フォト
無料ブログはココログ

« 「こういちの人間学」ブログに書いてきたもの150件に 2010,5 | トップページ | 日本の薬物問題 恐るべき海外での実態ー新教育人間学部会 »

2010年5月18日 (火)

沖縄基地問題で鳩山首相を責められるのかーではどうするつもりか

 鳩山内閣の支持率が20%だいになり、危険水域になってきたといろいろな新聞週刊誌に書かれている。その原因は、一つには遅くとも5月末までには決着をつけるといい続けてきた、鳩山首相が、どうも5月末には決着しそうもないと、言うようになってきたこと。それから小沢幹事長の問題である。支持率も民主党も自民党も落ちて、みんなの党などが支持率を上げている。みんなの党などの、自民党別働隊が票をかすめ取り、民主党と連立を組めば、政策は、より自民党に近い、大企業、官僚本位の政策に、ならざるを得なくなり、しめしめということになる。

 沖縄基地問題では、沖縄にばかりに負担をかけることをやめせめて少しでも県外にということで、基地機能の一部を徳之島に移すということである。徳之島の一部に、基地に来てもらって、島の再生を果たそうというグループに乗ったようである。しかし一般の島民が賛成するわけがない。三人の町長はじめ、絶対反対の態度を強硬に示し、到底徳之島に移すことは不可能である。また、アメリカの海兵隊も分離するのは困ると言っている。

 鳩山首相は、海兵隊の抑止力に、よく思い至らなかったと言っています。しかし海兵隊は、もともと敵陣へ海から急襲する部隊であり、防御のためのものではありません。海兵隊の本部は世界に三つある中でアメリカ国内に二つ、後一つは日本です。他の国に海兵隊の本部などありません。海兵隊が、どこの国に対して抑止力を持つというのでしょうか。日本の海兵隊は、もっぱら、イラクやアフガニスタンなどに派遣されています。 岡田外相が、海兵隊がグアムに行ったら、抑止力が減るとか、有事の際に邦人を救出してもらえないとか言っているそうですが、本当に海兵隊が沖縄にいたら日本人を救ってくれるのでしょうか。

 普天間基地を名護市の辺野古に移すというのが、元の自民党案ですが、辺野古にはジュゴンが住んでいる素晴らしい海があり、それを基地にしてしまえば環境を恐ろしく破棄するということは誰もが認めています。そこで、辺野古の海に杭を打って、飛行場を作ろうというのです。これも環境を破棄することは全く同じです。辺野古の人たちにも迷惑せんばんです。基地反対の市長に変わったのですから市民の意思は明らかです。もし、ここで民主党が自民党と同じようなことをするなら私はもう、民主党は支持しません。公約をたがえたのですから。

 でも一方では鳩山首相を責め立てている連中は一体どうすればいいという案を出しているわけではありません。まったく無責任な高みの見物です。もうこれ以上基地はたくさんと言っている沖縄に持ってくるのは不可能です。そして、当然のことながら、沖縄以外の地で受け入れると快くいうところは、まったくありえません。自民党や、みんなの党は、最初の辺野古沖に埋め立てて飛行場を作る案を推し進めるのでしょうか。

 週刊新潮の5月20日号に、「テニアンが現実的」と一つ覚え 福島瑞穂少子化担当相」の非現実という記事があります。「社民党としては、グアムとテニアンしか考えておりません」とこわれたテープのように実現性のないことをくり返していると。国民新党の亀井静香代表も辺野古野でのくい打ち桟橋方式に反対という言葉に勢いづいたといいます。

 「北マリアナ連邦の議会も誘致を4月12日に上院議会で賛成していると言うことで、そこのテニアン島が一番現実的ではないかと思います」というのが、福島氏の見解です。すでにテニアン島の3分の2はアメリカ軍が使用しています。それに対して、週刊誌では「テニアンは人口3000人の小さな島で、大きな港もなく飲料水も電気もない。こんなところでは短期的な訓練はできても長期的な駐留は無理。インフラを整備するするにも時間がかかりすぎる。だからテニアンが現実的だというのはナンセンスだというのである。

 なんでここで急に週刊新潮の記者はアメリカ海兵隊の立場に立ったつもりになって、テニアンは無理というのでしょうか、電気がなく飲料水もないとは。3000人の人はどうして暮しているのでしょうか。実際の人口は3500人で、なかにはいいホテルも何軒かあります。それからそんなに大きな港が必要なのでしょうか。主力の海兵隊8000人はグアムに移転することが決まっています。そのために日本が大きな負担をするという理不尽なことがあります。アメリカでも実はグアムに移すのがよいという意見があるといいます。駐留はグアムで訓練は、テニアンですればいいのではないでしょうか。それは必ずしもナンセンスな案ではありません。またどうしても困りますということで日本政府が強い態度に出ればアメリカも自分で良い方法を考えます。いつまでもアメリカのいいなりになる必要はないのではないでしょうか。  テニアン島は太平洋戦争の時にB29の大きな基地があり、本土空襲そして広島長崎に原爆を投下した<基地として有名なところです。テニアン島には二つの飛行場があり、北部のハゴイ飛行場は、アメリカ米軍の管理下にあり、ときどき軍事訓練に使われているそうです。4本滑走路のうち2本は使われないで緑に覆われているそうですが、新規に作るよりはずっと安上がりでできるはずです。だから十分に移転可能なはずです。私が思うに、テニアンなどに移すと、日本政府が出している「思いやり予算」のお金がもらえなくなるからなのではないかと思いますがいかがでしょうか。

 日本では国民が反対して到底無理なので、グアムやテニアンなどに移してほしいとなぜ、鳩山首相は言えないのでしょうか。このことは前にも書きました。海外に移してくれと、日本全体のムードを盛り上げていけば、今急速に落ちている鳩山民主党政権の支持率は急速に回復すると思います。今度の参議院選挙に向けて大量のタレント候補を立てて、議席を維持しようなどというのは愚の骨頂です。

毎日新聞の5月18日の夕刊に社民党の福島党首の談話が大きく出ています。私が上記に書いていることで、妥当性があるものです

« 「こういちの人間学」ブログに書いてきたもの150件に 2010,5 | トップページ | 日本の薬物問題 恐るべき海外での実態ー新教育人間学部会 »

政治と社会の現状」カテゴリの記事

コメント

テニアンがそんなに素晴らしい案なら、民主党の議員達は飛びついてるでしょうよ。支持率下げたいわけがないんだから。
なのに飛びついてるのが川内一人ってことは、非現実的な案だってことですよ。
いい加減に現実を見たら?

> それは必ずしもナンセンスな案ではありません。
素人にそんな判断されてもね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/34751771

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄基地問題で鳩山首相を責められるのかーではどうするつもりか:

« 「こういちの人間学」ブログに書いてきたもの150件に 2010,5 | トップページ | 日本の薬物問題 恐るべき海外での実態ー新教育人間学部会 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック