フォト
無料ブログはココログ

« 宇宙の起源についてーそして星空の素晴らしさ | トップページ | 人間学研究所の移転、および、2月例会の中止について »

2010年1月21日 (木)

街中での韓国人、中国人、日本人の見分け方

 私の住んでいる、新大久保界隈(大久保と百人町)の中で、歌舞伎町よりの百人町1丁目と、大久保1丁目は、外国人比率が7割を占めていると思われます。正式に外国人登録している人はそんなにいませんが、観光ビザで、往来を繰り返している人は大変多いのです。以前よく行っていた、中国(台湾)のマッサージ店の従業員は、ほとんどそうでした。新大久保駅から明治通りに向かっての大久保通りは、毎日旅行鞄をカラカラさせて引っ張って行く人がとても多いのです。ただ普通は、顔を見ただけでは、日本人と、韓国人、中国人の区別はなかなかつきません。そこで永年この大久保に住んでいて感じた違いを、お話してみます。

顔の違い

1、韓国の人の顔は、日本人の中で、いわゆるしょう油顔と呼ばれている、北九州から、瀬戸内海、関西にかけて多い、いわゆる弥生系の顔の人が多いのです。色白細面、目がややつりあがり、一重まぶた(女性は二重に整形している人が多い)、いわゆるキツネ顔、お雛様のような顔です。なかなか美男子、美人が多いのです。

2、ただ日本人でも韓国人中国人でも、大きく、都会型と非都会型があるのです。ようするに、軟らかい食べ物を食べ続けた結果、顎が小さくなった、小顔の都会型と、顎ががっちリとした、顔の大きな、非都会型です。都会型では日本、韓国、中国ともに、かなり同じような顔になっています。これは特に女性において著しい傾向です。

3、日本人や中国人はとても顔のバラエティに富んでいます。日本人のルーツが、南方の黒潮に乗ってインドネシアあたりから来た人。南中国から来た人、北中国から来た人、韓国からの渡来人、北方から来た、ツングース系の人やアイヌ人などいろいろだからです。中国ではさらに多くて、漢民族の顔でも、南方と北方で違いあがり、さらには、韓国系の人モンゴル系の人、チベット系の人、さらには、新疆ウイグル自治区の西方のイスラム教の信者たちなどいろいろです。そのほかにもさまざまな少数民族があります。

その他の違い

1,韓国人と中国人は帽子をかぶっている人が多い。特に韓国の人は、帽子をかぶっていることが多いのですが、野球帽を、男女ともにかぶっています。日本人の女性では野球帽をかぶる人はあまりみません。女性で、野球帽をかぶっていたら、韓国人の可能性が高いのです。

2、タクシーの止め方 日本人は少し手を上にあげて、タクシーを止めます。ところが中国韓国人ともに少し下のほうに手を出します。このような仕草は、人によってほとんど変わりないので、一発で見抜けます。タクシーの運転手さんもそう言っていました。

3、韓国の女性は友達同士で手をつないでいることが多いのです。女性二人で野球帽をかぶり、手をつないでいたら、まず100%、韓国(朝鮮)の人と思って間違いありません。

4、韓国の女性も中国の女性も、話声が大きいですね。またかなり早口です。上海の女性同士でしゃべっていると、その早口に驚きます。韓国の女性も、中国の女性も話していて、何かけんかしているようにも聞こえます。私は大久保通りに面したビルの5階に住んでいますが、夜、大声でいい争っている声がよく聞こえます。日本人どうしということは少なく、5階まで響いてくるのは、韓国、中国の人たちです。

5 韓国の女性、特に若い女性に、太った女性はほとんどいない。日本人は最近、ぽっちゃりタイプもこのまれるようになってきたが(ぽっちゃり女性シンドロームと言うらしい)。韓国では太った女性は嫌われる為に、整形でもしてもやせるようにしているとのことです。ただ日本の若い女性も、やせているのであまり区別はつきません。かなり太ったわかい女の子は日本女性かもしれません。

 今のところ、私が感じているのはそんなところですが、お読みになった方で、ほかにもこんな違いがあるよと、教えていただければありがたいと思います。

◎ 参考 中国における少数民族  中国には55の少数民族が存在します。

それぞれ、自治区政府を作って独自性を認めています。                    内モンゴル自治区    モンゴル人                                     チベット自治区      チベット人                                新疆ウイグル自治区   ウイグル人、回族など                          延辺自治区 朝鮮族 (新大久保で韓国風中華料理店経営)                                             広州チワン族自治区   チワン族 タイ族他多数                                   他に 自治区になっていませんが、昔女真族、満州族                        金や清朝の支配層 だった人たちです

2011年7月 追記

 『こんなに違うよ 日本人 韓国人 中国人』(造事務所編著 2010年10月  619円 PHP教養文庫)という本があります。三つの国の国民性の違いを面白く紹介しています。

« 宇宙の起源についてーそして星空の素晴らしさ | トップページ | 人間学研究所の移転、および、2月例会の中止について »

大久保の街紹介」カテゴリの記事

コメント

韓国人女性二人組が前から歩いてきた時絶対にどかないですね。
広い道路でも日本人はよけたりしますけど

↑まぁ中国人も似たようなものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/33068889

この記事へのトラックバック一覧です: 街中での韓国人、中国人、日本人の見分け方:

« 宇宙の起源についてーそして星空の素晴らしさ | トップページ | 人間学研究所の移転、および、2月例会の中止について »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック