フォト
無料ブログはココログ

« 『人間学研究所年誌2009』第7号の内容 | トップページ | 最近の韓国歴史ドラマ H22,8 私の感想 »

2010年8月17日 (火)

 「こういちの人間学ブログ」200件になりました そして近況 メス猫ニャー丸

 毎日毎日の猛暑で、いささか体もばて気味です。あまり暑い中を出掛ける気にもならなくなります。北極の氷も溶け出して縮小し、地球温暖化が進んでいるとの実感が出てきそうですが、一方南半球はかなりの寒さだそうです。偏西風の蛇行がこの暑さをもたらしているようで、前にもお話しましたが、この暑さは二酸化炭素が増えたせいではないので、念のため。

 実用的人間学研究会有志で 小旅行に

 実用的人間学研究会の有志で、越後湯沢の旧(株)サタケの共同で買ったリゾートマンションに8月22日(日)~23日にかけて行ってまいります。10人は泊まれる2LDKの大きなマンションで、大きな温泉があります。まだ参加確定者は3人だけです。(8月19日 この企画は残念ながら中止となりました。)

 集合は8月22日(日)朝10時に人間学研究所のところにおあつまりください。そこから車で出かけます。8人乗りの車でサタケが運転します。本来、会員全員の方に連絡すべきなのですが、前回の例会に参加された方の一部のみに電話でお聞きしましただけです。このブログをお読みになった方で参加ご希望の方はサタケの携帯までご連絡ください。090-6549-2677です。宿泊は一人1000円ですみます。途中の日帰り温泉などに入ったり、景色のよさを堪能したり、湯沢の街でおいしいものを食べたり飲んだりと楽しく過ごしましょう。

 「こういちの人間学ブログ」200件になりました

 「こういちの人間学ブログも」ちょうどこの文章で200件となりました。実用的人間学の内容を書いていこうと一年前から書き始め、一応200件にはなりましたが、実用的人間学として書かねばならない内容の半分にも達していません。引き続き、書いていきますのでよろしくお願いいたします。

 どのようなことを書いてきたかについては8月7日付に書き、8月14日に修正しました「こういちの人間学194件に」というのを修正し200件の内容に書きなおします。それぞれの項目はまだまだ不十分で特に人間と教育などは重要な部門にかかわらず二件しか書いていません。これから充実させていきます。

 「猫のニャー丸が腰が立たなくなりました」

 4日ほど前から三匹の飼い猫のうち、17歳のオス、メスの兄妹の猫がおります。その中の太って元気そうなメス猫ニャー丸が何か元気がなかったのですが、急にこしが立たなくなりました。動物医につれていったのですが、平衡感覚がおかしいのかもしれないと、脳のスキャンをしますかと言われましたが、注射(何か分かりませんが)うってもらい、様子を見てくださいとなりました。昨年介護をしていた父が12月になくなりましたが今度は猫か―ということに。ニャーと弱よわしく泣き、動こうとする気配で、ごはんなのか、水か、トイレかと判断して、トイレは猫のトイレまで連れていきます。医者に三回いったあと今日はよろよろと歩きましたので少し回復の気配が出たのかと、思っています。ともかく部屋が暑いので動けない猫のためにずっと部屋にエアコンを入れています。オスの17歳の猫は糖尿らしくやせてひょろひょろしていて、先に死んでしまいそうで、メス猫は太っていて大丈夫かと、思いましたが、なにせ人間でいえば80,90の年齢なので油断はできないものだなと思いました。あと一匹の7歳のオスの黒猫は元気いっぱいです。

そのご、5回獣医のところに行って、注射をしてもらい、よろよろはしますが歩けるようになりました。ただおしっこなどをうまく砂の箱に入ってできないので、オスのニャ次郎と同じように砂の箱の外にしいてある新聞紙のところにしてしまいます。でも、寝たきりにならずよかったです。

追記:ニャー丸は、2011年12月現在、歩き方がよろよろしていますが、元気にしています。

 

 

« 『人間学研究所年誌2009』第7号の内容 | トップページ | 最近の韓国歴史ドラマ H22,8 私の感想 »

こういちの人間学ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『人間学研究所年誌2009』第7号の内容 | トップページ | 最近の韓国歴史ドラマ H22,8 私の感想 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック