フォト
無料ブログはココログ

« 今年の夏は冷夏!これも異常気象だから温暖化?田家氏の本、歴史を変えた異常気象。怖いのは寒冷化!つゆ寒と書きたくないマスコミ? | トップページ | 余禄ー寒冷化による人口激減(人口崩壊)の歴史。後漢、欧州での戦乱、縄文時代末期の人口崩壊。戦乱も疫病もないのに人口崩壊する現代日本 »

2019年7月10日 (水)

小説『第五倫伝』 後漢初期の人間学 目次 2019年7月更新版 

『第五倫伝』 後漢初期の人間学 目次
     2019年更新版  旧題名「人 相食む」

 

第1部 後漢朝成立と第五倫下積み時代

 

(太字はブログに書いたものです)

 

第1章 第五倫、一族を守る p1

 

赤眉の来襲

 

恐るべき強弓と強弩

 

第五倫と第五雄

 

李秀の昔語り

 

再び赤眉の大軍が迫る

 

第五氏とその時代

 

第五倫の生い立ち

 

第2章 前漢末と王莽・第五倫の肖像

 

前漢末と王莽

 

民衆の反乱

 

清少納言、紫式部紫宸殿にて知識を競う

 

『賢聖の障子』と第五倫の肖像

 

3章 第五倫 郡の役人となる p28

 

京兆府の役人となる

 

郷と嗇夫(しょくふ)

 

郷が生まれ変わる

 

華と孟の誕生

 

妻、蘭の死

 

楊桂と再婚する

 

4章 第五倫 塩商人となる p39

 

宋二と宋三

 

道士、馬糞掃除をする

 

盗賊に襲われる

 

第五倫、孔子についてついて話をする

 

釈迦、孔子、イエス、ムハンマドに思う

 

庶民厳八の感化

 

人は何のために生きるのか

 

鮮于褒と再会す

 

5章 長安市の市場の監督 不遇と大志

 

京兆尹の閻興

 

市場の監督

 

役所の大改革

 

楊桂出産

 

宋三、華と結婚する

 

第五倫、宗三、韓呈と話をし、大酔する

 

周長生と聖人

 

一生の目標を持つ

 

6章 光武帝劉秀即位 p69

 

劉秀立つ

 

昆陽の戦い

 

雲台二十八将

 

銅馬帝

 

皇帝即位

 

『人相食む』二度と起こさぬことを誓う

 

皇帝、物色し、厳光に会う

 

郭皇后と陰麗華 遊び好きの皇帝

 

司空宋弘、恒譚と糟糠の妻

 

7章 政治の大改革 p86

 

政治の大改革

 

民衆のための政治

 

建武の中興

 

奴隷解放令

 

光武帝、故郷に帰る

 

8章 第五倫下積み生活と家族 p97

 

下積み、しかし望みは大きく

 

第五望、父親から叱責される

 

生真面目な部下の韓呈

 

分業と才能と開花

 

孝廉と、末子第五頡の誕生

 

楊桂の死

 

3人目の妻、荘淑玲

 

房中術と漢や唐の女性の位置

 

望、商人となる

 

9章 第五倫 光武帝と会う p114

 

光武帝と会う

 

次の日

 

人の能力と格差

 

第2部 第五倫、太守へそして罪を得る 

 

1章 会稽郡太守となる p123
都からの急使来る

 

会稽への道

 

日本人のルーツ

 

会稽郡、伝説の地

 

山陰府(紹興)にて、餓死寸前の母子たちを救う

 

山陰府の役人、第五倫一行を迎える

 

第五倫大いに怒る

 

厳八妻をめとる

 

山陰県(紹興)を巡察する

 

宋三うわさの人物を聞き出す

 

2章 謝夷吾、鄭弘と王充  p140

 

謝夷吾と鄭弘に会う

 

鄭弘

 

謝夷吾と王充

 

上虞の人王充 そのおいたち

 

王充、洛陽の太学へ

 

第五倫、謝夷吾と鄭弘を抜擢する

 

第五倫、二人への講義

 

謝夷吾の三人の弟子

 

3章 人間関係と人相   p156

 

第五倫、人間関係について話す

 

怒りの感情から創造へ

 

性格は変わるもの

 

第五倫、人相見の極意を話す

 

顔は口ほどに嘘をつく

 

信長、秀吉、家康の人相

 

4章 牛祭りの禁止     p165

 

会稽と倭

 

方術と占い

 

第五倫、吏員に西門豹について話す

 

太公望、占いを否定する

 

劉昆の「天人相関説」を否定

 

謝夷吾、呪いを打ち破る

 

占いと、暗示の恐ろしさ

 

占いと、ゼネラリスト

 

牛祭り廃止宣言

 

5章 第五倫危うし  p180

 

豪族と荘園

 

第五倫、暗殺計画

 

第五倫、柯岩にて襲われる

 

謝夷吾、風角占候で危機を知る

 

鄭弘、趙袁、一騎打ち

 

謝夷吾、方術にて依頼主を突き止める

 

謝夷吾、県長杜峻の収監を命じられる

 

様々な方術と占い

 

占星術について

 

6章 明帝即位 第五倫罪を得る p196

 

光武帝崩御、

 

明帝即位

 

第五倫罪を得て都へ

 

第五倫、釈放される

 

彩の結婚と、母王麗の死

 

班家の人々と王充

 

7章 鍾離意と宋均  p211

 

仁の人、鐘離意

 

鍾離意と明帝

 

宋均、活躍する

 

宋均、尚書令となり明帝に直言

 

宋均の死

 

8章 第五倫蜀郡太守となる p226

 

第五倫、蜀郡太守となる

 

謝夷吾、寿長県令となり、張雨を表彰する

 

謝夷吾、蝗の害を避ける

 

鄭弘、名を上げる

 

第3部 すばらしい善政とその終了

 

1章 章帝即位 第五倫司空となる p233

 

第五倫、司空となる

 

第五倫、粛宗(章帝)と会う

 

章帝、第五倫より健康法を聞く

 

『医心方』と咽津法(いんしんほう) 

 

第五倫、鄭弘を抜擢する、王充の失望

 

揚 終

 

2章 馬援と馬氏 p246

 

よく苡(ヨクイーハト麦)のそしり

 

第五倫、馬氏について上奏す

 

馬氏の没落と白虎観会議

 

3章 会稽政権、鄭弘、大尉に p258

 

竇一族の横暴

 

雲母屏風の故事

 

謝夷吾の活躍

 

第五倫、謝夷吾を司徒に推薦する

 

4章 王充と論衡 p265

 

王充文筆をもって擁護する

 

王充の自然観

 

陰陽五行説と十二支

 

死と宗教について

 

釈迦と仏教

 

イエスとキリスト教

 

人は生まれかわることができるのか

 

王充の人間観

 

張禹、薫勤、揚州の刺史となり、王充を従事に

 

謝夷吾、王充を推薦する

 

5章 竇憲と和帝  p286

 

第五倫、鄭弘、竇憲について上奏する

 

政変、鄭弘、失脚する

 

毒物と暗殺

 

第五倫引退する

 

6章 第五倫死す p296

 

第五倫死す

 

第五倫、志は子孫まで

 

謝夷吾、自分の死期を予言する

 

王充と「論衡」 

 

王充の墓をたづねる

 

曹娥廟

 

7章 章帝の死と和帝即位 p308

 

章帝の死

 

和帝即位と竇憲の横暴

 

大将軍竇憲の陰謀

 

竇憲一派の滅亡

 

和帝の親政

 

終章 『人相食む』再び p318

 

あとがき p321

 

目 次  p323-329

 

登場人物

 

系図

 

資料

 

故事一覧

 

参考書

 

年表 p 353-360

 

A4判でのページ数です

 

◎ 小説の題名と、書き出し部分を変更します。第1章は書き直して序章とするか、途中にちょっと入れるだけにします。
◎ 2019年7月に、関連したブログを書きましたので、2016年7月に書いたブログを、更新しました。

 

 

 

 

 

« 今年の夏は冷夏!これも異常気象だから温暖化?田家氏の本、歴史を変えた異常気象。怖いのは寒冷化!つゆ寒と書きたくないマスコミ? | トップページ | 余禄ー寒冷化による人口激減(人口崩壊)の歴史。後漢、欧州での戦乱、縄文時代末期の人口崩壊。戦乱も疫病もないのに人口崩壊する現代日本 »

「第五倫伝」 後漢初期の人間学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説『第五倫伝』 後漢初期の人間学 目次 2019年7月更新版 :

« 今年の夏は冷夏!これも異常気象だから温暖化?田家氏の本、歴史を変えた異常気象。怖いのは寒冷化!つゆ寒と書きたくないマスコミ? | トップページ | 余禄ー寒冷化による人口激減(人口崩壊)の歴史。後漢、欧州での戦乱、縄文時代末期の人口崩壊。戦乱も疫病もないのに人口崩壊する現代日本 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック