フォト
無料ブログはココログ

« 近況、1台風から地震へ災害続く、2、パソコン取り替えました、ブログ書きやすくなりました。3、大谷の活躍と中南米選手 | トップページ | ゲノムで解明、日本人の起源 縄文人は東南アジア起源か、各紙で報道 »

2018年9月10日 (月)

NHKスペシャル 「人類誕生 未来編」1(なぜホモ・サピエンスが生き残ったのか)

2018年9月8日(土)NHK BS1で10時から50分間放送がありました。翌日、9日にはその続き2,3がありましたが見損ないました。

「こういちの人間学ブログ」では

2018年5月14日

「NHKスペシャル『人類誕生2』 「ネアンデルタール人謎の絶滅人類」「現生人類、生存は集団の力」

http//koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2018/05/nhk-66bf.html

2018年7月20日

「NHKスペシャル『人類誕生3』「日本人のルーツ解明」「ホモサピエンス日本へ」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2018/07/nhk3-a78f.html

つながります。

180909_130301

人類の未来で、ロボット(AI)の少女、エヴァが人間について、謎の老人ドクに質問をする。ホモ・サピエンスは逆転に次ぐ逆転で、、、現在生き残っている人類は、ホモ・サピエンスのみである。それはどういうわけか。

 

180911_080401

700万年前、チンパンジーと人類が分化した。

180909_130601

エチオピアのミドルカッシュで人骨を発掘

440万年前

アルディピテクス・ラミダス(ラミダス猿人

180909_130701

骨盤の形は人類に近い―二足歩行をしていた

180909_130801

アフリカの土地が隆起して、一部が乾燥化した。森林の減少。

180909_131201

ラミダス猿人は樹木と草原の両方で生活。足はまだ木をつかむのに適した形だった。

乾燥が進むと草原においては二足歩行のほうが有利

180909_131401

ラミダス猿人は家族を持つ

180909_131402_2

チンパンジーに比べ犬歯が小さい。メスをめぐっての争いがないということ。

370万年前

オーストラロピテクス・アファレンシス

180909_132101

タンザニア のエラトリ遺跡

370万年前の10人以上の団体で歩いた足跡の化石が残る

猛獣に襲われないために仲間と行動した。-仲間を持つヒト

240万年前

ホモ・ハビリス(華奢型人類)とパラントロプス・ボイセイ(頑丈型人類)が共存していた。

180909_132301

ホモ・ハビリス 死肉をハイエナなどと争う。適応力の強さ。

パラントロプスは固い植物ー食べ物ーを噛める強力なあごをもつ。パラントロプスのほうが絶滅した。

ホモ属(ヒト属)へホモ・エレクトスとなって幅広く分布

ジャワ原人や北京原人など。

180909_132701

石器によって残された傷跡

180909_132702

180909_132901

180909_133001

石器など、道具を持つ ホモ・ハビリス

180万年前

ホモ・エレクトゥス

身長が身長180センチにも  ドマニシ遺跡(ジョージア)

長距離を走ることができた。大殿筋の発達。体毛が薄くなるー汗をかいて体温を下げる働きが生まれた。狩りに有力な力を得た。

アジアでは、ジャワ原人や北京原人など。

180909_133701

様々な 心の進化が起きてきた。

180909_133801

歯がなくなった老人でも生きていけるように助け合った。

食料の変化ー肉食の増加 消化が良くなり負担減少―脳の増大へ心を持つようになる

◎タンパク質の増大が脳を大きくする

180909_134201

40~50万年前ごろ

ハイデルベルグ人(ホモ・ハイデルベルゲンシス)が生まれる。)アフリカや、ヨーロッパ、アジアに広がった。20万年前ごろに絶滅した。

その後、ヨーロッパで寒冷地に適応していった人類―ネアンデルタール人、と、20数万年前にアフリカで生まれた、ホモ・サピエンスに分離していった。

◎ハイデルベルグ人は50から70万年前ころに生存。20万年前に絶滅。脳容積が大きい。ホモ・エレクトスの1種だとみる見方もある。

寒冷化が進む中で、ヨーロッパのネアンデルタール人とアフリカのホモサピエンスに分かれた。ネアンデルタール人は40万年前から2万数千年ごろに生存。ネアンデルタール人もホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシスとされる。

ホモ・サピエンスはネアンデルタール人に比べスマートな形をしていた。

◎アジアではデニソワ人、赤鹿人、フローレス人ー(原人)などたくさんの人類が存在した。

19万年前から氷期が始まった。

ヨーロッパではネアンデルタール人がうまく氷期に適応できた。マンモスやトナカイなどの狩り。寒さに適応したずんぐりとした強力な体,弱い日光に対し、赤い髪、白い肌など。

東南アジアでは氷期の厳しさは余り無かった。ヨーロッパに比べ温暖であった。

アフリカでは乾燥化が強く、ホモ・サピエンスは1万人以下の絶滅寸前となった。これは現代のホモ・サピエンスの遺伝子がほとんどないことからわかる。これを「ボトルネック現象」と呼ぶ。

南アフリカの最南端の海岸の遺跡(ピナクルポイント遺跡)にムール貝の貝殻などがたくさん出てくる。貝を食べるなど食べ物に対する柔軟性などが存続へとつながった。

180909_134202

◎氷期は人間に大きな打撃を与えた。現在は温暖な間氷期の期間である。氷期になったら現代文明に壊滅的な打撃を与える。今騒がれている温暖化など問題にならない。

180909_134301

アフリカの最南端。ピナクル・ポイント。

180909_134501

ムール貝を食用にした。貝殻が遺跡に残る。食物の多様性。

180909_134503

ネアンデルタール人は言葉を喋ることができたとされている。知能もそれほど劣らなかった。

◎ネアンデルタール人は10人程度の小人数で行動し、新しい文化が生まれ、広がるのが遅かった。また女性も狩りに参加し、狩りで傷ついたり死んだりもした。2万1000年前ころには、最も厳しい氷河期(最終氷期)となり、ネアンデルタール人は絶滅した。

それに対し、ホモ・サピエンスは大きな集団で行動し、何かを生み出していった。そして地球全体に広がっていった。ネアンデルタール人は絶滅し、ホモ・サピエンスは栄えた。そして、1万年前頃から地球は温暖化していった。そして文明の誕生へ。

◎未来編の3つの巻の最後に、アンドロイドーAIと、人間との話がある。

地球上の人類は絶滅し、いわば人類が生きた証としてのアンドロイド・エヴァを残した―という話で終わっていました。

« 近況、1台風から地震へ災害続く、2、パソコン取り替えました、ブログ書きやすくなりました。3、大谷の活躍と中南米選手 | トップページ | ゲノムで解明、日本人の起源 縄文人は東南アジア起源か、各紙で報道 »

人間とは何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246711/74186260

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 「人類誕生 未来編」1(なぜホモ・サピエンスが生き残ったのか):

« 近況、1台風から地震へ災害続く、2、パソコン取り替えました、ブログ書きやすくなりました。3、大谷の活躍と中南米選手 | トップページ | ゲノムで解明、日本人の起源 縄文人は東南アジア起源か、各紙で報道 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック