フォト
無料ブログはココログ

« 毎日の「水説」で中村秀明氏、、日本人に不向きな分野「原子力」と、東芝危機 | トップページ | 日本人のルーツ 縄文系と弥生系の混血 松凰山は縄文系の典型?ゲノム分析などから »

2017年1月27日 (金)

人間学研2月合同例会、高橋喜代治氏「アクティブ・ラーニング~」について

間学研究所・実用的人間学研究会合同
 2016年度第8回例会通知
 次のように人間学研究所第128回・人間学研究所第88回、合同の例会を開催します
170128_070801
2017年1月28日の朝の状態です。下の朝焼けはもっと鮮やかでした。上はきれいな光線が見事でした。
日 時 : 2017年2月24日(第4金曜日)18時より
テーマ : 「アクティブ・ラーニングとひとりひとりの学びの形成」
・ 
 今後改定・発表される学習指導要領の目玉になっています「アクティブ・ラーニング」の問題点とそれをどう乗りこえるかという視点からの大事な分析と提言についてお話いただきます。
講 師 : 高橋喜代治氏 (立教大学特任教授、本研究所会員)
会 場 : 人間学研究所
        新宿区百人町1丁目 佐竹ビル3階
人間学研究所からの連絡
1、『人間学研究所年誌2016』第14号は、2017年3月に刊行する予定です。現在編集に取り
 掛かっています。
2、1月例会は諸事情で中止になりました。
 問い合わせ・連絡は
     木村廣子氏 090-4064-5174

« 毎日の「水説」で中村秀明氏、、日本人に不向きな分野「原子力」と、東芝危機 | トップページ | 日本人のルーツ 縄文系と弥生系の混血 松凰山は縄文系の典型?ゲノム分析などから »

人間学研究所の例会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/69393188

この記事へのトラックバック一覧です: 人間学研2月合同例会、高橋喜代治氏「アクティブ・ラーニング~」について:

« 毎日の「水説」で中村秀明氏、、日本人に不向きな分野「原子力」と、東芝危機 | トップページ | 日本人のルーツ 縄文系と弥生系の混血 松凰山は縄文系の典型?ゲノム分析などから »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック