フォト
無料ブログはココログ

« NHK スペシャル 人体 特別編 ”神秘の巨大ネットワーク 腸が免疫のカギだった” 2020年7月7日再放送 ファクターXは繊維食と腸内細菌では | トップページ | 近況111、1、人間学7月例会中止、懇親会に。2、天候不順で体調不良、ブログ更新も不調 »

2020年7月12日 (日)

腸内細菌だけでなく、腸内ウイルスも,ものにより善玉ウイルスとして、ヒトに役立っているようです

腸内細菌の役割について、いくつかブログを書いてきました。腸内細菌のバランスが崩れるといろいろな病気をひき起こすこと。人間にとって元気に健康で生きていくためには腸内細菌が極めて重要な役割を果たしているということです。人体内には約100兆個の腸内細菌がいるそうですが、それ以上の腸内ウイルスが存在しているというのです。

2020年7月11日(土)の毎日新聞朝刊27面の総合社会面に、「腸内ウイルス 治療に一役」、「大阪市大など、酵素が腸炎菌を破壊」という記事が載っていました。以下記事の内容を転記いたします。

腸内細菌のウイルス感染状況を網羅的に調べることで、偽膜性腸炎の原因菌を破壊する抗菌物質を見つけ出す方法を開発したと大阪市大と東京大の研究チームが発表した。腸内には無数の細菌やウイルスが存在するが、東大のスーパーコンピューターを使って初めて全容の解析に成功した。他の疾患に広く応用が可能で、原因菌を特定して破壊することで腸内細菌のバランスを崩さない治療法の開発が期待される。

腸内ウイルスは、細胞数が100兆個される腸内細菌よりはるかに数が多いため、これまで網羅的に解析されていなかった。一方近年は肥満や糖尿病、がんなどの病気と腸内細菌の乱れとの関係が明らかになってきた。研究チームは腸内でウイルスに感染した細菌に着目。最近の細胞を破壊するウイルス由来の「溶菌物質」と呼ばれる、酵素が治療薬ととして使えると考えた。

101人の、健康な人の便を採取し、その中にある無数にある腸内細菌と腸内ウイルスについて遺伝子を詳細に分析。さらに腸内細菌の遺伝子に残された痕跡から、どんな腸内ウイルスに感染するか(感染関係)を始めて明らかにし、データベースにまとめた。

続いて、偽膜性腸炎をひき起こす、腸内細菌ディヒシャル菌に注目。この細菌に感染するウイルスをデータベースから探し、そのウイルスの遺伝子から溶菌作用がある遺伝子をみつけだした。実際にこの酵素をディフィシャル菌に感染したマウスに投与すると、生存率が向上したという。

 

200711_1044_01

チームの植松智・大坂市大教授(ゲノム免疫学)によると、腸内細菌が原因の疾患の治療には抗生物質が使われてきたが、原因菌以外にもダメージを与えるため、腸内細菌のバランスを乱す恐れがある。植松教授は「海外では、抗生物質を使い続けると効かなくなる『多剤耐性菌』の出現が社会問題となっている。腸内ウイルス由来の酵素を用いた治療は、新しい方法として重要な位置づけになるだろう」と話している。

研究成果は11日付の米科学誌電子版に掲載された。「松本光樹」

◎腸内ウイルスの役割は腸内細菌に比べ、まだ研究成果が少ないようです。しかし、上記で紹介されたように人間の腸内には100兆個といわれる腸内細菌以上の膨大な腸内ウイルスがあり、普段はヒトに大きな害を及ぼさずに平和的に共存しているだけでなく、今後有効な働きをするウイルスがたくさん発見されることでしょう。

参考 「ウイルスにはごく小さいものだけでなく大腸菌より大きな巨大ウイルスが存在する「」。クロソウイルス

   「ウイルスと地球生命」岩波科学ライブラリー

 

「生命の雑記帳から」53 善玉の腸内ウイルス 2014年12月

https://www.primate.or.jp/serialization/zakki/53

 

ヒトの染色体に組み込まれた『ヒト内在性レトロウイルス』の、env遺伝子が胎盤の栄養膜を形成することにより、胎児の発育を見守っていることや霊長類の進化にウイルスがかかわっていた可能性などから善玉としての側面を持つことを紹介した。

ニューヨーク大のKen Cardwellたちは、ウイルスは腸内細菌と同じように共生していると考え、マウスに持続感染を起こすマウスノロウイルス、マウスC6株をモデルとして取り上げて、病原ウイルス以外の役割を検討した。その結果善玉ウイルスとして働くことを最近のNatureに発表した。

« NHK スペシャル 人体 特別編 ”神秘の巨大ネットワーク 腸が免疫のカギだった” 2020年7月7日再放送 ファクターXは繊維食と腸内細菌では | トップページ | 近況111、1、人間学7月例会中止、懇親会に。2、天候不順で体調不良、ブログ更新も不調 »

人体と健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK スペシャル 人体 特別編 ”神秘の巨大ネットワーク 腸が免疫のカギだった” 2020年7月7日再放送 ファクターXは繊維食と腸内細菌では | トップページ | 近況111、1、人間学7月例会中止、懇親会に。2、天候不順で体調不良、ブログ更新も不調 »

最近の記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック