フォト
無料ブログはココログ

« 5か所の東京新混雑エリアと、新大久保のネパール料理店、詳しく知りたい方はどうぞ | トップページ | 国内最古の旧石器時代の人骨、石垣島で発見 港川人との違いは?洞窟に風葬で »

2017年5月17日 (水)

新宿タカシマヤのふきぬきさんでウナギを食べてきました ひつまぶしとは

170516_135701
2017年5月16日(火)新宿高島屋のうなぎやさん、ふきぬき(富貴貫)さんに行ってきました。ウナギはしばらく食べに行ってなかったので、久しぶりに行ってみようと思いました。
 今やウナギは少なくなり絶滅危惧種になるとかで値段も上がっています。
 新宿高島屋タイムズスクエア店の入り口です。入店した午後1時半にはまっている人はいませんでしたが帰るとき2時40分頃は3人待っていました。普段はもっと混むようです。
 創業大正12年の「赤坂ふきぬき」が本店で、新宿神楽坂にもお店があり、柏、百合丘、大丸心斎橋にも支店があります。
170516_135401
お品書き。店の特徴は「ひつまぶし」をやっていることです。英語のメニューもあります。
ランチでうな重1800円、ひつまぶしで2400円です。神楽坂のお店では会席膳、花コース10000円、雪コース17000円というのもあるみたいです。
170516_134701
店内の様子。満席でした。
170516_133502
「うな重」です。柔らくて溶ける感じのウナギでした。久しぶりにおいしいウナギを食べました。
◎ 以前川越へ行ったとき目立たない小さいお店でしたが、古くからのお店で、それ以後何回か行きました。
170516_133601
「ひつまぶし」です。やくみとして3種。香の物。お茶、肝吸いが付きます。
食べ方として、1杯目はそのままで、2杯目は薬味を載せて、3杯目はお茶漬けでいただきます。
170516_133503
薬味、これにワサビがあります。
◎ふきぬき、新宿タカシマヤ店は、食べログで3,52点でかなり高い評価です。
      03-5361-6511 車いすOKです。。
名古屋でのひつまぶし、と名物女将
 だいぶ前ですが、東京ガスのサービス店をやっていた時、一度名古屋で「パロマ」さんから、名古屋名物の「ひつまぶし」をごちそうになったことがあります。
 そのお店は老舗として有名なお店でした。そこのお店のおかみは正式な名古屋弁を使うのが有名で、『何とかでなも』と言っていたように記憶しています。大阪弁は誰でも大阪でしゃべりますが名古屋の都会では珍しいのです。そして、おかみの紫色に染めた髪も今も強い印象に残っています。
新大久保のうなぎやさんもなくなりました
 新大久保の大久保通りにあったウナギ屋さんも確か4,5年前に閉店して,ラーメン屋さんになってしまいました。スーパーなどではウナギを売っていますが、国産品はかなり高くなっています。中国産は安いのですがかなり皮が硬くおいしくありません。
 マグロも需要が多くなりクロマグロも危ういようです。近大の養殖マグロはおいしいようですが・・・
◎ちょうどタカシマヤで北海道展もやっていたのでタカシマヤへ行きました。北海道展は人気があります。
 
170516_142301
◎ あたらしいカテゴリー、「新宿の紹介とレストラン」を増やしました。大久保地域は従来通りべつのカテゴリーです。

« 5か所の東京新混雑エリアと、新大久保のネパール料理店、詳しく知りたい方はどうぞ | トップページ | 国内最古の旧石器時代の人骨、石垣島で発見 港川人との違いは?洞窟に風葬で »

新宿の紹介とレストラン」カテゴリの記事

コメント

こういち 様

うなぎ、とは。 

今頃のうなぎは、油の乗りはどうなのでしょうか。 

美味しいのは、何時でも同じですが、夏のスタミナが切れる頃のうなぎは、体力の回復には、格別のように思えますので、其れ以外の季節では、私のような者には、少し栄養が過ぎるような気もします。

でも確かに美味しいですよね。 

うなぎの料理は、関東の手法が美味しい、と思います。 関西では、少し硬い焼き方をしますので、関東、中でも本場の浜松のように蒸し焼き風の焼き方が美味しさが優っているように思えます。

昔、最初に一人で浜松に行き、奥浜松の国民宿舎に泊まり、近辺にある禅宗のお寺に行く等したことがあります。 帰りに浜松駅にあった小さな料理屋で昼食を食べたのですが、その折のうなぎが一番美味しかったのを覚えています。 

うなぎに惹かれて、その後何度か友人達と行きました。 温泉も何ヵ所かがありますし、浜名湖の周辺には宿が多いので、予約無しでも数人でなら何処かに泊まれたので気安く行けました。

その折に利用しましたタクシーの運転手さん曰く、養殖うなぎよりも川で獲れるうなぎの方が美味しい、とのことでした。

職場の親睦旅行も、私の提案で浜松にしたことがあります。 舘山寺温泉でした。 今では、殆どの職場で親睦旅行は廃止になったようですが。 

イチロウ様

 コメントありがとうございます。

関東のウナギと関西のウナギは食べ方が違うそうですね。背開きと腹開き、蒸すと蒸さないと。名古屋や浜松はどうなのでしょうか。関西のほうが少し硬いのですか、あまり意識をしないでいました。

 かば焼きのウナギとひつまぶしのウナギも少し違いました。値段が同じなのでかば焼きのウナギのほうがいいウナギなのでしょう。

 浜名湖のウナギは有名ですね、でも残念ながら一度食べたかな?という感じです。もっぱらお土産にうなぎパイを買うくらいで。

 会社の親睦旅行にはずっと昔に二泊三日でいったことが何度かありました。伊勢志摩とか・・優雅な時代でしたね。

   こういち

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/70583393

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿タカシマヤのふきぬきさんでウナギを食べてきました ひつまぶしとは:

« 5か所の東京新混雑エリアと、新大久保のネパール料理店、詳しく知りたい方はどうぞ | トップページ | 国内最古の旧石器時代の人骨、石垣島で発見 港川人との違いは?洞窟に風葬で »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック