)では、中国の人口変化について書いています。

前漢で最も人口が多かったのは、前漢末期の平帝の時で、元始2年(西暦2年)の5959万人であった。前漢がほろぶ寸前であった。西暦5年、閉廷がわずか14歳で死ぬと(毒殺されたといわれる)、王莽は国の実権を握り、西暦8年に新を建国した。煩雑を極めた。しかし理想主義の王莽の施策は煩雑を極めた。17年には飢饉が生じ、反乱がおきるようになる。ついに25年漢中が飢え「人相食む」との記述が正史に載るようになる。最盛に約6000万あった人口がわずか16年間で1400万人に減少してしまったのである。そして22年劉秀が挙兵した。

25年光武帝劉秀が即位し、後漢王朝が始まった。人口は次第に回復し、西暦157年に人口は最大の5600万人になりました。しかし世の中は次第に乱れ184年には黄巾の乱が発生する。以後人口は減る一方となります。各地方は各群雄が割拠したたかった。208年には赤壁の戦いが起きる。

曹操の死により,曹丕が即位し魏が、221年に劉備の蜀が、そして222年に孫権の呉が建国され、三国時代となった。その時の人口は魏が443万人、呉が280万人、蜀が94万人であった。3国足しても810万人、(最盛期の14,5%)いかに後漢末の戦乱が激しかったかがわかります。たった94万人の蜀が5倍近くも大きな魏と戦うのは戦うのは,孔明も大変だったなと思います。

2019年8月20日(火)NHK番組で追記

3時ころNHKで曹操についての番組がありましたので、追記しました。

京劇で演じられる曹操は三国志演義に基づき悪役ということになっている。

しかし実像は全く違う。

190820_153201

曹操の頭蓋骨は砕かれていた。悪役のイメージにもとづいて砕かれたのかもしれない。

190820_153301

漢王朝の王族の墓では、金縷玉衣、きらびやかなもの。

190820_153401

副葬品も豪華である。儒教では死者を厚く葬る教え。厚葬をする。 

曹操の墓は墓は金玉珍宝なものはなかった、と書かれる。儒教を離れた合理性に基づく薄葬。

190820_153501

諸葛孔明はよく言われるほど、戦争ではあまり強くはなかった。

190820_154201

しかし南方の王である孟獲を7度捉えて7度放つ、心腹させた。南方交易での収入が大きな支えに。

190820_154401

 

曹操と諸葛孔明の画像。

◎曹操は「三国志演義」「で、また京劇などで、悪人のイメージがついてしまった。

しかし曹操の実像は、優れた,武将であり、政治家、また素晴らしい詩を書く詩人、また優れた兵法家でもあった。長い間、儒教の影響が強い間は、曹操の評価は悪かったが、魯迅などの現代の知識人は、曹操を高く評価している。ブログ筆者もそうである。

 

2019年7月9日より9月16日まで、東京国立博物館で特別展「三国志展」が開かれています。期間中に行ってみます。

2019年8月13日 (火)

新宿高島屋の人形町今半に行ってきました。美味しいステーキでした。

2019年8月13日(火)新宿高島屋の14階のお店、人形町今半に行ってきました。...

» 続きを読む

2019年8月 8日 (木)

近況、1日本と韓国の対立について、ともに打撃を受ける、2、気候の変化と体調について、鎮痛剤リリカ,睡眠薬ルネスタ、抗ヒス・剤ピラノア

1、日本と韓国の対立について、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の言葉の翻訳が火種 ...

» 続きを読む

2019年8月 4日 (日)

「こういちの人間学ブログ」が2019年8月で、書き始めてより10年になりました。読んでいただいた方々ありがとうございます。

「こういちの人間学ブログ」は,一番早くに書き始めたのが、2009年7月22日でし...

» 続きを読む

2019年7月28日 (日)

人間学研究所、2019年度9月例会のおしらせ。杉山靖夫氏(税理士)の「消費税について」をお話されます。

人間学研究所2019年度9月例会(第154回)のお知らせ 日  時 : 2019...

» 続きを読む

2019年7月23日 (火)

イタリア料理、セストセンソ 新宿高島屋に行ってきました。2018,6、二回目。2019年7月23日、3回目の訪問です。更新版。

 2017年3月7日(火)、ヘルパーの斉藤さんと月二回のお出かけの日は、はじめ谷...

» 続きを読む

2019年7月22日 (月)

参院選与党(自公)が勝利、改選過半数。改憲3分の2届かず。新聞記事ー自民10議席も減らしたのに?憲法改正、首相、国民(民主党)と連携期待だと。

2019年7月22日(月)の朝刊に、毎日新聞、日経新聞に自公が勝利した、安倍首相...

» 続きを読む

2019年7月19日 (金)

高橋喜代治氏の『耕地の子どもの暮らしと遊び』続編が発行されました。素晴らしい本です。ぜひお読みください。

人間学研究所の研究員である、高橋喜代治氏の続『耕地の子どもの暮らしと遊び』~旧倉...

» 続きを読む

2019年7月15日 (月)

都心で7月の気温が8日連続25℃以下。H5年のコメ騒動以来の冷夏だがほとんど報道されず。気圧低下で体調不良。

都心で7月5日から12日までの8日間、最高気温が25℃以下の日が続き、平成5年(...

» 続きを読む

2019年7月13日 (土)

こういちの人間学 2、応用人間学・2、3、近況 記事一覧 2019年7月版

    2019年7月の段階で、「こういちの人間学」ブログに書いてきた記事の一...

» 続きを読む

こういちの人間学、1、基礎人間学版記事一覧 2019,7月版

  2019年7月段階における、基礎人間学の分野のブログの表題一覧です。   各...

» 続きを読む

2019年7月10日 (水)

余禄ー寒冷化による人口激減(人口崩壊)の歴史。後漢、欧州での戦乱、縄文時代末期の人口崩壊。戦乱も疫病もないのに人口崩壊する現代日本

2019年7月10日の、毎日新聞朝刊の『余禄』に,人類史上に何度も起きた人口の激...

» 続きを読む

小説『第五倫伝』 後漢初期の人間学 目次 2019年7月更新版 

『第五倫伝』 後漢初期の人間学 目次      2019年更新版  旧題名「人...

» 続きを読む

2019年7月 8日 (月)

今年の夏は冷夏!これも異常気象だから温暖化?田家氏の本、歴史を変えた異常気象。怖いのは寒冷化!つゆ寒と書きたくないマスコミ?

日経新聞2019年7月5日(金)の夕刊1面トップは「異常気象 世界襲う」「仏で4...

» 続きを読む

2019年7月 4日 (木)

近況、1、参院選きょう公示、追記、2、巻き爪で皮膚科へ、3、足のむくみがひどくなる ,4、6月のアクセス

1,2019年7月4日、参院選きょう公示。21日投票日、自民党の横暴を止められる...

» 続きを読む

2019年6月28日 (金)

人間学研究所2019年7月例会のお知らせ 江原氏が「日本の住宅事情」を話されます。「人間学研究所通信83号」が発行されました

人間学研究所2019年度7月例会 (人間学研究所153回、2019年度第4回例会...

» 続きを読む

2019年6月25日 (火)

京王プラザホテルの「グラス・コート」で、ランチビュフェを食べてきました。

新宿の京王プラザホテルにはいろいろレストランがあります。今日はその中で、ランチ・...

» 続きを読む

2019年6月23日 (日)

”老後2000万円”をめぐる政治状況について―世の中、あんまり変わらないのか?さらに悪くなるのか。 

2019年6月3日に金融庁傘下の審議会が出した報告書をめぐって、さまざまな論議が...

» 続きを読む

2019年6月16日 (日)

人間学研究所、2019年6月例会は韓国海鮮料理店、テジョンデで懇親会でした。9名の方が参加しました。

2019年(令和元年)6月14日(金)は、以前にも何回も行っていた韓国海鮮料理店...

» 続きを読む

2019年6月12日 (水)

出没!アド街ック天国、6月8日は「新宿百人町」。20位ランキング。 ブログ筆者ながらの解説で書きます。筆者の写真の追記版

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/k...

» 続きを読む

«西新宿の高層ビル街を電動車いすで走る。税務署通りから青梅街道の地域、三井、三菱、住友のビルが多い。

最近の記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック