フォト
無料ブログはココログ

« 2012、1、追記版 吉本隆明氏の原発擁護 「反原発で猿になる」週刊新潮 | トップページ | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査を受け 1月7日、結果が出ました »

2012年1月 6日 (金)

理江さんの「山村幸夫さんのスピリチュアルヒーリングは本物だと思います」、に対して

「こういちの人間学」ブログの4ヶ月間のなかで、もっともアクセスされる方の人数とアクセス数が多かったのが、2011年9月15日に書いた「高塚光氏の超ヒーリング 本当に超能力あるのかしら」でした。4ヶ月間で約2300人で、アクセス数は2800件ほどでした。ほかに、その後に書いた「高塚氏のヒーリングに関して田口氏の批判にこたえます」も250人から280件ほどのアクセスがありました。いまでも毎日アクセスがありますが、いかにみなさんの関心が高かったがうかがわれます。

 ごく最近、そのブログに対して、理江さんという方から、「山村幸夫さんのスピリチュアルヒーリングは本物だと思います」という、コメントをいただきました。そこで、山村幸夫さんについてと、その考え方の元になる、シルバーバーチについて、調べた結果の感想を書いてみることにしました。コメントに書くのでは書ききれないので、新しいブログとして書きました。

 山村幸夫さんは、インターネットによれば、1962年に宮崎県にうまれ、1987年25歳で渡米し、1990年よりスピリチュアル(霊的)活動を開始し、2002年に39歳の若さでロサンゼルスの自宅で光になって、なくなったスピリチュアルヒーラーだそうです。山村さんは、日本にも何回も来て、無料で、病気治療、霊的カウンセリング、浄霊などを行ってきました。ただし無料でも、人によって寄付をするそうなので、ちょうど宗教におけるお布施のようなもので全く無料というのではないようです。そうでなければ生活していかれません。高塚 光氏も無料だといっていますが。すべて一円ももらわないということではなく、決まった値段ではないということでしょう。

 既存の組織宗教の教えを信じこんでいると、死後の霊が間違った場所、すなわち、お墓や仏壇、位牌などにいついてしまい自縛霊と成ってしまう。死んだら無になるとか、神や仏に救ってもらおうという誤った考えにより、1年に35000人も自殺者が出る。

 人間は霊であり、霊は永遠に生き続ける。自殺すると光の世界に成仏しにくくなる。現在の組織的宗教は、キリストやブッダの考えと違っている。霊界では愛する人たちと再び出会える楽しい世界であり、死を怖がることはない。この世は霊が光の世界に行くための修行の場である。

 以上のような考え方のようです。彼は、アメリカで、心霊主義であるシルバーバーチの影響を受け、日本風にてなおしをしたように思われます。若くして亡くなったのであとを受け継ぐ人が自費出版で、『神からのギフト』などを出版しています。

 シルバーバーチとは、3000年前に地上で地上生活を送っていた霊団のシルバーバーチと名乗る高位霊が1920年に、イギリスのモーリス・バーバネル(1902年~1981年)という18歳の青年をとおして、人々に話しかけたものだそうです。この世の中のスピリチュアルな真相を知ることで充実した人生を送ることができると主張しています。そして、この世の貧困や飢餓を撲滅し、動物を愛し食べないようにします。この考え方は心霊主義とかスピリチュアリズムとか呼ばれます。

 人間は、身体(ボディ)と精神(メンタル)と霊(スピリット)として成り立っており、身体は単なるのりものとしての物体で、重要なものは霊である。草木も鳥も生けるものはすべて霊から成り立っている。人間の霊は大霊(神)の子供である。睡眠中は幽体が肉体から出て、いろいろなものを見聞する。死ぬと肉体と霊の魂の緒が切断される。霊はその人の記憶や人格はそのままのこる。死後には輪廻転生というものがある。霊界にも家や庭があり、大自然がある。仕事もあるが好きな仕事ができる。地上は魂の修行の場所である。

 このようなものがシルバーバーチで、その言葉が「シルバーバーチの垂訓」(潮文社)という本に書かれています。

 前置きが長くなりましたが、この以上説明した考え方は私の、実用的人間学に基づいたものの考え方の対極といえるものです。確かに既存宗教に飽き足らない人たちで、心霊的なものが好きな人の心をとらえていると思いますが、様々な面で誤っていると思います。一番は死後の世界はわからないのであって、これこれだと決めつけることはできません。また自殺するのは、ほとんど死後に何もない(無)からとか、自分の気に入った死後の世界にはいれるからと思って死ぬわけではありません。もっと自殺者が多い現実社会の背景は厳しいもののように思います。

 さて、山村幸夫さんのヒーリングは本物かどうかですが。前にも言っているように、暗示により、一定の治癒効果があり得ることは確かです。がんの末期症状だと宣告されたものが、山村さんや他の治療者、宗教などによる心理的効果によって劇的に治ることは考えられます。それは、笑いによって、免疫細胞が活発化して、がんが治った、ということと同じような効果です。しかし、それはもちろん、医学における薬のように万人に効くわけではありません。

 スピリチュアルヒーリングによって治ったという人は、結局自分の免疫細胞が活性化して治るのですが、神なり、スピリチュアルヒーリングで治ったと信じます。ですから熱烈に人に薦めます。いろいろな新興宗教がすたれないのはそのせいだと思います。

 山村幸夫さんのスピリチュアルヒーリングが本物であるかどうかは、それにより治った人にとっては本物です。しかし不幸にして治らなかった人には本物ではありません。それにしても、死後の霊の世界があると決めつけるのはいかがなものでしょうか。私のように死後の霊の世界など無いと確信しているものは、どうなるのでしょうか。地獄へ行くのでしょうか。その地獄は、仏教の地獄でしょうか、仏教でもいろいろな流派がありますね。キリスト教の地獄でしょうか、イスラム教の地獄、モルモン教の?それともシルバーバーチでいう地獄があるのでしょうか。私の霊?をいろいろな宗教なりが取りあうのでしょうか?

 私は、仏陀そのものがいう、正しい生き方を心がけ、いろいろな欲求に取りつかれすぎないで、生きていけば、輪廻転生を繰り返すことはない(地獄や極楽に行くこともない)というのが、もっとも私にしっくりする考え方です。

 ★ 理江さんには、どうして山村幸夫さんの、スピリチュアルヒーリングが本物だと感じたのか、書いていただけたらと思います。

« 2012、1、追記版 吉本隆明氏の原発擁護 「反原発で猿になる」週刊新潮 | トップページ | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査を受け 1月7日、結果が出ました »

占いと神秘主義批判」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。高塚さんに対する疑問からこちらにたどり着きました。

 私は以前、実母の影響でハンドヒーリングや遠隔治療等行っていました。効果が有ったり無かったりだったので、もっと確実なものをと思いカイロプラクティックを勉強して現在施術院をやっております。

 もちろんカイロプラクティックも万能ではないので効果の出ない方もいらっしゃいますが、その適用範囲とか効果の出るしくみを説明することが出来ます。姿勢の変化等は他の人も確認ができます。

 ヒーリングを行っていた時はオーラとかチャクラとか説明してましたが一般的には確認できない物で、説得力などは全然ありませんでした。

 以前の精神世界にどっぷりつかっていた時と現在では現在の方が精神的にも肉体的にも健康だと実感しています。身体に関してはできるだけシンプルに考えた方が良い結果が出る事が多いですね。患者さんを見ていてもそう思います。

 結局治癒させるのは自分の免疫細胞であり自己治癒力なのだと。それを引き出せるなら神仏にすがるのも有りなのではと思いますが、超能力者さんより自分とちゃんと向き合う方が大事なのではないでしょうか。

ほむらさん コメントありがとうございました。実際にヒーリングや遠隔治療を行っていた方で、その後カイロプラクチックのほうに変えられた方のご意見は貴重です。私がブログに書いたように、ヒーリングなどは、暗示による心理作用なので、効いたりたり効かなかったりします。しかしそれを信奉している人は、この世の中をその人たちだけに有効な独自な霊の世界なりで説明して、それを絶対的な真理だと主張しています。
 カイロプラクチックもアメリカなどでは疑似科学だと否定する人はいますが、私もカイロで腰のゆがみを直してもらいましたが、完全ではなくても理論的にもより科学的です。
 現在のほうが精神世界にどっぷりつかっていたときより、精神的にも肉体的にも健康だということで、よかったですね。多くの精神世界にはまって、かえって事態を悪くしている人が、その無意味さに早く気づいてくれればいいのですが。
 超能力者に頼るよりも自分に向き合うほうが大事と、まったく、おっしゃる通りです。そういう手助けを実用的人間学ができないかなと私は思っているのです。

こういちさん こんにちわ!

昨日 和諧誠さん(宇宙の根幹エネルギーからマントラを無限に降ろし唱えることで 夫々の魂を宇宙の根幹エネルギーに繋げる役目です)
に 山村幸夫さんの魂を根幹エネルギーに繋いで下さいと頼んだ所 山村さんは自分一人がユートピアに行くことを拒否され、近いご縁の皆さんが宇宙の真実(下のブログ)に気付いたら 彼魂も一緒に行く・・と答えられたそうでした。
 先程山村さんの名前で検索しましたら かなりの情報がありびっくりしました。
私はロスアンジェルスに住んでいて 山村さんをよく存じ上げておりました。 今の山村さんの想いを受け取り涙が止めどなく流れます。

7年前に 亡き父がきっかけて 和諧さんとお会いして、彼のウエブサイト(宇宙の真実)から学んできて
最近ようやくシンプルでパワフルな真実に気付きました。

霊界の真実とこの世の人間の感じるセンスに大きな差があることだけ述べたいと想います。


和諧さんのされていることを傍で眺めて来ましたがその他の皆さんが子供の戯言のように感じてしまいます。(ごめんなさい。)

人類の多くが宇宙の真実に気付いたら すぐユートピアが達成されます。

こういちさん よろしければ ウエブサイトをお読み下さいませ。

私は人間の側におられる 霊的存在から 根幹エネルギーに繋がりたい希望ばかり聞きます。

http://www.geocities.jp/yrknt520/


私自身 顕在意識を振り落とすまでは3年間
全く心に入ってくれませんでしたが 気付いてみたら大自然と一体の最も身近でシンプルな 根幹エネルギーからの法則でした。

私で宜しければいつでも質問を受け付けます。

ミクシーをなさっていれば マイミクさん同志気付きあいできる仲間さんとして 交流することで お互いに気付きの相乗効果が期待できます。

宇宙(魂)は和諧さんの降ろしたマントラにより既にユートピアです。今は ワクワクエネルギーに取り囲まれているのでポジティブに楽しく生きている方には
とても気付きやすく 至福エネルギーを感じやすい地球事情です。

ワクワク楽しく!宇宙の真実に気付いて 地球を卒業し、1000億光年先の ユートピアの星に共に転生致しましょう!(笑)

ありがとうございます!

西由末より

西さん、2014年4月のこのコメントに今まで気づきませんでした。
 人類の多くが宇宙の真実に気づいたらすぐユートピアが達成されるのですか。 世界で多くの人が飢え、悲惨に死んで行くのが、そんなに簡単に克服できるのでしょうか。
 どうも神秘主義的な考え方に心酔されるのは、結構ですが、宇宙の真実に気づいて、地球を卒業し、1000億光年の、ユートピアの星に転生するなんてことは、わたしは真っ平御免です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/43642598

この記事へのトラックバック一覧です: 理江さんの「山村幸夫さんのスピリチュアルヒーリングは本物だと思います」、に対して:

« 2012、1、追記版 吉本隆明氏の原発擁護 「反原発で猿になる」週刊新潮 | トップページ | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査を受け 1月7日、結果が出ました »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック