フォト
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月28日 (金)

高田馬場の中華敦煌へ行きました。やっと入れる段差です。お店ははやっています。

2018年9月28日(金)お昼に一人で高田馬場の山手線に並行した通りの、中華料理店敦煌さんへ、行ってきました。中華料理、敦煌は新宿区高田馬場1-29-7にあり、高田馬場駅から、諏訪通りの途中にあるお店です。この辺りは中華料理店はこの辺りにあまりありません。9月で久しぶりの晴天です。
ここは山手線に並行し高田馬場から新大久保へつながる道です。有名なとんかつ成城の向かいにあります。近くには点字図書館があります。百人町の自宅マンションから、高田馬場の芳林堂書店へ行く途中でいつも通りますので、気にはなっていましたが入口に段差があり電動車いすで行くのをためらっていました。3、4、、5階に芳林堂書店の入っているビルは地下と2階がレストラン、1階がドン・キホーテとパン屋さん。行く途中にコンビニが何店もあります。週に1度以上は通ります。2階のレストランは4店あり入りやすいので一番行っています。(ロシア料理チャイカ、アサヒビールのレストラン、すしと和食の店、小豆島のうどんとソーメンの店です。)
180928_132201
行く途中にある道の段差です。降りるのは大丈夫ですが、乗る時には、まず前輪を上の段にあげ、その後うまく勢いをつけて登ります。前輪を上げないと上には上がりません。
敦煌の入口は道路が坂で径斜があります。どうしようかと考えていたらお店の店員の女性が親切にどうぞと、ちょうど入口からすぐの席を示してくれました。4人座れる席の向かい側に一人座っていました。女性が親切とはお店の評価で良くなっていました。
高田馬場駅近くに神田川が流れており、そこに向かってかなり急な坂になっています。
180928_123501
手前のほうが道が低くなっています。-建物は高くなる。入口は派手なデザインです。
この辺りは段差がもっと大きく入れない店がほとんどです。
180928_123502
180928_131601_2
入口は段差が手前が低く向こうが高くなっています。あまり手前を通るとオートバイのほうへ倒れます。
180928_115901
店内は龍の大きな壁画が特徴
180928_120401
、メニューの一部。日替わり弁当は850円。特製弁当、B弁当1100円とA弁当1500円とがあります。A弁当は好きな料理を2つ選べます。
180928_120402_1
敦煌飯800円など。オリジナル飯など。どんなものか食べてみたいです。
180928_120501
中華飯800円、チャーハン750円など。
180928_121001
海鮮1品料理豆腐、卵料理など。エビのチリソース1700円など。肉の1品料理もあります。
180928_121301
 
頼んだ、A弁当。エビのチリソースとイカと野菜の炒めが入っています。揚げ春巻きとしゅうまい入り。ご飯は半分にしてもらいました。エビのチリソースは美味しかったです。おなかがいっぱいになり減らしてもらったご飯も残りました。
帰りに早稲田通りのスーパー成城に行きました。ほかのスーパーにないものを売っています。お土産にいろいろ買いました。
途中目が不自由な中年の女性がいて、道路で困っていましたが、親切なやはり中年の女性が手を取って、駅まで誘導していきました。いい光景だなーと思いました。このあたり点字図書館があり、目の不自由な人が多いのです。
逆に以前、混んでいる通りで歩きスマホをしている女性があり、前方に車いすがあるのにきづかず、ぶつかりそうになり、思わず危ないと声を出しました。いわれた2,30代の女性はきっと怒った顔をして黙って行ってしまいました。混んでいるときに歩きスマホは危険です。車いすは低く目につきにくいのです。

2018年9月27日 (木)

クローズアップ現代、「謎のマッチョな弥生人」船を漕いでマッチョというのはおかしい。追記丸木舟で2019年7月9日与那国島到着。

2018年9月26日(水)の夜10時から、10時25分まで放送された、NHKの「クローズアップ現代+」で、「謎のマッチョな弥生人、骨から探るミステリー」という番組がありました。
九州北部には弥生人が早くに朝鮮半島から渡来し住み着きました。彼ら弥生人は背が高く、ほっそりしていて、顔も面長で、いわゆるしょうゆ顔であるということになっていましたが、九州西部の海岸や島部に住んでいた人の骨は、背が低く、筋肉ががっしりしていて、いわゆるマッチョな体つきで、顔つきも違う人たちでした。一体これはどうしてだろうかということです。

 

遺跡では権力の象徴として南方でとれる貝の腕輪の副葬品が権力者の骨と一緒に発掘されています。その貝の副葬品を得るために、ときに黒潮に逆らって、沖縄方面に行っていたので、筋肉が発達したのではないかと言っていました。季節によっては黒潮の流れに逆らった風の動きがあるのだそうであるが、それらを利用して手に入れたのであろうという。

 

180927_125501

 

九州西部の海岸や島で発掘された骨は、身長は1メートル50センチほどだが、背は低いががっちりした体つきであった。

 

◎この顔つき、体系を見ても、縄文系由来の人である。縄文系の人たちは各地のへき地の海の近く、南九州、沖縄、四国、都会地以外の関東、東北特に太平洋側などに多い。

 

がっちりになったのではなくもともとがっちりなのである。

 

180927_125602

 

平野部の弥生人と異なるマッチョな人々の集団があるということ。
180927_125603

 

国立科学博物館の海部陽介氏はいう。

 

180927_125701

 

弥生人のイメージ。ほっそりとした体つき。稲作もたらした人々。

 

180927_125702

 

どんな暮らしでマッチョに。骨をCTスキャンして調べてみる。

 

180927_130001_1
(弥生式)土器を運んだルート

 

長崎・高島にある遺跡と同じようなものが鹿児島さつま市にある。貝の腕輪など。

 

180927_130101

 

赤い服を着た女性-筋肉を売り物にした芸能人ーはマッチョな弥生人と同じくらいの背の高さ。

 

このテレビでは、ほっそりして、背が高い弥生人が、船に乗るために筋肉が強くなって、外見も変わったというが、あまり納得できる話ではない

 

もともと、2400~3000年以前には日本には縄文人しかいなかった。縄文人は南方起源や、中国から来た人々、アイヌ系で北方に住む人たちなど雑多な人々が住んでいた。縄文時代にも稲作が伝わったようだが、弥生時代のように大規模なものではなかった。

 

大陸から中国江南の人たち(百越と呼ばれた)が漢民族の圧迫から逃れる形で渡来してきた。そのころ、広く倭人と呼ばれる人たちで、稲作文化をもたらし、高床式倉庫、抜歯、刺青の習慣を持った人たちだった。

 

倭人のことはや後漢の「漢書地理誌」や王充の「論衡」に書かれている。そこに書かれている倭人ということを、広く南中国から日本にかけて住んでいた人ととらえる人と、日本人とだけとらえる人がいる。

 

紀元前300年ころからいずれにしても沖縄諸島経由や朝鮮半島経由で、日本に渡来してきた。弥生時代の始まりとなる。そして、前から住んでいた縄文式文化の人たちと混血していった。

 

弥生人を狭義には渡来した人だけをいう場合があり、広義にはもともと住んでいた縄文人を含めて(縄文系弥生人という)と弥生時代になり、弥生時代の文化を取り入れ、渡来人と混血もしていった、人たちも含めて言う場合がある。

 

1700年前ごろ、弥生時代から古墳時代になるころから、気温の低下により、大陸の北方系のツングース系の人たちが、南下し、高句麗、百済を建国し、さらに朝鮮半島から大挙してやってきた。さらに、百済滅亡などに際して多くの渡来人が来た。また新羅系の人泰は日本海から富山、新潟から関東に住み着いたともいわれる。百済系の人たちは日本の支配層になっていった。彼らは細面、平面的な顔、いわゆるお雛様顔をしている人たちである。そして古墳時代になっていく。

2019年7月12日(金)追記

海部陽介氏の率いる国立科学博物館を中心とするチームが台湾東部から、原始的な方法でつくった丸木舟で台湾東部を7月7日出発したものが、7月9日に与那国島に到着しました。丸木舟の乗りては5人で、1人は女性でした。今まで葦の船などで2回失敗していました。台湾から与那国島までは200キロほどの距離があります。方角は太陽や月のいちで確認しました。予想しています。およそ3万年前に丸木舟に乗って渡来したと考えられています。

 

 

 

 

 

2018年9月21日 (金)

異常気象は温暖化のせい?実は自然現象、住 明正氏 日経新聞-この頃の異常気象

日経新聞の2018年9月8日朝刊の記事「今を読み解く」に東京大学特任教授の住 明正氏が寄稿しています。
・ 
住 明正氏は2017年9月生まれ、東大卒から気象庁に入り、その後東大教授となり、その後、国立環境研究所の理事長などとなり、2017年そこを退任してから再び東大特任教授となりました。日本を代表する著名な気象学者です。
著書は、1999年に「地球温暖化の真実」、2007年に「さらに進む地球温暖化」ともにウエッジ選書、などがあります。
「地球温暖化の真実」、の前書きには「世の中は、地球温暖化の不安をあおるような話ばかりです。~今のまま化石燃料をつかい続けていけば、地球は温暖化するが、破局はしない」といい、「破局するとすれば多量生産、多量消費、になれた現代社会の生活様式なのです」と書かれています多くの温暖化論者が様々に温暖化の危機を煽り立てるのとは一線をかくしています。
 
日経新聞は、地球温暖化論者がヒステリックに地球の危機を声高に叫ぶ論調から次第に離れつつあります。それは経済界の一部に、温暖化論に反対する動きが強くなっているのに対応します。またアメリカの共和党とトランプ大統領が温暖化論を否定するのに対応します。
180921_123101
「今を読み解く」で、住 明正氏は冒頭にこう述べています。
西日本の集中豪雨、そして台風12号の異様とも思える動きなど、最近の日本を取り巻く天気の状況は、これまでとは何か違うレジーム(状態)に入ったのではないかと思われる。
梅雨末期に西日本を中心に豪雨が襲うのは、実はさほど珍しいことではない。温度が上昇し、水蒸気が増えるからである。今回のケースも1972年7月の豪雨を思い起こせるが、一つ相違がある。今年はすでに7月上旬で梅雨末期の状況が現れ、その後の猛暑が1か月以上も継続している点だ。
◎8月の異常な暑さと、9月のこれまた異常な雨と寒さはこの記事が出た9月8日以後も際立っている。9月は異常な長さで雨と曇りの日が続き、低温が続いている。20日の東京の最高気温は23℃、最低気温16℃で、21日は最低気温15度台で9月の最低気温としては5年ぶりのことだそうである。ともかく気温の変化のもとは水蒸気=雲です。毎日晴れ間が続く8月は異常に暑く、曇りや雨が続く9月は異例の寒さです。(ブログ筆者)
こうした最近の気候変動に関する知見は鬼頭昭雄著『異常気象と地球温暖化』(岩波新書・2015年)にまとめられているので、参考にするとよい。
では、今年の異常気象は地球温暖化のせいなのだろうか。筆者も同じような質問をよく受ける。残念ながら、この問いにはっきりした答えを出すことは難しい。統計的にみて、地球は今、温暖化傾向にある。だが、日々起こる異常気象の原因を温暖化「のみ」に求めることはできない。なぜなら、個々の気象現象は偏西風の蛇行など,様々な要因が複雑に絡んで起こるものだからである。
●実は「自然現象」
木本昌秀著『「異常気象」の考え方』(朝倉書店・17年)をひもといてみよう。と同書によると日々移り変わる「天気」や「気象」は確率分布の一つの実現値、つまりはたくさんある標本の1つにすぎない。我々が異常気象と呼んでいるものは「正常」からの逸脱ではなく,単にめずらしい=低頻度な」現象なのだ。気象学の立場で言えば、異常気象のほとんどは「発生や持続の要因について気象学の範疇で語ることのできる『自然現象』であり、異常でも何でもない」それゆえ、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)などでは「極端現象」という言葉が使われている。
気象学で確率統計の考え方が有効なのは、何回も試行が可能で、その結果を統計的に処理できる点だろう。地球温暖化に伴う気候変化も、確率密度分布が変化していくことととらえられる。だが、現実は確率統計だけで割り切れるものではない。「余生も限られているときに、いかに行動すべきか?」という問題が出てくる。個々の人間はそれぞれ欲があり、非合理的であり、有限の存在だからである。
このような時には、マッケンジー・ファンク著『地球を「売り物」にする人たち』(柴田浩之訳、ダイヤモンド社・16年)の一読を勧める。地球温暖化をビジネスチャンスとして、迷いもせず行動する人々の姿をルポしている。融解する氷の奥に眠る鉱物資源の争奪戦など、あくなき人間のすごさ。逆にこのような資質こそが人類の幾多の困難を救ってきたのかもしれない。
●対応は総合的に
温暖化への対応にはジオエンジニアリングもあるが、賛否両論がある。現状を冷静に紹介するものとして、水谷広著『気候を人工的に操作する』(化学同人・16年)を挙げたい。「宇宙に日除けを打ち上げる」、「海水の上下を入れ替える」「といった壮大な手法の特質を開設しているが、注目すべきなのは、人間が地球温暖化などの問題を引き起こしたとの認識から、社会全体のガバナンスの重要性を述べている点だ。温暖化問題は、産業革命以降の人間社会のあり方を根源的に問い直している。
日本では温暖化の現実を見据えた対応として気候変動適応法が施行されるところだ。人間社会は常に変化する状況に適応してきた。現在でも、高齢化、国土強靭化、財政破綻など様々な課題があり、施策が求められている。その中に、地球温暖化という環境変化も位置付けるべきなのである。
こうした課題は個別ではなく総合的に対応すべきものだ。国連が提唱したSDGs(持続可能な開発目標)が旗印となる。具体的には、地域開発、都市再開発が重要となるだろう。いずれにせよ、「前に向かっている」という感覚が人を勇気づける。必要なのは未来に対する新しい挑戦を継続する覚悟なのだろう。
◎今の日本では「地球温暖化論―人為的二酸化炭素地球温暖化論」がまだ圧倒的に優勢です。しかし世界的にはアメリカのトランプ大統領の共和党や各国で批判勢力が優勢になりつつあります。
ところが、日本では圧倒的に温暖化論が優勢で、各政党が温暖化論支持です。新聞各紙もそうですが、日経新聞が温暖化論から脱却しつつあります。住氏の論説もその流れの中にあります。
日経新聞で「地球が危ない」というシリーズで、はじめ動植物の絶滅がもっぱら地球温暖化のせいだと書いていました。しかし途中から、ほとんど温暖化のせいでなく人為的な原因であると変わって書くようになりました。この辺りは,『こういちの人間学ブログ』にも書いてきました。
日本では温暖化阻止と称して年間3兆円ものお金を注ぎ込んでいますが、一向にCO2が落ちてきたという話は聞きません。かたや、税金をあげ、一方では福祉の予算などを削っています。「温暖化論」「の無意味さを気付いていく人が少しでも多くなればいいのですが。
前のブログを見ていましたら、2017年(昨年)は8月も9月も気温が低かったと書いていました。

2018年9月19日 (水)

新宿高島屋のディキシーダイナー・ザミートロッカーへ行ってきました。ボリュームがあり若者向きです。

2018年9月18日(火)のお出かけの日に、新宿高島屋の、ステーキ店、「ディキシー・ダイナー・ザ・ミートロッカー」へ行ってきました。
新宿高島屋タイムズスクエア レストラン&カフェ
新宿高島屋のレストラン街、12,13、14階には、レストラン32店、カフェが4店あります。そのうち、次々と店を訪問していきました。いままでいったお店は全部で15店でした。新宿高島屋では和洋中華店各種(和食では京料理、うなぎ、すきやき、寿司、とんかつ、てんぷら、日本そば店など)のお店が、それぞれ2店づつぐらいあり、そのうちの1店に行ってみました。ほかに、インド料理、タイ料理のお店にも行きました。
そしてその結果をブログにも書いてきました。また高島屋のお店では行っていませんが、ほかのお店でいった所も4店ほどありますので,(新宿中村屋、つばめグリル、牛タンねぎし、水炊き玄海)大体カバーしてきました。
2度以上行ったお店もあります。特に京料理福禄寿は、うちの家内が、クラス会の打ち合わせでゆっくりできるところを、ということで紹介しました。評判が良かったです。
しかし、ステーキのお店は今まで行っていませんでした。はじめ、今日は 焼肉トラジに行って、ロースやカルビなどを食べてみようとしましたが,階段が2段あり車いすでは大変で断念しました。それで、急遽ステーキ店になりました。
ディキシーダイナー・ザ・ミートロッカーはステーキ、ハンバーグ、パンケーキ店で支店がいくつもあります。お昼のランチ時にはどちらかというと若い人で混むように感じました。お店には午後1時半ころ入りました。
新宿高島屋・タイムズ・スクエアビルの13階で、席数は50席、ほかに屋外に20席が。あります食べログでは3,14点。予算は昼夜とも2000~3000円ぐらいです。
電話、03-5361-1988 渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
追 記   今まで行ったお店
1、和食   
  1 赤坂  ふきぬき      うなぎ     14F
  2、京料理 福ろく寿      京料理    14F
  3、人形町 今半        すきやき    14F
  4、おたる 政寿司       寿司      14F
  5、とんかつかつくら      とんかつ   14F
  6、新宿 つな八        てんぷら    13F
  7、総本家 小松庵       日本そば   13F
2,洋食
  1、セストセンソ        イタリアン    13F
  2,ミゲルファニ        パエリア     13F
  3、ベルジアン・・
     ブルージュ        ベルギービール14F
  4、ディキシー~        ステーキ    13F
3、中華他
  1、天厨菜館          北京料理    14F
   2 鼎泰豊           点心       12F
  3、シターラグローブ     インド料理    13F
  4、サイアムセラドン     タイ料理     12F
◎ほかの店でいったところ
  1、隨園別館         中華、本店で   14F
  2、水炊き玄海        本店        14F
  3、中村屋           本店で       13F
  4、つばめグリル       欧風料理     13F
  5、牛タン ねぎし      牛タン        13F
180918_142701
お店の入口です。車いすで入りやすいお店です。
180918_142401
カウンター席です。2時ころになるとカウンター席は空きます。
180918_135601
ステーキのメニュー。
グリルとコンボがあります。
3ポンドステーキ(450g)、などもあります。メニューの例
国産プレミアム サーロインステーキ コンボ      2500円
サーロインステーキ コンボ                 1650円
サーロインステーキ  225g                1900円
Tボーン・ステーキ(骨付き) 450g            5800円
ミックス・カットステーキ  200g              1600円
ロースト・ビーフ                         1500円
 
180918_135701
ランチ用メニューです。ロコモコ、カレー、ハンバーガー、パンケーキなどもあります。
180918_135801
頼んだもの。コブサラダです。野菜がたくさん。ボリュームたっぷり。980円。
1人で食べるとこれにパンが付くとこれでおなかがいっぱいになりそう、
180918_140401
フィレ・ハンバーガー2400円です、玉ねぎとポテト付き。アツアツのフライパンできます。
油が散っても大丈夫なように,紙のエプロンを付けます。
左上にパンが写っています。
180918_140501
サーロインステーキ225g、1900円。玉ねぎとポテト付き。
それぞれ、パンまたはライスがつき。ソフトドリンク各種の中から1品付きです。
私はジンジャーエールを頼みました.斉藤さんはコーヒー。
ヘルパーさんに多めに食べてもらいました。
合計金額は全部で5280円(消費税込みです)
会計が済んだ時間は2時半頃でした。肉が大好きでたくさん食べたい人にはいいでしょう。

2018年9月16日 (日)

100歳以上6万9785人、前年比2014人増、大腸がん2年ぶり最多、内視鏡検査、自らで

1,100歳以上の人約7万人に
2018年9月15日の毎日新聞朝刊に、9月17日を前に、厚生労働省は14日、100歳以上となる全国の高齢者は6万9785人に上り、48年連続で増加したと発表した。昨年比で2014人多く、女性が88,1%を占めた。健康志向や医療技術の進歩で、20年前の6,9倍、10年前の1,9倍となった。同省の担当者は「元気にすごせる期間が延びるような取り組みを進める」としている。
180915_135301
100歳以上の高齢者数の推移
住民基本台帳を基に15日時点で100歳以上となる人数を都道県を通じて集計した。内訳は、男性が8331人、(前年比139人増)女性が6万1454人増(同1875人増)。2018年度中に100歳になった人と、100歳になる予定の人を合わせた人数は計3万2241人で、17年度と比べると144人多い。
国内最高齢は、福岡市で暮らす女性の田中力子さんで115歳。男性は北海道足寄町の野中正造さんで113歳。都道県別の居住地では、東京が最多の5973人。神奈川3877人、大阪3537人が続いた。
人口10万人当たりの100歳以上の高齢者数は全国で55,08人。6年連続最多となる101,02人を超え、鳥取(97,88人)、高知(96,50人)の順だった。
老人福祉法が制定された1963年は100歳以上の人は153人だったが、98年に1万人を超え、2012年に5万人を突破している。
◎男性の野中さんは、英ギネス・ワールド・レコーズ社に、世界最高齢の男性と認定されています。
 政府は1963年に表彰制度を始めましたが、153人でした。2012年には5万人を超えるなど急速に増えています。政府は100歳以上の人にお祝い状と記念品の銀杯とを贈ります。
私たちの身の回りにも、元気で100歳以上になりそうな人はたくさんいます。全部女性ですが。
2、がん診断 大腸がんが最多
日本経済新聞、2018年9月15日(土)朝刊で、「がん診断 大腸が最多」、「14年13万人、初の実測値」,「全がん 新規は86万人」という記事がありました。
2014年のがん罹患数の部位別順位
      1位   2位   3位   4位    5位
男性   胃    肺    大腸   前立腺  肝臓
女性   乳房  大腸   胃     肺    子宮
男女計 大腸   胃    肺    乳房   前立腺
(注)国立がん研究センターの資料より作成
 
14年に新たにがんと診断された患者は、前年から1万8578人増えた。男性が50万1527人で、女性が36万5881人だった。患者数を部位別にみると男女全体では大腸がんが約13万4千人で、胃がんを抜いて(12万6千人)初めて最多となった。
汚染された水などから感染し、胃がんの原因となるピロリ菌の感染者が戦後の衛生状態の改善によって減ったとみられる。
都道府県別の罹患率と死亡率では、全国平均を100とした場合、男女とも秋田、石川、富山、鳥取など日本海側でいずれも100以上となる県が目立った。長野県は罹患率は全国平均を上回るが死亡率は平均より低かった。
部位別にみると、胃がんの罹患率は男女とも東北地方や日本海側、紀伊半島の近畿側で高い。肺がんは男女とも北海道、近畿、九州北部で目立った。国立がん研究センターではピロリ菌の感染率や食塩の摂取量、喫煙習慣などと、関連するとみている。
 同センターは18年に新たにがんと診断される患者数予測も公表。患者数は101万3600人に上る見通しで、部位別では大腸がんが15万2100人と最多で、胃がん、肺がんと続く。死亡者数は37万3990人になる見通し。
◎16日、9月15日に樹木希林さんが死去したというニュースが入りました。
 
5年前にがんを発病し、全身がんだと言いながら、元気に活躍していましたので、急な訃報にびっくりです。享年75歳でした。
180917_115401
/
 
◎やはり、あやしげな民間医療より、科学的な医療のほうが長生きできます。
がんも2人に一人はかかる時代だそうです。ほかの病気が相対的に減ると、がんも増えるのでしょう。小中学校のクラス会であうと、~がんにかかって手術したという話をよく聞きます。がんかかっても治って元気にしているのです。
家族・親類を見てみると、祖父は食道がんで亡くなりました。熱燗が好きで晩酌は欠かさず、たばこも吸っていました。父もタバコを吸い、胃がんになりましたが、胃の一部を切除して、以後がんは再発せず、92歳で家の中で転倒する事故で死にました。叔父は煙草もお酒もよく飲み、早くに肺がんで亡くなりました。叔母は90過ぎて元気です。妹の夫はかなりのヘビースモーカーでした。肺がんで早くに亡くなりました。煙草をよく吸い、お酒もかなり飲む人はがんで早くに死ぬ確率が高そうです。
女性はほとんど煙草をすいません。がんで亡くなる人もほとんどいません。曾祖母も、祖母も、母も95歳以上まで長生きしました。感じます。関心が高すぎて、テレビ番組の「何々が良い、という番組に振り回されたり、健康のためのサプリなどをたくさん買い込んだりします。
世の中では、科学的なものの見方より、非科学的なあやしげな話を好み心酔してしまう人がかなりいます。がんになったとき、早く正しい治療をしていれば治るものを、先日亡くなったさくらももこさんのように乳房がんが2001年に見つかっていたのに、抗がん剤治療がダメージが大きいということで、ほかの民間治療を受けていたそうです。何しろスピチュアルの本などを大量に買い込んでいたようです。それで今年、55歳の若さで亡くなりました。は病後きちんとした治療を6年もしなくていきていられたのなら、かならず、きちんとした治療をしていれば病気は完治していたはずです。
 ほかにも有名人で、スピリチュアル、民間医療に心酔し、死を早めた人はたくさんいます。科学的なものの見方ができればおかしいとすぐ気が付くのに。水も食べ物も食べずに元気でいられるのどを信じている人がいます。生物学のごく初歩でおかしいとなるのですが、信じ込む人がいるのです。1週間も水を飲まずに生きていく方法が見つかればたいへん朗報なのですが。
大腸がんが一番多いそうですね。我田引水になりますが、唾液健康法(咽津法)ががん、特に大腸がんに効きそうです。唾液自体に10数種類の重要な効能があり、発がんを抑える作用があります。
また、唾液の成分が内蔵各部に大変優れた機能があります。特に大腸は有効な腸内細菌のフローラを作るにあたっては大量の唾液は有効な効果を発揮します。
唾液健康法のブログをご覧ください。
『こういちの人間学ブログ』 2018年7月5日
「唾液健康法(咽津法) 追記版
不老長寿に関するブログについて リンク集」
 
 
 
 
3、イグ・ノーベル賞に長野の医師
日経新聞で、記事に隣接して、「イグ・ノーベル賞に長野の医師」。「座って内視鏡、自分で実験」
180915_191101
イグ・ノーベル賞の授賞式が13日、米ハーバード大学で開かれた。
座った姿勢での大腸内視鏡検査を自ら試し、苦痛が少ないことを実証した長野県の昭和以南総合病院の堀内朗内科診療部長兼消化器病センター長(57)が、「医学教育賞」を受けた。
日本人のイグ・ノーベル賞受賞は12年連続。大腸がん検査などで行われる内視鏡は通常横になった状態で肛門から管を入れる。
堀内さんは苦痛を減らす方法を探して自らが患者役になり、座った姿勢で容易にできたため試行を重ねたという。2006年に自身の体験談や研究内容を発表した。
 
◎日本がイグ・ノーベル賞を12年間もらっているそうですが、より研究がせせこましくなってイグ・ノーベル賞ももらえなくなってしまうようですと、日本の科学研究も危うく感じます。

2018年9月13日 (木)

ゲノムで解明、日本人の起源 縄文人は東南アジア起源か、各紙で報道

2018年9月2日(日))の日経新聞の朝刊と、9月11日(火)の毎日新聞夕刊に、日本人の起源が、ゲノムで解明された、と報道していました。特に、日経新聞はカラー版で大きく出ていました。30面サイエンス版
日経新聞の30面サイエンス版の図版。
日経新聞の記事
DNA追い古代人に迫る
 縄文人 東南アジア起源か
 ホアビン文化民族が縄文人となった可能性可能性が高い。
ラオス、マレーシアなどの文化の担い手が作るホアビン文化の人たちと、縄文遺跡の愛知県井川津貝塚(4000年から2500年前)の2500年前の成人女性の骨がこの研究の立役者となった。
金沢大学、北里大学、国立歴史民俗博物館を中心とする研究グループが、頭部(耳の骨-側頭骨錐体)にわずかに残る遺伝子を注意深く採取し、全遺伝子情報の解読に成功した。
その情報をもとにこの7月、縄文人の起源について成果を発表した金沢大の覚張隆史特任助教は「縄文人の全遺伝情報を解読した初の成果。東南アジアの人々の遺伝情報と比較して遺伝的なつながりを調べる足掛かりができた」と解説する。
比較した相手は現在のアジアの人々や8000~2000年前の東南アジアの古代人ら80を超える集団だ。古代の人たちの遺伝子で調べる研究はすでに試みられていたが、日本で解読できた遺伝情報の割合が数%と低く詳細な分析はなかなかむずかしかった。全遺伝情報が解読できれば情報量も多くなり、より深い研究ができる。
覚張特任助教らは遺伝情報の類似性などに着目し6つのグループに分けた。その結果、井川津貝塚の女性の遺伝子は、約8000年前のラオスの遺跡や約4000年前のマレーシアの遺跡で見つかった古代人の遺伝子に近く、同じグループに分類されることが判明した。
そのころの東南アジアには狩猟採集民が住み「ホアビン文化」と呼ばれる文化圏を作っていたと考えられる。その集団の一部が移動し日本列島にたどり着いた。東南アジア地域から渡来した集団が縄文人の起源とする説が最近唱えられているが、それを裏付ける結果となった。
このグループの遺伝子は他の5つのグループと大きな違いがあったが、地理的に近いグループの間で交流が起きたとみられる痕跡も見つかった。東南アジアでは、古い石器時代から住んでいた狩猟採集民が、稲作などの農耕文化を持つ集団の移動によって置き換わる「2層構造仮説」が長く信じられてきた。
今回の成果から単純な置き換わりはなく「複数のグループが移動と交流を繰り返す、新しい枠組みが浮かび上がってきた」(覚張特任助教)という。
国立歴史民俗博物館の山田康弘教授は「遺伝情報に基づく研究は日本の考古学にとってもおおいな力となる」と強調する。
遺伝子を解析して古代人の足跡をたどる世界の研究者に共通する考えでもある.浸透に合わせてこの分野の研究は活発になってきた。~
日本のような高温多湿なところでは遺伝子がきちんと残りにくい。乾燥した地域の多い欧州やアフリカは遺伝子の保存状態が良い。
今回の研究では,歯の中に残る細胞から遺伝子を取り出す方法ではなく、非常に硬い側頭骨に採取場所を変えた。~
この研究はデンマークのコペンハーゲン大学を核とする国際研究チームとの、共同作業でもあり、海外の複数の大学でも同様に遺伝子を解読した。北里大太田博樹淳教授は「1つの研究所だけでは信用度を高められない。国際協力体制で高い精度のデータを出せる」と話す。
キーワード「縄文人と弥生人」、「互いに交流し日本人に」
縄文人、1万数千年前から、約2300年前に日本列島に暮らしていた。丸顔で鼻が高く、えらが張っている特徴がある。狩猟採集生活を送り、現在の台湾や朝鮮半島などを経由して移り住んだと考えられている。
 
井川津遺跡は4000年から2500年前の遺跡で、縄文後期から晩期に当たる。
弥生人は約2500年前にアジア大陸から九州地方にわたり,コメ作りを始めていたという。面長で目が細くあごは細い。徐々に日本全体に広がり、縄文人などと交流しながら現在の日本人へと移り変わっていった。
 
Photo
上図は日経新聞の図表
・。
 縄文人の顔の特徴
  鼻が高い、えらが張っている、丸顔
 遺伝子の並び方
  古東アジア人の遺伝子と違う
  ホアビン文化の遺伝子と近い
◎下の図は、毎日新聞の記事を1,5倍に拡大してスキャンしました。今までスキャンがうまくできませんでしたが、パソコンを変えて、はじめからWindows10で入っているものに変えたら、うまく取り込めました。W7から10に変わったときうまく対応できませんでした。
 毎日新聞の記事は「ホアビン文化」のことは書いて無く、逆に日経新聞の記事は、日本全体に住む「ヤポネシア人―日本列島の人類」のことはかいてありませんでした。
3
 
 
毎日新聞の記事
日本人の起源ゲノムで解明へ
分離融合の新手法
離島など50地域500人を解析
ゲノム歴史学という新手法
本州に住む人や北海道のアイヌ民族、南西諸島の人など、地域でDNAに違いがあることが分かっている。
チームでは、日本全体に住む人類を意味する「ヤポネシア人」-日本列島人―となずけ、ルーツを包括的に調べる。
全国で離島や半島など特に土着性の高い50か所の地域の約500人のゲノムを詳しく解析。5か年の研究には、プロジェクトには北海道大学、人間文化研究機構、国立歴史民俗博物館などが参加し研究費は約2億円。~
 
これは携帯カメラで撮影したものです。両方とも読みにくいですね。
180912_194501
◎日本人と倭について
倭について書かれるのは、「漢書地理誌」や,王充の「論衡」などであり。倭人が暢草を献じた、という記録がある。これを日本の倭が献じたという説もあるが、当時揚子江一帯に住んでいた人たちも、日本に住んでいた人たちも倭と呼ばれていたので、揚子江一帯の百越と呼ばれた人々をさすのではないかと思われる。
倭人については、「魏誌倭人伝」が詳しい。米作をし,鯨面文身(入れ墨)をし、高床式の家に住み,貫頭衣を着るなどの風俗が描かれている。日本では弥生時代を表しているようである。
中国では倭人は中国人(漢人)に押され南方に行き中国の少数民族やタイ、ラオス、ベトナムなどの東南アジア人となったと思われます。
遺伝子的に、日本人と東南アジア人と近いのはそういう理由があります。
しかし日本人はアジアの諸民族の吹き溜まりのような存在で、南はベトナムやインドネシアに近い人たち、南中国系、北方中国系、モンゴル系、ツングース系のお雛様顔の人たち、アイヌ系などがいて、本当に様々な民族が混血しています。
国立科学博物館で一連の人類の起源と歴史のNHK番組の展示があると思います。楽しみです。
参考
                 日本         中 国
紀元前300年ころまで縄文時代            前漢
                                新
                        紀元25年   後漢成立
                           57年  倭の奴国朝貢
 
           弥生時代               「漢書」、「論衡」
                        220年     後漢滅亡
                                 魏,呉,蜀
紀元300年以後 古墳時代
 
 

2018年9月10日 (月)

NHKスペシャル 「人類誕生 未来編」1(なぜホモ・サピエンスが生き残ったのか)

2018年9月8日(土)NHK BS1で10時から50分間放送がありました。翌日、9日にはその続き2,3がありましたが見損ないました。

「こういちの人間学ブログ」では

2018年5月14日

「NHKスペシャル『人類誕生2』 「ネアンデルタール人謎の絶滅人類」「現生人類、生存は集団の力」

http//koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2018/05/nhk-66bf.html

2018年7月20日

「NHKスペシャル『人類誕生3』「日本人のルーツ解明」「ホモサピエンス日本へ」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2018/07/nhk3-a78f.html

つながります。

180909_130301

人類の未来で、ロボット(AI)の少女、エヴァが人間について、謎の老人ドクに質問をする。ホモ・サピエンスは逆転に次ぐ逆転で、、、現在生き残っている人類は、ホモ・サピエンスのみである。それはどういうわけか。

 

180911_080401

700万年前、チンパンジーと人類が分化した。

180909_130601

エチオピアのミドルカッシュで人骨を発掘

440万年前

アルディピテクス・ラミダス(ラミダス猿人

180909_130701

骨盤の形は人類に近い―二足歩行をしていた

180909_130801

アフリカの土地が隆起して、一部が乾燥化した。森林の減少。

180909_131201

ラミダス猿人は樹木と草原の両方で生活。足はまだ木をつかむのに適した形だった。

乾燥が進むと草原においては二足歩行のほうが有利

180909_131401

ラミダス猿人は家族を持つ

180909_131402_2

チンパンジーに比べ犬歯が小さい。メスをめぐっての争いがないということ。

370万年前

オーストラロピテクス・アファレンシス

180909_132101

タンザニア のエラトリ遺跡

370万年前の10人以上の団体で歩いた足跡の化石が残る

猛獣に襲われないために仲間と行動した。-仲間を持つヒト

240万年前

ホモ・ハビリス(華奢型人類)とパラントロプス・ボイセイ(頑丈型人類)が共存していた。

180909_132301

ホモ・ハビリス 死肉をハイエナなどと争う。適応力の強さ。

パラントロプスは固い植物ー食べ物ーを噛める強力なあごをもつ。パラントロプスのほうが絶滅した。

ホモ属(ヒト属)へホモ・エレクトスとなって幅広く分布

ジャワ原人や北京原人など。

180909_132701

石器によって残された傷跡

180909_132702

180909_132901

180909_133001

石器など、道具を持つ ホモ・ハビリス

180万年前

ホモ・エレクトゥス

身長が身長180センチにも  ドマニシ遺跡(ジョージア)

長距離を走ることができた。大殿筋の発達。体毛が薄くなるー汗をかいて体温を下げる働きが生まれた。狩りに有力な力を得た。

アジアでは、ジャワ原人や北京原人など。

180909_133701

様々な 心の進化が起きてきた。

180909_133801

歯がなくなった老人でも生きていけるように助け合った。

食料の変化ー肉食の増加 消化が良くなり負担減少―脳の増大へ心を持つようになる

◎タンパク質の増大が脳を大きくする

180909_134201

40~50万年前ごろ

ハイデルベルグ人(ホモ・ハイデルベルゲンシス)が生まれる。)アフリカや、ヨーロッパ、アジアに広がった。20万年前ごろに絶滅した。

その後、ヨーロッパで寒冷地に適応していった人類―ネアンデルタール人、と、20数万年前にアフリカで生まれた、ホモ・サピエンスに分離していった。

◎ハイデルベルグ人は50から70万年前ころに生存。20万年前に絶滅。脳容積が大きい。ホモ・エレクトスの1種だとみる見方もある。

寒冷化が進む中で、ヨーロッパのネアンデルタール人とアフリカのホモサピエンスに分かれた。ネアンデルタール人は40万年前から2万数千年ごろに生存。ネアンデルタール人もホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシスとされる。

ホモ・サピエンスはネアンデルタール人に比べスマートな形をしていた。

◎アジアではデニソワ人、赤鹿人、フローレス人ー(原人)などたくさんの人類が存在した。

19万年前から氷期が始まった。

ヨーロッパではネアンデルタール人がうまく氷期に適応できた。マンモスやトナカイなどの狩り。寒さに適応したずんぐりとした強力な体,弱い日光に対し、赤い髪、白い肌など。

東南アジアでは氷期の厳しさは余り無かった。ヨーロッパに比べ温暖であった。

アフリカでは乾燥化が強く、ホモ・サピエンスは1万人以下の絶滅寸前となった。これは現代のホモ・サピエンスの遺伝子がほとんどないことからわかる。これを「ボトルネック現象」と呼ぶ。

南アフリカの最南端の海岸の遺跡(ピナクルポイント遺跡)にムール貝の貝殻などがたくさん出てくる。貝を食べるなど食べ物に対する柔軟性などが存続へとつながった。

180909_134202

◎氷期は人間に大きな打撃を与えた。現在は温暖な間氷期の期間である。氷期になったら現代文明に壊滅的な打撃を与える。今騒がれている温暖化など問題にならない。

180909_134301

アフリカの最南端。ピナクル・ポイント。

180909_134501

ムール貝を食用にした。貝殻が遺跡に残る。食物の多様性。

180909_134503

ネアンデルタール人は言葉を喋ることができたとされている。知能もそれほど劣らなかった。

◎ネアンデルタール人は10人程度の小人数で行動し、新しい文化が生まれ、広がるのが遅かった。また女性も狩りに参加し、狩りで傷ついたり死んだりもした。2万1000年前ころには、最も厳しい氷河期(最終氷期)となり、ネアンデルタール人は絶滅した。

それに対し、ホモ・サピエンスは大きな集団で行動し、何かを生み出していった。そして地球全体に広がっていった。ネアンデルタール人は絶滅し、ホモ・サピエンスは栄えた。そして、1万年前頃から地球は温暖化していった。そして文明の誕生へ。

◎未来編の3つの巻の最後に、アンドロイドーAIと、人間との話がある。

地球上の人類は絶滅し、いわば人類が生きた証としてのアンドロイド・エヴァを残した―という話で終わっていました。

2018年9月 6日 (木)

近況、1台風から地震へ災害続く、2、パソコン取り替えました、ブログ書きやすくなりました。3、大谷の活躍と中南米選手

1、台風から地震へ災害続く
2018年9月4日(火)台風21号が四国から近畿地方にかけて直撃し、大きな被害をもたらしました。9月4日の夕刊には、「台風21号徳島南部に上陸」、「非常に強い台風」、「93年以来、最大瞬間60メートル」、と書いてありました。
5日の朝刊には1面トップで「台風21号 近畿など直撃」「関西空港浸水」「貨物船橋げたに衝突」とあり、さらには乗降客3000人が孤立し空港内に閉じ込められたという記事が載りまし。6日の各紙では、台風の記事が1面トップでした。
6日(木)午前3時7分、北海道で地震があり、はじめ震度6強といっていましたが途中で、厚真町が震度7と訂正されました。震度7は北海道では初めてのことだそうです。今のところ震源地近くが山林地なのですが、札幌あたりも断水、停電など大きな影響が出ているようです。NHKではほとんど地震のニュースでした。
北海道地区では将来大きな地震が起きるという予想がされていたように思います。
台風から大地震へと切れ目なく大災害が続いたのには驚きです。また詳しくは追記します。
180907_082101
9月7日の毎日新聞朝刊、1面記事。
道内すべての火力発電所が緊急停止し、道内全域295万戸が停電状態となった。いわゆるブラックアウトは北電創業以来初めて。
 
2、パソコン取り替えました。ブログ書きやすくなりました
9月4日(火)お出かけの日に、ノートパソコンを買いに行きました。丁度台風の影響もあり、タクシーに乗っている間、激しい風雨がありました。新宿のヨドバシカメラについたときに雨はやみ、帰る時も降られませんでした。
今までのパソコンは故障が起き、さまざまな不具合が生じていました。買い換えた新しいパソコンでは、16種類の機能が付いていますが、買い換えた時には、半分ぐらいまでに落ちていました。
180906_084301
今では、機能が全部そろっています。当たり前ですが。前のパソコンでは下書き画面に画像が入らず困りました。
今度、買ったノート・パソコンは、NECのLAVIE、PC-NS100K2Wで86180円でした。パソコンの能力が低いのでいいということで値段は安めです。この上の能力は「テラ」のランクになります。前のパソコンは東芝・ダイナブック、その前はSHARPでした。
エンゼルスの大谷選手の活躍、と中南米選手の活躍
9月6日(木)(現地5日)アメリカの大リーグの、エンゼルス、レンジャース戦で、エンゼルスの大谷選手が17号、18号の2本のホームランを打ち大リーグ1年目の日本人選手ではトップに並びました。試合数で比較すると大変なペースです。
 NHKBS1では、大谷の出る試合は大体放送し、ヤンキースの田中選手の登板日も放送しています、暇なので大体毎回見ています。日本のプロ野球は今年1試合も見ていません。
大リーグの選手を見ると外国国籍の選手が多く、6日放送のテレビでは、レンジャースの選手すべて外国人でした。特に中南米の選手が多く、ベネズエラ3人、ドミニカ3人、オランダ領キュラソー、1人でした。エンゼルスも多く、オランダ領キュラソーのシモンズは好守備好打者の素晴らしい選手です。
 オランダ領キュラソーというところを探しましたら、ベネズエラ近くの小さいオランダ領の島です。オランダが野球が強いわけです。
中南米の選手は大体ひげを生やし、刺青の人も多く、首に大きな金のネックレスをつけています。
8日(土)追記
大谷は19号スリーランホームランを(1年目での新記録)、ヤンキース田中は11勝目を挙げました。
 
◎コメントの中でイチロウさんから頂いた、「じゃっきーちゃん」の写真です。
Dsc00461
 
 
 
とてもかわいらしい子猫ちゃんですね。載せさせてもらいました。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

最近の記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック