フォト
無料ブログはココログ

« 2020年3月30日、赤旗科学欄に、「7万年以上前、インドの現生人類 大噴火生き延びたか?」追記 原人出現は20万年さかのぼる | トップページ | 唾液健康法(咽津法―インシン法)追記版 不老長寿に関するブログについて リンク集 新コロナ対策のお役に立てればよいのですが。 »

2020年4月 6日 (月)

関 啓子さんと「関さんの森」に関する本が紹介されました。関さんと人間学研究所のかかわりについて。

2020年4月6日(月)の「しんぶん赤旗」の3面、「ひと」欄で関 啓子さん〔72)「が、「自然を守り市民の力で道路計画を変更」として紹介されました。

4月9日追記しました。

200406_090001-2

記事を紹介すると

千葉県松戸市の北側に広がる2,1ヘクタールの森林、通称「関さんの森」では巨木「百年桜」が咲きほこります。この森で起こった奇跡。

「23年に及ぶ『里山守れ』の市民運動で都市計画道路の路線を変更させ、自然と歴史的景観が守られたのです」

この森は地域の子どもたちの環境教育、市民の憩いの場として活用されてきました。敷地内の蔵・門は江戸時代から関家が大事に保管してきた自然と一体の「歴史的景観」です。「未来に残したい公共性ある空間。行政(お上)の一方的なやり方に引き下がれなかった」

降ってわいた道路計画で、2008年の強制収用の時には物々しい作業服の市職員、業者の冷酷な行動を、地権者・関さんと平服の市民120人が迎えうちました。それから、学習・シンポジウムを重ね、対案をもって対市交渉を重ねた結果、新設市道は屋敷の外側を迂回することで合意、12年に開通。この粘り強い運動の経過などの記録を今年1月、『「関さんの森」の奇跡ー市民が育む里山が地球を救う』(新評論)として出版しました。

「ノンフィクションとして惜しさと怒りは抑えて、感謝と自然を守る全国の皆さんへのエールの文章にしました」。長く大学教員として研究・教育に携わり携わり、アムールトラに会いに行くのが趣味です。瞳は輝き素敵な笑顔がありました。

文 澤田勝雄 写真 中野茂樹 

関啓子氏

 一橋大学名誉教授 関の森文化研究所

 1948年生まれ 一橋大学教育学部卒業 大学院博士課程修了 

 一橋大学教授 一橋大学大学院教授  教育学

「クルースプカヤの思想史的研究―ソヴェト教育学と民衆の生活世界」新読書社

「人間形成の全体史」大月書店他

200406_090002-1

関さんの森」の奇跡 市民が育む里山が地球を救う 関啓子 新評論 2640円 2020年1月30日発行

   行政主導の道路開発に「待った」をかけた市民の記録

200406_092101

関さんの森マップ  千葉県松戸市幸谷108

200406_121301

関さんの森にある100年桜

200406_121101

関啓子氏は、人間学研究所と深いかかわりを持っておられます。

1、実用的人間学第62回例会 2014年3月20日(木)

 「千葉県松戸市の関さんのお庭と路側木」 講師 岩田好宏氏 参加者10名

2、教育人間学部会第107回例会 2014年9月26日(金)

 「福島から見たベラルーシ」 講師 関 啓子氏 参加者10名

3、教育人間学部会第111回例会 2015年2月27日(金)

 「ロシア東部生息のアムールトラについて」 講師 関 啓子氏 参加者11名

200418_103501

ユーラシア ブックレット 2009年10月 600円+税

『人間学研究所年誌2015』 No13

依頼論文「アムールトラの保護と生物多様性」 関 啓子氏

   p1からp19

200406_093701-1

p3 の画像

200406_130601

4月9日追記 『「関さんの森」の奇跡』が8日に届きました。

帯封 「行政主導の道路開発に「待った」をかけた市民の記録

「街づくり」の意味を問い直すノンフィクション

カラーで見る里山の風景 8ページあります

その1ページ

200409_094001

はじめに

第1部 里山論

第1章 里山とは何か

第2章 なぜ里山は壊れるのか

第3章 里山の価値

第2部 里山を育み、守る運動

第4章 「関さんの森を育む会」の誕生と活動

第5章 「関さんの森エコミュージアム」の誕生

第6章 市民力が自然を守る―環境保護の市民運動と学習

第7章 市民力が自然を救う

第3部 里山保全イノベーション

第8章 コモンズとトラスト

第9章 緑と楽しみ、人とつながり、今を楽しむ

エピローグ

 

 

裏表紙の、白枠が「関さんの森」、黄色枠が「特別緑地保全地区」

200409_092901

« 2020年3月30日、赤旗科学欄に、「7万年以上前、インドの現生人類 大噴火生き延びたか?」追記 原人出現は20万年さかのぼる | トップページ | 唾液健康法(咽津法―インシン法)追記版 不老長寿に関するブログについて リンク集 新コロナ対策のお役に立てればよいのですが。 »

人間と社会、歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年3月30日、赤旗科学欄に、「7万年以上前、インドの現生人類 大噴火生き延びたか?」追記 原人出現は20万年さかのぼる | トップページ | 唾液健康法(咽津法―インシン法)追記版 不老長寿に関するブログについて リンク集 新コロナ対策のお役に立てればよいのですが。 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック