フォト
無料ブログはココログ

« 小田急新宿本店の13F,和食のお店、さがみへ行ってきました。腕時計を買いかえる前によりました。 | トップページ | 安倍内閣改造 安部1強はさらに。小泉進次郎を取り込んで、改憲と社会保障費抑制へ突き進む体制へ。安倍政治で大企業は大儲け賃金は横ばい。 »

2019年8月29日 (木)

380万年前のアナム猿人の顔再現 最古のアウストラロピテクス 2019年8月新聞各紙で報道 アナム猿人とァファール猿人は共存か

380万年前の最古のアウストラロピテクスであるアナム猿人の顔が再現されました。2019年8月29日の新聞各紙に掲載されました。

190829_090001

(上図)

(2019年8月29日の赤旗、社会・総合面14面にカラーで記事が載りました。

380万年前に生きていた猿人のほぼ完全な頭蓋骨化石がアフリカ東部のエチオピアで見つかったと、米クリーブランド自然史博物館のヨハネス・ハイレ=セラシエ博士たちの国際研究グループが、29日づけの科学誌『ネイチャー』に発表しました(日経と毎日では28日付)。アウストラロピテクス属としては最古のアナム猿人アウストラロピテクス・アナメンシス)成人男性であるとしており、頭蓋骨化石に基づく復顔像も公表されました。

 

下図 アナム猿人の複顔像(マット・クロウ撮影、米クリーブランド自然史博物館提供)

190829_090101

(下図)エチオピアの発掘現場の地図 化石が見つかったのはエチオピア北東部のアファール凹地のウイランソ・ミル。

研究グループは2016年にこの化石を発見しました。頭蓋骨の化石の特徴を、これまでに見つかっているだまざまな種の化石と比較検討した結果、上顎や歯などがアナム猿人のものと最もよく一致することが分かりました。

新たに見つかったアナム猿人の頭蓋骨化石は、犬歯が大きいことなどから成人男性と判断されました。脳の大きさは370mlと推定されチンパンジー並み。頭蓋骨の形もこれまで知られているアウストラロピテクス属にくらべ原始的でより古い人類祖先とのつながりをうかがわせるといいます。

貌は縦に長く、中央部はくぼみ,上部が狭く、下部が突き出しているなどの特徴を持つこともわかりました。以前に見つかっていたアナム猿人の化石はあごの骨と歯が主で、脳の大きさや顔などはわかっていませんでした。年代測定で、頭蓋骨化石が見つかった地層の年代は、約380万年前と推定され、従来、アナム猿人が生きていたとされる年代より10万年新しいことが分かりました。

◎アナム猿人は従来では420万年~390万年前とされていましたが、今度発見された化石は380万年前のものであるとわかりました。

従来はアナム猿人やァファール猿人などを、華奢型猿人といい、顎が頑丈で草食のパラントロプスを頑丈型猿人といっていましたが、今は余りそういう言い方をしないようです。2018年11月に翻訳書が出された『人類の進化大図鑑』河出書房新社によれば、アナム猿人はまだ頭蓋骨が全部そろわず、復元図が載っていませんでした。 

190829_090102

下図 アナム猿人の頭骸骨化石を持つ、ヨハネス・ハイレ=セラシエ博士(米クリーブランド自然史博物館提供)

190829_090201

アナム猿人は、1994年にアフリカ東部のケニアにあるトゥルカナ湖の湖畔で発見された化石人類です。その後、エチオピアでも発見され、それらの化石の年代や発見場所を基に、420万~390万年前にアフリカ東部に住んでいたと考えられてきました。しかし、今回380万年前まで生きていたことが明らかになり、アナム猿人をめぐる従来の考えが塗り替えられる可能性が出てきました。

その一つが、同じアウストラロピテクス属のアファール猿人(アウストラロピテクス・アファレンシス)との関係です。アファール猿人は390~300万年まで生きていたことが明らかになり、アナム猿人をめぐる従来の考え方が塗り替えられる可能性が出てきました。

アファール猿人はアナム猿人同様アフリカ東部に住んでいた化石人類で、エチオピアのアファール凹地で1974年発見され「ルーシー」と名づけられた全身骨格で広く知られています。アファール猿人はその後、現生人類とつながる進化の道筋で重要な位置を占めていたと考えられています。それぞれの化石の発見された年代や場所、化石の特徴などから、アナム猿人が先祖で、アファール猿人が子孫の関係にあるとする見方が示されていました。

しかし、今回の発見により、アナム猿人とアファール猿人は10万年の間、アフリカ東部で共存していた可能性が出てきました。研究グループは、アナム猿人とァファール猿人が祖先と子孫の関係だという見方に疑問を投げかけています。(間宮利夫)以上全文、赤旗より。

 

下図 同日の毎日新聞朝刊

190829_090501

化石は頬骨が前に突き出し、耳の穴が小さく、脳を収容する空間が細長くて小さい。こうした特徴は700万年ごろの極めて初期の猿人に近いという。一方、頬骨が前に出ているなど、250万年前頃の比較的新しい特徴も持っていた。

(ワシントン共同)

下図 同日の日本経済新聞朝刊

190829_090601

下図 同日の日本経済新聞

◎復元された顔はかなりチンパンジーに似ています。しかしアウストラロピテクス類は直立2足歩行をしていました。そこがチンパンジーと決定的に違います。

後日他の資料が書かれましたら追記します。8月30日追記しました。

 

« 小田急新宿本店の13F,和食のお店、さがみへ行ってきました。腕時計を買いかえる前によりました。 | トップページ | 安倍内閣改造 安部1強はさらに。小泉進次郎を取り込んで、改憲と社会保障費抑制へ突き進む体制へ。安倍政治で大企業は大儲け賃金は横ばい。 »

人間とは何か -人類学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田急新宿本店の13F,和食のお店、さがみへ行ってきました。腕時計を買いかえる前によりました。 | トップページ | 安倍内閣改造 安部1強はさらに。小泉進次郎を取り込んで、改憲と社会保障費抑制へ突き進む体制へ。安倍政治で大企業は大儲け賃金は横ばい。 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック