フォト
無料ブログはココログ

« 「こういちの人間学ブログ」記事1000件になりました。コメント1200件はイチロウ氏のおかげです。 | トップページ | 日本人の起源 2 弥生時代以後、日本人の顔 川口氏のカオロジー、追記 河口 徹氏の「メンズ・カオロジー」も。 »

2019年2月13日 (水)

えごま油を唐沢孝一さんの勧めで使ってみます。NHKのガッテンで人気上昇。自分で試してみます。

2019年2月 日に、東京教育大の動物科で同窓の唐沢孝一さんから、出身地の群馬県嬬恋村の特産のえごま油を勧める会「勝手にふるさと嬬恋村を応援する会(まだ立ち上げたばかりで唐沢さんと新宿の医師で、筆者は3番目の会員に)でえごま油を勧めています、というメールを頂きました。会費等なしで誰でも入れるそうですからぜひ入会してください。申し込みは唐沢さんあてに。
唐沢孝一さんは、鳥の生態を中心として、たくさんの本を出版しています。ご家族で,カラサワ―ルドのブログを立ち上げています。唐沢さんはウイキペディアでも紹介されています。
また唐沢孝一さんから、Karasaworldを開いていただくと、、「勝手にふるさと嬬恋村を応援する会」の詳細が出てきます。
もともと、筆者はえごま油には関心を持っていましたので、自分の家の分と今度会う息子たち2人の分3本のえごま油とお菓子なども含め「嬬恋村観光協会」に注文しました。そうしましたら2月12日に届きました。早速サラダに混ぜてスプーン1杯のえごま油を食べました。特に癖のない油ですので、サラダに混ぜると全く分かりません。唐沢さんはヨーグルトに混ぜて食べているようです。
2018年11月21日(水)に、NHKのガッテン!で「スプーン1杯で,カラダが激変!?食べる油の新常識」が放送されました。いつものことですが、番組終了後、デパートなどにえごま油を求めるお客さんが殺到したということです。
190213_171101
油には4種類があります、
 1、バターや牛肉などに多い 飽和脂肪酸が多いグループ
                   (固まりやすい油)取りすぎの傾向
                   不飽和脂肪酸の多いグループ
                   (さらさらした固まりにくい油)
 2、オリーブ油などに多い   オメガ9脂肪酸が多いグループ、
                    体内でつくれる
 3、大豆、コーン油などに多い オメガ6脂肪酸が多いグループ
                    リノール酸などサラダ油などで
                                           とりすぎの傾向
 4.魚やえごま油などに多い オメガ3脂肪酸が多いグループ
                    α―リノレン酸など
                    体内でつくれぬ
                    熱に弱い そのままでサラダ
                                           などに
 番組では、オメガ3脂肪酸の多い油として、あざらし油を紹介していました。あざらし油は手に入りにくいので、えごま油やアマニ油を紹介しました。
オメガ6脂肪酸(サラダ油など)と、オメガ3脂肪酸との比率が、本来2対1ぐらいの比率が理想だが、現代の日本人では5対1ぐらいで、サラダ油などが多すぎています。
 オメガ3脂肪酸の働きとして、血液が固まりにくくするということで、脳血栓などを防いだり、さまざまな炎症を抑えるなどの作用があります。
 NHKでは番組の実験として、オメガ3脂肪酸を1か月意識的に取り続けた場合、48人中33人が体重が減少してきた。また中性脂肪の値が高い人17人のうち12人に改善が見られたということを示しました。
◎食用の油はおよそ20種類である。動物性の油、植物性の油に分けられる。
 えごま油はオメガ6が20%、オメガ9が20%、オメガ3が60%という比率になっています。
 青魚に多い油はDHAやEPAなど。
 えごまはシソ科の1年草でα―りノレン酸の含有量が植物油の中で最も多い
 オメガ3脂肪酸はほかに、アマニ油、シソ油などに多く含まれる。
◎筆者は、中性脂肪の値が高いし、体重も一時よりは10キロぐらい減少していますが、このところ少し上がり始めているので、ちょうどよいところなのです。
2月15日に医者の定期的な往診があり、2月1日に行った血液検査の結果をもらいます
その後、えごま油を飲んだ結果が、今度の血液検査(2~3か月後)で出ますから、どう変わったかがよくわかります。その結果をブログに書いていきます。
190213_085701
「つま恋村観光協会」のクリアファイル、.名所が図示されています。
   0279-97-3721 「えごま油」の注文はこちらに電話します。
日本武尊が妻の弟橘姫を詠んだ歌から嬬恋村の名ができました。
合併の話も出たそうですが、嬬恋村の名前を大事にするためにそのまま村にしているそうです。
嬬恋村は長野県との県境、浅間山から白根山や万座温泉に至る広い地域です。
高原地帯の冷涼な気候を利用し、野菜の栽培などがおこなわれ、特にキャベツでは有名です。
「つまごい観光協会」
190213_064701
純正えごま油150g、後ろに説明書が入っています。無農薬のAランクの品だそうです。
3本で送料無料だそうです。
190213_085801
同封された手書きの説明書。一人でえごまを作っているそうですが、いかにも説明書が手作りの感じです。
保存方法
  冷蔵庫で保存を
効能
  血栓の予防、中性脂肪、
  悪玉コレステロールの減少
  脳や網膜の神経伝達をスムースにするという
  オメガ3脂肪酸(α―リノレン酸)を豊富に含む
健康・美容に効果的な召し上がり方
  毎日小さじ1杯生のまま食べ物と一緒に
  (特にタンパク質)食べると効果的
おすすめは
  ドレッシングに!冷ややっこに!
  卵かけごはんに!ヨーグルトに混ぜても!
  キムチ+納豆に混ぜると最強
 食べる直前にかけてください
1本で約30日が目安です。
190213_151901
もう少し飲んでしまいました。
毎日、小さじ1杯のえごま油を飲んでみます。体の変化と次の血液検査の結果とを追記して比べてみます。
血液検査結果
        2019年2月1日 2018年9月  基準値
総コレステロール  251   225     140-219
中性脂肪       576   397     50-149
尿素窒素       26,3   23,9    8-20
クレアチニン     1,41   1,44    0,6-1,1
◎病気前の血液検査時は夜6時に夕食を食べてから、翌日の朝の朝食を食べないで血液検査をします。病気をしてからは、昼食を食べてから2,3時間後に採決します。中性脂肪の値は高く出ます。
次の検査は3か月後ぐらいだそうです。

« 「こういちの人間学ブログ」記事1000件になりました。コメント1200件はイチロウ氏のおかげです。 | トップページ | 日本人の起源 2 弥生時代以後、日本人の顔 川口氏のカオロジー、追記 河口 徹氏の「メンズ・カオロジー」も。 »

人体と健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「こういちの人間学ブログ」記事1000件になりました。コメント1200件はイチロウ氏のおかげです。 | トップページ | 日本人の起源 2 弥生時代以後、日本人の顔 川口氏のカオロジー、追記 河口 徹氏の「メンズ・カオロジー」も。 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック