フォト
無料ブログはココログ

« 原発容認=二酸化炭素地球温暖化説に打撃 太陽の異変 小氷期の到来か | トップページ | 新大久保韓流イケメン通りの今(2012,5)高騰する地価、以前と比較する »

2012年4月22日 (日)

『人間学研究所年誌2011』第9号の内容について

『人間学研究所年誌2011』第9号

  BULLETIN OF THE INSTITUTE OF HUMANOLOGY NO.9

P1 日本自然保護協会の「自然観察」の検討メモ

         岩田 好宏 人間学研究所副所長

P8 「聞く行為」の研究はどのように行われてきたか 

         宮坂 琇子 人間学研究所理事 東海大学教授

P20 大人、子ども、そして繋ぐ手

     ーことばと道具の獲得に必要なこと

         天野 幸子 女子栄養大学名誉教授

P30  放射能から子どもたちを守ろう

      -生命科学の視点からー

         木村 廣子 女子栄養大学名誉教授

P37  原発のウソについて

         佐竹 幸一 人間学研究所専務理事 

              実用的人間学研究会会長            

P51  中高生のスクール・セクハラとデートDV

       -その現状と対策

         西田 隆男 人間学研究所研究員

         自由の森学園学校カウンセラー 臨床心理士

P61   菅原道真をめぐる物語の変容(2)

       -『菅原伝授手習鑑』における道真ー

         中江 和恵 人間学研究所理事 年誌編集責任者

           東京家政大学 和光大学講師

P71 人間学研究所2011年度の活動報告

    人間学研究所通信第52号までの内容について

          佐竹 幸一   同上

 発行 2012年3月31日

    *  以上 内容は84ページです。敬称略させていただきました。 

 ◎ 『人間学研究所年誌』は国立国会図書館での図書検索で、『人間学』で検索した際全資料の中で第一番目の登録されております。

 ★ 毎年当年誌を編集していただいている、中江和恵氏には忙しい中で、うまく編集していただきありがとうございます。心より御礼申し上げます。

 △ 年誌は、人間学研究所、実用的人間学研究会の会員の方には、出来次第無料でお届けします。その他の方でご希望の方には1000円にて、お届けします。                              

« 原発容認=二酸化炭素地球温暖化説に打撃 太陽の異変 小氷期の到来か | トップページ | 新大久保韓流イケメン通りの今(2012,5)高騰する地価、以前と比較する »

人間学研究所の例会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/44977246

この記事へのトラックバック一覧です: 『人間学研究所年誌2011』第9号の内容について:

« 原発容認=二酸化炭素地球温暖化説に打撃 太陽の異変 小氷期の到来か | トップページ | 新大久保韓流イケメン通りの今(2012,5)高騰する地価、以前と比較する »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック