フォト
無料ブログはココログ

« 人間学研究所 2012年 2月、3月例会のお知らせ | トップページ | 歯磨きに注意 コーラや黒酢は歯を溶かす 唾液の重要性(396) »

2012年2月 1日 (水)

Facebook などに入るのは御注意を 知らぬ間に友人のひんしゅくをかいます。

昨年なくなった妹や義理の弟や、私の息子などがMixiに入っていて、息子の情報などが、私より詳しく知っていてびっくりしたことがあります。私はどんなものかとMixiに入ってみました。MixiはFacebookほど、厳密に情報を出さなくてもいいということでしたが、自分の名前と年齢、顔写真もまともにのせました。そこに入りますと、「はじめまして」、とか「自分がわからない」とか「どんとこい」とか、いくつかのグループにコメントを書くことになります。また自分の顔や名前をきちんと書いている人がほとんどないことがわかりました。

 Mixiでの文章はだいたい、みんなせいぜい2,3行とか多くて10行の短文です。私も少し長めのものいくつか書いてみましたが、そうすると、お友達になりたいという、2人の女性からの、連絡がありました。そしてもっとおちかづきになりたいからと、さっそく他のサイトのこれこれのところにどうぞというのがはいっていました。そんな危険なサイトをクリックするはずはありません。

 しばらく他のコメントを見ていましたが、後で調べましたら、メンバーは20代で3分の2を占めるようで、私のようにもうすぐ69歳というものには合わないことがわかりました。いまは放置してあります。でも、次に書くようなFacebook で、困ったことが起きてやめましたので、こちらもやめるつもりです。

 Mixi に比べると、Facebookはきちんと名前を本名で出さなければいけないとか、きちんとしていると思いました。入会無料で、いろいろな登録(アカウント)をしました。顔写真、本名、住所、高校大学名など、AUを携帯でパソコンではNIFTYを使っているとか。

 登録すると、早速お友達に成ると承諾してくれる人が出てきました。人間学や二火会などの知り合いの方です。そしてそのお友達のお友達がずらっと、出てきます。それをくりっくすれば、お友達のお友達として友人が増える仕組みです。友人になりませんかという、連絡はこちらで選別したものだけかと思いましたら、次々と、私から、友人にならないかとのメールがはいったけれど大丈夫だろうかという連絡が入りました。ほとんどが、Facebookに入っていない人です。ところが、ひどいのは大学時代の友人に文字化けしたわけのわからない文章を送り、私が直接送ったわけではないので放置してくださいと、説明した後も何度も誘っていることがわかりました。ほかにたくさんの人もから問い合わせがありました。

 そこで、「知らなかった!Facebookが勝手に招待メールを友達に送信する設定を解除する方法」というのを見てみました。

 その結果、携帯電話に入っている友達への連絡先をFacebookと同期すると、その情報がFacebookに吸い上げられてしまうこと。Facebookを使っていない人の連絡先さえも。

 Facebookに登録していなくても、私のメールアドレスと携帯電話番号をFacebook はFacebookのユーザーである友人を通じて取得してしまうということ。

 これを変更しない限り、Facebookに入っていない友人に、二週間に一回づつ参加するように執拗に連絡し続る。

http://www.tommyjp.com2011/8/facebook.html

早速、教えてもらった方法でお友達候補になっている百数十人のかたの分を二週間おきにメールを送るのをストップしました。しかしその後も新たに別の人にさいそくを送っていることがわかり。Facebookをやめることにしました。ところがどこを見てもやめ方がわからないのです。

 Facebookのやめ方というのを検索してようやく、やめる手続きをしましたが。すぐやめられるわけではなく2週間たってやっと正式にやめられるのです。わざとやめにくくしているとしか思いません。

 Facebookは全世界で八億人のユーザーがあり、今度アメリカで上場することが決まり、チュニジアやエジプトで独裁政治を倒す原動力になったようですが、よくわからないで入ると、知らぬ間に多くの方に迷惑をかけて、大いにひんしゅくを買ってしまうことがありそうです。こういうものを、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といいますが、危険性もよく調べてからお入りください。

 また、どこが原因かわかりませんが、二度にわたり、私の携帯に、初めは出会い系のサイトのお誘いがあり、それはAUに聞いて拒否メールをし続けたら消えましたが、今度は5日ほど前から急に、女性向けの自宅から携帯でメールするだけでお金がはいるというメールが、夜中だけでも50本くらい入るようになりました。AUに聞いてインターネットからのメールは入らない手続きをしました。でも携帯からは有料でしょうに膨大な数のメールがきました。初め拒否登録をしていましたが、そのうちまとめて消すだけにしました。昨日あたりから急に減少しました。あきらめたのかもしれませんがたまにぽつんと入ります。

 Facebookのせいではないかもしれませんが、ソーシャルネットワークには何か危険性があるような気がします。

Facebookの催促メールが届いた知人の皆さま

あらためて、知らぬ間に執拗な催促をするようなものに入り、ご心配をおかけして誠に申し訳ありませんでした。

« 人間学研究所 2012年 2月、3月例会のお知らせ | トップページ | 歯磨きに注意 コーラや黒酢は歯を溶かす 唾液の重要性(396) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/43948332

この記事へのトラックバック一覧です: Facebook などに入るのは御注意を 知らぬ間に友人のひんしゅくをかいます。:

« 人間学研究所 2012年 2月、3月例会のお知らせ | トップページ | 歯磨きに注意 コーラや黒酢は歯を溶かす 唾液の重要性(396) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック