フォト
無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月27日 (水)

人間学研究所・実用的人間学研究会の2016年2月例会のお知らせ

人間学研究所・実用的人間学研究会合同例会のお知らせ
          2015年度第9回例会通知
 人間学研究所(第120回)
    実用的人間学研究会(第80回)
    -今回は区切りの月となります
Hi3d0419
小田原城です。前にこのお城にある二宮神社に初詣に行きました。
1、日 時 :2016年2月18日(第3木曜日)18時より
2、テーマ:
     ダーウィンの「自然選択説」を疑う
  ダーウィンが生物学上、思想史上に大きく貢献した
  ことを否定しているのではなく、「種の起源」で
  説かれている、その真髄である自然選択論に素朴
  な疑問を感じました。
 
3、講 師: 岩田好弘氏(人間学研究所副所長)
4、場 所 : 人間学研究所
         新宿区百人町1-3-17
         佐竹ビル3階 
  2015年度(2015年4月~2016年3月)の
         会費納入のお願い
     人間学研究所      00190-1-118362
     実用的人間学研究会 00150-8-428936
        年会費  4000円
        連絡会員 2000円
 
◎後日、5ページの岩田さんの資料をいただきました。
お問い合わせは
  112-0002
  文京区小石川5-11-15-1001
             03-3815-2598
             木村廣子氏
◎人間学研究所は10年間の人間学研究所準備室での取り組みを経て、1999年に人間学研究所は作られました。それ以後、人間学研究所での例会が開催され実用的人間学などが作られました。以後8月の例会のお休み12月の懇親会を除いて例会が開かれ、ついに15年間で120回目の例会となったのです。
人間学研究所設立前は1993年の4月から、実用的人間学研究会として例会が開かれました。第3次人間学研究会(人間学研究所時代含む)では、筆者の佐竹幸一が累計130回ほど、いろいろな形の人間学例会でお話ししました。
 「こういちの人間学ブログ」
 「佐竹の講演記録」1,2 2013年8月27日

2016年1月19日 (火)

近況1、、1、都心に雪2、風邪3、孫が生まれる,4、年誌論文にコメント5、田中稲生さんについて

1,2016年1月18日月曜日、都心に雪が積もる
160118_070201
右側、保善高校の体育館の屋根が真っ白
雪は日陰ではまだ残っています。
160118_070301 
雲がすごいスピードで流れていきました
160119_065401_2
1月19日の日の出 ずいぶん東側に変わってきました。6時54分です。
元日は6時56分でした。日の入りはどんどん遅くなっていますが日の出はあまり変わりません。 
 
 1月18日、予報通り、朝5時半の時点では新宿でも雪が降っていました。その後みぞれ交じりの雨に変わりましたが、都心部の積雪6センチだそうで、まだ屋根や地面には雪が残っています。近くの36階建てのガーデンプレイスのビル(3月末完成予定)でも、上の方は雲がかかり、すごい速さで流れていました。
2、久しぶりに風邪をひきました
 今まで、脳出血での入院から、ほぼ2年間、風邪もひかず、熱も出さず、おなかも壊しませんでした。今年は、風邪でしょうか。鼻が詰まりのどが痛くなり、ひどくはなりませんが、なかなか完全に治りません。
 どうも便秘気味で困りました。電動車いすで少し運動量が減ったことも影響しているでしょうか。
 
3、下の息子に孫が生まれました
 2016年1月17日(日)、昨年結婚した、下の息子のところで、孫が生まれました。ちょうど予定日位に生まれ、男の子でした。男の子ということは、既に分かっていました。どういうわけか、男の子が生まれることが多く、早産で亡くなった最初の子も男の子で、次の2番目、3番目も男の子です。2番目の息子のところも孫が3人とも男で、今度生まれた3番目の息子のところの孫も男の子でした。下の息子のところは初めての子どもで待望の子です。日曜日は家内が所沢の産科の病院まで行ってきました。
 1月27日下の息子が自宅を訪ねてきました。今度生まれた孫の名前を知らせに来ました.真幸(まさゆき)という名前で、筆者の幸の名前を一字つけたそうです。今、真田丸というドラマをやっていますが真田兄弟のお父さんが昌幸です。
4、年誌論文に地球温暖化説にたいしてのコメント
 「人間学研究所の年誌2015」NO13に掲載される論文の査読を依頼されました。
ー 初期総合人間学会の幹部について
 以前、筆者が総合人間学会の総会で「人間学研究会と人間学研究所の歴史」という内容を、話、その内容を学会誌に掲載してもらうように提出した時、2人の査読者によって頭から否定されるような査読結果で、掲載を拒否されました。たとえば論文では筆者が一期から3期の人間学ブームと書いているが、そんなことは聞いたことも無い、という具合です。そのことは人間学研究所の年誌などには何度も書いていたのですが、人間学研究所の所員でない査読をした人は聞いたことが無いというわけです。
 
◎「人間学ブーム」についての考察は、2000年「人間学研究所年誌NO1]、「人間学ニュース第64号」、「こういちの人間学ブログ2013年8月14日『人間学ブームと人間学の本などの推移』」2013年8月のブログなどに多数載っています。筆者は数少ない、人間学そのものは何かという研究者です。
 ちなみにインターネットで「人間学ブーム」と検索すると、筆者の記事が、1ページ目と2ページ目に載っています。査定者が大学の教員かもしれませんが、そんなブームは聞いたことがないから、といって拒否するのは自分の無知を棚に上げて人のことを無視、否定する態度です。筆者が大学の教員でなく民間の研究者だからと言うので軽視したのでしょう。
 以前やはり出した原稿を、私に無断で掲載を拒否されたことがありました。出版社の最初の予定では2つの原稿を掲載することになっていました。出版社の広告には筆者の文章が載っていました。なかなか原稿の校正が送られてこないと思ったら。当時の総合人間学会の会長と副会長が相談して、この原稿はボツにすることにしたそうです。筆者はマックス・シェーラーらの哲学的人間学の立場に対して批判的で、その論文もその立場で書いていました。ところが会長は、哲学的人間学の立場で、山本宣治や戸坂潤などの唯物論の系列にある、私とは見解の相違もあったのです。しかし筆者のことは見下して、その会長の本を読んでいればそのような見解にならないのにといっていました。読んでいないので反哲学的人間学になったのではなく、はじめからそうでした。また政治的には中立?でなければならないというものでした。そのような立場は初代会長二代目会長ともにそうでした。そういう立場が明確になり、多くの素晴らしい方が退会しました。鎮目さんもそうですし、池内 了氏や渋谷治美氏など入会されて筆者が期待していた方々が多く退会しました。総合人間学会は設立の時が会員数最大で、あとはだんだん減少していきました。監査役になった時詳しい増減数を知りました。
 二代目会長も初代会長に追随していました。「何しろ東大法学部教授だからね」と、権威に弱いところを示しました。事務局も設立以後人間学研究所だったのですが民間の研究所の名前ではだめで、名前だけでも大学の研究室でなければと明治大学の名前だけをを借りました。又自分の主張する「自己家畜化論」を推奨し、その信奉者が多く理事になりました。二代目会長がけがで退任し今は3代目の会長は堀尾輝久氏です。柴田義松名誉教授の流れをくむ元教育学会長です。思想的にも政治的な立場もしっかりして、学会の研究テーマも良い方向に変わってきました。総合人間学会の略史でも創立者の1人として筆者のの名前を上げてくれました。これからさらに良い傾向に変わっていくと思います。
 さて掲載しない理由をそういう内容がけしからんということでなく、親類が病気で忙しくうっかり見落としていたと、嘘をついて掲載しなかった理由を言っていました。その辺の事情を知っている事務局長の岩田先生は、辞めるのも仕方がないですねと、よくわかっていただきました。結局2つの文章の内1つは編集者の一人、柴田義松先生のおはからいで本に掲載していただきました。ボツになった論文は人間学研究所の年誌に掲載してもらいました。
 そういうことがあって、筆者は総合人間学会の運営委員、理事・事務局次長をやめました。そしてその後改めて学会の監査となりましたが、やはり前に書いたように誰かは知りませんが、査読により論文掲載を拒否されました。初め監査役も理事会に出席して意見を述べられるということを聞いて監査役になりましたが、理事会には1度も呼ばれませんでした。総会の時監査報告をするだけでした。それでは意味が無く、筆者もそれで1期で監査役を降りました。
人間学研究会、人間学研究所の岩城正夫先生も、総合人間学会には嫌な思いをされたそうです。岩城先生は総合人間学会をやめられました。
 査読にはそういう嫌な思い出があるので査読はできないといったのですが、地球温暖化に関して査読できるのは筆者しかいないのでぜひ頼むということでした。
 論文は、よくわからないといいながら、世界の多くの学者が査読した権威あるものだから間違いがないという立場でした。懐疑論も一応書いてありましたが、どちらかというと、二酸化炭素地球温暖化論を支持する立場のようにとられるかきかたでした。
 他にも論文を2つ抱えているので、書き直しは困難ということで、字句の誤りを正すだけにし筆者が補足を付けることにしました。
 確かに、世の中では二酸化炭素地球温暖化説が圧倒的に優勢で、懐疑論は劣勢です。しかし、何といわれても二酸化炭素地球温暖化説は誤りだと思っています。
 応募論文の筆者は、温暖化の理由の是非よりも、COP21の会議が終わったら、政府も一般の人々も全く無関心だとということに、憤りを感じておられるのです。
 そのあたりのことを1ページ補足の説明を、加えさせていただくことにして、年誌編集者の岩田さんの援助を得て提出しました。
 査読の話から総合人間学会の旧一部幹部の批判となりましたが、改めて、時間を置いてから実名で書くようです。
5、田中稲生さんの名前が、小椋 桂さんの「私の履歴書」に
 2016年1月19日の、日経新聞の「私の履歴書」に著名な音楽家である小椋 佳さんの文章があり、そこに田中稲生さんの名前がありました。すでに田中稲生さんと、小椋 佳さんがおなじ東大出身で、日本勧業銀行(現みずほ銀行)につとめておられたことは田中さんから聞いていました。
 小椋さんが銀行で英語会話の研修と計算係で遅くまで仕事をしなければいけない板挟みで、銀行を退社しようとしたとき、1年早く銀座支店に配属されていた東大の1年先輩の田中稲生さんが私の夕方5時以降の計算係業務を引き継いでくれた。田中稲生さんには心から感謝している、と書いてありました。
 田中稲生さんは銀行の新宿西支店長などから、関連会社の役員などで仕事をされました。
 田中稲生さんはブログ筆者と戸山小学校、大久保中学校、戸山高校と一緒でした。大学は彼は東大へ、私は東京教育大と分かれましたが、その後、人間学研究所・実用的人間学研究会に入っていただき、人間学の例会で「相対性理論について」、「漢字について」など、何回かお話をしていただきました。最近では2014年10月の実用的人間学研究会にて、「人類の進化と病」というテーマで話をしていただきました。場所はいずれも人間学研究所です。記憶力の弱い筆者と違い、資料無しで全部話ができました。漢字検定1級も取り頭の良さでは段違いです。
 
 

2016年1月15日 (金)

地球温暖化に歯止め?二酸化炭素地球温暖化説では説明不能・大寒波到来

2016年1月追記

 「人間学研究所の年誌2015」に、地球温暖化に関する論文の査読を頼まれました。

 結果として、発表される方にIPCCの見解にあまり肩入れするようにとられる表現を抑えてもらうことと、一部筆者の方で1ページほど補足を入れさせてもらうことをお話ししました。結局原稿はそのままで、筆者の方で補足を入れるからということでそのままとなりました。

 論文冒頭には昨年暮れから今年初めの暖冬のことが書かれ、温暖化しているような書き方でした。筆者はこの文章の末尾に日本だけでなく世界的な寒波が襲っていることを書きました。

 筆者は2012年を中心としまして、地球温暖化が人為的二酸化炭素の増大により引き起こされる、という考えに対して、懐疑論の立場から10くらいの反論のブログを書きました。(詳しくはカテゴリー「自然と歴史」をご覧ください)その中で、最も新しい2013年2月のブログを、一部書きくわえて、2016年1月に掲載し直しました。

2013年2月に書いたブログ

2013年2月24日の日経新聞新聞には、「地球温暖化に歯止め?」説明不能、海洋説が有力という記事が書かれました。書いた人は編集委員の滝 順一氏です。こま切れですがその記事のすべてをのせてみます。

Img

Img_0001

Img_0002

切れ切れで、おまけに字が小さくて読みにくくて申し訳ありませんが、文章は下記の通りです。

 「気候変動を研究する科学者の頭を悩ませる現象が起きている。21世紀に入って地球の平均気温の上昇が止まっているのだ。温暖化ガスの蓄積で地球は暖まっているはずだが、大気の温度は上がらない。様々な理由が考えられるが、明確な答えは出ていない。

 地球の平均気温は産業革命以降、上昇を続け、20世紀の100年間で0,74度高くなったと国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は報告している。特に20世紀後半の50年間の上がり方が著しかった。

 しかしこの10年ほどは横ばい傾向が続く。専門家は気温上昇の「中断(hiatus=ハイエイタス)問題」と呼ぶ。

 頭を悩ますのは、地球の気温がもっぱら人為的な二酸化炭素の増大によってもたらされたという立場に立つIPCCよりの気象学者などであって、「地球の気温の変化には様々な要因があって、二酸化炭素は重要ではないのではないか」という懐疑論者にとっては、非常に喜ばしい結果なのです。ですから二酸化炭素地球温暖化説を支持する人にとっては、本来上がり続けなければいけない気温が、少し止まっている(「中断」)といわざるをえないのです。この海洋説も気温変化に大きな影響を及ぼします。(他にもいろいろな説があっていずれも二酸化炭素が地球をもっぱら温暖化するという説が弱まります)

 記事によれば次のように続きます。この気温上昇の停止を、

「気候変動の予測を専門とする東京大学大気海洋研究所の木本昌秀教授は『気温上昇が止まっている理由を明確に説明することは現時点ではできない』と話す。教授が推測するもっとも確からしい原因は海洋の影響だ。」

「中断問題」との関連で、木本教授が目星をつけるのは「太平洋10年規模振動」とよぶ現象だ。~海の熱を蓄えやすい状態にあると解釈すると、気温上昇の停滞を説明できる。

 木本教授が、二酸化炭素地球温暖化説を支持しているかどうかはわかりませんが、少なくとも、気温の変化には二酸化炭素の量だけではなくいろいろな要素がからみあっているということだけはわかると思います。

 また、続いて次のように書かれています。

「中断」の原因候補は他にもある。たとえば、太陽活動はここ数年弱まっていると指摘されている。地球に入る熱の量 自体が減っているかもしれない。人間活動で生ずる浮遊粉じん(エーロゾル)が高空に達し日射をさえぎる効果も言われている。 しかしこうした原因が温暖化に足止めをもたらすほど大きな効果を持つのかはっきりしない」

 ごく最近出版された本(2013年1月)に、『太陽になにが起きているか』(文春新書)という太陽を観測衛星「ひので」で、観測し太陽の異変について、常田佐久氏の書かれた本があります。これについてはすでに私のブログでも説明しました。

 太陽の11年周期が長期化し、ここ20年間には黒点数も減少している。そして太陽の磁場が4極化しているということを書いています。そして歴史上これと同じような時期には、地球がかなり寒冷化したと書かれています。前にブログ筆者がブログを書いたときには、「常田氏は地球が太陽の変化で気温が低下する可能性があるなどとは、一度も言っていない」と、常田氏の助教の人がいっていたとか、盛んに私のことを批判する人物がいましたが。素直に本を読めば、太陽の異常により地球の気温が低下する可能性があるといっているのが分かります。また、たとえ太陽活動の低下があっても、二酸化炭素の影響のほうが強く、少しとどめるだけだといっている人もいました。また最近の新聞によれば、地球の温暖化には煤の影響が大きいのではないかとも書いています。煤が氷の上に落ち、氷を溶かすというのです。

 すでに私のブログでも丸山茂徳氏(東京工大大学院教授)の、『科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はうそだと知っている』(宝島新書 2008年8月)の話を紹介しました。また長沼 毅氏のお話しについても書きました。

「ミニ氷河期が明日来るかもしれない 更新版 長沼 毅氏」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2013/01/tbs-f8bc.html

2012年5月に書いたブログもよろしかったらご覧ください

「地球温暖化問題に対して私の書いたこと 修正版」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2012/05/post-97ee.html

丸山氏によれば、

「2008年は大周期Ⅵのピークを過ぎて、太陽の活動が徐々に弱まろうとしている所に位置していることになる。つまり、今後は太陽活動の衰退によって地球が受ける熱エネルギーは減少していることが予想される。~太陽活動が弱まれば宇宙線を跳ね飛ばしてくれる太陽風が弱まることを意味する。その結果太陽風が弱まれば、地球に降り注ぐ宇宙線量は増加し雲量は増加する。そして太陽光の反射率が高まり、地球は寒冷化に向かうことになるだろう」 p46~47

 (太陽の活動には、11年周期の小周期と55年おきの大周期があるのです)

 いままでの地球の温暖化自体が、二酸化炭素の増大のせいではなく、太陽活動の盛んな時期に重なって上昇していたということになります。このように常田氏や丸山氏のように太陽の活動が地球の気温に大きな影響を与えるという説によれば、ここ10年ほど気温が横ばいであるというのが不思議でもなんでもないことになります。むしろ下がる可能性のほうが心配です。

 2007年の「アース」という映画をテレビで再放送していました。ここで、北極熊が、地球の温暖化で、氷がなくなり、えさがとれなくなり、死んでいく映像が流されていて、このまま地球温暖化が続けば、2030年までには北極熊は絶滅するといわれています。後17年です。これは地球温暖化二酸化炭素説を宣伝するにはとてもいい映画でした。(2016年の現在ではあと14年です)

 海水面の上昇によりツバルも、水没するといわれた。ツバルは温暖化の影響よりも、廃棄物のせいで、サンゴ礁が死滅していく方が大きな影響があるのでは無いかともいわれる。

筑波大の田中 博氏(教授)

   計算科学研究センター 大気科学研究分野

「地球温暖化のハイエイタスが、自然変動によるならば、人為起源の温暖化の将来予測は過大評価となる」

「tanaka201501.pdf」をダウンロード

2016年1月追記 

1、南極の氷は増加

 2015年11月に、NASAの研究チームが、92年~01年、年間1120億トン、南極の氷が増加し、03~08年には少し減少したが、年間820億トン増加していると発表した。これについては新聞各紙に掲載された。

 従来、二酸化炭素の増大による地球温暖化により南極や北極の氷がどんどん減少していくということでしたが、南極の氷は減少でなくむしろ増加していると報告されています。

 一時、温暖化でシロクマがかわいそうだとの報道や映画などが盛んに作られた。

 又北極の氷の減少はストレートに海水面の上昇をもたらすものではない。コップに浮かべた氷が解けても高さは上がらないということと、同じ原理である。

2、「ちきゅう座」の熊王信之氏のブログがあります。

 転載させていただきました

 「気候変動を止めるって?」 2015年9月27日

 原子力資料情報室さんへ

 原発事故を防げない人類が、気候変動を止めるって?何かのお間違いではないのでしょうかね。

 そもそも二酸化炭素地球温暖化仮説は、原発すいしんのためにここまで誇大妄想狂のお題目になっているのです。

 そのお題目を唱えながら、教理に反することができると、お考えか?

詐欺話に首肯しながら、財布のひものみ固く握る、なんてことが出来るなら、この世に詐欺師はいません。

 反原発の立場に立たれている良心的な科学者に、この詐欺話の真実を問われては如何か。

 人類は、原始の過去から、地球の気候変動に耐え、営々と文明を築き上げてきたのです。寒冷化も温暖化も、地球の過去には何度もあり、その事実は、過去の遺物を見ることにより体験できます。

 寒冷期に失われた文明の過去が、温暖期に至り、発見されたという事実も、報道により目にします。

 そうした事実の中では、中世の温暖期の存在が有名ですが、化石燃料の大規模使用の無い時期に、気候温暖期が存在した事実をいかにお考えか。

 人の存在があろうと、無かろうと、この地球には、気候の自然変動があるのです。

 人を謀る詐欺話を基礎に反原発の立場に立たれるのは、その立場そのものがおかしいといわざるを得ません。

3、ネアンデルタール人の絶滅の一因は氷期の寒冷化

  寒冷化、乾燥化で現生人類も絶滅寸前に

◎今まで、人類にとって温暖な時期が人類が発展した時期でした。約60万年前ほどのヨーロッパやアフリカで生まれたハイデルベルク人は大型哺乳類がたくさんいた温暖期に大いに発展した。やがて氷河期に入り20万年ほど前にアフリカで、現生人になり、ヨーロッパや中東でネアンデルタール人になりました。氷河期では、寒冷化と乾燥に人類は苦しめられました。中東に移った早期現生人類は13万年~10万年ごろ生存し消滅してしまった。何度も氷河期が繰り返されると、ネアンデルタール人は次第に分散化し絶滅の道へ進みました。3万年前ごろにネアンデルタール人はジブラルタルのゴーラム洞窟に最後に残った。

  7万5000年前のインドネシア、スマトラ島のトバ火山の爆発がありました。火山灰が世界を覆い寒冷化、乾燥化しヴルム氷河期(最終氷河期)になりました。アフリカでの寒冷化、乾燥化で現生人類も1000人以上1万人以下に減少、絶滅寸前になりました。現生人類の遺伝子の変異は著しく少ない、チンパンジーでも人間の10倍も変異がある。寒冷期に現生人類と共存していたネアンデルタール人と同じ時代の人類、デニソワ人や赤鹿人、フローレス人も絶滅しました。

 寒冷化に対してはアフリカのほうがヨーロッパよりいくらか温暖で有利でした。われわれホモサピエンスがだけが生き残ったのは能力と運のおかげ、適切な時に適切な場所にいたただけ。氷河期の終了とともに、現生人類は急速な発展を遂げた。

 ネアンデルタール人については2016年3月末に「人間学研究所年誌2015、NO13」にエッセイという形で掲載します。「ネアンデルタール人などと私たち人類」という題で8ページです。

参考書

「そして最後にヒトが残った」ネアンデルタール人と私たちの50万年史

  フィレンソン著(ジブラルタル博物館長)2013年11月刊原著2009年白揚社

 人類の歴史上でもだいたい温暖期に発展しました。寒冷期には飢饉などさまざまな苦難が押し寄せました。詳しくは「こういちの人間学ブログ」で。

 縄文時代は日本は温暖期で、海水面が上昇しました。そのことにより日本が大陸から分離しました。(縄文海進)これらは、自然現象で人為的な二酸化炭素の増大などとは関係ありません。二酸化炭素の量は気温が上昇すると増加します。原因というより結果です。寒冷期に飢饉が生じ、民族の移動が生じ、争い事が頻発しました。恐るべきは寒冷化です。

◎ もっぱら人為的な二酸化炭素の増大が、地球の気温上昇をもたらすという、IPCCの見解にとって、21世紀に入ってからの、気温の停滞(ハイエイタス)とともに、南極の氷の増大という報告は、大変困った報告であろう。次にあげた記録的な寒波はどうなのであろうか。

4,世界的に記録的寒波が襲う

◎ 2016年1月25日沖縄本島で初の雪

 2015年末から2016年1月初め、暖かい日がつづいた。ところが今月半ばころから、一転して厳しい寒さが続いている。奄美大島では115年ぶりに降雪があり、沖縄の久米島と名護市では「みぞれ」が観測された。「みぞれ」は雪に雪に分類されるそうである。沖縄本島では初の観測だそうだ。沖縄の国頭村で24日史上最低の3,1度を観測した。他の地区でも大雪が続き、記録的な最低気温を観測した。

24~25日で日本で寒波で8人が死亡した

日本だけでなく、寒波は東アジア全般に及び、北アメリカにも

1月25日のインターネットのニュース

韓国

韓国のソウルでは最低気温が―14度になった。

韓国ではあまりの寒さに韓国軍の野外訓練中止

中国、モンゴル

北モンゴルでは気温―48度を記録

台湾の台北では4度、寒さで台湾で58人の死者。その後65人となった。

 (台湾は南の高雄あたりから亜熱帯になります)

台北郊外の陽明山(1000mぐらい)に雪が降った

香港でも山に雪が降り見物客が押し寄せた

 (香港では24日、地元最高峰の大帽山に59年ぶりにできた霜を見ようと来た、ハイカー80人以上が低体温症となり救助された。山頂は零下6度だという)

北京では過去30年間で最低の気温となった。昼間の最高気温が―13度であった。

 (なんと最低気温でなく、最高気温です)

暑さで有名な重慶でも20年ぶりに雪が降った。

北アメリカ

アメリカの寒さによる死者は29人となった。

アメリカではニューヨークのセントラルパークで過去最大の68センチの雪が積もる

ワシントンでは1922年以来の50から100センチの雪が積もった。

ホワイトハウスでも雪が降り積もった。

アメリカで大雪で1190億円の損失があった。

ロシア、ヨーロッパ

ロシアやヨーロッパの一部も寒波が シベリアが寒波の中心

北極に巨大な寒波の極渦が発生 北半球全体に影響 北極も氷が増大

◎インターネットでは色々な情報が書かれているが新聞にはほとんどのらないのは、どういうことでしょうか。

2016年1月26日の日経新聞では3面に日本における寒波、6面に世界における寒波の状況をニュースにした。

◎この寒さは二酸化炭素による温暖化と関係あるのでしょうか。

インターネットのある説ではこの寒波も人為的二酸化炭素によるのだそうで、地球温暖化のせいだそうです。地球人為的二酸化炭素温暖化説論者によれば、どんなに気温が下がろうが、どう転んでも地球は温暖化しているのですね。

どうも、おかしいと感じませんか。下手をすると温暖化よりずっと怖い寒冷化の始まりなのかもしれませんよ。

 

 

2016年1月12日 (火)

戦争伝える『最若手』が手記、戸山高1年後輩が自費出版 本が届きました

 2016年1月11日(月)の毎日新聞朝刊24面に、「戦争伝える『最若手』が手記」、戸山高1962年卒同期生有志が自費出版という記事が載っていました。
 ブログ筆者は1961年戸山高校卒業ですから、1年先輩になります。
 終戦直前の1943年~44年に生まれ、都立戸山高校を62年3月に卒業した同期生の有志がブックレット「私たちの”戦争体験”、終戦直前に生まれた世代から」を自費出版した。「若い世代の戦争の悲劇を伝えたい」と企画。困難を乗り越えた記憶をつづり、平和への強い祈りを込めた。

160112_095301

 本を手にする編集責任者の狐崎晶雄さん(右)と、編集委員の一人、井伊直允さん

  集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更の議論が高まっていた2014年5月,有志の一人、狐崎晶雄さん(71)が、同窓会誌に「私たちの記憶を残す必要がある」と寄稿したのがきっかけ、「私たちは戦中、戦後の記憶がある、最も若い世代。1,2年史他の人ではもう書けない」と狐崎さん。共鳴した同期生が次々とメールを寄せ、15年7月の同期会で「本にまとめよう」との提案が同意を得た。同期生は400人以上おり、35人が執筆した。多くは疎開を経験した。

 疎開先の水戸市で父の死を知り小学校では、残された母や兄と別れて水戸の母方の祖父母に引き取られたOBはこう書いた。

 当時の小学校では、クラスには必ず何人か父親を亡くした子がいました。母親の再婚で複雑な環境にいる子も多かったように思います。

 空襲で新宿区の家を失ったOBは、戦後、3歳の時に叔母が抽選で当てたバラックを一かが譲りうけた。当時を振り返り、

 壁は薄い板、屋根は屋根にコールタールを縫って風通しは滅法よく、台風の時は屋根が飛んでしまって、去ったあとに月を眺めて寝たことを思い出す。

 旧満州(現中国東北部)や朝鮮半島から引揚げた人も多い。平壌付近から脱出したOBは、

 私は部隊で最年少の生存者になっていた。子供を失った母親たちの咎めるようなまなざしと「次はこの子だ」というささやきが怖かった。

 別のOGは現地で憲兵隊長を務め、収容所に13年間いた後に帰国した父の具体的な戦争犯罪を、2010年はじめて知った際の衝撃をつづった。

同書の編集委員会は600部を印刷。製作費40万円は同期生仲間の寄付でまかなった。関係者らが購入して残りは約60部。増刷や電子書籍化を検討している。600円。書店には流通していない。問い合わせは、桐書房(03・5940・0682)かメール(sensoutaiken@yahoo.co.jp )へ。

 筆者は早速申し込みしました。メールしましたら狐崎さんよりの返事のメールが来ました。金額は600円+250円計850円 発送は月末から翌月はじめごろになるかもということでした。

◎ なお狐崎晶雄氏は、元日本原子力研究所所員、元青山学院大教員など、いろいろな本も出しており、核融合についての権威です。

 本が届きましたら、またここで、ご紹介します。

1月17日 追記 早くも本が届きました。全部で35人の思い出が書かれています。

160117_123401

 編集者の井伊直允さん  「土下座する元上官」

 東戸山小学校の校長先生が、入学式のお祝いの言葉で、「君たちのお兄さんやお姉さんに”日本のために戦場で死になさい”と教育してきました。今後、私は君たちを二度と戦場ににいかせない為に身命を賭していくつもりです。

 憲法9条は、こうした先輩たちの血涙流れる反省の上に立って国民に受け入れられたのです。当時、保守革新を問わず「戦争の放棄」は国民何百万の血で贖われた決意として世界に表明されたのです。自分は戦場にも行かず一滴の血を流すつもりもない「戦争フェチ」の幹事長や膨大な薄汚い利益を財界に齎(もたら)す見返りに,自らの政権を支持してほしいお坊ちゃん首相などのために変えられてはなりません。

 編集者の狐崎晶夫 「ひとさらい」

 筆者(狐崎氏)の母親が結核で入院しているとき、通りかかった(ひとさらいの)おじさんが、病院に行って母親に会わせてくれるというので、筆者は自転車に乗ってしまった。筆者の兄さんは片目が不自由だったので売れないから残そうとした。兄がいっちゃダメと大泣きしながら捕まえていてくれた。しかし、連れていかれてしまった。そこへ運よく自転車の父が返ってきて、追いかけていって連れ戻してもらった。あと10秒遅れていたら今の筆者はなかっただろう。どうして殴り掛からなかったのか聞かれ、父は「あの人もかわいそうな人だった。戦争で狂わされてしまったのだから」という答えでした。戦争になると前線の兵士以外の町の人々をも狂気にしてしまうのです。兄の目も水不足、燃料不足で産院の湯も入れ替えできずに汚れた湯から細菌が目に入り失明したのです。

 戦争を招いたのは、政治に無関心で善良な市民だったという分析もあります。

◎このブックレットに書かれている内容は、この井伊さんの言葉に尽きると思います。

 35人の方それぞれに戦前の自分の両親や叔父叔母たちがいかに戦争で苦労し、また死んで行ったかを語っています。又戦後には自分たちも戦争の影響で悲惨な暮らしをしまた見聞してきたことを伝えています。筆者は彼らとほぼ同世代なので、強く共感します。それとともに、なんとか戦争法案を通そうとする安倍内閣に対しての憤りを強く感じるものです。

 

 

2016年1月 7日 (木)

巣鴨のお地蔵様と商店街へ、赤パンツの店、電動車いすで、おみくじのことも

 2016年1月5日(火)巣鴨のお地蔵様とその商店街へ行ってきました。電動車いすを借りるようになって、初めての、電車に乗ってのお出かけです。いつものように隔週の火曜日の午後、ヘルパーの斉藤さんについていってもらいます。
車いすで電車へ1人で乗るのは難しい
 午後1時ちょっと前に斉藤さんは来ました。自宅から高田馬場まで電動車いすで走ります。いつもですと車椅子を押してもらうのですが今度は見守りだけです。山手線の下をくぐる急な坂も難なく上れました。高田馬場駅では山手線の電車とホームとの間が5センチほどあり、そこは、電動車いすでは無理なので、斉藤さんに持ち上げてもらいました。一人で電車に乗り込むには駅員さんに助けてもらうようです。そうすると、降りるときにも駅員さんがホームで待っていてくれて下してもらうようです。足が悪くて両腕にちゃんと力が入れば車いすでも一人で乗りこめるでしょうが、片麻痺ですと難しく、電動車いすでも危なそうです。
巣鴨のお地蔵さん
160105_133701
160105_145801
巣鴨のお地蔵さん本堂の入り口です。
160105_150001
観音様を洗うための行列
160105_150101
観音様はかすかに見えて居ます。
 巣鴨のお地蔵様には10年前ほど前に母親と家内などで来たことがあり、その前にもきましたから、3回目ぐらいです。巣鴨駅を降りると目の前は白山通リ〈中山道)です。このあたりは江戸時代、交通の要衝で、トゲぬき地蔵(延命地蔵菩薩)で有名な高岩寺や、江戸6地蔵とといわれた真性寺また、巣鴨の庚申塚があり、道祖神が祭られているとともに猿田彦の神様も祭られています。山手線の巣鴨駅と、庚申塚のある、都電の庚申塚の駅の間が、おばあちゃんの原宿として有名な、巣鴨地蔵通り商店街です。
 地蔵通りのバリアフリー情報を見てみると、お年寄りが多いせいか、バリアフリーは進んでいるようです。車イスOKのトイレは地蔵尊脇やアトレVie5F,駅の内外などにあります。地形的にもフラットであると書いてありました。
昼食はお地蔵様脇の鶴ずし
・鶴ずしのメニューの一部です
160105_134801
 事前に飲食店のホームページを見て巣鴨のお地蔵さんのすぐ脇にある脇道を入った道路のエチゴヤ洋装店の2階にある和風創作料理の鶴ずしにしました。
 事前にインターネットで色々調べました。かば焼きの八つ目やにしむらや、割烹加瀬政、5日休みですが、ラーメン屋で初めてミシュランの一つ星がついた蔦(つた)などがあります。込み具合や車いすOKということで鶴ずしにしました。
 サーヴィスコース、8品、3800円(税抜き)を頼みました。寿司のほかにコロッケのような揚げ物もある料理です。お正月なので、ビールと久保田碧寿1合を2人でわけて飲みました。味はまあまあいいかな、という感じです。帰り、エレベーターが点検中で、おぶってもらって下へ降りるようかなと言っている間にエレベーターが動き始めました。
 食事の後、とげぬき地蔵へ、人気の洗い観音は行列でいっぱいでした。以前母親などと着て母親が観音様を洗った時は古くて、たわしでこすっているためかたちが崩れていました。7年ほど前に新しい観音様になり、たわしでなく布でこするように変わって居ました。まだピカピカの新しい観音様です。
トゲぬき地蔵とおみくじ
 
 高岩寺の本尊は延命地蔵菩薩で秘仏です。お札でさすったり飲んだりして病気や刺さったとげを抜くようにお願いするようです。観音様は混んで居て、本堂へも車いすでは上がれんません。斉藤さんにお神籤を買ってきてもらいました。結果は第40番の吉でした。普通、木の枝やおみくじを結ぶ場所で結んでくるのでしょうが、本来吉か凶かの結果だけでなく教えを参考にして行動するための指針とするべきだといいます。
 筆者はおみくじを収集していますので持ちかえりました。
 全体の運勢は吉で、
「このみくじにあうひとは、善は栄え、悪は亡びるという形の運勢である。悪も盛んなれば天に勝つとは言うが、結果は必ず滅び去る運命である。しかし善の栄えには必ず障害がある。これを乗り越えることが必要である。この為には一時的欲望に目をくれてはならぬ。正直の頭に神が宿るという金言を、誘惑に負けず、只管(ひたすら)に正しい道を歩むことである。必ずや成功を勝ち得て、喜ばしい生涯が開けてくる、誠実な一歩一歩の歩みこそ大切である。」
とあります。
 そして下の行は「願い事」から始まり、「出産」まで14項目の運勢が書かれている。吉だからといって、すべて良いわけでない。「願い事」は、「心と行為が正しければ、いかなる障害も恐れず突き進むべし。一時苦境はあっても後必ず願望は成就す」このあたりで吉となるのでしょうが。「訴訟」は、心正しければ必ず勝、不正の時は負けて身を滅ぼす。「恋愛」、色情、欲望等あっての恋愛なれば身を滅ぼす。という具合に戒めの言葉となっています。また、たとえば、「旅行」は「旅行は半吉なり、途中争いが起きる故注意すべし」となっています。「待ち人」は「途中に手支障があって遅れて来るべし、吉報無し」。といい内容ではありません。「病気」は「心静かに療養すべし、医薬を用い、信仰すべし」というぐあいです。
 全体に戒めの言葉になっていますが、普通そういうところを見ずに、吉とか凶とかだけを見てみて、どこかに、結んでしまうようです。
160107_114201
 
 全国のおみくじの7割は「女子道社」で作っていますが、このとげぬき地蔵さんのおみくじはオリジナルなようです。
 筆者はおみくじを全国そして、台湾や横浜の道教寺院のおみくじなど70種類ほど集めています。
2013年に書いたおみくじに関するブログもお正月になるとアクセスが増えます。
「神田明神、湯島天神、徳大寺、お参りとおみくじ」
「おみくじについて、2013年「二宮神社」、タイの子どもの名を決めるおみくじ」
商店街でお土産を買う
地蔵通り商店街です。かなり長い商店街です。端まではいきませんでした。
160105_151701
1月22日のNHKニュースで、このお店のことを放送していました。
今年は申年で赤いお尻にちなんで、赤いパンツが売れるそうです。
巣鴨のマルジさんです。日本一の赤パンツとのことです。家族全部に贈って見たり、こどもが赤いパンツをはいて逆上がりにチャレンジするなどが放送されていました。
1月5日もずいぶん混んでいました。
160105_151901
 地蔵通りを電動車いすで走りました。道の途中で引き返しました。古くからの色々な商店があります。全部赤いパンツやシャツを売っている店もあります。丸天という練り物の店でさつま揚げを、いも菓子専門のお芋やさんで大学芋と芋のたるとや、塩大福などを買いました。夕飯の足しでお稲荷さん3つなどです。普通なら佃煮が大好きなのですが、家内から塩分控えめといわれているので買うのをやめました。お菓子を買ったところで猿田彦神社の御宝銭をもらいました。中にひもで結んだ5円玉が入っていました。
 家に帰ってから、塩分が高いしカロリーオーバーだといわれ、少し口げんかになりました。
練り物を夕飯で少しと塩大福は1つを2人で食べ、1つは冷蔵庫へ、あとは自宅へ来た息子にあげたのでしょうか。ベッドのわきにある冷蔵庫には入っていません。一応気を付けているのですが、カロリーオーバーと塩分高いとよくいい争いになることがあります。
 

2016年1月 1日 (金)

今年もよろしくお願いします。元日の初日の出ほか。人間学例会他近況も

 2016年1月元旦 皆さん明けましておめでとうございます。
 
 つたないブログを読んでいただきありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 あまり、外に出かけられませんが、朝日の状況はよくわかります。
時々きれいだなと思うときがあります。
 今年は参議院選挙があります。安保法案の良しあしを決定する選挙です。
そして、憲法を変えるかどうかです。
日本の針路を決める選挙だといっても過言ではありません。
 また、戦争への道には進みたくないものです。
160101_065501_3
2016年1月1日の初日の出です。下のほうに雲がありそこから出てところです。右に見えるのは市ヶ谷の防衛省の電波塔です。日の出の時間は朝6時50分です。撮影した時間は6時55分です。
160101_064701
2016年1月1日、日の出少し前の、スカイツリーです。6時47分です。
下のほうに雲が見えます。。
151231_065501
2015年大みそかの日の出です。少し雲があってきれいでした。 6時55分です。
151231_065301
東の空全体を写しました。右の日が出るところに防衛庁の電波塔。左は時にスカイツリーが見えます。新宿から見て千葉県方面に雲が出ていることが多いのです。
151222_065002
12月22日の冬至の時の日の出です。この時は雲はありません快晴でした。
朝6時51分です。
160102_064201
1月2日、6時42分の天気です。朝焼けがとてもきれいでした。実際はもっときれいです。
160102_065501
1月2日の日の出です6時55分の状況です。日が昇ると朝焼けは終わります。
160110_065701
1月10日の朝日です。とてもきれいでした。6時57分
日の出の時間が少しづつ遅くなり、場所も左側、東寄りに変わって来ています。
2、人間学研究所・実用的人間学研究会合同2015年度第8回例会
人間学研究所第119回、実用的人間学第79回例会
日 時:2016年1月22日(金)18時より
テーマ:フランスの地歴教師と学校地理を話しあう(続報)
講 師:生田清人氏 (元開成高校教諭・人間学研究所研究員)
場所: 人間学研究所   
     佐竹ビル3F 新宿区百人町1-3-17
3,予定他
 1月2日に、家内の親兄弟と子どもの家族などが集まります
   全部で20人くらいになりそうです
 1月5日のヘルパーさんとのお出かけは、巣鴨のお地蔵さんとその商店街へ行く予定
   です。電動車いすで電車に初めて乗って見ます。
4,うちのネコたちが年賀状のモデルに
 うちのネコたちが、年賀状にのりました。よくとれているので紹介します。
160102_072401
 ねこは3匹飼っていましたが、オスの老猫はおととし死にましたが、メスの老猫はまだ元気に頑張っています。名前はにゃーまる、今年で何と23歳。でも年の割に若々しく写っています。これ以上は無いというぐらいいろいろな毛並みが入っていて、雑種強勢で強いのでしょう。もう1匹はくろべえ、オスの13歳です。大きくてやんちゃで、甘えん坊です。見たところはいつも牙が出ていたりして、狂暴そうに見えますが。
5、ブログアクセスの状況
 2015年末での状況です。
アクセス累計 117万件
 記事数     706件
 コメント数    658件
2014年末
アクセス累計97,5万件(19万5千件増)
 記事数     620件
 コメント数    541件

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック