フォト
無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月24日 (土)

10月20日、慶応病院で大腸がんの手術が完了しました。経過は良好です。大腸についても調べてみました。

2020年10月19日(月)から、10月23日(金)まで慶応病院に入院して、大腸がんの手術を受けました。ー今までの経過については、「こういちの人間学ブログ」の前のブログをご覧ください。(末尾参照)

前回、9月14日(月)~18日(金)慶応病院に入院した時には、9月15日に行われた大腸内視鏡での手術で、8つの小さなポリープを切除しましたが、S状結腸にある25mmのポリープについては、がんの恐れが濃厚で、がんが大腸内のどこまで浸透しているか不明で、翌16日にも再度の詳しい内視鏡の検査をおこないました。

その結果、担当の医師が、消化器内科の金井隆典教授から、腫瘍科の矢作直久教授の方に変わりました。矢作先生は消化管腫瘍などの低侵襲治療(ていしゅうそちりょうーあまり患者に負担をかけない方法)研究開発部門の責任者の方です。2017年6月に部門が作られました。

矢作先生は今はいろいろ手術方法が進んできているから大丈夫、と言っていただきました。

 診察していただいた部屋は同じ1Bの部屋で、午前中は消化器内科、午後は腫瘍科に変わりました。

 

入院経過

10月13日(火)に慶応病院で再度の、PCF検査を受けました。その日のうちに陰性との、検査結果が電話で届きました。

 入院予定は10月19日(月)から23日(金)です。

 

10月19日(月)

 前回9月の入院では、消化器内科で病室も1号館、7階でした。今回は腫瘍センターでの入院で、1号館、最上階の10階の1002号室でした。1日8800円プラスの部屋を今回も頼みましたが、今回もあきがないそうです。4人部屋で窓側のベッドで、病院近くの緑や、六本木ヒルズなどが近くに見える眺めの良い部屋でした。大きな窓で日当たりがいいのですがかなり暑く、晴れた日は体のあちこちに赤い発疹が起き、ステロイド剤を体に塗っていました。看護士さんに聞いたら、エアコンの温度設定が27,5℃だそうで、窓側の部屋はかなり暑くなったのです。ついに看護士さんに頼んで設定を1度下げてもらいました。

 他の入院している人は症状の重い人が多く、これから手術で食道と胃を切除して腸にじかに栄養を入れる手術を受ける人がいました。大変だな―と、おもいました。

201019_1219_01

右の建物は旧館、ほとんど使っていません。やや左の高層ビルが六本木ヒルズです。

200918_0712_01-1

部屋の様子

 

10月19日(月

 身長・体重測定、血液検査など、事前の検査をいろいろ受けました。

10月20日(火)手術当日

 腸内を洗浄するために、ニフレック2Lを2時間かけて飲む

 便が水のようになるまで 4L飲む人もあります 

 11時、点滴開始(以後3昼夜点滴)

 14時から手術開始 2時間の予定 

 S状結腸Car(結腸癌)結腸ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)など

 前回の検査では上を向いて足を立てての検査でしたが、今回は横むきで楽でした。

 意識をぼーっとさせる薬を注入します。手術中にすこし寝てしまってもいます。

 大腸内の様子はすべて大きなモニターで患者も見ることができます。

 患部を切断して血がにじむのも見えました。しかし痛みはありません。

 横行結腸に20mmのポリープと、S状結腸に25mmのポリープがあり

 25mmのものはがん化している可能性が大きいということでした。

201026_0824_01

横行結腸 20mm広基性Isp

201026_0823_01 

S状結腸 25mmType1 特にがん化が疑われる

他に、盲腸、A結腸、S結腸に憩室

ともに8月25日、代々木病院で撮影した内視鏡検査報告書による

 手術終了後、取り出したがん化した(おそらく)部分を見せてもらいました。

 大きさは25mmでちょうど、500円玉の大きさでした。しわがよっていました。

 研究資料として病院に寄付します。

10月21日(水)

 採血、レントゲンなど 医師の話では、血液検査の結果は極めて良好だとか

 詳しい内容はわかりません 詳しくは11月18日(水)矢作先生より 

 1日絶食 途中から水だけは飲むことが可に

10月22日(木)

 食事開始 おかゆ食 どうも、おかゆが苦手です

201022_0751_01

10月23日(金)

 退院 9時から10時

 

11月18日(水)

 15時30分から30分 矢作先生による診察・手術結果報告(追記いたします)

 

◎手術が順調に終わり、よかったです。がんが粘膜下層以下の筋肉層までいっていたら別の手術(開腹手術など)をしなければなりません。

10月24日 自宅で手術後初めての排便 異状なくきれいな便の状態で安心しました。入院中でしたら、看護師さんにみてもらわなければなりません。

 

大腸について

 大腸は、直径5~8cm、長さ1,6mほど

 盲  腸       虫垂  小腸に接続

 結  腸

   上行結腸   横行結腸    下向結腸   S状結腸

 直  腸 肛門に接続

 201024_1134_01_20201025085201
 

大腸の病気

 大腸がん

  男性では1位 胃がん、2位前立腺がん 3位、大腸がん

  女性では1位 乳がん 2位 大腸がん

  大腸がんは1年間で158,000人がかかる

 クローン病

 潰瘍性大腸炎

 過敏性腸症候群

 大腸憩室炎

 腸閉塞など

 

今までの経過について、「こういちの人間学ブログ」の記事

 

8月24日「近況112 体の不調いろいろ、おなかの調子が悪い~」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2020/08/post-2b3894.html

  食欲不振に、新コロナさわぎで外出もほとんどなく、体長が悪くなり、体重も減ってきました。

  月2回往診に来てくれる 辛島先生のすすめで代々木病院に総合的な健康診断をしてみることにしました

9月3日 「近況113 しばらく代々木病院に検査入院していました。慶応病院に入院申し込み」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2020/09/post-a49c2b.html

  1週間、入院 内視鏡で胃と大腸の消化器系を中心にいろいろ検査をしてもらいました

  大腸の内視鏡検査の結果 ポリープが大きく手に負えない為、慶応病院に頼むことに、

9月20日 「9月14日慶応病院に入院。1日延長 大腸内視鏡再検査~」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2020/09/post-721ec0.html

 大腸内に多数のポリープがあり、8つの小さなポリープは取ったが、20mmと25mmのポリープは大腸壁のどこまで病変が進んでいるか

 わからず、翌日も内視鏡検査のみ

10月3日 「10月19日に慶応病院に再入院 今度は腫瘍科で高度な大腸内視鏡手術」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2020/10/post-d32fb7.html

、◎大腸がんはがんの組織が大腸の筋肉層を破って大きくなった時に便に血液が混ざって発見されることが多いのです。その時にはがんはかなり進行していて、転移も考えられます。今回、月2回来ていただく、大久保戸山診療所の辛島先生のすすめで、代々木病院で徹底的に調べてもらいました。おかげさまで大腸がんが早期で発見されました。辛島先生は慶応病院の担当医の先生に今までの経過の資料を送っていただきました。どうもありがとうございました。

 

2020年10月 3日 (土)

10月19日(月)慶応病院に再入院 今度は腫瘍科の高度な大腸内視鏡手術へ 途中経過です

200930_1339_01

慶応病院の壁面に書かれた案内図 今はほとんどが新しくできた1号館に移動しています。

200930_1344_01

3階の通路から見た、コンビニのお店 上図

下図 3階の通路 左側は待合室 右側は番号を呼ばれた人の待合室と

診察室がずらりと並んでいます。

200930_1018_01-2

慶応病院1号館3階

2020年9月30日(水)慶応病院の外来に行ってきました。家を介護タクシーで出たのは朝9時ころです。診察は10時から10時半の予定でしたが12時近くになってしまいました。診察は消化器内科の主任教授の金井隆典教授です。

診察室は3Bの部屋です。

3階の廊下。左側は最初の待合室。自分の番号が表示されると広い右側の待合室へ。午前は消化器内科と呼吸器内科で使い、午後は腫瘍科その他で使うようです。

 

前回の入院では9月14日(月)から18日の金曜日まででした。診察室は3Bの部屋です。15日に大腸内視鏡手術を行い、ポリープ8つをとりました。残りのポリープは大きくてがん化している可能性が強く、1日延長して再度大腸内視鏡検査をしました。これは手術をするのではなく詳しく検査するのが目的でした。結局1日延長して18日退院となりました。2日半絶食して、点滴につながれるのは苦痛でした。

12時半ころ金井先生の診察が終わりました。大きなポリープの状況は内視鏡手術では5分5分ぐらいの状況だが、どうしますかと聞かれました。そういわれてもへんじをしかねていました。先生はあなたの顔色を見て、再度、内視鏡での手術を進めて見ましょう、ということになりました。

午後1時半ころからは同じ3Bの部屋で、こんどは、腫瘍センターの矢作直久主任教授の診察を受けました。矢作先生は高度な内視鏡手術のエキスパートのようで、いろいろな状況に対応してこられたようでかなり自信があるようでした。普通の大腸内視鏡手術は1時間の予定ですが、2時間の予定をしたようでした。いろいろ手術の結果を学会等で利用するということも、文書で承諾しました。

今後の手術の予定は

10月13日(火) 9時半より、pcr検査2回目 慶応病院

 

10月19日(月) 慶応病院 入院

10月20日(火) 14時より腫瘍センターにおいて、大腸内内視鏡手術

         (前回の大腸内内視鏡手術は、午前、消化器内科で行いました)、

         正式な手術名は、「内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術」(ESR)」でした。

10月21日(水) 経過観察

10月22日(木) 経過観察

10月23日(金) 退院予定

 

11月18日(水) 15時半、手術後経過観察 矢作直久教授

 

大腸がんの進行度   

       粘膜層   (粘膜内早期がん)  内視鏡手術    腺腫性大腸ポリープ

       粘膜下層  (粘膜下層早期がん) ここまで内視鏡手術で

       筋層    (進行大腸がん)   開腹手術

 

内視鏡手術で対応できないときは、開腹手術による、2週間ほどかかる手術になるそうですが、そうならないように、内視鏡手術だけで終わるようになってほしいと願っています。

腫瘍センターとは

平成21年4月に 新しく作られた包括先進医療部門

外来化学療法部門

放射線治療部門

緩和療法部門

低侵襲療法部門(ていしんしゅうりょうほう)できるだけ患者への体への負担を軽くする治療法)

リハビリテーション部門

◎矢作直久氏は低侵襲療法部門を専門として内視鏡的手術と、開腹手術の間に、腹腔鏡下手術を開発されています。

 

「こういちの人間学ブログ」関連する過去の記事

9月20日  9月14日(月)「慶応病院に入院 大腸内視鏡手術を受ける~1日延長、」

9月3日  「近況113 しばらく代々木病院に検査入院していました。9月9日に慶応病院に入院申し込み」

8月8日  「近況112 体の不調色々~検査入院申し込み」

 

追記「最近の足の状況」2020年10月4日

右足 親指左側は根治手術した。右側は「イソジンシュガー」で治りかけ包帯をとったところ

201004_0606_01

右足首の状況 足の底は左右の脳出血の後遺症によるマヒ、しびれは残りますが、むくみとかゆみはほぼ消えてきています。

201004_0604_02 

左足首 親指に爪はまだ治らず毎日薬を塗って、テープを巻いています。むくみは解消です。(しわが寄っています)イソジンシュガーが固まって親指の爪の間に固まってしまったので、それをとるために、お風呂に入ったり塗る薬をゲンタマイシンに取り換え中。

201004_0604_01

上手く写っていませんが、左足の親指のところ。炎症が消えず傷みがあります。

 201004_0609_01

10月13日で2度目の慶応病院でのpcr検査

1号館 1B室に変わりました。

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

最近の記事

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック