フォト
無料ブログはココログ

« 新型コロナウイルス蔓延、2020年2月10日より、日本および世界 状況の変化を追う。6,7、8月も記録中 10月7日追記して更新   | トップページ | 9月14日(月)慶応病院に入院。大腸内視鏡検査。一日延長、2日連続の検査へ。大変でした。10月また検査・手術へ。 »

2020年9月 3日 (木)

近況 113 しばらく代々木病院に検査入院していました 9月9日に今度は改めて慶応病院に入院申し込み、9月14日入院へ 

7月15日に書いたブログ、「近況111」で「天候不順が続き体調不良~」と書きました。その後8月8日のブログ「近況112」で「体の不調がいろいろ、おなかの調子が悪い~」と、書きました。月に2回往診に来てくれる大久保戸山診療所の先生が、関連の病院、「代々木病院」、に検査入院を勧めてくれました。代々木病院は7年近く前に脳出血で長期入院したところです。その後特に大きな病気もせずに過ごしてきました。

詳しい原因を調べるために、はじめは2泊3日ぐらいの検査入院と言っていました、そのつもりの準備でした。ところが代々木病院の予定表を見ましたら、8月24日の月曜日から8月31日の月曜日までの1週間となっていました。それで家内に追加の入院用具を持ってきてもらうことになりました。入院の部屋は3階の2人部屋です。

体重は入院時74キロでした。以前最高の時で84キロありましたから10キロダウンです。今はさらに減少していると思います。

追記 9月10日

慶応病院の智頭

200909_1400_01

 

始め、9月9日入院と書きましたが、9月9日は(水)色いろな検査で、改めて9月14日(月)入院で退院は9月17日(木)まででした。

9月9日の検査が午前中で終わらず、PCR検査は翌10日にまた病院に行かなければなりませんでした。

PCR検査のキット

200910_0948_01

診察は新しくできた、1号館です。素晴らしくきれいな建物です。慶応病院は1号館、2号館とあり、また1病棟、2病棟とありややこしいです。

1つのコーナーに消化器内科外来と呼吸器外来があり、診察室がB2~B18までありました。診察をしてくれた医師は,金井隆典教授・部長でした。

本来その日のうちにPCR検査までしなければならないのに、午後にかかってしまい翌日回しになりました。

9月10日 PCRを受けてきました。

電動車いすのロボットが動いていました。

200909_1349_01

慶応病院の病室のご案内というパンフレットをもらいました

一般病棟の4人部屋は無料 旧館ということあり 新館で間仕切り家具付き 8800円

特別個室は差額ベット代、52500円のものが55室もあります。一番高い部屋は1日242000円でした。 

日程と経過 2020年8月

24日(月)血液検査のための採決

25日(火)大腸カメラの撮影 朝9時より、1F検査室

      大腸内の便をなくすための下剤(マグクロールー下図)を1,8リットル飲む。追加で400ccほど水を飲む 飲むのが大変

          200825_0821_01

    クエン酸の味です

          200825_0829_01

      早期大腸がんの疑い その他と判定

26日(水)朝9時より、内臓エコー検査、CTスキャン、夕方 皮膚科の先生が病室へきて診断

27日(木)胃カメラの撮影 のどの麻酔がむせて苦しい  11時半まで

      食道静脈瘤,12指腸ポリープ

28日(金)検査なし 入浴のみ 早期大腸がん対応のため、慶応病院に入院申し込み、9月9日に入院

      安部首相持病の潰瘍性大腸炎で退陣表明 今度入院するところと同じ

29日(土)特になし

    食事のランク おかゆ 軟菜食

            200824_1824_01

     検査終了後 おかゆから普通のごはんに変えてもらいました。

            200828_1753_01

30日(日)特になし

31日(月)退院の朝 担当医から説明

 

退院後 自宅に戻りました。

 熱を測ってみると、37℃以上に何回もなりました。(最高37,6度)本来、平熱でなければなりません。

 今日、往診の先生が予定を早めてきてくれることに

 いろいろ自分で、原因を調べると、どうもアレルギーで体のかゆみがたくさん出ていたのですが、わきの下にも発疹ができ、熱を持っていたようです。

 今日3日の午前中の測定では,7℃1分でしたが、今計ったら6℃6分でした。

かゆみの強い手のひらと足首は熱を持っているのです。退院時にはかなりいろいろなところに発疹がありました。今は少し収まってきました。

 胃の気持ち悪さはあまり変わりません。何も治療はしていないので当然です。市販の胃薬を飲んで抑えています。

◎ 追加で書き加えます。

9月6日(日)薬疹か?退院後ひどいかゆみが

退院後数日が過ぎましたが、体中に発疹ができ、9月5日東新宿駅前皮膚科に行ってきました。先生の話では入院中の薬が何か,発疹をひき起こしているのではないかと話していました。

昨日の夜おとといの夜と、全身のかゆみがひどく夜中に目が覚めて眠れなくなりました。寝不足でぼーっとしながらブログを書いています。

左足の状況

200906_0646_02

右足の状況

200906_0646_01

前からかゆい足の裏や手のひらには出ず汗をかきやすいところ全部に出てきました。背中はひどいのですが写していません。

 

 

 

 

« 新型コロナウイルス蔓延、2020年2月10日より、日本および世界 状況の変化を追う。6,7、8月も記録中 10月7日追記して更新   | トップページ | 9月14日(月)慶応病院に入院。大腸内視鏡検査。一日延長、2日連続の検査へ。大変でした。10月また検査・手術へ。 »

人体と健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

おっしゃる通り検査そのものよりもそのために、胃や大腸を空にするための準備の方が大変ですね。これから年を取っていくといろいろな症状が出てくるでしょうしね。

イチロウさんの場合、今のネコちゃんをどう面倒を見るかが問題になりますね。うちの場合最後のネコは下の息子に預かってもらい、そのクロネコもなくなりました。
今は金魚を飼っているだけです。

追記 ライターのところを、「コウイチ」ではなく、イチロウ様と書いてしまいました。混乱しておりまして、また直し方もわからなくなりそのままになってしまいました。やっと直しました。もうしわくぁりませんでした。

こういち 様
大変ですね。 私も何度も胃腸の内視鏡検査を受けていますが、検査日までの検査食と、検査当日に胃腸を空にするために飲む用水の量が多いことで感じる負担感に負けそうになります。 検査そのものは、当日に軽い麻酔下で行いますので苦しさは無いのですが、検査後には相当に疲れます。

また、泌尿器科での検査は、相当に痛みがありました。 

この先、入院の必要があれば、自宅に居る猫二頭の世話をどのようにすれば好いのか、等と考えてしまいます。 万一の場合には、契約している保護団体に任せれば良いのですが、その場合には、引き取りになりますので、退院してもう一度自宅で飼うことが出来ません。 入院が短期であれば、ペットシッターさんに依頼して日々の御世話をして貰おう、と自宅の近くのペットシッターさんを探しました。 あるにはあるのですが、万が一の時には一か所のみでは間に合わないかも、と心配もしています。

今居る二頭の猫たちは、亡くなった「とら」とは違い、普通の猫ですが、それはそれで可愛いことには違いがありません。 「とら」は可愛い以上の存在でしたが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルス蔓延、2020年2月10日より、日本および世界 状況の変化を追う。6,7、8月も記録中 10月7日追記して更新   | トップページ | 9月14日(月)慶応病院に入院。大腸内視鏡検査。一日延長、2日連続の検査へ。大変でした。10月また検査・手術へ。 »

最近の記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック