フォト
無料ブログはココログ

« 二酸化炭素地球温暖化説と原子力発電所 追記・閑散とした新大久保  | トップページ | 「阿修羅掲示板」をご覧ください 正しいパニックを  寺田寅彦追記 »

2011年3月17日 (木)

石原都知事天罰発言と天=神(人格的な)の不在

石原東京都知事は14日、東日本大震災に関連し「我欲に縛られ政治もポピュリズムでやっている。それが一気に押し流されて、この津波をうまく利用してだね、我欲を一回洗い落とす必要がある。積年たまった日本人の心のあかをね。これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々、かわいそうですよ」と発言しました。我欲の例として、去年一番ショックだったのは30年前に死んだおじいさんが死んだのを隠して年金を搾取する。こんな国民は日本人しかいない。日本人のアイデンティティは我欲になった。また無能な内閣ができるとこういうことが起きる。95年の村山内閣もそうだった」と語ったそうです。それに対して当然ながら大きな批判が出ましたが、初めは撤回しないといっていました。ところがさすがに批判の声がさらに大きくなると、申し訳なかったと撤回するということでした。

 この石原慎太郎知事の発言は、はるか昔の中国にあった、「政治が悪いと、天がその時の王や皇帝をけん責するという考え方に基づいている。古代中国では様々な、日照り、洪水、イナゴの害など災害は君主の政治が悪いとそれをけん責しているのだと考えたのです。それにたいしていまから2000年も前の後漢初期の哲学者王充は「論衡」のなかで、天は恐ろしく高い遠いところにある。だから人間など小さすぎてみることができない。元来天変地異は人間の病気のような自然の変であるといっています。殷の湯王は大日照りのときに、自らを責めて雨乞いを下から雨が降ったというが、雨乞いをしなくても雨は降ったのだといっています。

 石原知事が「天罰」だというのは、いわば人格神的な神もしくは天が罰を下したという考えなのです。すなわち、日本人が、だまして年金を受け取るようなものが多いから懲らしめてやらなければという考えです。それは眼で見て判断しているということでそれができるのは人格神でなければ不可能です。キリスト教の神(GOD)はソドムとゴモラとかノアの箱舟とか自分の気に入った人以外を平気で人々を全滅させてしまいます。日本の「天=神」は日本の状況を感じ取って天罰を下したのでしょうか。しかし年金をごまかすなんて、ほんの小悪です。むしろ、利益が上がっているのに、社員や下請けに賃金や支払いを下げ続け、社員を解雇し、様々な国民に多大な苦しみを与えている大企業やそれを支えている、官僚や政治家の巨悪こそが責められるべきなのではないでしょうか。それを責めないで、庶民のささやかな悪をのみ責めるならそんな神は人類の敵です。またそんなことを言い出す石原都知事は様々な都政出の悪政で弱者を痛めつけています。天は本来そういうものに天罰を下すべきではないでしょうか。しかし歴史上そんなことは一度もないのです。悪政は庶民が実力で倒して来たのです。

 大体、天や神といってもいろいろで、宗派によって違います。日本の天は一体どこの神が支配しているのでしょうか。仏教でしょうか、神道でしょうか、キリスト教でしょうか。今度の大震災を引き起こした天はどこの天なのですか。でもさんざん見てきた津波の恐ろしさ無慈悲さは天が起こしたというのでしょうか。死んだり行方不明の人は、日本人だけではありません。多くの外国人も犠牲になっています。日本人もいろいろな宗教を信じ、また同じ宗教でも細かく宗派が異なります。一体どこの天が、神がこの津波を起こしたのですか。それとも各宗教の神が共同で興したのですか。私の信じる宗教が起こしたとは言わないでしょう。エホバの証人の人などはいうかも知れませんが、でもその信者も死んでいるかも知れません。

 結局、天も、神も仏も人々の心の中にしか存在しないものなのです。私がよく、河童や、一反木綿と神仏を同列に置くのですが。人々が心の世界で創造したものにすぎません。それにしてもこういう発言を平気でする石原慎太郎が都知事選にまた立候補します。残念ながら民主党も有力な対抗馬を立てられず、また再選されてしまうのでしょう。もし神仏がいたら、(残念ながらいないのですが)情けないと思うことでしょう。

(追記)

 ジョン・レノン Imagine(イマジン)

想像してごらん 天国なんて無いんだと                                    ほら 簡単でしょう                                                   地面の下に地獄なんて無いし                                              僕たちの上にはただ空があるだけ                                      さあ 想像してごらん みんなが                                          ただ今を生きているって

創造してごらん 国なんて無いんだと                                                             ~そして宗教もない                                             ただ平和に生きるって

 

« 二酸化炭素地球温暖化説と原子力発電所 追記・閑散とした新大久保  | トップページ | 「阿修羅掲示板」をご覧ください 正しいパニックを  寺田寅彦追記 »

政治と社会の現状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石原都知事天罰発言と天=神(人格的な)の不在:

« 二酸化炭素地球温暖化説と原子力発電所 追記・閑散とした新大久保  | トップページ | 「阿修羅掲示板」をご覧ください 正しいパニックを  寺田寅彦追記 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック