フォト
無料ブログはココログ

« 二級の介護を受ける生活 | トップページ | 人間学研究所と研究会例会について [人間学通信66号」発行 »

2014年3月 7日 (金)

病院でのリハビリについて 代々木病院の場合

わたしが大津で倒れ15日間の日赤病院に入院したあと、再入院したのが代々木病院でした。最初5階の病棟にいましたが、その後4階のリハビリ病棟にうつりました。大津いらいどこでも手術などしておりません。すべてリハビリで直してきました。代々木病院のリハビリの部屋は大きく4階だけでも50人くらいのリハビリをおこなう技師のかたがいるそうです。

 私の担当は足の回復をもとめる男性の鎌倉さん(理学療法士-PT)生活を担当する女性の飯塚さん(作業療法士-OT)、言葉を担当する女性の谷津田さんが担当です(言語聴覚士ーST)。日曜日も3回ある厳しいコースです。お休みの日はほかのひとが代わります。おかげさまでさいしょ全く動かなかった、足や手も動くようになりました。本当にありがとうございました。

 病状はベッドの上のホワイトボードに書かれます。車いすへの乗り移り、トイレ、着替と介護、見守り、自立とはりつけられます。退院のときなんたか昼のほうは自立となりました。

もうすこしリハビリをつづければもっとよくなるのですが、3か月という制限があり、退院してしまいました。私のブログもひどいものですがはじめはメールもパソコンもだめでした。一応今のレベルまで回復してきました。

皆さん本当にどうもありがとうございました。

 

« 二級の介護を受ける生活 | トップページ | 人間学研究所と研究会例会について [人間学通信66号」発行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とら猫イーチ様
 いつも心温まるコメントいただきましてありがとうございます。またこのたびはおいしいお菓子をお送りいただきありがとうございました。お電話してみましたが登録している番号と違うかおいそがしいかで、通じませんでした。
 すこし遅くなりましたが、コメントにてお礼の言葉を申し上げます。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/55269638

この記事へのトラックバック一覧です: 病院でのリハビリについて 代々木病院の場合:

« 二級の介護を受ける生活 | トップページ | 人間学研究所と研究会例会について [人間学通信66号」発行 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック