フォト
無料ブログはココログ

« 池袋東武の和食店、御影蔵へ行ってきました。あたらしい電動車いすで電車に、面倒。 | トップページ | 韓国グルメ求め人殺到,ごみ散乱住民激怒、羽鳥モーニングショウ。ハットグがはやるのは若者の貧困の表れか?? »

2018年12月 1日 (土)

近況、1、総合人間学会を退会しました。2、人間学研の年誌の準備をしています 3、皮膚のかゆみ、の現状、4、ブログのアクセスの状況

181121_062701
11月27日の日の出です。6時25分です。
1、総合人間学会を退会します。
2006年5月にブログ筆者が発起人の一人として設立しました、総合人間学会を退会します。2018年11月28日にメールで退会届を出しました。
一時は,人間学研究所の資料としても必要なのでいろいろな学会に入っていました。ところが2013年11月に旅先で脳出血をおこし、それ以後人間学研究所もある自宅の佐竹ビルにも帰れず、車いす生活となり、学会の集まりにも出られなくなりました。それで、徐々に各学会をやめていましたが、いよいよ総合人間学会もやめることにしました。顔学会も今年度でやめるので、学会は全部やめることになります。
12月10日、総合人間学会には前に2か所にメールで退会の連絡をしましたが確認の返事が来ません。葉書を送ります。
12月11日 葉書を送りました。
12月13日 ようやくメールがとどき、退会の連絡が付きました。
2018年12月30日追記
12月13日の総合人間学会の連絡は事務局長で東京農工大学の環境哲学研究室(地域生態システム学群)の澤 佳成氏からでした。)環境哲学研究室は、現総合人間学会会長の尾関周二氏がいた研究室です。
澤氏からのメールでは、「学生の自分からお世話になり感謝いたします」とのコメントがありました。総合人間学研究会時代から来られていたなということを記憶しております。
2019年1月23日追記
2018年12月15日明治大学で、総合人間学会の集会がありました。
趣旨説明は現総合人間学会会長、尾関修二です。
尾関修二氏は東京農工大名誉教授で哲学分野の方です。
話の内容は、「設立趣旨分の背景説明と時代変化」でした。
お話の参加者は
津田塾大名誉教授で哲学の、三浦栄光氏
国学院大の環境・社会経済学の古沢広祐氏
他に木村武史氏・宗教学、柳沢 遊氏・経済史です。
2018年1月の学会会員は232名+学生会員28名だそうです。
現会長が哲学で、前教育学の堀尾先生や、その前の動物学の小原先生が会長の時より、教育学、自然科学系の型のお話が減っているようです。
前会長の堀尾輝久先生のことは2014年9月の「こういちの人間学ブログ」に書きました。
2014年9月
「総合人間学の現状について。会長堀尾輝久氏に代わる」
2018年12月8日
顔学会から来年度の会費振り込みの依頼が来ましたので,退会のメールをいたしました。
顔学会からはすぐに了解しましたとの返事がありました。
・、
総合人間学会は2002年11月に人間学研究所のメンバーを中心とし、人間学研究所を事務所として作られた総合人間学研究会が母体となっています。総合人間学研究会時代は東京での例会と年1回の関西例会とがあり楽しい研究会でした。その当時は、人間学研究所が事務所で事務局長は筆者がなっていました。
そして様々な準備をしたうえで、総合人間学研究会は発展的に解消し,2006年5月に、総合人間学会になりました。それいごいろいろと紆余曲折がありましたが、いままで在籍していました。ところが総合人間学会の創立者の一人、柴田義松先生が今年お亡くなりになりましたので、もうそろそろ辞め時かなと思った次第です。
くわしい、経過については、2019年3月発行の『人間学研究所年誌2018』に書くことにいたします。
12月10日 顔学会はすぐ,退会は残念ですが了承しましたとの返事のメールが来ました。
2、「人間学研究所年誌2018」の投稿の準備をしています
「人間学研究所年誌2018」NO16,2019年3月発行予定,に応募しました。
テーマは、エッセイ「柴田義松先生の思い出と人間学研究所のこれから」です。
初めは、人間学研究所の例会で、お話した、「寿命100歳時代の明と暗」について書くつもりでしたが、人間学研究所前所長の柴田義松氏が逝去されたということで、急遽、テーマを変更しました。
柴田先生にお会いしたのは1985年のことでした。その後人間学研究会(第2次)が作られ、1991年に再び人間学研究所準備室に人間学研究会(第3次)が作られました。さらには1999年に人間学研究所が作られ、柴田先生が初代の所長になられました。それ以後ずっと所長を務められ、研究所をまとめられていました。ともかく、いらっしゃるだけでうまく人間学研究所がうまく回ってきたことは、人徳があったと言わざるを得ません。
筆者は人間学研究所専務理事・事務局長として、柴田先生には人間学研究会や人間学研究所の例会でいつもお会いしていました。
人間学研究所が母体となり、総合人間学研究会ができ、また総合人間学会となりましたが、創立時の3人の代表者のうち柴田先生だけは学会の会長になっていません。残念なことです。
ブログ筆者も総合人間学会ではいろいろな嫌なことがありました。2018年3月発行予定の「人間学研究所年誌」にもほんの少し書いています。
今後は岩田好宏新所長のもと、新しい気持ちで、人間学研究所の活動も今後続けていこうと思っています。
3、皮膚のかゆみの現状
2017年7月ごろから、皮膚の発疹とかゆみが生じ、11月に、このブログに、「皮膚のかゆみに困っています。~」というブログを書きました。東新宿駅前皮膚科でアレルギーのもとが何かとすべてのアレルギー源のテストをしましたが原因がわかりません。それで慶応病院を紹介してもらい、血液検査や、腫れている皮ふを切り取ってのテストをしても原因がわかりません。しかし、ステロイド剤をたっぷり塗っているうちに症状は軽くなってきました。
それで、再び前の医院に行っています。
2018年12月、まだ完治していませんが、前は体中に出ていたかゆみはほとんど治ってきました。特に症状がひどかった足の炎症は、ほとんど消えてきました。まだ、手や体の部分的にはかゆみは残っていますが、月に一度、ステロイド剤の薬をもらうだけで良くなっています。
4、ブログのアクセスの状況、
2018年11月30日の状況
1、ブログのアクセスの状況
アクセス累計168万件
記事数    986件
コメント数  1193件
◎イチロウ様
 いつも貴重なコメントありがとうございます。ブログ筆者の不十分なブログを補っていただいております。
2,訪問組織ランキング累計
1、日本電気   164人
2, 日立      162人
3, NHK      96人
4、朝日新聞    82人
5、東京放送    81人
6 ヒューレットP 79人
8 NTT      69人
9、日通      59人
10、日テレ    57人
1、東京大     65人
2、早稲田大    56人
3、京都大     42人
4、慶応大     36人
5、東北大     32人

« 池袋東武の和食店、御影蔵へ行ってきました。あたらしい電動車いすで電車に、面倒。 | トップページ | 韓国グルメ求め人殺到,ごみ散乱住民激怒、羽鳥モーニングショウ。ハットグがはやるのは若者の貧困の表れか?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池袋東武の和食店、御影蔵へ行ってきました。あたらしい電動車いすで電車に、面倒。 | トップページ | 韓国グルメ求め人殺到,ごみ散乱住民激怒、羽鳥モーニングショウ。ハットグがはやるのは若者の貧困の表れか?? »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック