フォト
無料ブログはココログ

« 「八重の桜」にみる自然の時代考証 戦争場面に外国産の牧草が映っていた 岩田氏より | トップページ | 近況 追記1、体調悪化と風邪、2、ホルター心電図(24時間)をつける、3、ブログの状況、35万件に »

2013年1月17日 (木)

となりのビルの火事 一部屋全焼 状況を写真にとりました。(475)

2013年1月17日(木)朝8時ごろ、ビルの五階の自宅の居間にいた時、何かぱちぱちという音がするので、窓を見たところ、南に向かって左隣りのビルの4階から煙が出ていました。

130117_080201

この段階ではまだ消防車は来ていません。そしてみるみる火が激しくなり、猛烈な煙が出るようになりました。炎は向こう側(東側)の窓から激しく炎が出ていました。

130117_080202

写真の向きが横向きで見にくくてすみません。だんだん煙が激しくなりました。この段階ではまだ住人が出てきていませんでした。

Hi3d0434_2

五階の屋上からとった写真です。猛烈な煙が強い北風にのっていきました。一時周りが見えなくなるほどでした。

Hi3d0435_2

20分後位で消防車が到着しました。私のビルの北側の部屋からとりました。

Hi3d0436_3

 少し火が収まってから消防隊員が4階の部屋に入ります。この部屋から消防車が来る前に3人の女性がパジャマ姿で出てきました。水商売関係の外国人で火が出るのを寝ていてきづかなかったようです。家内は、早く早く逃げてと叫びました。家内は、ハンコなど大事なものを持って猫三匹を抱いて避難するとか言っていましたが、もう消防車が来たし風向きからみて大丈夫だと私はいいました。逃げた人たちは着のみきのままで、逃げていますから、どうしたろうか心配です。

Hi3d0438

南側の居間にいた猫のうち、煙でかなり臭くなってきたとき、20歳になる雄雌の猫二匹はボーっとしてそのまま部屋にいました。7歳の雄の黒猫は大変だといって、逃げ出し、私の部屋に避難してきました。しばらく怖がって元の部屋に戻りませんでした。

Hi3d0439

消火してからとなりのビルの屋上に、燃えたものが積み上げられ、現場検証でしょうか消防隊の人たちが打ち合わせ中です。しばらくこのあたりに大きな火事はなかったのですが、すぐ隣のビルでびっくりしました。風向きがまともにこちらに来ていたら、煙で部屋が充満しそれこそ猫を抱いて避難するようでした。出火の原因はわかりませんが、暖房機が原因とも考えられます。空気が乾燥しています。みなさんも十分に火の下にはご注意ください。

« 「八重の桜」にみる自然の時代考証 戦争場面に外国産の牧草が映っていた 岩田氏より | トップページ | 近況 追記1、体調悪化と風邪、2、ホルター心電図(24時間)をつける、3、ブログの状況、35万件に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 こういち様。
 大変でしたね。 この時期は、空気が乾燥している上に、暖房で火の気があるので、本当に要注意です。
 私も、一昨日に、出勤した後で、暖房を消したかどうかを失念しましたので、昼から帰宅し確認しました。 幸い、暖房(オイルヒーターですが)器具は、御丁寧にコンセントから抜いた状態でした。 毎日のことなので、火の始末をすること自体が無意識でのことですので、こうした喜劇になるのです。 でも、数十年前には、団地の一室の暖房がついたままであったので、帰宅して折には、驚きました。 この時の、恐怖に似た感覚が忘れられず、念には念を入れる行動になってしまうのですが、年齢から来る物忘れに依るところが大きいのかも知れません。 
 今は、猫達と木造の家に同居ですので、火事にでもなれば、大事な猫達が危ないので、慎重の上にも慎重になってしまいます。 こういち様の御宅の猫さんの行動も、猫さんに依る性格が表れていますね。我が家の長男猫は、猫とは思えない程の知能ですので、数年前の地震の折には、抱いていた猫が、私の腕から飛び降り、キッチンの頑丈な机の下にもぐりこみました。 私も、感心するやら、呆れるやらで、暫く、猫を観たままでした。  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「八重の桜」にみる自然の時代考証 戦争場面に外国産の牧草が映っていた 岩田氏より | トップページ | 近況 追記1、体調悪化と風邪、2、ホルター心電図(24時間)をつける、3、ブログの状況、35万件に »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック