フォト
無料ブログはココログ

« 「ネアンデルタール人たちと私たち人類」人間学研究所例会で、話 | トップページ | 増えてきたバリアフリーの旅、の取り組みの現状 NHKの番組から。 »

2015年10月18日 (日)

近況、1、人間学研究所の例会での話、2、息子の結婚相手の家族、3、自宅の一部を貸し、猫の世話を

 すでに、以前に書いたブログで2015年10月の忙しさについて書きました。10月4日(日)は私の家内と妹の古希のお祝いのささやかな集まりがパークハイアットホテルであり、そのことはブログに書きました。
 いろいろ忙しさにかまけて、ブログの更新もおろそかになり、10月16日の時点で1件だけでした。そのせいか、1日のアクセスも500件をきることがありました。
Kc4a08500001
最近の朝日です雲がかあっています。。5時50分ごろ、左のほうにスカイツリーが見えます。夏場はスカイツリーの左側に朝日が出ます。
1、人間学研究所の例会での話
 忙しさの一番の原因である人間学研究所と実用的人間学研究会の合同例会も10月15日(木)に終わり、一段落したところです。
 病気後、人間学研究所などでお話しするのは、これで3回目ですが、今までは私の病気のこと、「こういちの人間学ブログ」のことなどでしたが、今回は学術的な内容です。ネアンデルタール人を中心とした人類に関する問題ですが、さまざまな資料を集め、整理していき、その結果を要領よくわかりやすく参加者の皆さんにお話しするのは大変でした。参加者は17名でした。久しぶりに参加する方もあり、近況をそれぞれにお話していただければよかったのですが、あまり時間がありませんでした。詳しくは前日に書いたブログをご覧ください。
2,10月11日(日)、下の息子の結婚した相手のご家族との初めての顔合わせがありました。
 下の息子はすでに、婚姻届けを出していますが、お相手の方の家族とは初めての顔合わせとなりました。お母さんは宮崎に住んでおられて、東京へ出てこられました。夕方の顔合わせの前に、初めての東京で東京タワーと上野動物園のパンダを見に行ったそうです。新しいスカイツリーよりも昔ながらの東京タワーに行ってみたいというのは、面白いな、と思いました。
Kc4a08460001
向きが悪いですが、大きな立派な鯛です。刺身はこれで半身だそうです。
 場所は新宿歌舞伎町の車屋です。車屋は支店がいろいろありますがここが本店です。車屋は古くからのお店で、いままで色々な会合でよく使いました。1階が和食のいす席の店、2階以上がお座敷の個室。地下が洋食となります。
 参加者は下の息子夫婦と私たち夫婦と上の息子一家5人、下の息子の奥さんのお母さんとその息子さん2人の12名です。2人とも東京にいてすでに働いているそうです。車屋は二階以上はバリアフリーになっておらず、畳の上にカーペットを強いて、それで車いすで走行できるようになります。部屋にはかなり段差があり、男性二人で車いすごと持ち上げてもらいました。トイレもバリアフリーでないので、トイレに行かないように水気はあまりとらないようにしました。
 料理は和食の懐石料理です。前日に上の息子が大きな鯛を外房で釣り上げ、それを車屋さんで調理してもらいました。なかなか見栄えのする立派な鯛です。車屋さんは地下1階が洋食なので、上の息子の子供のうち、中学生は大人と同じ懐石料理ですが、小学生と3歳の男の子はハンバーグや空揚げなどを作ってもらいましたが、そこは大変便利でした。木で作る車などのおもちゃを子ども3人にプレゼントされ、組みたてて遊ぶことができ、飽きないように工夫されていました。
入院後初めてワイシャツにネクタイ、普通のズボンという格好になりました。車イスでこのような格好でいるのはいささか疲れます。
3、自宅の一部をお貸しし、そのかわり猫の世話などをしてもらうことに。
 10月の半ばごろから、上の息子の知り合いに、部屋の一部を使ってもらい、その代わりにネコや金魚の世話をお願いすることになりました。コンピューター関係のひとで、うちは猫の世話に通うのが少なくなりとても楽になりました。前にいた自宅はエレベーターの無い5階で車いす生活の私にはとても無理でした。火、水、土はヘルパーさんのところで朝ねこの世話をお願いしあとの月、木、金、日は家内がと金魚の世話にいっていました。そのほかに、ビルのゴミ出し、道路の清掃、3階のベランダの植物の水やりなどがありました。前は、植物の水やり、ビルのゴミ出し、道路の清掃は私がやっていましたから負担が全部かかっていました。そのほかにテナントの苦情などの処理があります。それを私の突然の病気以来、ずっと家内が一人で担当してきました。大変な負担です。
 月曜日から金曜日までその人にお願いし、土曜日は従来どうりでヘルパーさんのところで、日曜だけ世話に行けばよくなりました。道路の清掃、ごみの片づけは近くのビルの清掃をやっているところに頼みました。家内はいままで、ほぼ2年間通いつづけました。大変だったと思いますが、これでかなり軽減しました。ご苦労様でした。
 黒猫くろべえは、はじめ知らないオジサンが来たとかくれていたそうですが、餌をもらい、なでてもらったりしているうちに、なついてきたそうです。でも最初の緊張で餌を食べず、少しやせたそうです。運動不足でお腹がブランブランしていましたから、ちょうど良かったかもしれません。メスねこ老猫のにゃまるはボーとしているそうです。
 Adobeのファイルを操作しているときに、有料で月に200円から2000円ぐらいまで一定のお金を払わなければ次に進んでいかないようになり、仕方なくお金を今後支払うように手続きしようとしたら、英文だけの長い説明がきがあり、それを操作している間に、パソコン画面が全部消えてしまいました、ちょうど、今度入居した方が、パソコンに詳しい方でしたので、家内がパソコンをもっていってなおしてもらいました。詳しい方がいると助かります。それにしても、Adobeはわかりにくく不便です。
 ◎家内が私の入院後初めての泊りがけ旅行に
 あと、10月21,22日に家内が入院後初めての泊りがけ旅行に出かけます。私は大丈夫だからということで出かけてもらいます。前は外国旅行などに家内が一人で出かけても平気でした。今まで、さんざん苦労をかけましたから、たまにはゆっくりしてもらいたいです。
21日22日ともひとりではなく、21日はマッサージの方、22日はリハビリの方2人が来られますから、普段と同じです。
◎昨日、(10月18日)「下町のロケット」のテレビドラマがありました。
 10月から、朝日新聞に「下町のロケット2」の連載が始まるということで、それに合わせて、TBSで10回にわたり連続ドラマが始まります。最初は2時間番組です。新聞のテレビ欄にも大きく広告が出ていました。
 ドラマは1と2をまとめてドラマにするそうです。主演は主人公の佃公平に阿部 寛そのほか多彩なメンバーです。早速テレビを見ましたが、阿部 寛はまじめなこのドラマの主人公にぴったりです。
 本が発売されたときに書いたブログは、かなりアクセスがありましたが、昨日はアクセス数1位の反響がありました。
 大企業の横暴さ、銀行の中小企業に対する態度など、それに敢然と挑戦する主人公たちの態度は感動を呼び起こすと思います。おそらく、このドラマは結構視聴率が高くなると思います。

« 「ネアンデルタール人たちと私たち人類」人間学研究所例会で、話 | トップページ | 増えてきたバリアフリーの旅、の取り組みの現状 NHKの番組から。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/62097095

この記事へのトラックバック一覧です: 近況、1、人間学研究所の例会での話、2、息子の結婚相手の家族、3、自宅の一部を貸し、猫の世話を:

« 「ネアンデルタール人たちと私たち人類」人間学研究所例会で、話 | トップページ | 増えてきたバリアフリーの旅、の取り組みの現状 NHKの番組から。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック