フォト
無料ブログはココログ

« 『人間学研究所年誌2011』第9号の内容について | トップページ | 五月初め庭の状況 蘭が咲く カラス隠した肉とられ腹いせにレタス食い散らす »

2012年5月 1日 (火)

新大久保韓流イケメン通りの今(2012,5)高騰する地価、以前と比較する

 いままで、新大久保の街の有様を道路別に書いてきました。いかに急激な変化が起きているかを知ってもらうためです。昨年12月に、K-PLAZA1~3がオープンして人の流れが大きく変わりました。これもブログで紹介しました。

 さて今回は、もっとも店が集中しているいわゆるイケメン通りについて書いてみます。この道は、ドンキホーテ通りとか、コリアタウン通りとかとも言われていますが、最近はイケメン通りと呼ぶ人が多いようです。

 この通りの2001年8月の状態からの変化は、2012年2月12日付の「こういちの人間学ブログ」に「大久保韓国料理店 賑やかなドンキホーテへの通り」という名前で書いてあります。興味ある方は、ご覧になってください。

 2001年に6店あった店が、現在も残っている店は「徳水宮」と「モイセ」という二店だけです。そして2011年2月には29店になっています。そのうち26店が新しいお店です。2012年4月30日この通りを歩いてカウントした結果、韓国料理店は39店でした。これには食事を出すCAFEや屋台の店も含みます。これに、韓国スターグッズ店や、韓国コスメの店が加わりますので、その倍くらいになるでしょうか、極めて店の数が多くなります。

Hi3d0306 2012,4,30

この店は大久保通りからイケメン通りに曲がる角のところです。「NATURAL GARDEN」という、韓国コスメのお店と、向かい側はスリーエフというコンビニです。NATURAL GARDENは、このビルのオーナーで、以前はヤナギヤという洋品店をやっていましたが、今年1月韓国のお店と共同で、韓国コスメのお店にしました。

Hi3d0307

 ここは、イケメン通りに入ってすぐの、左側のお店の写真です。左側のお店は、以前はアジア食品として、中国や東南アジアの食品をうっていたのですが今は韓国食材中心です。この並びに、「とんなら」、「OASIS」,「きむちゃん」、「モイセ」と四店の韓国料理店が並びます。モイセは10年以上前からやっているお店です。

その向かい側の右側には、ビルの2階に「徳水宮」はモイセと同じく10年以上前からのお店です。そのビルの1階には5店の、スターグッズ店などができています。そこから少し進むと右側に「韓COOK」という韓国料理店がありビルの1,2階に入り3階には「FESTINA LENTE]というCAFEがはいっています。

Hi3d0308

 ここはイケメン通りのちょうど中ごろです。右側に「マッコリの店」その先に「モイザ本店」があり、その先には「李太郎」、『ジョンのホットク2号店」などがあります。ホットクの屋台では、驚異的な数が売れるようです。ホットクの店は他に、簡単な食べ物も売っていて、多くの人がそれを食べて昼食の代わりにしています。その先は西大久保公園へと右へ曲がる道です。天気の良い日は公園で軽食を食べている人がたくさんいます。簡単に食事が済ませるところが、原宿などに比べ、人気が出ているのではないかと思います。これも日本の貧困化のあらわれなのかなーとか。

 左側には、「カントンの思い出」「春川鶏カルビ」「ドヤジヤ」「マニト」「カントンの思い出」と続きます。このほかにも店がある「カントンノ思い出」の経営者は、ここの通りを積極的に広めた経営者です。また、この通りを賑やかにする狙いは、「韓国市場」の経営者の金さんが職安通りに出る角に「カナダラ」というお店などを作り、新大久保で降りたお客さんを職安通りの「韓国市場」へと誘導する狙いがあったようです。

 通りに面した所だけではなくわき道に、「朋(ぶん)ちゃん」とか、「どん豚」とか「SPACE CAFE」などもできてきました。西大久保公園の前の角のお店には最近「わくわく広場」というものができました。軽食やいろいろな催しもできるようにしています。

今まで駐車場にしていたところが様々な屋台に変わっています。特に「コリアタウン市場」という名前でいろいろな屋台が出ています。

 このあたりには、以前から不動産業を営んでいるお店があり、以前仕事をいらいされていた関係がありました。通りで社長さんにちょうど久しぶりにお会いしていろいろ街の様子を聞きました。普通の住宅用マンションの一階部分を店に改装して2店になり、ドーナツなどを売っている店、スターグッズを売っている店、小さな店ですが、家賃坪5万円だそうです。すぐ近くにできたばかりのビルがありますが、その店の敷金は36カ月だそうです。うちが韓国のお店に貸しているのは4カ月なのにです。小さなところで屋台を出すのに坪10万以上、40万も出すところがあるそうです。2年前まで大久保通りの1階店舗で坪3万くらいでした。現在5万から6万円です。イケメン通りのようなわき道でも、坪5万というのは驚きです。高くても借りたいという人があり、値段が釣り上がります。しかし店が多くなり、競争がはげしいので、最近は前年より2、~3割売り上げが落ちているそうです。

*申し訳ありませんが、 ドンキホーテの写真がありましたが、通行人の方のお顔がはっきりわかるものがあり、削除しました。新しい写真を入れ直します。

 ここは職安通りに近いドンキホーテのお店です。通りの左側です。以前ブランド品専門に売っていた建物の入口をイケメン通り側に変えました。様々なスターグッズ店などを売っています。駐輪場などにしていたところは、さまざまな屋台の車を並べいろいろ食品を売っています。

 その手前に、「はんあり」ドンキホーテの先に「ゴルベンイ」という韓国の貝料理店やその屋台「のり君」職安通りに出る角には1階にジョンノホットク店、2階は「カムザコル」といジャガイモ料理店があります。

 通りの右側、ドンキホーテの向かいには「カントンノ思い出」「オジャンドン」「HONEY CAFE」津続き、一角が屋台村となります。そこには「キムチ広場」「花開広場」くるみ饅頭の「カナダラ」「ポパイポチャ」「ドンドン」などがあります。そして角に前に言った「カナダラ」があります。

 完璧には書けませんでしたが、だいたいの傾向がわかると思います。そしてほぼ同じ数の韓国スターグッズ店、韓国コスメ店があります。

« 『人間学研究所年誌2011』第9号の内容について | トップページ | 五月初め庭の状況 蘭が咲く カラス隠した肉とられ腹いせにレタス食い散らす »

大久保の街紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/45090977

この記事へのトラックバック一覧です: 新大久保韓流イケメン通りの今(2012,5)高騰する地価、以前と比較する:

« 『人間学研究所年誌2011』第9号の内容について | トップページ | 五月初め庭の状況 蘭が咲く カラス隠した肉とられ腹いせにレタス食い散らす »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック