フォト
無料ブログはココログ

« 御用学者、有馬朗人氏の考え方 「想定外」当然 原発擁護 | トップページ | 原発に対して河野太郎氏の見解 東電は破たんさすべし エネルギーシフト勉強会に期待 »

2011年5月 7日 (土)

菅首相 浜岡原発の停止を要請 正しい判断を支持します

今朝の朝刊各紙は浜岡原発全面停止を、菅直人首相が5月6日夜、首相官邸で緊急記者会見をし、中部電力浜岡原発について、現在定期検査中の3号機に加え、稼働中の4,5号機を含むすべての原子炉の運転中止を中部電力に要請したことを明らかにした、と報じました。朝日、読売、毎日、産経、東京新聞が一面トップでした。そのほか日経はトップではなく、赤旗はトップでした。

 政府内の意見を求めてからというのではなく、菅首相のトップ判断で急に決まったことだといいます。それに対して各党の態度は、与党の民主党もさらには、社民党と、共産党は賛成でした。自民党は経済に打撃を与えると反対でした。

 各紙の社説では、朝日新聞が、「危ないなら止める」として、中部電力に速やかに要請を受け入れるべきだといっています。そして浜岡以外の活断層の上にあるもの、何度も地震に襲われた多重ストレス原発なども見直さなければならないといいます。

読売新聞は、正常に運転している原発を止めるのは異例だが、浜岡原発は首都圏に近く日本の大動脈にも近い、ここで放射性物質が放出されれば日本全体がマヒする。要請を受けいれるべきだ、としている。

 毎日新聞は「首相の決断を評価する」として、他の原発も油断するべきではないとしている。

 日経新聞は「浜岡原発停止は丁寧な説明が要る」として、突然の発表は、国民の不安を募らせたのではないか、夏場の電力は大丈夫かもっと丁寧に説明してもらいたい。電力不足は産業界に厳しい制約を課す、とだいたい自民党の言っていることと同じような主張です。

 菅首相も原発をすべて止めるというのではなく、浜岡原発も津波除けの堤防を完成するなど万全の態勢を整えるまでといっています。WEBで、「浜岡原発停止、決定には従う、苦渋の御前崎市長」というコメントがあり、「国策であればもう少し地元の意見を聞いてもらい、反映してほしかった」といっています。原発は今まで国策として、多大な交付金が市にあたえられ、(なんと市の収入の42%が原発の交付金だそうです)雇用関係で住民が従属し、等々で、敦賀原発の例でも原発賛成派の人物が主張となる傾向があります。安全、安全といい続け、お金をばらまく、まるで麻薬のように体をむしばみ、もう原発なしではたちいかなくさせるのです。

 皆さんご存知の通り、浜岡原発は100から150年に一度起きる東海大地震のマグニチュード8クラスの地震がいつ起きてもおかしく無い状態だといわれています。まして浜岡原発はその震源域のほぼ中央に位置しています。だいたいこんなところに原発を作るのが問題でした。今、東日本大震災で余震が相次ぎ、こちらのプレートも大きな影響を受けていると思われます。本当に今日明日起きてもおかしく無いのです。

 それなのに、自民党は、あれこれ難癖をつけ、国民の生命よりも産業の利益を代弁する発言しています。日経新聞もそうです。テレビを見ると評論家は相変わらず原発は必要などと騒いでいます。今度の原発事故で、反省した学者もいますが、多くが平然と自分の誤りを認めようとしません。想定外だからと。これで原発を止めておいて、東海大地震が来たら、よかったねと胸をなでおろします。ところがぐずぐずとしてが対策が不十分で大震災が起きて多数の犠牲者が出たら、どう責任を取るのでしょか。また想定外を繰り返すのでしょうか。責任など取らずに平然とするはずです。

 自民党や一部マスコミなどは、低調になった内閣支持率を上げるためのポーズとか言っています。しかし菅氏や枝野内閣官房長官や海江田大臣などの言動を見ても、東京電力べったり、財界べったりで無いところが見られます。もし自民党政権なら、東京電力に無限責任とせず政府が多額の援助を与え、電気料金を上げ、消費税を上げ、原発を止めるなどということはあり得ません。国民への人気取り結構です。あまりに、一時期まるで自民党と同じような民主党政権でしたが、ここで少しは違いを見せました。引き続き、国民の立場を擁護する政策を続けてほしいと思います。

 それにしても、テレビや大新聞を見ていても、相変わらず原発擁護の人物の意見を多く出しています。学校では、新聞でも立場により、いろいろ言っていることは違うのだとか、政府に批判的な態度などを教えません。

 多くの人は世の中の風潮なり大マスコミの言うことにそのままだまされます。自分の考え方に近いものを読んで自分の考え方をより固めたいと思います。原発が必要だと思っている人は、あえてそうでないものを読んでなるほどと変えたりしないのです。自分の考えと違うととんでも無いことを言ってやがると途中でやめるでしょう。

 地動説でも進化論でも、それらを読んで、自分を変えることによってそれが普及したのではなく、天動説やアンチ進化論などの考えの人が死んで、変わっていったといいますから。

5月9日 追記 せっかく 支持を増やせると思ったら、ほかの原発はすべて継続しますとのこと。せめて、よく安全性を調べて検討するぐらいのことを言えばいいのに。財界にも顔を立てなければいけない菅総理の限界が見えました。

« 御用学者、有馬朗人氏の考え方 「想定外」当然 原発擁護 | トップページ | 原発に対して河野太郎氏の見解 東電は破たんさすべし エネルギーシフト勉強会に期待 »

原発、エネルギー問題」カテゴリの記事

コメント

本当におっしゃる通りで、原発使わなくても火力水力きちんと動かせば、電気足りるのです。それなのに、原発必要といい続ける人たちは許せません。福島の方には本当にお気の毒ですが、事故が無くてそのまま、原発がどんどん増えていくことを考えれば、日本にとって将来的にかえって良かったと思います。日本は原発ゼロでも十分大丈夫です。燃料電池で、各家庭で発電すれば、余計そうです。もっとも燃料効率がよくなります。たくさん作れば価格も安くなりますし。

今回は全面的に支持する。
原発無しでも発電余力がジャブジャブなのは、データを調べれば誰の目にも明らか。
古い原発から順次停止。計画停電を利益第一主義の電力会社の人質にされないように、発電量と電力消費量の情報徹底開示をすすめるべき。
これがしっかり実現できれば日本の未来は明るい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相 浜岡原発の停止を要請 正しい判断を支持します:

« 御用学者、有馬朗人氏の考え方 「想定外」当然 原発擁護 | トップページ | 原発に対して河野太郎氏の見解 東電は破たんさすべし エネルギーシフト勉強会に期待 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック