フォト
無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月25日 (木)

高田馬場駅前の袋小路を見に行きました。なかなか興味深いところです。ジビエの店、[米とサーカス]、ミャンマー料理店もたくさん

高田馬場駅前の袋小路について、ほじくりストリートビューという本に載っていました。能町みね子 交通新聞社 2017年6月1日 1300円

自宅から電動車いすで行けるところなので、いつか行こうと思っていました。2021年2月14日(日)、天気が良かったので行ってみました。新大久保からは近いところなのですが、今まで本を読むまでは詳しく知りませんでした。

◎ここは大久保百人町ではありませんがすぐお隣なので、カテゴリー「大久保の街」に入れさせてもらいました。

210214_1427_01

この本ではいろいろな路地を紹介していますが、表紙のところに高田馬場の袋小路の昔からの地図が書いてあり、一番最後のページにも書かれています。いろいろな代わった路地の中でも特にかわったところなんでしょう。

p187 VOL44 「高田馬場駅早稲田口すぐのなぞだらけの行き止まり」

210216_0848_01

2008年ころまでは田毎荘という旅館があったが、今はマンションに

2014年現在 衰退?

210216_0848_02

210214_1429_02

210214_1428_02

袋小路にさらに横道が、この先も袋小路になっています。

(ここは山手線と西武線と神田川に挟まれた土地なのです)

この本では、この路地にふらっと入り込み、わからなくて途方に暮れている人の様子が書かれています。

210214_1429_01

ここは高田馬場駅から見た19番地の袋小路入口です。高田馬場のブラックホールみたいな路地のお話でした。と書かれています。

左は山手線などの高架線。この先は神田川です。ここは山手線、西武線、神田川に囲まれたところなのです。

 

実際にこの場所を見に行きました

 簡単にさっと見ただけでは見落としがあり、その後何回か行きました。

210225_1129_01

右側にはこの区画で目立つ、タック・イレブン高田馬場ビル

 

210214_1309_01-1

2月21日(日) もう一度 行ってみました。上のビルの左側の入口です。

高田馬場2-19-7 タックイレブン高田馬場 ビル 入口 1988年にできたビル スナックの大半がこのビルに入る

1階に、ミャンマー料理 ノング インレイ(ミャンマー料理 NO1)があります。食べログ 3,66

 ミャンマー北部のシャン族の料理で、竹虫やこおろぎなど昆虫食で有名です。

210311_1318_01-1

 竹虫 おいしいらしい

    この周辺だけで6軒のミャンマー料理店があります (以下、Noを付けました)

2階もお店で煉瓦色 地下2階があります 2階にもミャンマー料理店があります。

3階以上は黒い色の雑居ビル スナック ミャンマーの雑貨店などが多数

 ちなみに11階で10,25坪で家賃25万円で募集が出ていました

 

210221_1244_01-1

1階の奥にある、ノング・インレイ 右側に分店があります

210223_1242_01

 

入口に料理の例が

210223_1242_02

袋小路から高田馬場駅を見たところ

210214_1256_01-1

 

高田馬場 少し入った19番地の袋小路入口 右側はタック・イレブンビル。

210214_1247_01 

さらに道を進むと飲食店がぎっしり

210223_1245_01

 

上の道の袋小路の突き当り。少し坂になっています、左側は山手線など高架線になっています。

このあたり木がうっそうと生えています。。この先は神田川です

一番奥の右の建物は「DVD鑑賞金太郎」この建物は外からも見えます。

210214_1250_01

2月21日に再度写真を撮ってきました。左奥は自転車置き場に。

若い女性2人が突き当りまで行って、それからそのまま帰ってくるのを見ました。

突き当りだとわからず入るのでしょうね。上は山手線などの線路です。

210221_1249_01

突き当りの手前にあるDVD鑑賞金太郎のビルの看板が見えます。

210221_1248_01

米とサーカスの看板

210310_1255_01

高田馬場駅周辺を見る

高田馬場駅の正面、この袋小路の入口にある黒いビル(タック・イレブン高田馬場)は、小さい飲み屋さんなどが集まってビルの中に入ったのです。

210216_1438_01-1

2階までは茶色です。右側にタック・イレブンビルの入口があります。

210214_1258_01

210214_1257_01

ガード下に手塚治虫の絵があります。駅の音楽も鉄腕アトムです。

道路で人が寝ています この漫画は西武線の下 山手線の下にも手塚治虫の絵があります。

210214_1258_02

この絵は山手線のガード下の絵です。

210316_1336_01

再び袋小路の中へ

 この高田馬場の辺りはミャンマー料理店がたくさん

10数軒とも20数件とも

新大久保は韓国料理、ネパール料理、ベトナム料理、少し減ってタイ料理・・・

昔は新大久保駅近くにミャンマー料理店がありました。今はありません。

1階のこの店は さくら ミャンマー NO2 隣りの地下はヤンゴン

210214_1249_01-1

210310_1257_02

地下1階のお店はミャンマー料理店 ヤンゴン(No3)

210310_1257_01-1

 

駅前通りにある、タック・イレブンビル2階のミャンマー料理店 「ミャー ミン モ」No4の看板

210225_1407_01

米とサーカス ジビエ料理

米とサーカスの表の入口 突き当りです

210310_1250_01

脇道のさらに脇道があります。左の道もどん詰まりです。

突き当りの右側はジビエ料理「米とサーカス」

210214_1251_01-1_20210215062901

米とサーカス入口は右側 ここは裏口です

210223_1246_01

変わった自動販売機があります MOG BAG 2016年より

女性向け?昆虫食の自動販売機です

コオロギ、スーパーワーム、オケラ、カイコ、カブトムシ、サソリなど

210223_1247_01

脇道の入口にある立て看板。ジビエ×居酒屋 「米とサーカス」

食べログ 3,51

ラクダのとん平焼き  2300円    ワニの天ぷら 1280円

クマ鍋  3680円  アナグマ鍋 3380円 エゾシカ鍋 1980円

オオグソクムシの姿焼き   昆虫6種食べ比べ  2600円

などいろいろ

210221_1252_01

穴熊脂チャッチャ系ラーメンとか。獣鍋テイクアウト   鹿、イノシシ、クマは定番

210221_1253_01

 

脇道の「米とサーカス」のお店のところに、食べられる虫売ってますの看板が。

竹虫、コオロギ、セミ、タガメなどいろいろ

 (ブログ筆者もいろいろな食べ物にチャレンジしています。日本ではイナゴ、ザザ虫、ヘビ、ヒキガエルの姿焼きなどを食べました。また、中国では犬、ラクダ、タヌキ、ユムシ、などオーストラリアではワニ、カンガルーの肉など結構いろいろチャレンジしてみます。ワニは鶏肉そっくりです)

ここが、米とサーカス ジビエ料理 もう一つの入口

210214_1255_01

覗いてみました。車いすでは段差があり無理です。

210310_1252_01

800円から1300円くらい

210310_1252_02

自動販売機の説明書 未来を救うネクストフード 見た目よりは美味しいんです

210310_1252_03

奥の袋小路

袋小路となったところから駅方面を見る。黒いビルはタック・イレブンビル

左側は新しいマンションです。

 

 210214_1254_01

角のところにごみの山がありました

210310_1254_01-1 

米とサーカスのお店から袋小路を見る 右はずっとマンション

210310_1253_01-1

この袋小路に新しいマンションが、本の著者が不思議がっています。

アーバンプレイス高田馬場駅前 Bとなっています。

210214_1253_01-1

袋小路の突き当りです。突き当りのビルはビデオ鑑賞金太郎

210214_1253_02-1

 

 

袋小路の道の隣の道.西武線に沿った道です ここは18番地 通り抜けられますが、似た感じのところです

奥にチケット売り場のお店。

210225_1129_02

道の入口は幸寿司

210225_1358_01

210225_1358_02

下から見る かなりの急坂

210225_1400_01

チケット ショップ

210214_1300_02

この路地にあるビル柳屋ビルの地下1階には、

ミャンマー料理店ミンガラパー 駅前店、No5 高田馬場2-18-8があります。

210225_1401_01-1

 

19番地の袋小路の近くの区役所の特別出張所の看板(17番地)

210214_1304_01

線路の向かい側、どん詰まりにあるDVD鑑賞金太郎のビル

210214_1303_01-1

線路を挟んで反対側の細道「さかえ通り」入口 ここも興味深い店が・・・

210214_1310_01

 

その他のミャンマー料理店

さかえ通り神田川に近いところにある、ミャンマー料理店 駅より3分

スィゥ ミャンマー NO,6 高田馬場3-5-7 食べログ 3,56

 段差があり車いすでは入れません

210310_1313_01

早稲田通り少し駅から離れたところにある 

マリカ No7, 高田馬場1-25-29 サンコール3F  カチン料理 駅から5分 30席

  以前一度入ったことがあります

ルビー No8 豊島区高田3-8-5セントラルワセダ1F  高田馬場駅から5分 神田川向こう

210323_1254_01

ヤマニャ アジアキッチン No9 高田馬場3-14-16 有田ビル101

シュエオー NO10 高田馬場3-2-13 ドムスクミヤカワ4F

ミンガラパー(本店) NO11 高田馬場2-14-8 NTビル3F 食べログ 3,54

ミャンマーヌードル No12  豊島区高田3ー10-24 神田川の手前 食べログ3,47 客席数8席 旧店名えんむすび

シュエターニ NO13 高田馬場1-22-7 B1F  点字図書館となり 2020年11月オープン

210323_1213_01

2021年2月23日 (火)

「人間学研究所年誌」の年次別内容 NO1~18号( 2000~2021)更新版 )更新版

◎「人間学研究所年誌」」No18が2021年2月15日に発行されました。

◎「人間学研究所年誌NO17が2020年3月10日に発行されました。

◎「人間学研究所年誌」No16 は2019年3月10日発行です

 

年誌2000から2020まで 下記

210224_0823_01-1

年誌2018まで

190412_110101

 

在庫があります。人間学研究所にありますので、興味あるテーマがありましたら、お買い求めください。1000円です

 

申し込みは佐竹まで pcr92240@nifty.com 

 

 

人間学研究所年誌 

 

”BULLETIN OF THE  INSTITUTE OF HUMANOLOGY

 

1、人間学研究所年誌 2000 NO,1 

   2000年12月1日発行

 

巻頭論文 「人間学」概念の現代化を超えて         

                小原秀雄                         

「人間」を学ぶ学習総合カリキュラム の開発                        

 

                                  柴田義松                     

随想 慈育論承前       北原眞一                          

 

幼児の発語例・「ある玄関」の生成について    

                                          飯田啓介                        

 

心と予測との関係       永井 治                         

 

環境的人間学の構想       岩田好宏                       

 

人間学の概要         佐竹幸一

 

人間学研究所の概要       佐竹幸一

 

教育的人間学部会の活動記録                                     

実用的人間学部会の活動報告                                    

 

トピックブック「道具と人間」との取組み

                   p166

 

2、人間学研究所年誌 2002 NO,2   

                   2002年11月30日発行               

   巻頭論文 人間をめぐる科学概念     小原秀雄

 

21世紀の学校と学びのあり方を考える 柴田義松

 

自然史と自然誌をめぐって          岩田好宏

 

慈育論 (2)              北原眞一

 

幸福の混迷と幸福の実態           永井 治

 

人間学をとりまく状況           佐竹幸一

 

第一回人間学シンポジウムの記録

基調講演 子どもと人間にとっての危機とは  正木健雄                      

 

提案 人間観の再構築をめぐって     柴田義松

 

パネラーどの子も勉強がよくわかり楽しく安心して通える学校へ    

                   糀谷陽子       

 

教育の現状と回生の試み         大森 享

 

現代の子どもの心身問題         尾関周二

 

人間学研究所部会の報告    人間学研究所の現状

p133

 

3、人間学研究所年誌 2003 NO3 

    2004年8月1日発行

 

巻頭論文 新世紀教育はどこへ向かうか 柴田義松

 

特集 -思春期を明らかにする

なぜ思春期を研究課題とするのか   柴田義松 

 

ヴィゴツキーの思春期研究―その1  柴田義松

 

動物の思春期と人間の思春期     小原秀雄

 

現代の子供における思春期の問題 アディクションの視点から      

                  西田隆男

 

高校生は授業に何を求めているのか1996年入学のある高校生たちの                                                                            

3年間の学習の軌跡             岩田好宏

 

文学に表れた思春期           北原眞一

 

慈育論(3)              北原眞一

 

”よい”の実体               永井治

 

デカルトの誤り              北村和夫

 

思春期問題について             横湯園子

 

「ゼネラリスト養成講座」について    佐竹幸一 

 

人間学研究所の活動報告         佐竹幸一

 

人間学研究所規約                              

人間学研究所年誌刊行規則

人間学研究所年誌編集委員会運営規定

人間学研究所年誌原稿執筆要綱

人間学研究所年誌投稿規定

               p135

 

4、人間学研究所年誌 2006 NO4  

     2007年6月30日発行

 

特集 思春期その2

論文

なぜ思春期を問題とするのか    柴田義松

 

思春期問題についての総合人間学的一考察                          

動物の思春期と人間の思春期を進化生態学から考える    

                 小原秀雄

 

江戸の少年に見る思春期    鈴木桃野と勝小吉          

                 中江和恵

 

思春期の薬物乱用防止教育

・カウンセリング理論から見えてくるもの 

                  西田隆男

 

少年期課題を併せもつ思春期の子どもたち 

                 横湯園子

実践報告

 

渋谷重治作「波」          麻生信子

 

授業「自然」の中の高校生      岩田好宏

一般論著

万葉の人              北原眞一

 

人間学ノート            佐竹幸一

 

人間学研究所2006年度の活動報告 佐竹幸一

 

                   p135

 

5、人間学研究所年誌 2007 NO5  

       2008年5月31日発行

 

特集 新学習指導要領

 

新学習指導要領を斬る       柴田義松

 

無題               小原秀雄 

 

国語科に見る人間観・教育観     小林義明

 

新学習指導要領「社会科」を「地理」と「歴史」の関係から考える      

                                                  生田清人         

 

算数・数学ー子どもの知力を見くびった愚民教育のきわみ      

                                                 銀林 浩         

 

2008小学校・中学校学習指導要領理科編と

 

        自然科学教育について 岩田好宏          

 

保健と生きる力の関係        西田隆男

 

新しい体育はなぜ失敗したのか    大貫耕一

 

家庭科の学習指導要領を読む     鶴田敦子

 

改定学習指導要領の批判的検討 外国語(英語) 

 

                  阿原成光

 

「要」・推進教師で、徳目主義が一層進行する      

 

                 高橋喜代治

 

一般論著  

火の道具史火打石と火口)      関根秀樹

 

家族と子ども            中江和恵

 

 人間学研究会のあゆみ 1      佐竹幸一

 

人間学研究所2007年度の活動報告 佐竹幸一

 

                 p109

 

6、人間学研究所年誌 2008 NO,6  

 

               2009年3月31日

 

「授業」の本質を問う         柴田義松

 

地球についてー生物多様性から     小原秀雄

 

「ル・コルビュジェ建築論」散見    岩田好宏

 

現代母親考                宮坂琇子

 

リテラシーとコミュニケーション理論に関する一考察

・ヴィゴツキーとルリヤの文化的・歴史的理論を

 中心に 前編             森岡修一 

 

若者の薬物依存防止のための心理教育・二次予防を中心として          

 

                    西田隆男

 

「悲しみの学校」から「喜びの学校」へ  南 隆洋

 

人間学研究会のあゆみ (二)      佐竹幸一 

 

7世紀以前の文献にみるアジアの油彩絵画技法

 

材料について・『晋書』と『陀羅尼集経』を中心に             

                     関根秀樹                      

 

江戸時代の家族と子ども―『浮世風呂』から-1

                    中江和恵

 

人間学研究所2008年度の活動報告     佐竹幸一

 

                   p111

                                                                             ◎主な著者の紹介 研究所役職は2019年(敬称略) 2019年修正   

 

(柴田義松  人間学研究所前所長 東京大学 名誉教授 教育学 総合人間学会元副会長  2018年逝去)

 

(小原秀雄 人間学研究所名誉所長 女子栄養大学 名誉教授  生物学・人間学 総合人間学会元会長 2代)                  

 

岩田好宏  人間学研究所所長 子どもと動物学会元会長 教育学・生物学 総合人間学会理事

 

佐竹幸一  人間学研究所専務理事・事務局長 実用的人間学研究会会長   

 

森岡修一  人間学研究所副所長  大妻女子大学名誉教授 教育学 

 

西田隆男  人間学研究所研究員  自由の森学園学校カウンセラー 臨床心理学 

 

関根秀樹  人間学研究所研究員  和光大学講師、原始技術史研究所所長 

 

(中江和恵  元人間学研究所研究員 和光大学講師 教育学(名誉会員)退会)

 

宮坂琇子  人間学研究所理事  東海大学名誉教授 教育学  総合人間学会副会長

 

木村廣子 女子栄養大学名誉教授 人間学研究所理事 栄養学

 

天野幸子 女子栄養大学名誉教授 人間学研究所理事 心理学

 

倉田 眞  元新聞社編集局長 人間学研究所研究員 実用的人間学研究会幹事 

 

(永井治   人間学研究所研究員 2018 逝去)

 

生田清人 元開成高校教諭 駒澤大講師 地理学 人間学研究所研究員

 

白村直也  人間学研究所 研究員 教育学 岐阜大学助教

 

高橋喜代治 立教大学特任教授 教育学 人間学研究所研究員

 

松本 孚   元 相模女子大教授 人間学研究所理事 心理学

 

里見  脩  大妻女子大教授 人間学研究所研究員

 

(岩城正夫 名誉会員 和光大学名誉教授 原始技術史)

 

◎以上は人間学研究所関係

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関 啓子  一橋大学名誉教授

北原眞一  作家 元人間学研究所員

飯田啓介 元人間学研究所員

正木武男 日体大名誉教授

横湯園子  元中央大学教授

銀林 浩    明治大学名誉教授 数学

鶴田敦子  聖心女子大教授

尾関周二 東京農工大教授 (第4代総合人間学会会長)

佐藤由紀 明治大学専任講師 言語学

麻生信子 元人間学研究所員

北村和夫 元人間学研究所員 一橋大講師

南 隆洋 読売新聞社防災セミナー事務局長

阿原成光 和光大学教授 英語教育

大森 享 北海道教育大学教授 教育学

毛塚恵美子 群馬県立女子大学 心理学

小林義明 国語学

大貫耕一 学校体育研究同志会

糀谷陽子 教育学

◎以上は元会員および投稿者です   

 

7,「人間学研究所年誌 2009」、No7  

 

 2010年3月31日発行

 

教科書教材の教授学的研究       柴田義松

 

現代の人間界の一つの新しい課題   小原秀雄

 

評価に翻弄される時代         宮坂 琇子

 

リテラシーとコミュニケーション理論に関する1考察

ーヴィゴツキーとルリヤの文化的・歴史的理論を中心に                 

                        森岡修一

 

ウシンスキー著・柴田義松訳・新読書社刊

「子供と大人のための童話集」で教師が変わり子供が変わる」             

                       麻生信子

 

人は自分の考えに固執する エセ科学と懐疑論

-真の科学者となるための実用的人間学

                       佐竹幸一

 

思春期の問題行動からの回復と成長-心の回復力」の概念を中心として

 

                        西田隆男

江戸時代の家族と子ども-浮世風呂から2           

                        中江和恵

 

人間学研究所2009年度の活動報告        佐竹幸一

 

             p105

 

8、「人間学研究所年誌 2010」、No8 

 

 2011年3月31日発行

 

デカルトからスタニスラフスキーへポドテキストの概念        

                     柴田義松訳

 

見方のちがい               小原秀雄

 

授業「若者の関心に即して」の人間学を基礎にした

 検討メモ                   岩田好弘

 

電子メディアは子どもの発達にどのような

      影響を与えるか          宮坂しゅう子

 

人間学・人間科学の状況ー大学の講座等に見る

 

                       佐竹幸一

学校教育におけるヘルス・プロモーション-アルコール健康教育を中心にして

 

                       西田隆男

乳児にとっての人と物:視線の追随を媒介する

大人の手の効果          天野幸子・毛塚恵美子

 

菅原道真をめぐる物語の変容(1) 天神記にみる家族と子どもの登場         

                  中江和恵

 

人間学研究所2010年度の活動報告 佐竹幸一

                p102

 

9、「人間学研究所年誌 2011」、No9  

 

  2012年3月31日発行

 

日本自然保護協会の「自然観察」の検討メモ

                       岩田好弘

 

「聞く行為」の研究はどのように行われてきたか

                    宮坂しゅう子

 

大人、子ども、そして繋ぐ手―ことばと道具獲得に必要なこと           

                    天野幸子

 

放射能から子どもたちを守ろう―生命科学の視点から                

                    木村廣子

 

原発のウソについて          佐竹幸一

 

中高生のスクール・セクハラとデートDV

 -その現状と対策          西田隆男

 

菅原道真をめぐる物語の変容(2)

―「菅原伝授手習鑑」における道真 中江和恵

 

人間学研究所2011年度の活動報告 佐竹幸一

 

           p84

 

10、「人間学研究所年誌 2012」、No10 

 

              2013年3月31日

 

巻頭特集 柴田義松氏の講演と質疑応答

 

                柴田義松・森岡修一他

 

中内敏夫著「住民運動と学校の教育過程」に学ぶ                 

                                                              岩田好弘

 

生涯発達的観点から見た高齢者の知的能力       宮坂琇子

 

食物選択行動から見た好き嫌いの考察         天野幸子

 

世界史におけるソヴィエト障害者の位置づけ   白村直也

 

脱法ドラッグの現状と対策      西田隆男

 

胎教から胎児期の発達保障へ         中江和恵

 

将来予測と予知            永井 治

 

コンフリクト事例研究会への道   松本 孚

 

不可視の越境             倉田 眞

 

2013年度の展望-備忘録として   佐藤由紀

 

人間学研究会、人間学研究所の歴史と実用的人間学          

                 佐竹幸一

人間学研究所2012年度の活動報告  佐竹幸一

 

           p119

 

11、「人間学研究所年誌」2013、No11 

 

             2014年11月1日

 

ヘイトスピーチ問題の考察      倉田 眞

 

東日本大震災避難者が抱える暮らしのニーズ

                  白村直也

 

危険ドラッグの現状と予防教育    西田隆男

 

軽度発達障害児教育の現状と課題 宮坂琇子

 

生命概念の検討             岩田好弘

 

短報

視床出血からの回復に向けて    佐竹幸一

 

世の中の複雑化と対応         永井 治

 

本研究所2013年度活動報告   佐竹幸一・木村廣子

 

          p93

 

12、「人間学研究所年誌 2014」、No12 

 

             2015年3月15日

 

ロシアにおける民族文化と教育の諸問題

                     森岡修一

     

自由学習「学友を作って」における学びのテーマ

 

 設定の推移              岩田好弘

 

道徳の心情読みの実践的改善     高橋喜代治

 

学校における性的少数者への対応   西田隆男

 

震災と教育の越境           白村直也

 

朝日新聞誤報問題とジャーナリズム 倉田 眞

 

「こういちの人間学ブログ」について 佐竹幸一

 

本研究所2014年度活動報告   佐竹幸一・木村廣子

 

            p105

 

13、人間学研究所年誌」2015、No13 

 

        2016年3月10日  p129

 

依頼論文

アムールトラの保護と生物多様性   関 啓子

 

論文

薬物依存からの回復プログラム    西田隆男

 

避難をめぐる政治と被災者のニーズ 白村直也

 

「学校での学習指導12年基本計画試案づくり」序   岩田好宏

 

道徳の教科化と問題解決型授業学習    高橋喜代治

 

気候温暖化・大気汚染とCOP21      倉田 眞

 

二酸化炭素地球温暖化説について      佐竹幸一

 

多民族国家における文化と教育       森岡修一

 

エッセイ

ネアンデルタール人などと私たち人類    佐竹幸一

 

2015年度活動報告                           編集後記

 

14,「人間学研究所年誌 2016」 NO14

 

      2017年3月10日発行 p90

 

論文

思春期におけるメンタルヘルスリテラシーー中高生への予防教育の視点から

 

                    西田隆男

 

中内敏夫の「教育課程研究と住民運動」1977から

 

                    岩田好宏

 

ロシアにおける婚姻と出産をめぐる動向と母親(家族)資本

 

                    白村直也

 

多民族国家ロシアにおける文化と教育改革

 

                    森岡修一

 

アクティブ・ラーニングとひとりひとりの学びの形成

 

                   高橋喜代治

エッセイ

 

「どこまで人間と見るか」その歴史と未来 佐竹幸一

 

まやかしの言葉           倉田 眞

 

2015年度活動報告          佐竹幸一 木村廣子

 

編集後記

 

15 「人間学研究所年誌2017」NO15

 

  2018年3月10日発行

依頼論文

ロシアの批判的言説-教育をめぐってロシア革命100周年に思う

 

                             関 啓子

論文

現代ロシアにおける教育の動向-補充教育とヴィゴツキー理論を通じて

 

                                                  森岡修一

 

思春期のHSP(敏感気質)の生徒たち-学校での対応を中心に                      

 

                      西田隆男

 

家庭の暴力と伝統的価値への回帰-刑法の改正をめぐるロシア社会の動向

 

                                                 白村直也

 

生体における情報代謝                   岩田好弘

 

エッセイ

『CO2地球温暖化仮説、今年日本の経済界、報道の空気変わる」

 

                                              佐竹幸一

データ、世論調査に見る政治の陥穽(かんせい)

 

                  倉田  眞

 

2017年活動報告      p100

 

16 人間学研究所年誌2018 NO16

  2019年3月10日発行

 

青森県立大湊高等学校の総合的学習の時間

  下北半島学学習指導の分析-       岩田好宏

施設から家庭での養育へ

  ロシアにおける孤児の養護をめぐる近年の動向と問題

                       白村直也

学習支援ボランティア事業の現状と課題

  民間運営の無料塾を中心に

                       西田隆男

エッセイ

 

柴田義松先生の思い出と人間学研究所のこれから

                       佐竹幸一

石牟礼道子さんを偲んで

                       倉田 眞

 

2018年度活動報告

           p64

 

17、「人間学研究所年誌2019」 NO17

  2020年3月10日発行

 

地域の問題に取り組み、学びあって育む社会人基礎力

 -岐阜県で学ぶ学生のキャリア形成に関する新たな仕掛け作

                      白村 直也

思春期の生きづらさへの教育哲学的アプロ―チ

 -哲学プラクティスを中心にして

                      西田 隆男

農作の一つの人間学的考察

                      岩田 好宏

インクルーシブ教育と教育と教育改革の影

 -保護者と教育現場の声から浮かび上がる問題

                      白村 直也

エッセイ

 

人間学研究所の今後について

 -「こういちの人間学ブログ」についても 

                      佐竹 幸一

中村 哲さんとアフガニスタン・ペシャワール会

                      倉田  眞

2019年度活動報告 p74-p78

 

18、「人間学研究所年誌2020」No18

       2021年2月15日発行

 

新聞と戦争‐満州事変              

                       里見 脩

心理臨床から見えてくる思春期のメンタルヘルス 

  MHL(精神保健リテラシー)教育を中心として

                       西田 隆男

 

大学生はソ連やロシアをどのようにとらえているか 

  学生へのアンケートをもとに授業づくりを考える 

                       白村 直也

 

自然保護活動のあり方を具体的に考える

『トトロの森を作る』と『野生動物のためのソーシャルディスタンス』

     の2編を読んで

                       岩田 好宏

 

エッセイ

政治報道の堕落   

                       倉田   眞

 

2020年度活動報告   p56-58

 

 

 

 

    

                    

こういちの人間学 2、応用人間学、近況 記事一覧 2021年3月版

 

Hi3d0343

2021年4月段階です

2021年4月の段階で、「こういちの人間学」ブログに書いてきた記事の一覧です。こちらはそのうちの応用人間学の記事の一覧です。各表題はカテゴリー別になっております。

 

2012年6月27日ベランダで咲いたサボテンの花です

 

130114_142701

 

2013年1月、久しぶりの大雪で、ベランダに雪が積もりました。

 

Kc4a00690001

 

右の胡蝶蘭は5年前(当時)に捨てられていた胡蝶蘭をまた咲かせたものです。全部咲きそろいました。胡蝶蘭は他に4つあります。こちらを見ている大きな黒猫は7キロ以上もある、13歳の黒猫、くろべえ。真ん中の白黒の猫と右側の色がごちゃまぜの猫は、それぞれ23歳になるニャマルとにゃ次郎です。オスの老猫にゃ次郎と雌のにゃまるは死んでしまいました。いつもここが気にいって寝ています。

 

基礎人間学部門に続きます

 

★ 2012年2月8日 累計ブログ 394件 6月27日 426件2012年8月23日 記事441件 11月10日 記事455件 2013年1月29日記事477件 2013年5月25日500件)8月13日記事518件 9月1日 記事524件2014,4,22 記事558件 6月16日 記事数570件 9月24日 アクセス約92万件、記事数593件 12月1日、アクセス計96万件 記事数 609件 コメント531件 1月4日 アクセス97、6万 記事数621、コメント543 2016年10月11日、アクセス134万件、記事数、783件、コメント736件 2017年1月6日 アクセス138,5万件、記事数、807件コメント750件2017年3月14日 アクセス142,5万件、記事数826件、コメント796件 2017年7月20日 150万件,記事数865件、コメント892件 2018年9月、165万件2019年1月アクセス 169万件、記事 993件、コメント、1200件2020年1月アクセス、アクセス180,5万件 記事1084件、コメント1304, 2020年4月 アクセス183,3万、記事 1104件 コメント1335 2020年12月 アクセス 189万件 記事1134、 コメント1384件  2021年2月 アクセス 190,5万件、記事1138件

 

◎ブログの各カテゴリーのところを検索していただくと記事につながります。

 

Ⅱ 応用人間学

 

1、生き方について、人生論、人間関係の改善

 

 ①②③無宗教で生きる ④⑤人間関係の改善 ⑥⑦ 比較人生論その(1) ⑧真の科学者として生きるー実用的人間学的な生き方 ⑨はぐれ雲 街中の選任的な生き方   ⑩ほめることが大切 ⑪西原理恵子 どん底でこそ笑え ⑫真理は誰が述べても真理か  ⑬スターウォーズにおけう人命軽視 ⑭ スピリチュアルな生き方か科学的な立場による生き方か ⑮スピリチュアルな生き方ではなく科学的な生き方を ⑯⑰⑱ 比較人生論(その2)⑲自分を知るとは ⑳自分を知る ジョハリの窓 ㉑, 比較人生論、「君たちはどう生きるか漫画版追加22,古代発火法の岩城先生、朝日で紹介

 

2、経営人間学

 

① 経営人間学とは ②人を知らずして良い経営はできるのか ③経営と顔の人間学 ④経営に生かす人相術 ⑤顔の人間学続き ⑥心と体の人間学 ⑦若さの秘訣 ⑧歴史上の人物に学ぶ 上杉鷹山 ⑨中国古典に学ぶ ⑩⑪ヘンリー五世 映画の比較 ⑫経営人間学100年生き続ける会社 (株)サタケも100年に ⑬ 気持ち一つでこんなに代わるサッカー w 杯⑭経営人間学11 人間のための企業 ⑮『下町のロケット』をよみました ⑮,⑯ 経営人間学12、二宮金次郎の人間学 ⑰『坂の上の雲』から一つだけ言うということ(古川氏)⑲城南信用金庫吉原氏と地域に貢献する事業⑳ 300年続く社員を大切にする青木酒造  ㉑二火会例会に久しぶりに参加

 

3、健康法、病気、性について(人体と健康法)

 

① 唾液健康法 ②脂質の高い人は脳卒中になりにくい ③性について ④肥満は悪くない? ⑤誤った糖尿病対策 根本的対策は糖質制限食 ⑥笑いで難病が治る 昇 幹夫先生 ⑦唾液は長寿の元 日テレ世界一受けたい授業から ⑧ 「IQ84]における性描写 ファンタジーとしてもおかしいと思ったこと ⑨若々しく顔のたるみをとる NHK あさいち ⑩ みんなの家庭の医学 生き生き血とへろへろ血 ⑪ 男性ホルモン不足で、不元気に ⑫不老長生には歯が大事 秀吉と家康比較 ⑬糖質制限食化ら見えてきた本当の栄養学(大柳珠美さん)⑭ 避難生活が楽になる裏ワザ 試して合点唾液健康法も ⑮私の減量記録 ⑯ 私の減量結果 ⑰夜間熱中症を防ぐ ⑱早すぎる義理の弟の死、たばこ止めたほうが良い ⑲夫婦で長生き 長寿性ホルモン ⑳実用的人間学式健康法 (21)不老不死(仙人)と咽津法 (22)睡眠時無呼吸症候群について(23)歯磨きに注意コーラや黒酢は歯を溶かす 唾液の重要性(24)多い射精で長生き 禁欲生活で前立腺がんになりやすい (25)南雲吉則氏の「一日一食健康法」偏った健康法でなく自分にあったものを(26)『唾液はなんでも知っている』唾液を調べれば身体がわかる(27)糖質制限食、注目しかし抑制の動きも (28)日本テレビでも糖質制限食について(29)南雲吉則氏の1日一食健康法批判(30)その健康法では早死にする 高須克弥(30)若杉友子氏の『長生きしたけりゃ肉は食べるな』は南雲吉則氏と同じ危険が(31)「長寿はごちそう食べること」115歳大川さん若杉さんとは大違い(32)肉を食べずに新型栄養失調で老化、NHKEテレ、南雲吉則さん若杉友子さんとは大違い(33)尿路結石になったとき、チョイスNHK(34)唾液健康法を実行する友の会に入りませんか(35)隠れ高血圧1200万人 NHK チョイス(36)年誌に私の病状報告を応募します(37)高血圧チョイス(38)体にいい食べ物はなぜコロコロと変わるのか(39)炭水化物ダイエットは有効か(40)老化防止は口と歯から(41)『脳卒中リハビリ最前線」(42)チョイス大人の虫歯(43)身体障害者は投票しにくい(43)長寿のカギは口にあり―唾液健康法と関連(44)唾液健康法、不老長寿に関するリンク集(45)チョイス糖尿病(46)ユルイおなかの克服法(47)電動車いすを借りてみました(48)鼻詰まりを解消、ためしてガッテン(49)秋山佳胤氏の本『不食という生き方』について、ひどいウソ(50)不快な便秘を根本解決ガッテン(51)「歯は磨いてはいけない」という本について(52)健康長寿、スーパー100歳の秘密(53)巻き爪、外反母趾、膝の痛み(54)退院して3年目の状況(55)巻き爪の手術をうけました(56)水素水療法が小林麻央さん早死に原因?(57)NHKBS美と若さにはビタミンC が大事(58)有料老人ホームへの短期入所へ(59)貝原益軒・養生訓NHKBS(60)有料老人ホームへニチイに短期入所、61、皮膚科受診で慶応病院へ、62、ガッテン!唾液パワー全開スペシャル、63、唾液健康法リンク集、64、100歳以上約7万人、大腸がん最多、65、ヤマハからWILLの電動車いすに、66、唾液健康法,のどを守るのに有効、67、動脈硬化には油を断つ、68、曹操の骨発見、虫歯きん 69 ,NHK,ガッテン、スペシャル、腸内細菌 唾液, 70、117才、田中ケカ子さん[117才、大川さん~に追加),71,光秀謀反の訳,72,食の起源についてNHK,73,112歳の渡辺さん男性長寿世界1,74、新型コロナウイルス蔓延、75、唾液健康法(咽津法)ブログ、リンク集(更新版)76,あなたの体は9割が細菌~、77、NHKS,驚異の免疫ネットワーク 78、あなたの体は9割が細菌、78、NHKスペシャル 腸と免疫、79、腸内細菌とウイルス 80、ガッテン、夜間頻尿の対策、腸と免疫、81、近況113、代々木病院に入院 82、慶応病院に入院   83、 8月に慶応病院へ入院 大腸内視鏡検査    84、2020年田中カ子さん117歳 国内最長寿  85、慶応病院に再入院、腫瘍科の高度内視鏡手術  86、手術完了 大腸について 87、大腸手術の経過報告 88、22年前、弘兼憲史氏、人間学研究会へ マンガにすこし似たような状態に

 

4、政治と社会の現状について

 

① 衆議院選挙を前にして ②煙草の吸殻で景気がわかる ③民主党政権に期待する ④現在の政治情勢 ⑤鳩山首相は普天間をグアムにと断固主張すべきである ⑥現代の政治状況 植草一秀の「知られざる真実」のブログ ⑦米軍基地問題と民主党政権の今後 日本の軍事力も ⑧沖縄基地問題で鳩山首相を責められるのか ⑨ 普天間の辺野古への移転について 政府の二枚舌は沖縄県民を冒涜 ⑩ 菅 直人首相に期待する16年ぶりの世襲議員でない首相 ⑪ 菅新政権 消費税上げ、法人税下げを行えば庶民の的に ⑫参議院選挙始まる 変質した民主党自民党とともに、大企業よりの政治 ⑬尖閣諸島問題と高麗と契丹の関係 ⑭日本外交をめぐる問題と危険なタカ派知識人 ⑮民主党もひどいけれどまた自民党に戻って良いのか ⑯ 菅直人と民主党代表選、⑰民主党代表選 むしろ小沢氏に期待する ⑱「日本の危険なタカ派言論人」にたいしてのパルさンのコメント、⑲ 現在の民主党政権を支持しません ⑳石原都知事天罰発言と 天一神の不在 (21) 辺野古は無理 沖縄嘉手納基地案も考えたら (22) 一人暮らし世帯が最多 最低賃金上げるべし (23) 首相は公選とすべし (24)野田内閣支持率 (25)臨時増税案決まる庶民増税、大企業減税 (26)独占と集中が進み格差が増大 (27)TPPについて (28)稲盛和夫氏の節税にみる日本とアメリカの違い (29)現在の政治状況 宗教法人に課税すべし(30)オバマ大統領と野田首相の差 (31)右寄りな第三極ではなく民衆のための第三極を(32)輸出戻し税について 大企業に有利 (32) 橋下 徹氏と大阪維新の会 (33)消費税増税法案衆院通過、今の政治ほど世論とのずれが激しいことはない(34)日本も早く解散総選挙を フランス新政府との比較(35)消費税増税法案通る(36)日本と中国は冷静な話し合いを(37)第三極乱立 多くの政党(38)衆議院選挙支持政党比較多いのは支持政党なし (39)松尾貴史氏の「ちょっと違和感」私の考え(40)選挙の獲得予想出る(41)今度の選挙結果は自らに降りかかる(42)安倍政権で暮らしは良くなるのか(43) 館山に見る店舗集中とシャッター道り(44)現代日本の諸相 円安株高で貧富の差拡大 ユニクロに見る大企業の考え方(45)アベノミクス以後の世の中の変化を見る(46)参院選結果自民大勝で先が恐ろしい(47)消費税増税、法人税減税多国籍企業のための政治(48)在特会街宣に賠償命令(49)古賀安倍を叱る(50)ヘイトスピーチ世界と温度差(51)アベノミクスのほころび(52)安倍内閣は早くも末期症状(53)人税を下げようとする安倍自民党政権(54)安倍官邸と新聞「二極化する報道(55)衆員選について、最低の投票率(56)ヘイトスピーチについて~(57)殺処分の犬猫の遺骨砕いて土へ(58)1000匹の猫と寝る女(59)子猫生き埋め(60)安倍内閣の傲慢さ 原発、沖縄に対して(61)噴火、地震だけでなく政治、経済も安保法案で大動乱期へ(62)子どもの貧困問題 倉田眞氏(63)安保法案ごり押し、おごれる安倍自民党は久しからず(64)安保法成立 時代の転換点へ(65)法人税下げ、あからさまな大企業奉仕、消費税上げ(66)「慰安婦」解決、日韓合意、大久保の街は?(67)最近の世の中の動き、日本を動かす日本会議(68)「9条は幣原提案」、押し付け憲法論を否定(69)グローバル化、エリート主義に反感、トランプ氏の勝利(70)トランプ大統領と安倍首相、日本が戦争の道走るのか(71)トランプ大統領の世界と日本、熊王氏の記事(72)森本学園問題の報道の変化(73)今度も逃げ切れるか安倍首相、加計学園問題(74)都議選、自民党歴史的敗退(75)加計逃げ切り、共謀罪成立、75、望月イソ子の本について、76、私たちの「戦争」体験、77、政府の隠ぺい体質にあきれる、78、ちきゅう座の熊王信之氏の評論が復活しました。79、せまる人生100年時代の生き方、80、外国人労働者の受け入れ拡大について、81実質賃金マイナス拡大、安倍内閣ボロボロだが~、82景気後退を控え今消費税増税は可能なのか, 83,5月1日に元号が変わる、これを利用する安倍首相、84、トランプ氏観光に米紙報道,85,老後2000万円を巡る政治状況、85、参院選自公勝利だが3分の2は取れず,86,安倍内閣改造、安倍1強はさらに、87、台風19号とその新聞記事(88)障碍者に優しくない日本~ 89、新型コロナ蔓延 状況の変化を追う 2020年2月より2021年現在まで,90,緊急事態宣言が2週間延長されました 91,愛知県知事リコール署名不正~

 

5、原発・エネルギーと食の問題

 

① 原発擁護の評論家のうそ ②原発は必要なのか 「社長島 耕作」にみる原発擁護の傾向 ③石原都知事脱原発批判 保坂展人氏に対抗して ④御用学者 有馬朗人氏の考え方 「想定外」当然 ⑤菅首相 浜岡原発停止を要請 支持 ⑥原発にたいしての河野太郎氏の見解 ⑦ 田中優氏の原発対策 ピーク時業務用電気あげればよい ⑧今本当に節電は必要なのか しのすけの言葉も参考に ⑨原発停止なら電気代値上げ?⑩ 菅首相の反原発への転換を歓迎します ⑪ 毎日新聞 脱原発方針 原発10,68円以上 ⑫日経新聞と吉本隆明しの原発擁護 ⑬電気会社を変えてみたら エネット ⑭ 原発なくても大丈夫 追加 ⑮ エネルギー問題 NHK ⑯ 原発擁護派の大槻義彦氏にはあきれました ⑰吉本隆明しの原発擁護 追加 ⑱早く家庭用も電気会社自由に選べるように ⑲原発と核兵器の問題 岩城正夫氏の先見性 ⑳ 原発問題、毎日新聞対日経産経 小林よしのり氏脱原発 (21)今原発関連の資料をまとめています(22)天然ガス価格下落原発いらない根拠に しかし日本は高く買う仕組み (22)「原発に関するウソについて 以前ブログに書いたこと(23)学習院長波多野敬雄氏の原発でのウソ(24)ドイツテレビ「フクシマの嘘」をご覧ください (25)大飯原発再開をめぐって 山田孝男氏 (26)さよなら原発集会に対する各新聞社の報道比較(27)原発事故2年、福島を訪ねる(28)「モンサントの不自然な食べ物」~原発との関連(29)収束しない原発 風知草 双葉町避難民の声(30)日経新聞のウソ 日本の農業保護は手厚い(31)風知草から、火山と川内原発(32)日本は「火山列島大変動」に入った(33)原発、シェールで不要に、原発支持者は二酸化炭素地球温暖化説よりどころに(34)電気購入、家庭用も自由化(34)火山列島に異変(35)家庭用電気も2016年4月から自由化(36)熊本大地震、川内原発大丈夫?(37)野生動物の増大原発事故の福島と人口減の農村(37)日本人に不向きな原発 (38)太陽光発電宴の後、再生エネ遠のく普及

 

6、中国古代社会について(6,7で中国と韓国の歴史とドラマ)

 

① 小説『人相食む』(後漢初期の物語)について ② 後漢初期の政治と日本 ③王充の『論衡』について 幽霊は存在するか ④ 『論衡』の王充はすごい ⑤王充の墓を訪ねて ⑥後漢の万能人 謝夷吾 ⑦第五倫 『人相食む』の主人公 ⑧小説『人相食む』の執筆再開 ⑨中国三大悪女と傾国の美人 ⑩北京 龍の九子の一人「ちしゅう」お金をため込んで出さない ⑪ 鯱鉾 シビ、マカラ、チシュウ、金毘羅様 水に関する守り神 ⑫⑬後漢光武帝の善政 ⑭⑮「後漢書」、「人相食む」における故事について ⑯⑰⑱後漢光武帝の善政 ⑲⑳後漢書などに出てくる故事など (21) 中国における善政の歴史 (22)光武帝の小説『草原の風』(23)称好軒梅庵さんの小説「光武大帝伝」~

 

7、韓国の歴史と歴史ドラマ

 

①韓国歴史ドラマと韓国の歴史 ②韓国歴史ドラマ2090、11,2  ③韓国挑戦の王朝は長く続く ④最近の韓国歴史ドラマ 2010,3,10 ⑤最近の韓国歴史ドラマ 2010,5 ⑥伽耶の初代王キム・スロ ⑦最近の韓国歴史ドラマ 2010,8 ⑧ 最近の韓国歴史ドラマ 2011,1 朝鮮王朝とドラマとの関連  ⑨最近の韓国歴史ドラマ 本の紹介 ⑩奴隷制度と人身売買 韓国ドラマも参考に ⑪ 金容雲氏の「日本=百済」説について ⑫「日本語の正体」倭の大王は百済語で話す⑬最近の韓国ドラマ10月

 

8、顔の人間学(人相、手相術)

 

 ① 信長、秀吉、家康のあごと運勢 ②人相術の科学的検証 鼻 ③東洋手相術と西洋手相術 ④ 人相術の科学的検証 耳 ⑤ ブスとデブについて ⑥人相術の科学的検証 目 ⑦ブスとデブ TBS お茶の水博士 ⑧ブスとデブ 常盤えりかさん ⑨あの日に帰りたい 常盤 えりかさん ⑩美人は得をするか ⑪美人について なぜ白い肌とピンクの肌が好まれるのか ⑫ 絶世の美女 悪女、妖女かどうかも男性次第 ⑬ 人相術の科学的解明 口 ⑭人相術の科学的解明 額 ⑮奇跡のダイエット姿は次週 ⑯奇跡のダイエット姿現す ⑰人は言葉より見た目で判断する ⑱ ⑲ ⑳ 21『人間にとって顔とは何か』 書評 22,23 西洋人相術 24、西洋、東洋対比 耳 (25)老け顔の人は早死にする(たけし)(26)人相術鼻 西洋人相術紹介 (27)人相術 口 西洋人相術紹介(28)人相術 眉(29)人相術 顎(30)病気による、手相の変化(31)日本顔学会の20週年記念『顔の百科事典』について(32)川口氏の「日本カオロジー」と河口氏の「メンズ・カオロジー」(変更)(33)顔の人間学―科学的人相術ランキング (34)「顔の進化」馬場ヒサオ氏

 

9、占いと神秘主義批判

 

① 血液型人間学について ②占星術は全く根拠がない ③おみくじについて ④人は自分の考えに固執する ⑤⑥超能力スペシャル2010 ⑦スピリチュアルとかのいかがわしさBS フジ ⑧ホメオパシー効果がないと学術会議が談話 ⑨⑩⑪ 樫尾氏の批判と反批判 ⑫血液型とブラハラ ⑬またまた終末予言 マヤの暦 ⑭ 心霊番組50連発 ⑮高塚光のヒーリングDVD ⑯「山村幸夫さんは本物です」に対して⑰ マヤ暦の終末論⑱神田明神他おみくじ⑲ NHKBS103「幻解 超常ファイル(3)怪奇現象 ⑳ NHK「幻解 超常ファイル(2)超能力(21)TBS世界のこわい夜またもお粗末(22)アンビリーバボー恐怖の心霊写真フジTV(23)NHK「幻解超常4 巨大獣人など(24)NHK「幻解~金縛り、宇宙人の誘拐(25)NHK幻解超常5 ツチノコ、クリスタル・スカル(26)幻解超常ファイル・ツタン・カーメンの呪い(27)フジテレビ、うつっやった映像GP(28)おみくじについて(29)ホンマでっか、血液型で人生は変わるのか

 

10、大久保の街紹介

 

 ①②③④⑤ エスニックの街大久保いろいろ ⑥新大久保文化どおり ハラルフッド ⑦新大久保線路沿い 新大久保郵便局通り エスニック ⑧大久保駅南口の飲食店街 ⑨大久保の街 急激な変化とコリアタウン化 ⑩大久保百人町地区の外国人について 人口比 ⑪大久保コリアタウン 日本テレビ2010、9、20放送 ⑫韓流ブーム 再燃 新宿新聞 ⑬大久保韓国料理ドンキホーテの通り ⑭ ⑮ 新大久保駅降りて右側のお店    ⑯ 大久保通りの急激な韓国化 ⑰日本1ホットな街 ⑱ カタツムリクリームや毒蛇クリーム知ってますか ⑲大久保祭り 出足1,5倍 ⑳ BS放送は韓国ドラマとショップ番組が多い (21)新大久保のコリアン化急に進む (22)新大久保にK PLAZA1,2,3 (23)新大久保駅から右へ韓国の店さらに増加(24)韓流の街クレーム問題(25)韓流の街 光と影(26)韓流バブルで沸く WPSなど(26)新大久保相次いでビルが韓国関係に プラザK1,2,3 (27)新大久保イケメン通りの今(28)新大久保煙草の吸殻調査 (28)大久保通りの韓流の店、出尽くした感じ (29)NHKドキュメント72時間 国境なき八百屋さん(30)最近の新大久保の街の状況人通りの減少(31)大久保祭りで人通り減少(更新)(32)新大久保の街の変化 やめる店増える(33)25年前の新大久保商店街(34)12月人通り戻る?(35)大久保の街、韓国化すすむ。私のビルもついに韓国の店に変わります。(36)新大久保に見る反韓国、朝鮮デモとそれに反対する人々(37)大久保韓国街の今 美学空間テナント名決まる、反韓国デモで逮捕者(38)テナントほぼ完成しました(39)テナントの仮オープン  (40)6,30コース変更 新大久保の反韓デモとそれに反対する人々(41)嫌韓デモ大久保通りを通る(42)大久保の商店街の歴史と現状 (43)第3サタケビル建設中(44)新宿新聞とその感想(45)コリアタウン存亡の危機 新宿新聞(46)クレーンをどうやって下すのか(47)第3ビルテナント決まる(48)韓流百貨店K-PLUS閉店(49)新大久保駅開設100週年(50)新大久保開業100年開業の日、記念入場券(51)日の出色々、富士山がきれいに(52)大久保、再び多国籍の街を見直す(53)新大久保の現状、新宿新聞(54)大久保の街の状況韓国の店苦境に(55)新大久保の海鮮韓国料理(56)都立戸山公園の桜、車いすで(57)第2サタケビルにコンゴの雑貨屋さんはいる(58)最近の新大久保の変化、コンゴの店は改装中(59)大久保の外国人、大阪市大西岡さん優秀卒論(60)コンゴの食料品店開店、南大門閉店(61)コンゴの食料品店、店内の写真を撮る(62)多国籍の町、新大久保がNHK新日本風土記に(63)エスニックの街大久保、我が家の歴史を中心として(64)新大久保駅にエレベーター(65)新大久保の変化観光料理、大長令、竹見ビル(66)戸山公園の桜咲く、高田馬場ガーデンタワー(67)新大久保最近の変化ベトナム・ネパール料理店が増える(68)電動車いすで行動範囲広がる。新大久保高田馬場ほとんど車いすでは無理(69)9月、最近の新大久保駅周辺(70)大久保の弥勒殿、「菜食兼美」(71)2016、大久保祭りの状況(72)江戸から明治大正昭和平成令和に至る大久保百人町の歴史、(73)韓国コスメ店、リメイク、オープン(74)新大久保のネパール料理店増加24店(75)「Tokyo ディープで大久保の街紹介(76)ネパール料理店、ナマステキットガザルへ行ってみました(77)百人町、大久保のチュニジア2店、ベトナム8店、タイ10店、ケバブ8店(78)大久保コリアタウンの現状、新宿新聞(79)NHK日本紀行東京大久保ドリーム(80)そば居酒屋太閤に行ってきました(81)新宿区に多数の大学が、桜美林大学-人間と教育に変更(82)新宿新聞にネパール店が急増と(83)韓国海鮮料理店テジョンデへ(84)5か所の東京混雑エリア、と新宿のネパール料理店(85)新大久保駅山手線トップの伸び率、新宿新聞(86)戸山の歴史今昔、~、86、第3次韓流ブームはすごいぞ、87更地になったロッテ跡地、88大久保と国籍タウンの現状89、新大久保に女高生増加、90、新大久保春休みで大混雑、91、第3次韓流ブームはすごいぞ、92、「新宿区の民俗」わが家の歴史とからめて、父の話、93、大久保まつり、追記2018、94、新大久保グルメの世界、マツコ、94、韓国グルメ求め人殺到、ごみ散乱、住民激怒、95、更地になったロッテ跡地 更新版、96、第3次韓流ブームが本格化、2019年1月,97、神田上水公園の桜満開, 98,大久保の由来,大窪から、99、新大久保商店街の年次比較,100、2019,5令和の新大久保の状況 101、新大久保のハットグ、食べてみた、、102、新大久保における宗教施設、特にキリスト教,103、出没、アドマティック、新宿、百人町、104、西新宿の高層ビル群を電動車いすで、105、日韓関係悪化でも大久保の人出変わらぬ、106、諏訪通と山手線立体工事、107、百人町鉄砲隊出陣式 108,2019大久保まつり、更新版、109、新大久保多国籍会議大久保フェス(2019年12月変更で1減),110,大晦日の新大久保  外出自粛以後の新大久保の状況  新型コロナウイルス騒ぎ以後の新大久保、111、新コロナウイルス以後の大久保の街を見る、112、3,28外出自粛要請以後の新大久保,113 ,4,25以後の大久保の様子,114,梅雨明け初日の新大久保をみる、115、つつじ通りと新大久保 116「ルポ、新大久保」117,2020、11,22の新大久保の様子、118、佐竹ビル多目的スタジオAS&AS 完成、119、諏訪通りと山手線立体交差の工事が完成 120、34年前の新大久保商店街地図2021年現在の様子、121、高田馬場の袋小路を見に行きました。122 諏訪通りの工事進む 123、散り始めた神田上水公園の桜 124「百人町の住宅密集地」網目のような道

 

 

11、新宿の紹介とレストラン(大久保の街から分離)

 

①高田馬場でロシア料理チャイカへ②神楽坂フランス料理、ルクロ、モンマルトルへ、、③パークハイアットのニューヨークグリルへ④ ToHoシネマから車屋へ、⑤インドネシア、バリラックスガーデン。野村ビル、⑥ミライナタワー、からミゲルファニでパエリア、⑦土佐料理ねぼけ,野村ビルへ⑧神楽坂、フランス料理、メゾンドラ・ブルゴーニュへ⑧中村屋新しいビルに移る。レストラン(9)新宿高島屋のベルギービール店へ行ってきました(10)高島屋、イタリア料理、セストセンソへ行ってきました(11)高島屋、とんかつかつくら、京都三条へ(12〕新宿タカシマヤのふきぬきさんでウナギを食べてきました(13)新宿高島屋の天厨菜館へ行ってきました(14)タイ料理、サイアム・セラドンへ行ってきました(15)高島屋の『新宿つな八』へ(15)高島屋の京料理「福ぎゅうたん 禄寿」へ(16)新宿南口のイタリア料理ローズマリーへ、17、リーガロイヤルホテル、18、高田馬場の鮨源、19、野村ビル,デユーク、20、高田馬場ロシア料理チャイカ、21、、22、野村ビル、桃里、23、高島屋そば小松庵 24、パークハイアット梢 25,新宿高島屋のディキシーダイナー・ミートロッカー 26,高田馬場、中華敦煌へ、ー更新版へ、27、高島屋、焼き肉トラジ、28、高島屋、チーズキッチン、ラクレ、29、高島屋、水炊き玄海、30、新宿高島屋のつばめグリルへ、31、高島屋の美先へ、32、高島屋のハンバーグ&ステーキ腰塚へ、33、高島屋、隨園別館へ、34、高島屋ブレッツカフェ・クレープリーへ、35、高島屋のミゲルファニへ再度(更新版)、36、再びテジョンデへ、37、京王デパートグラスコートへ,38,新宿高島屋、人形町今半へ、39、小田急本店13Fのさがみへ,40,高島屋、鼎泰豊へ、41、高島屋 ねぎし 牛たん,42,京王デパートレストランへ,43,初めて、伊勢丹のAGIOへ、44、NEWOMAN4Fのガーデンハウス新宿へ、45、高田馬場,敦煌へ へ追記更新版,46,西新宿のそばや、渡邊、47、高島屋の伊勢角谷へ,48,目白の南国酒家へ

 

12、新宿以外のレストラン、

 

(1) 門前仲町日本そばしまださんへ、(2)ホテルメトロポリタン、中華桂林、(3)東武、パリの朝市、(4)池袋多国籍、サクラ・カフェ(5)新築した息子の家へ、鎌倉の鉢の木へ (6)池袋東武の和食店御影蔵へ、(7)渋谷ヒカリエへ、宮崎料理万作へ、(8)目白の南国酒家へ(9)目白の旬香亭へ、(10)井の頭公園と吉祥寺芙葉亭へ、(11)目白の和食、あえんへ、(12)池袋東武のベトナム料理店 ロータス・パレス(13)久しぶりに中野へ、中野サンプラザへ(13)渋谷スクランブルスクエアのしゃぶしゃぶ つかだへ(14)再び目白旬香亭へ(15)再び南国酒家へ (16)品川のシンガポールシーフード、リパブリック品川へ

 

13、「第五倫伝」後漢初期の人間学

 

①小説「第五倫伝」後漢初期の人間学、ブログに連載について②小説「第五倫伝」目次③「第五倫伝」1,2,3,4,5,6,7,8 (11,12

) 第五倫伝2部謝夷吾1,2(13,14)第五倫伝 光武帝起つ、1,2 ,第五倫危うし (15) 光武帝と会う ⑯後漢光武帝のドラマ「秀麗伝」が始まります。(16)人相食む 第五倫伝から発表、(17)4月1日「第五倫伝」全文を掲載しました。(18)称好軒梅庵さんの光武帝のマンが

 

 

Ⅲ 近況、その他連絡事項など

 

1、人間学研究所の例会等 通信、年誌

 

①~27 人間学研究所2009年11月例会から 2011年11月例会までのお知らせ ⑩人間学研究所移転のお知らせ ⑪『人間学研究所年誌 2009』NO7が発行されました ⑫2009年年誌の内容~ (22)『人間学研究所年誌2010』NO8の発行と内容  ~略 (28)人間学研究所2012年2~3月例会のお知らせ(29)人間学研究所4~5月例会のお知らせ(30)「人間学研究所年誌2011第9号」の内容(30)人間学研6~7月例会(31)人間学研参加者増加(32)人間学研9月例会(33)人間学例会10から12月例会(34)2013年1,2月、3月例会(35)3,4,5月例会人間学研究所の役員決まる(36)人間学研究所 5,6,7月例会 人間学通信(37)7月例会、8月研修旅行(38) 人間学研究所で白浜へ研修旅行(39)人間学研究所、10月11月12月例会(40,41)例会のお知らせ(42)例会のお知らせ、ヘイトスピーチについて(43)6月例会 人間研究所年誌(44)68号発行、7月例会(45)年誌、原稿送るほか(46)69号発行 年誌 (47)人間学研究所の打ち合わせ会議(48)人間学研究所合同例会にて、久しぶりに例会で話をしました(49)1月人間学研究所の例会(50)HUMANOLOGY71,人間学2月例会(51)人間学研究所3,4月例会(52)5月例会のお知らせ(53)6月例会のお知らせ(55)人間学合同例会のお知らせ7月、9月(56)9月、10月例会のお知らせ(57)人間学通信NO73の発行(58)「ネアンデルタール人と私たち人類」の話をする(59)3月例会(60)4月、5月例会―5月例会で話(61)6月例会(62)7月例会(63)9月例会(64)10月例会、仁科氏犬の話(65)2月例会、アクティブラーニング(66)2017年度3,4、5月6月例会(67)通信74~78通信、79が発行されました、(68)6月例会「CO2地球温暖化仮説について」(佐竹)(69)通信79号岩7月例会岩田(70)9月、人間と生物世界、岩田氏、(71)10月例会、関 啓子氏(72)通信80号発行(73)2018,1月中止、(74)2018年2月例会(75)2018,3月、生田氏、(76)4月 岩田氏、植物の不思議(77) 2018,5、佐竹、「人生100歳時代~」(78) 2018、6月、通信81号発行(79)2018,10、佐竹再び、人間学研事務局長へ(80)柴田先生逝去の知らせ(81)11月高橋氏の話、[82]12月、忘年会・柴田先生を偲ぶ会[83] 2919、1月、日高氏、(84)2月、倉田氏 石牟礼道子氏を偲ぶ(85)3月、西田氏、[86]4月、佐竹、大久保の歴史、(87)5月、岩田氏、(88)6月、テジョンデでの例会(89)7月、江原氏、(90)9月、杉山氏、消費税(91)10月、藤岡、岩田氏対談、(92)11月岩田氏、(93)、コロナウイルスで人間学例会中止〔94〕、3,21に人間学研本の移動(95,96)人間学研究所通信85号、86号発行 (97),2020年11月例会で佐竹が話を‐中止、交流の広場始める (98、人間学研究所年誌2020,18が発行

 

2,「こういちの人間学ブログ」について、

 

① こういちの人間学ブログ50件になりました ②こういちの人間学ブログの再開 ③ ブログ100件に ④150件に ⑤こういちの人間学190件に ⑥ 200件にブログ一覧 ⑥実用的人間学研究会で小旅行に 近況 ⑦ こういちの人間学五万件を超えました 人間学研究所の写真も ⑧こういちの人間学ブログ書いてきたこと(1)基礎人間学 ⑨こういちの人間学ブログ まとめ(2)応用人間学 ⑩ こういちの人間学2年になりました ⑪「こういいちの人間学」 ⑫アクセス10万件超えました ⑬ ブログ400件になりました ⑭ブログアクセス20万件になりました 「こういちの人間学」開始より3年に⑮アクセス25万件になりました。うちの猫についても。⑯ブログ30万件になりました⑰アクセス50万件、記事500件になりました。⑱携帯からのアクセスが加わる80万件に⑲ブログ5年目にアクセス87万件⑳ブログ件数600件に(21)こういちの人間学ブログ100万件を超えました(㉒)「こういちの人間学」アクセス解析の現状(23)ブログアクセス150万件になりました(2017年 7月20日) (24)こういちの人間学ブログ記事1000件になりました。コメント1200件はイチロウ氏のおかげ、2019年2月(25)こういちの人間学ブログ記事一覧 基礎人間学(26)こういちの人間学ブログ 応用人間学記事一覧(27)こういちの人間学2019年8月で10年になりました

 

3、その他 近況  (日記、コラムつぶやきと旅行、地域)

  ( 2015年3月   日記、コラム、つぶやき  63、旅行・地域 17 併せて80)

 (一部、基礎人間学「小説、絵、映画など芸術」に移行)

 

① 両親の介護の現状について ②大正、昭和、平成を生きた父の死 ③ 第2サタケビルに韓国スターグッズ店と韓国居酒屋がオープン ④ガーデニング始めました ⑤北京に行ってきました 街のありさま ⑥近況と秋のガーデニング ⑦⑧⑨ベトナムマレーシア旅行報告 ⑩近況 ダラダラしています ⑪胡蝶蘭を咲かせました ⑫新大久保のカラス 球根を掘り出して遊ぶ ⑬新大久保のカラス取材NHK ⑭うちのベランダに花が咲いてきました ⑮  ⑯  ⑰内のベランダの状況 8月 ⑰ 近況 奥日光に行ってきました ⑱から⑳ 山東省の旅 (21) (22)韓国KBSの取材を受ける(23)KBS生放送出演と明治神宮参拝(24)Facebookなどの危険性(25)私のブログを本にしてくださる方はいらっしゃいませんか(26)花が咲き始めました。梅、ぼけ、らん(27)  (28)3階のベランダの花咲き始めました(29)五月初めの庭の状況 (30)沖縄旅行に行ってきましたヤギの刺身(31)オリンピック、三津浜、朝顔(32)千葉岩井港から釣りに、キス、小アジなど大漁(33)身体が不調、青木酒造と塩沢商店街(34)(35)田無神社、孫初参りとギンナン(36)(37)佐竹幸一の講演記録1,2(38)近況 新年のご挨拶他(39)となりのビルが火災に(40)体調悪化と風邪(41)いろいろと忙しくなってきました。ブログ40万件に(42)ベランダに春のおとづれが(43)五月の花、佐竹ビルテナント交代など(43)沖縄旅行報告(44)人間学研旅行下見、沖縄へ(45)沖縄旅行報告(46)館山花火(47)うちの猫三匹で50歳(48)館山沖ノ島の釣り(49長い間脳いっ血の病気をして入院していました。(50)二級の介護を受ける生活(51)病院でのリハビリについて(52)人間学研究所にある本のうち2000冊を新しい家に(53)ブログ更新の遅れた理由(54)退院してひと月あまり(55)病気をしてあとのアクセスすう(56)彦根城について(57)リハビリノートについて(58)近況について、いくつかの本(59)近況についてリハビリ増やす他(60)リハビリ進む つえであるけるか―歩いてみる(61)地球座ととら猫イーチ氏(62)きれいな虹が 他(63)久しぶりのお出かけ、ニャ次郎死にました(64)あけましておめでとうございます。元日の日の出(65)教育大近藤さん逝去の報せ(66)4月の合同例会で話を、リハビリの状況(67)退院して1年になります、タクシー券でサンシャインへ(68)横浜中華街へ 車いすで(69)電車で御徒町、上野へ、新大久保にやっとエレベーター(70)(71)初めての一泊旅行、箱根、強羅方面へ(72)近況、株主総会、クラス会出席など、下の息子の結婚(73)NHKの「まれ」は現実離れがひどすぎる(74)10月例会で話、ブログ6年目など(75)小説の見直し、身の回りの仕事、他(76)久しぶりに東京駅へ(75)近藤さんに続き田口さんも逝去(77)近況 例会で話、下の息子の結婚相手(78)増えてきたバリアフリーの旅(79(80)近況(81)旧教育大動物学クラス会の開催(82)(83)火野正平さんのこころ旅「人生下り坂最高」(84)今年もよろしくお願いします 元旦初日の出他(85)巣鴨のお地蔵さんと商店街(86)近況、都心に雪、風邪、年誌、田中稲生さん(87)退院から2年目、杖と洗面所(88)ブログアクセス120万件芳林堂倒産(89)旅番組の多いNHKBSプレミアム(90)バリアフリーの旅で河口湖へ(91)近況、朝日、公示地価発表、ほか(92)(93)近況、5月例会で話、目白でランチ(94)母が96歳で死去しました(95)岩城先生から「鳴子こけし風お地蔵さん」を送っていただきました(96)電動車いすでディズニーシー(97)史的唯幻論ほか(98)近況、リハビリ進む(99)恐怖2番組、小説をブログに(100)ウエスティンホテルのランチ(101、(102)老ネコニャー丸が23,5歳で亡くなりました(103)天気が悪く体調も悪く、二火会(104,105)わが家のファミリーストーリー父を中心としてー書き直し(106)(107)門前仲町へ、富岡八幡と深川不動堂へ(107(108)発病してから3年に(109)時が立つのが早い、年誌、ほか(110)バリアフリーの大江戸線で神楽坂へ(111)元日日の出、新宿の外国人の変化、他(112)電動車いすでおとめ山公園へ(113)体調戻る、人間学例会参加目指し、リハビリ(114)JSの会誌、村上春樹氏の本(115 )近況1老人医療費の値上げ2、サイゼリアに(116)梅雨明け宣言から天候不良、体調も不良(117)体調戻りリハビリ進む、顔学会の学会誌(118)電動車いすで石神井公園へ 119、人体展へ、120、新宿御苑へ、121人間学研で話の準備、122、ブログ書きにくく、123、気温は雲しだい他、124、台風から地震へ、パソコン取り替えました、125、UDタクシー、乗車拒否、126、総合人間学会を退会、127、新年あいさつ他、128、ツイッターを再開しました、128、⒊月に入り天気が悪い、新大久保について話をしました。129、国立博物館の東寺展と上野のお花見、130、釣りへの1泊旅行の中止、131、クロネコくろべえ鎌倉の息子の家へ 他  132,再度の台風、国会開幕・・133、鬼滅の刃 刀について

103、体の状況、温暖化批判の本 以下からは旅行・地域を引くので103~再スタート、104右足にフタが入っているのに気づかず,105,異常に赤い朝焼け、お雛様と書、爪切りとやすり、105、新型コロナウイルスの状況~、106、新コロナ以後の生活の変化、、107、新型コロナの状況 108、コロナで生活の大変化 109、検察庁法改正案に反対します 111、人間学研は7月休み、112.体の不調、おなかと筋肉痛、113、近況114,1か月半ぶりにブログを書く、1月の大腸腹腔鏡手術について

旅行・地域、(上から抜く)

1、北京に行ってきました、2,3,4ベトナムマレーシア旅行、5、奥日光へ、6,7,8、山東省の旅、9、沖縄旅行、10、三津浜、11、千葉岩井港の釣り、12、館山沖ノ島の釣り、13、14,15、沖縄旅行方向、16、館山花火、17彦根城、

(病気後)18、横浜中華街、19、東京駅へ、20、巣鴨のお地蔵さん、21、バリアフリーの旅、河口湖、22、電動車いすでディズニーシー、23、ウエスティンホテルでランチ、24、門前仲町富岡八幡、深川不動、25、神楽坂へ、26、おとめ山公園。27、石神井公園、28新宿御苑、29、上野東寺展とお花見、30、鎌倉の息子の家へ、31、川越へ行く 31、高田馬場駅前の袋小路 32,高田馬場周辺の再開発始まる、33,昼の歌舞伎町(1)34,昼の歌舞伎町(2)

 

2009年7月の書き始めのブログにまでさかのぼれます。

2011年8月26日の状況です 2009年7月より累計347件

2012年6月27日13時 累計425件 アクセス  21万件                     

2013年5月25日 累計500件 累計アクセス50万件

2014年6月16日 アクセス累計約84万件 記事570件

2015年3月7日 累計101万件、記事637件、コメント571件

2016年10月11日 134万、記事783件、コメント736件

2017年3月14日 アクセス142,5万、記事826、コメント796

2017年7月20日 アクセス150万件

2019年2月7日 アクセス 170万件

2020年1月1日 アクセス180,5万件 記事1084件、コメント1304件

2020年12月  アクセス 189万件、記事 1134、コメント1384

2021年3月   アクセス191万件  記事 1143 コメント1394

 

 

 

こういちの人間学、1、基礎人間学版記事一覧 2021年,3月版

 

2021年3月段階における、基礎人間学の分野のブログの表題一覧です。

 

各項目はカテゴリ別になっております。各カテゴリーの目的のところをクリックすれば記事につながります。

 

Hi3d0341

2012年6月27日 撮影した庭のアジサイです。

 

2009年7月 「こういちの人間学ブログ」開始 

2012年6月27日アクセス合計 「こういち」込み、213385件です。

2013年5月25日 アクセス累計50万件 記事500件

2014年4月22日 80万件 記事558件 コメント445件

2016年5月1日 124万件 記事 720件 コメント687件

2016年10月11日 134万件 記事783件 コメント736件

2017年1月6日 138,5万件 記事807件 コメント750件 

2017年7月20日 150万件 記事数865件、コメント892件

2018年9月17日 165万件 記事数966件、コメント1147件

2019年2月17日 170万件 記事数約1000件コメント1200件

2020年1月1日 180,5万件 記事1084件 コメント1304件

2020年4月14日 183,3万件 記事1104件 コメント1335件

2021年3月28日 191万件 記事1143件 コメント1394件

 人間学研究所では毎月、新教育人間学部会と実用的人間学研究会例会を開催しております。このブログを読んでいただいて、興味をお持ちの方は、どなたでも(特に実用的人間学研究会)に参加できますので、お問い合わせください。

2020年、現在は合同例会にて開催中です。

 

2020年3月例会より、2021年2月例会まで新コロナウイルスのために例会は中止されたままです

◎「こういちの人間学ブログ」は2009年7月からスタートしました。2019年7月で、ちょうど10年ということになりました。

 

人間学研究所

〒169-0073 東京都新宿区百人町1-3-17 佐竹ビル3階

2019年3月に人間学研究所の連絡先が下記に変更となりました。

新宿区百人町3-1-5、N2402

例会は百人町3-1-5 西戸山タワーホームズ集会室に変更

 Eメール   pcr92240@nifty.com  

佐竹幸一  090-6549-2677

 

基礎人間学部門

 

1、人間学とは何か、人間学研究所

 

① こういちの面白人間学 ②実用的人間学とは ③人間学研究所と実用的人間学研究会 ④研究会でどんな話をしたか ⑤人間学研究所の略史 ⑥人間に関するゼネラリストとは ⑦「人間学」と名のつく書物 ⑧HUMANOLOGYについて ⑨実用的人間学とは2、 ⑩『人間学研究所年誌』について ⑪人間学研究所と実用的人間学研究会その2  ⑫実用的人間学とはその2 ⑬カントの人間学 ⑭常識的すぎる?実用的人間学お悩み相談の開始 ⑮総合人間学会とその設立に果たした人間学研究所の役割⑯こういちの人間学の現状と人間学研空所について ⑰小原秀雄氏の人間学 その1、人間学研究会初めのころ ⑱人間学は専門の研究者でないとだめなのか。ゼネラリストは不要か?⑲人間学と人間科学の現状「大学にみる}その1、⑳ 人間学人間科学の現状 大学倒産  (21)実用的人間学と統計学 (22) 人、人間、ヒト、人間学の名称 (23) 「こういちの人間学のブログ」と「人間学研究所」の現状 (24)実用的人間学のお話しをさせていただきます (25 ) 山本宣治の「人生生物学」実用的人間学の先駆 (26)総合人間学会大会に参加発表と、監事に,(27)(28)佐竹幸一の講演記録 1,2 (29)人間学研究所と実用的人間学研究会(30)人間学研究会から人間学研究所への略史(31)ブログ書き始めて4年 実用的人間学とは(32)人間学ブームと人間学の本などの推移(33) 総合人間学会の現状(34)人間学研究所年誌2013発行(35)人間学研究所年誌2014原稿送る「こういちの人間学ブログ」について(36)年誌2014の発行(37)人間学研究所年誌、年次別内容―付加訂正版(38)人間学研究所年誌2015、が発行されました(39)人間学研究所年誌2015論文他要旨(40)人間学研究所年誌2016、第14号が贈られてきました(41)HUMANOLGY,NO79が発行されました(42)総合人間学会の学会誌とニュースレターが送られてきました(43)人間学、人間科学の現状1、(44)人間学、人間科学の現状2大学倒産(45)人間学年誌2017,15号の発行(46)永井氏の逝去(47)人間学研究所の年誌の年次別内容(48)設立にかかわった、総合人間学会をやめる(49)人間学研究所年誌2018の発行(50)2019,10月例会、藤岡氏、岩田氏対談、(51)11月例会岩田氏、12月忘年会(52)人間学と名の付く書物の数(国会図書館)更新版(53) 人間学研究所年誌2019、佐竹のエッセイ「人間学研究所の今後」についても(54)「人間学研究所の年誌」の年次別内容(更新版)

 

2、人間とは何か(人類学ふくむ)

 

 ① どこまで人間と見るか ②科学的ヒューマニズムについて ③生命とは何か ④人類の起源 ラミダス猿人以後 ⑤ 日本人の起源 縄文時代まで ⑥弥生時代人の顔 ⑦ホモサピエンスはいろいろな人類と共存した追記版あり ⑧ ホモサピエンスはネアンデルタール人と混血?⑨ 人間は奇跡そのもの 井上ひさしさんの言葉より ⑩人間とは何か A・カレルの『人間この未知なるもの』 ⑪人間とは何か「人間このいろいろにいわれるもの」 ⑫人間とは何か 人間の階層構造と定義 ⑬人間とは何か 遺伝子と分子が大きく影響 行動にも影響する ⑭ 人類の起源は道具の使用と重なる 猿人から石器使用 ⑮ 「人間」になる、ための家族の役割 ⑯人間とは何か 遺伝子と分子が大きな影響 追記版 ⑰ ホモサピエンスは他の人類と共存 アカシカ人追加版⑱日本人のルーツについて縄文系と弥生系の混血⑲TBS”人間とは何か”最新遺伝子ミステリー⑳200万年前のセディバ猿人、ヒトとチンパンジーの特徴をもつ(21)人類の起源に新発見いろいろ(22)運命の遺伝子ー未来をどこまで知りたいか22)自分とは何か、堂本剛さんのココロ見(23)ドマニシ原人について(24)ネアンデルタール人について、画像いろいろ、赤い髪白い肌イメージ大きく変わる(25)ネアンデルタール人と私たちの50万年史 なぜ絶滅したのか 資料一覧(26)台湾に第4の原人、ピケティ氏来日(27)ホモ属最後?の原人(28)生きているということ、オリヒメ、ロボットに心を託す(29)死ぬのが怖くなくなるー小林朋道氏の動物行動学的人間論(30)ケニアで最古の化石発見(31)生命大躍進 人類誕生の秘密(32)ネアンデルタール人は私たちと交配した」スヴァンテ・ペーボ(33)私たちだけがなぜ生き残れたのか。ネアンデルタール人早く大人に、現生人は幼児化(34)ネアンデルタール人と私たち人類、リンク集、ナレディ原人(35)ネアンデルタール人の首飾り(36)敵を作りだす人間、山極寿一氏(37)縄文人と弥生人について、弥生時代は色々な人が混在(39)ネアンデルタール人の遺伝子、現生人類の病気に関係(40))ヒトはなぜ争うのか 若原正己氏(41)木から落ちて死んだ?猿人ルーシー(42)ヒトー異端のサルの1億年について(43)最初のアメリカ人は縄文人?(44)クローズアップ現代「サピエンス全史」(45)日本人のルーツ縄文系と弥生系(46)国内最古の旧石器時代の人骨、石垣島で発見(47)30万年前の、現生人類最古の化石?(48)最近購入した3冊の本、山極寿一、鷲田清一~(49)アフリカ外最古現生人類化石、イスラエルで発掘、、(50)1万年前のヨーロッパ人は暗い肌に黒い髪、青い目、イギリス、スペイン(51)ゲノム情報で、縄文人の女性の顔復元(52)NHK[人類誕生3」日本人のルーツ解明(53)デニソワ洞窟で母ネアンデルタール人、父デニソワ人の人骨発見(54)NHK「人類誕生未来編」1なぜホモ・サピエンスが生き残ったのか(55)ゲノムで解明、日本人の起源(56)なぞのマッチョな弥生人~(57)デニソワ洞窟で母ネアンデルタール人、父デニソワ人に人骨発見(58)日本人成立の謎、弥生人のDNA分析(59)人骨に向き合って、沖縄の旧石器人(60)シカの歯ペンダント、デニソワ人?(61)ルソン島に第5の原人ルソン原人 (62)デニソワ人はアジア人に大きく影響 チベット高原(63)縄文人の全ゲノム解析(64)380万年前のアナム猿人の顔再現(65)7万年以上前にインドに現生人類(66)7万年以上前、インドの現生人類生き延びたか

 

 

3、自然と歴史について(地球温暖化論批判)

 

① 宇宙の起源 星空の素晴らしさ ②地球温暖化は二酸化炭素のせいか ③気候と文明の歴史 ④地球は今後寒冷化してなぞの氷期に入るかも ⑤地球温暖化の原因は?立川志の輔の節穴から世間 ⑥DNAにヒ素の細菌 地球外の生命も神が作ったのか? ⑦脳ブーム あなたは間違った考えを信じていませんか ⑧ 阿修羅掲示板をご覧ください ⑨錯覚の科学が脳科学の通説を覆す ⑩二酸化炭素地球温暖化説と原子力発電所 ⑪迫りくる太陽の異変 コズミックフロント ⑫地球の気温に影響を与える要素を順に ⑬ 宇宙と人類の起源 追記版あり ⑭地球温暖化に関して書いたこと 大槻氏のコメント⑮原発容認=二酸化炭素地球温暖化説に打撃 太陽の異変 小氷期の到来か ⑯私の書いた「二酸化炭素地球温暖化説批判」のブログに対して掲示板での攻撃について ⑰太陽の異変 地球寒冷化の可能性?プライムニュース 常田佐久市と長沼 毅氏 ⑱ミニ氷河期が明日始まるかも知れない 長沼氏 ⑲ 地球の銀河系の中での動きが地球の気象に影響する⑳ 地磁気減少で寒冷化化?(21)地球温暖化に歯止め?やはり二酸化炭素と地球温暖化説では説明不能(22)『137億年の歴史』とH・Gウエルズの『世界文化史』の比較(23)ノーベル賞名大の関係者6人21世紀日本の受賞者の半分ちかく(24)生命大躍進展、上野科学博物館(25)地球温暖化に歯止め 追記版(26)15年後に地球が寒冷化(27)東京のカラスが激減、唐沢孝一さん(28)人間学研究所年誌2015、ネアンデルタール人などと私たち人類(29)人間学年誌、倉田氏の論文要旨、二酸化炭素地球温暖化説について(30)統計開始以来初の都心での積雪(31)不機嫌な太陽、好意的な書評(32)唐沢孝一さんから「季節の生きもの手帖」が贈られてきました(33-13に変更)唐沢さんの「目からうろこの自然観察」が贈られる

◎2019年10月29日 33の記事のうち20が地球温暖化に関する記事(太字で)、以後はカテゴリー10で、「地球温暖化批判」を新設 そちらに移行

「地球温暖化」の現在記事数27、合計 47

 

4、人間と教育

 

① よみがえる教室 「いのちを身をもって教えた先生」1、 ②よみがえる教室 ③柴田義松氏の教育人間学  ④教育に関しての名言 1、⑤ 教育に関しての名言 2、⑥ 日本の子供にみられる身体の方向 正木健雄氏 ⑦教育に関しての名言 ウシンスキー追記版 ⑧ももクロの戦争歴史認識と教育 ⑨、 岩城正夫氏と岩明均氏父子、日本独自の道 ⓾、新宿区に多数の大学が~大学の危機(大久保の街紹介から変更)

 

5、精神医学、カウンセリング、お悩み相談

 

① カウンセリングと実用的人間学的お悩み相談 ②うつ病の人間学 ③うつ病の人間学 冬季うつ ④うちの猫の3タイプ 神経系の型 ⑤日本の薬物問題 恐るべき海外での実態 ⑥河合隼雄の『心の処方箋』に学ぶ その1悩んだ時のバイブル ⑦人の心などわかるはずがない『心の処方箋』2 ⑧二つ良いことさてないものよ 3、⑨心の中の勝負は51対49のことが多い 4、⑩健康病が心身をむしばむ ⑪子供が問題を起こした時親子関係にチャンス 「心の処方箋」6⑫脱法ハーブの現状と課題

 

6人間と社会について(経済、政治、国際)

 

 ① 戦争の人間学 ②民のための政治 ③奴隷制度と人身売買 ④コロンビア モックスの改革 ⑤共に語らう日韓の未来 ⑥韓国と日本の比較 ⑦法人税の実効税率国際比較について ⑧不景気の原因は大企業 法人税下げても賃上げ雇用増加せず ⑨相対貧困率日本ワースト4位に ⑩幸福について グローバリズムと国民総幸福とグラミン銀行 ⑪イギリスの歴史はたくさんの民族の混合の歴史 ⑫日本の戸建て住宅と比較⑬なぜ99%が富を独占するのか スティグリッツ氏⑭日本の明治以降の硬貨 戦争の影響(15)桂宮逝去と歴代の女性天皇⑯中国の期限切れ肉問題について⑰部落差別の根源、穢多と非人⑱貧民の帝都-大久保も  ⑲ ピケティ氏の「21世紀の資本」 ⑳焼け跡の「戦後の貧困」70年間の日本人たち( 21),戦争伝える『最若手』の手記(22)「耕地のこどもの暮らしと遊び」高橋喜代治氏の本(23)白人中心主義の歴史観批判、史的唯幻論 (24)中世の貧民(25)高橋喜代治氏の『耕地の子どもの暮らしと遊び」の続編が発行されました。(26)関さんの森に関する本が紹介されました。

 

7 マルクス、エンゲルス人間論

 

 ①人間観変えても世の中変わらない? ②共産主義社会では画家はいなくなる?③F。エンゲルスについて ④『イギリスにおける労働者階級の状況』 1 ⑤『イギリスにおける労働者階級の状況』 ⑥、エンゲルスについて・トリストラム・ハントの評伝

 

8、宗教と死について

 

 ①不老不死について―17の追記更新版に変更 ②宗教は嫌いだけれど ブッダは好き ③新宗教はなぜはやるのか ④ ブッダ、キリスト、と宗教 ⑤ブッダ、キリスト、孔子と宗教 ⑥宗教は嫌いだけれど宗教的なものは好き  ⑦幸福の科学と幸福科学学園 ⑧エホバの証人 ハルマゲドンに期待する人々 ⑨ダライラマ「拝金主義と決別」批判 ⑩ 村上春樹 『IQ84』とカルト宗教 ⑪死について考える 1 死とは何か ⑫ 死について 2、生物学 宗教 ⑬ロムニー候補とモルモン教⑭イエス・キリストは実在したのか ⑮「この世の成り立ちを観る基礎」熊王氏のブログ⑯日野原重明さん死去、105才、そしてがんになった早川先生, ⑰  ,不老、不死について2020年追記更新版

 

9、小説、絵、映画など芸術 (「近況」から分離しました)

 

①パウル・クレー展 ②ミュージカル「フェラ」 ③映画チャイナシンドローム④NHKドラマ 「平 清盛」 ⑤ 「ヘンリー五世」二つの映画 ⑥ 極めて多いテレビチャンネル⑦「八重の桜」に見る自然の時代考証 ⑧ 村上春樹 「1Q84]とカルト宗教 ⑨「1Q84」における性描写⑩村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、巡礼の年』を読んだ⑪「半沢直樹」の大ヒットと韓国歴史ドラマとの対比⑫アサッテ君連載終了(13)岩城正夫先生から「鳴子こけし風ネコの木像」をいただきました(14)岩城正夫先生から鳴子こけし風お地蔵さまをいただきました(15)「毎日かあさん終了―卒母(16)岩城先生から観音様の木像を頂きました。(17)鬼滅の刃と戦いにおける刀のロマンについて

 

10、地球温暖化論批判

 

① 不機嫌な太陽好意的書評②地球温暖化論トランプ大統領否定 ③地球温暖化問題に対して私のブログに書いたこと―リンク集④地球温暖化論に関する略史⑤米アースデイ、米政権に抗議 ⑥全国民が負担、森林環境税(7)日経記事CO2温暖化だけでなく海水の酸性化も問題と(8 )北極の氷はなくなるのか、ユキヒョウ(9)トランプ氏パリ協定離脱宣言(10)赤旗はパリ協定離脱のトランプ氏非難(11)温暖化でGDP4%減?今世紀末の世界(12)人間学研6月例会で「地球温暖化論批判」の話をしました(13)2017年8月、9月気温低下、でもその異常気象も温暖化のせい?(14)温暖化論批判の4冊の本の購入(15)COP23きょう開幕、(16)山火事は温暖化のせいか〔17)いよいよ地球寒冷化か、北米大寒波((18)日本も大寒波、東京にも大雪警報(19)日経街角景気に寒波の影響と(20)「北海道ワイン」温暖化で脚光(21)2018年7月から8月の猛暑,CO2増加のせいか(22)異常気象も温暖化のせい?~日経新聞(23)2019年も2018年に続き大寒波(24)気温は測定場所の変化によるのでは(25)今年の夏は冷夏、(26)余禄、寒冷化による人口崩壊の歴史(27)都心で7月の気温8日連続25度以下,(27-47) グレタ・トゥ―ンべりさん地球温暖化反対運動について,(48)地球温暖化論批判の本購入(一部、近況)、(49)地球温暖化の危機を訴える、マーシャル諸島共和国

◎ 自然と歴史の中の記事20を2019年10月に移行すると、合計47になります。

◎次のⅡ、応用人間学部門 Ⅲ近況その他 に続きます

 

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2013/08/32013-813-bfad.html

2021年2月19日 (金)

『人間学研究所年誌2020』No.18が2021年2月15日発行されました

『人間学研究所年誌2020』No.18が2021年2月15日発行されました。

人間学研究所にとって、2020年度は、おそらく新コロナウイルスの蔓延のために、1度も例会が開かれない年度になると思います。人間学研究所は1999年4月1日に設立されましたが、その前に、1963年の学生を中心とした関東生物科学生懇談会の分科会である「人間学」から始まり、1965年の第1次人間学研究会、1985年の第2次人間学研究会、そして1991年に第3次人間学研究会が人間学研究所準備室が作られ、それ以後途切れることなく1999年の人間学研究所の設立に至る流れがありました。またその中で総合人間学研究会から総合人間学会の流れもありました。

その1991年から現在に至る中で、2020年度はおそらく1回も例会を開かない年度になると思います。

その中でも2020年度は岩田好宏所長などのご尽力で、5つの『人間学研究所通信』が発行され、『人間学研究所年誌2020』も発行されました。また例会の代わりに『交流の広場』としてメール網を使っての交流と連絡網もできました。

 『人間学研究所年誌2020』No18をご紹介します。

210218_0852_01-1

 

p1-10 『新聞と戦争‐満州事変』    

    里見 脩 (当研究所研究員、博士・東京大学、社会情報学

          前 大妻女子大教授 )

 

210218_0853_01-1

 

p11-19 「心理臨床から見えてくる思春期のメンタルヘルス

 -MHL(精神保健リテラシー)教育を中心にして  西田 隆男

 当研究所研究員 自由の森学園学校カウンセラー 埼玉ダルク 理事長

 

210218_0853_02-1

 

p20-28 「大学生はソ連やロシアをどのようにとらえているのか 1」

  学生へのアンケートをもとに授業づくりを考えるー 白村 直也

当研究所研究員 岐阜大学 教育・学生支援機構 

210218_0854_01-1

 

p29-49 「自然保護活動在り方を具体的考えるー

  『トトロの森を作る』と『野生動物のためのソーシャルディスタンス』

  の2書を読んで   岩田好宏

    当研究所・所長 子どもと自然学会顧問

210218_0855_01-1

エッセイ

p50-55 『政治報道の堕落』 倉田 眞

 当研究所研究員・実用的人間学研究会幹事 元新聞社編集局長

210218_0855_02-1

p56-58 2020年度活動報告

 

研究所例会 開催なし

研究所通信85~89号 5回発行

人間学研究所の組織

実用的人間学研究会の組織

 

『人間学研究所年誌2020』

発行 人間学研究所

発行責任者  岩田好宏

 

ご連絡・ お問い合わせは  佐竹幸一

090-6549-2677

 pcr92240@nifty.com

 

2021年2月11日 (木)

34年前の新大久保商店街地図(百人町東町会)と2021年現在の様子比較    2021年追記更新版 

昭和62(1987)年の新大久保、百人町の街の様子

 

百人町東町会の地図が書かれた1987年とは、追記更新した2021年3月から見ますと、34年前ということになります。もうずいぶんと昔のことになりました。

百人町東町会でまだ昔からの商店が残っていました。昔からの商店は少しづつ減っていき、2021年にはサカエカメラさんが占いのお店に変わっていました。25年前には昔からのお店が10店ほどが残っていた、と書いています。2021年には百人町東町会で大久保通りに面したお店で残っているお店はは盛好堂書店と熱帯魚の円満屋さんしか残っていません。

210131_1337_01_20210211132201

この地図は昭和62年度の百人町東町会のうち、大久保通りの南側の部分をコピーしたものです。百人町東町会とは百人町のうち山手線内側の百人町1,2丁目のところです。地図で表しているところは百人町1丁目で、一番右はじの三和ビルのところからは大久保となります。大久保通りを挟んで北半分は百人町2丁目となります。地図によれば小さい字で見にくいですが、表通りには、このころ韓国系のお店は一軒もありません。この一角は新大久保駅を出てガードをくぐり右のほうへ行くところで、2012年10月から、2021年2月、一番人通りの多いところです。

新宿区の中の大久保地区には11の町会と9つの自治会があります。百人町の町会には百人町東町会、西町会、南町会、中央町会などがあります。

地図の上のほうが大久保通りです。駅に近くパチンコ屋さんがありましたが、今は韓流ショップ店の韓流百貨店です。この店はその後経営不振から倒産し、ほかの経営で再び営業しています。右端から先は、地名が大久保となります。前は新大久保近くの山手線の内側にパチンコ屋さんが大久保も含め大久保通りに5店ありましたが、今は1店だけです。

下の地図は2000年ごろの新大久保周辺の地図です。このころに次第に韓国など多国籍の店ができ始めましたが、メインの大久保通りはほとんど日本人のお店です。ブログ筆者は2000年に作られた。「おいしい街」と題した大久保、百人町地区のエスニックのお店と旧来のお店を共に地図に描いたものをもとに、自転車で回って歩き筆者独自の地図を作ったものです。このころは新大久保のメインのお店は旧来の日本人のお店でビルの2階以上にエスニックのお店がある状態でした。韓国のお店だけでなくいろいろなお店があったのです。その後韓流ブームとなり韓国のお店が多くなりました。その後ベトナムや、ネパールのお店が増えエスニックの新大久保というイメージが出てきました。

 

下図は東町会の地図です。

210214_0952_01-1

200617_0945_01

 

上の地図はスキャンでとったものですが、よくわからないと思います。下の図は携帯のカメラで撮ったものです。少しでも大きくしようと横向きにしました。少し字が読めるようになったかもしれません。上のほうが新大久保駅です。左側が大久保通りです。

下図は百人町1丁目の大久保通りの南側の地図です。1987年時点では、韓国のお店はほとんどありません。10数年後の2000年を超えてからにぼつぼつと表れ始めました。34年後の2021年には大久保通り南側では熱帯魚の円満やさんだけです。

 

121028_161801

 

 この地図では大久保通りに面するところは、日本人の経営する店が立ち並んでいます。奥の方へ行きますと、かなり目立つのは小さいホテルで、いわゆる新大久保のラブホテルとして有名なほどで数えると32軒ほどありました。今では、今は10軒ほどに減少しています。小さくて設備が古く、歌舞伎町の設備の良い新しいホテルにかなわなくなっているのです。

以下の写真は2021年2月13日〈土)の新大久保山手線の内側の状況です。

新大久保駅前の交差点から見たところ。道路を挟んで右側が百人町1丁目、左側が百人町2丁目です。

210213_1310_01

右の大きな建物は竹見商店の後にできた、9h(ナインアワーズ)というカプセルホテルです。

210213_1312_01

百人町二丁目(山手線内側)に唯一残るお店、盛好堂書店。

210213_1313_01

百人町1丁目より見たところ。

210213_1331_01

内藤靴店の後の韓国グッズ店cos:mura

210213_1314_01

イケメン通り入口。ここは大久保1丁目です。

210213_1316_01

イケメン通り

210213_1320_01

西大久保公園にテーブルが置かれています。

210213_1326_01

COS:MURAの内部です。もとは内藤靴店

210213_1331_02-1

この下は上の図をさらに拡大したものです

 

百人町東町会の昔の地図

百人町1-7

この区画で大久保通りで昔からのお店で残っている店はありません

パチンコ三金のところは韓流百貨店に。店名は同じですが経営母体は変わりました。

このころは山手線の線路沿いに小さい旅館や簡易宿泊所がたくさんありました。

山手線に沿った道は拡幅されて高田馬場から新宿へとつながる道に拡幅されました。

ほとんどのお店はなくなりました。

 

180119_101501

 

百人町1-6

この区画で残っているのはサカエカメラさんだけです

2021年、この サカエカメラさんが占いのお店となりやめてしまいました。

この辺りは何々荘という木造アパートがたくさんありました。郵便局はのちに移転しました。

 

180119_101502

 

百人町1-4

この区画で残っている店は内藤シューズさんだけです。すぐ隣の山本米店は営業を続けています。

内藤シューズさんも2020年、やめて韓国グッズ店になりました。

落花生の販売卸をしていた、竹見商店さんは9アワーズというカプセルホテルになりました。

この辺りはいわゆるラブホテルの多いところです。4番地で6軒ありました。

180119_101503

 

百人町1-3

この区画で残っている店は円満屋さん(熱帯魚販売)だけです。3番地だけで6軒もホテルがありました。

2021年ホテルは半減しています。

210131_1324_01

円満やさんはまだ頑張っています。真ん中の茶色のビルのところが円満やさん。

東京ガス百人町サービスセンターはブログ筆者のお店でした。

昔は裏通りにホテルがたくさんありました。この地図だけで5軒も。

180119_101601

 

百人町1丁目-1,1丁目ー2

1丁目2番地はホテルが多いところ 職安通りのお店も韓国系が多くなりました。

210321_1044_01

百人町1丁目-5

ここは百人町鉄砲隊の菩提寺、長光寺が目立ちます

百人町1-5-13番地の朝倉さんは前の百人町町会長東町会長で、百人町鉄砲隊の子孫です。

210321_1044_02

百人町1丁目-8

線路側のお店は道路拡張でほとんどなくなりました。

210321_1044_03

あとこのころは簡易宿泊所がたくさんあります。線路沿いのところに多くありました。いわゆる山谷などにあるドヤといわれるものです。一部屋に三段ベッドが二つあるような部屋です。これも今はほとんどなくなりました。

 

 このころ木造のアパートがたくさんありました。6畳ほどの畳の部屋と部屋には小さい台所があり、部屋にトイレがあるところと共同トイレのところがありました。お風呂はついていません。まだところどころに残っています。東京ガスではこういう住宅を3灯木造アパートと呼んでいました。

 

 大久保通りに面したところの変化については、2011年6月3日に書いたこういち人間学のブログ「新大久保の街並み紹介1,2」があります。その時点ですでに大幅な韓国の街化が起きていますが。2012年10月時点ではさらに大きな変化があります。                 このブログは、見やすいように更新版をつくりました、対比してごらんください。

 

2018年追記 25年前の大久保商店街となっていますが2018年の時点では30年前の商店街となります。下記のお店でも、竹見商店、東京ガスライフバル店はお店をやめました。竹見ビルは現在7アワーズという韓国系のカプセルホテルになっています。

 

 昭和62年から現在まで残っているお店は、サカエカメラ、竹見商店、ナイトウシューズ、円満や、東京ガスライフバル店(その後やめました)だけです。29店中5店だけになっています。(その後3店のみ)2021年にはさらに円満やさん1店だけです。

 2021年には百人町1丁目の円満やさんと 百人町2丁目の盛好堂書店だけです

 

下の図は百人町2丁目の地図です。(2021年3月21日 追記しました)

北側に戸山小学校 さらに海城中高学校があります さらに保善高校があり、都立戸山公園につながります。

210321_0946_01

百人町2丁目3番地

ここにロッテリアの1号店がありました。線路際に簡易宿泊所がたくさんありました。今は道路拡張によりなくなりました。

この辺りはロッテの土地が多く、住宅展示場ができるとともに、駐車場に多く変わりました。

210321_0945_01

百人町2丁目-2

ロッテが広大な地域を占めていました。今は住宅展示場です。大久保通りに面したお店はほとんど韓国系の店になりました。

210321_0944_02

百人町2丁目1番地

大久保通りで残る日本のお店は盛好堂書店のみ旧百十四銀行など3つのビルはプラザ1,2,3と名前が変わりました。韓国系のお店が大部分

210321_0944_01

 

戸山小学校の近くの広大な広さのロッテの工場は現在、住宅展示場になっています。

 

人間学研究所(150回)と実用的人間学研究会(110回)は2019年4月19日に合同例会を開きました。

テーマは「大久保・百人町の歴史」江戸から現在に至る変化を、歴史地図で見る で講師はブログ筆者です。

18ページの資料を配布しました。

 

 

2008年に新大久保のエスニックのお店を全部調べて地図を作りました。

このころは韓国のお店は職安通りに集中していました。また大久保通りでも新大久保駅から離れた大久保地域が多かったのです。このころはまだ新大久保駅の近くには昔からの日本人のお店が多かったのです。途中から日本人のお店は急減しました。

この図は大久保通りにある韓国のお店の地図です。新大久保駅の近くにはほとんどお店がなく、明治通りに近い大久保地区が圧倒的に多かったのです。

210214_1026_01

この地図は職安通りにおけるお店の地図です。職安通りに韓国スーパー、韓国広場がありその周辺に韓国レストランが密集していました。

今では新大久保駅周辺とイケメン通りに集中しています。

210214_1026_02

 

韓流の店、売り上げ減少について 2012年新宿区新聞

 

Hi3d0399

 

これは2012年10月25日付の新宿新聞です。ここにはごらんのように、「韓流ブーム」は縮み・・・「中国特需」は消えた!とあります。

 

 記事には「韓流百貨店の売上‘半減‘大久保のコリアンブームに陰り」、と書いてあります。このエリアは2010年後半からのK-popブームを受け、昨年は大久保通りを中心に新規店舗の店が相次いだ。

 

 それが竹島問題を契機に訪問客が少なくなった。8~9月にかけては「反韓」を掲げる街宣車やデモ隊が現れ、日本人客がトラブルを避けたためだ。それに加え、韓流ブームも一頃に比べ盛り上がりに欠けている。

 

「昨年は競合店の出店が相次いでも、その分を吸収できる勢いがあった。今年に入り、客はおとづれても買い物はしない傾向がある」「この周辺で2,3店の韓流店舗が退店に追い込まれている。(韓流百貨店)

10月以降街宣車が減って日本人客が増えているが「売り上げは半分以下。従業員も半分に減らした」と韓流百貨店の店長は苦しい状況を明かす。

 

 以上が新宿区新聞の一部の内容です。韓流百貨店は新大久保からすぐの店で、店も大きく人もいつもたくさん入っている店です。ここでも売り上げが半分ということは、より遠い店はさらに苦戦していることになります。

 

◎2017年ごろから第3次韓流ブームで、人出も店の数も増えています。

◎2020年から2021年にかけての新コロナウイルスの影響で、人出はだいぶ減少していますが、客層が非常に若く、それほど他地区に比べ減少していません。

 

 

2021年2月 8日 (月)

新型コロナウイルス蔓延、蔓延は政治次第。2020年2月10日より、日本および世界 状況の変化を追う。.2021年3月~追記して更新  

4月14日

大阪初の 1000人超え  インド感染者第 2位に  13日  現在

日本    513545人   死者   9490人 ワクチン接種回数  17万回

 東京 510人  126974人   大阪 1099人 52111人

世界     1億3670万人  死者 294,7万人

アメリカ    3127万人    死者 56万人

インド     1369万人    死者 17万人

ブラジル    1352万人    死者 35万人

フランス     513万人    死者 10万人

ロシア      460万人    死者 10万人

4月8日

緊急事態宣言が解除され、大阪などは前倒しで解除されましたが、大阪では4月7日、878人となり2日連続で過去最多を更新、「医療非常事態」が宣言されました。東京でも555人と約2か月ぶりに500人を超えました。

日本    494290人   死者   9325人

世界   1億3242万人  死者   287万人

アメリカ   3085万人  死者  55,6万人

ブラジル   1310万人  死者  33,7万人

インド    1280万人  死者  16,6万人

 

3月21日に日本の緊急事態宣言が解除される政府方針が発表されることになりました。21日のテレビ欄はこの記事でいっぱいです

東京では3月17日の感染者が409人となり急増しています。

3月26日

世 界   12477万人   死者  274万人

アメリカ   3001万人   死者  54,5万人

ブラジル   1222万人   死者  30万人

インド    1178万人   死者  16万人

日本      463,8万人  死者  8984人

 東京      11,9万   死者  1674人

 

新コロナウイルス、蔓延は政治次第 2021年3月14日

3月13日の世界の新コロナ感染者数でブラジルは感染者がインドを抜いて世界第2位となりました。

世 界  11906万人(前日比49万人)死者264万人(前日比1万人)

アメリカ 2935万人(6,1万人) 死者53万人 (1769人)

ブラジル 1136万人 (8,6万人)死者27,5万人 (2216人)

インド  1133万人 (2,5万人) 死者15,8万人 (140人)

◎ ブラジルのボルソナロ大統領の新コロナウイルスに対する態度でこのような事態になっているということがわかります

大統領は3たび陽性になっていても平気だとし、ワクチン接種は受けない、泣き言をいうのはやめろ と言っている。前アメリカ大統領のトランプ以上のひどさである。

2021年3月13日

アメリカ  2929万   53万

インド   1131万   16万

ブラジル  1128万  27万

 アメリカ 新規感染者5分の1に

2021年3月9日

ブラジル新規感染最多 米を抜く変異型が猛威

 ブラジルの7日の新規感染者は8万人を超え過去最大に

 感染者も1100万人を超え、インドに迫る

 

2021年3月7日(日)

 世界 感染者1億1606万人 (2月24日からの増 433万)  

      死者258万人 (11万人 以下同じ)

 米国  2889万人 (70万人)  死者 52万人(2万人) 

 インド 1119万人 (17万人)  死者 15,7万人(0,1万人)

 ブラジル 1087万人(100万人) 死者 26万人(1,3万人)

 ロシア 425万人  死者 8,7万人

 英国  422万人  死者12,5万人  

 フランス 392万人 死者9万人

 

 日本 43、97万人  死者8251人

 

2021年2月24日(水)

アメリカ 感染者2819万人 インド 1100万人 ブラジル 1020万人

210224_1050_01-1

米コロナ死者50万人超 1人目判明から1年(日経新聞)

210224_1037_01

米国での死者数が第2次世界大戦の死者数を超える

1位はスペイン風邪、2位は南北戦争 3位が新型コロナの死者数

 

2021年2月9日〈火)

2月8日午後4時現在の日本での感染者40万7412人、死者6524人

世界では、1億6100万人が感染し、死者 281、7万人です。

参考までに、やく100年前に流行したスペイン風邪では当時の人口18億人の半数から3分の1が感染し、約5000万人が死亡しました。

10都府県で3月7日まで出されていた緊急事態宣言について、一部対象地域で2月中旬にも解除する方針へ

◎感染症に関する書物

 銃・病原菌・銃  ジャレド・ダイアモンド  草思社文庫上・下 2012年発行

 病と人間の文化史 立川昭二 新潮選書 昭和59年発行

 感染症は世界史を動かす 岡田晴恵  ちくま選書 2006年発行

 感染症対人類の世界史 池上彰 増田ユリヤ ポプラ新書  2020年発行

 感染症の日本史 磯田道史  文春新書 2020年発行

  感染症 ウイルス.細菌との闘い 別冊日経サイエンス238 中西真人編 2000円

 病気 日本史 中島陽一郎 雄山閣 昭和57年

  持っている本のみ

2021年2月8日(月) 

パソコンが壊れて、ブログをかけなかったり、1月初めに手術で慶応病院に入院したりで、しばらくブログが書けませんでした。

2021年度早々に緊急事態宣言が出され、2月も延長されました。

新コロナウイルスの蔓延状態を記録していたブログもほぼ1年になりました。

2019年11月22日に中国の武漢で新ウイルスの蔓延が報告され、日本では1月12日に国内初の患者が報告されました。

それから1年が経過し、まだ世界中で収まる気配がありません。2月8日の日経新聞に出ていた世界と日本の患者数と死者の数です。

国内の感染者数

210208_0941_01

世界の感染者数

患者数が1億人を超えました。死者は230万人 まだすごい勢いで増加しています。

210208_0943_01

 

毎日、新型コロナウイルスのことが新聞でもテレビでも話題となっ。ています。一向に収束の気配がありませんが、いったい今後どうなるのでしょうか。まず最初に今までの経過をざっと書いてみます。

12月26日

全国 219254人  3880人増 過去最多

東京 949人感染 過去最多

2020年12月24日

24日 全国3693人 東京888人で最高に

201224_1446_01

東京748人 過去2番目の多さ 累計 53130人

9日連続曜日別最多 日本累計 207805人

世界 7803万人 死者171,7万人 アメリカ1823万 死者32万

インド 1010万人 ブラジル732万 南極で初感染

2020年12月17日

東京16日 678名感染 最高  菅首相GOtoトラベル中止発表の日に多数が会食

2020年12月13日(日)

全国の感染者、12日 はじめて3000人超 内閣支持率急落40%(毎日新聞)

東京最多 621人 死者28人増の2595人

世界感染者7110万人 アメリカ 1585万人 死者29万5000人

 インド 982万 ブラジル683万

2020年12月5日

東京都の感染者 過去最高の584人になりました。

世界感染再加速 3日に、1日あたりの新規感染者60万人超 過去最多

累計感染者6500万人超え 1日あたりの死者も1万人を超えた。

米国の新規感染者 18万人にせまり 1かげつでほぼ倍増

2020年11月27日

東京都の感染者570人 最多 重症者61人で最多  26日 全国141086人(2505人増)

26日 世界の感染者6000万人超す。 20日足らずで1000万人増える

アメリカでは1274万人を超える 世界の累計死者 141万7000人

2020年11月21日

全国の新規感染者 21日2593人 4日連続で過去最多 国内での感染者は13万1746人、死者は1994人

東京都は過去最多の539人、3日連続500人超え 大阪府も過去最多の415人

政府 GOTO一時停止

2020年11月19日

東京都の感染 534人、全国の感染 2327人 記録更新

2020年11月19日

国内感染最多、2208人。全国の感染者、初めて2000人超に。東京都は493人で過去最多。東京都は感染警戒レベルを最高の「感染が拡大しているに引き上げた。

第3波襲来。

2020年10月7日 追記して更新しました。

◎2月18日の毎日新聞トップは、GDP年6,3%減(10~12月)。増税響く。1,2月もコロナウイルスで景気が減退するとみられます。東京マラソンも縮小で、天皇誕生日の一般参賀も中止となりました。

◎4月16日 安部首相、緊急事態宣言を全国に拡大する 感染1万人超す

1世帯30万円(20%程度)の政府方針から、1人10万円、全員に

 4月30日ごろ、新宿区に申請書が配られる  6月10日 まだ新宿区お金配られず

◎「チャートで見る世界の感染状況―新型コロナウイルス」世界編、日本編 で検索すると詳しいデータが載っています。

◎ 6月14日 全国の感染者54人のうち、東京が47人となり5月5日以来の感染者数となった。

◎ 7月1日 東京で67人 6292人 解除後最大に ブラジル306万人

◎ 7月9日 東京、新規感染過去最多224人 10日よりイベント開催緩和

◎ 8月13日 日本 全国52072人 東京 16474人 全国死者10791人?

       地方にも感染者広がる

       世界 2030万7862人 死者74万人 アメリカ514万 死者16,4万人

       ブラジル 306万人 死者 10万人、インド233万人、ロシア 90万人

◎ 10月7日 日本 全国 86377人 東京26727人 全国死者1624人

      世界 3548万3758人  死者 104万4051人 アメリカ746万人

      インド 668,5万人 ブラジル 493万人 ロシア 122万人 コロンビア86万人

◎ 10月11日 アメリカ 771、8万 死者 21,4万 インド 705万 死者10,8万  

      ブラジル 505,5万人 死者15万人 ロシア127,8万人 コロンビア 90万人

◎ 11月2日 

201103_1520_01

201103_1521_01

 

2020年11月10日 国内感染者

 11日の全国の感染者1548人 日本医師会では第3波とみてよいのではないかと

201111_1400_01_20201112092101

 

11月10日 世界の感染者数

201111_1358_01

中国武漢での発生以後 中国の状況

昨年末の2019年11月22日に中国の湖北省武漢で、新型コロナウイルス肺炎が発生しました。大元はコウモリから伝染してきたのではといわれます。原因不明のウイルス性肺炎と名付けられました。共同通信は「中国で原因不明の肺炎患者相次ぐ」との見出しで記事を国内配信したのは2019年12月31日のことである。この時に早くに問題を取り上げた武漢の医師李文亮さんが、当局に拘束されたりし、その後李さんも発病し死亡しました。初期対応の遅れが急速に病気の拡大のもととなりました。2月3日に中国最高指導部も対応が不十分であったと認めました。

病気は中国では武漢周辺から急速に広がり、2月4日に感染者2万人、2月7日、31161人、死者636人、8日、37000人、死亡811人、2月10日に1日で、感染者、900人、死者91人という状態でした。

2月11日(火)午前0時、中国における感染者は2478人増え、42638人に、死者は1016人となりました。

SARS(重症急性呼吸症候群)での死者数774人をはるかに超えました。まだ収束の気配はありません。

2月12日午前0時 中国の死者1113人。感染者4万4653人となった。

中国湖北省だけでなく、浙江省の人や、そこに滞在していた人も日本への入国を禁止しました。

湖北省の感染者増加数は11日の1638人から、12日には一気に9倍の1万4849人にあがった。湖北省に限り、ウイルス検査だけでなく医師の判断でも患者に加えられるようにした。

2月15日の世界の死者140人増えて1665人に

2月18日、死者1800人を超える。全人代も延期か? 延期に

2月23日 76936人 死者 2442人

2月26日 死者2715人

3月25日 湖北省武漢市の封鎖解除 24日中国本土感染者8万1171人 死者3277人

4月 中国では終息を宣言

4月17日 報告数を修正 8万2367人 武漢市では5万333人、死者 3869人

6月10日  84198人   死者4638人

7月1日 22位 84780人    4641人

 

日本国内での感染広がり、死者も 経済界にも打撃

 

1月16日 厚生労働省が国内初の新型コロナウイルス感染者を確認と発表

  28日に厚労省が中国・武漢市への渡航歴がない日本人の感染を発表

2月1日 新型コロナによる肺炎などを「指定感染症」とする政令施行

  5日 厚労省がダイヤモンドプリンスで国内初の集団感染を発表

神奈川県の80代の女性が死亡。神奈川県の女性の親族の東京のタクシー運転手、千葉の20代の男性、和歌山の50代の医師と、一気に感染が拡大しました。医師の同僚も感染が疑われる。新段階に入ってしまったようです。

自衛隊の予備役を招集することになって、緊急事態に。

2月14日に東京都でも運転手と屋形船の乗員の2名の感染者が出てきました。また和歌山の医師からの伝染者も出てきました。沖縄でも新しく患者が。

 

毎日新聞2020年2月14日朝刊、1面

200214_064301

2月15日(土)毎日新聞 朝刊

1面トップ「新型肺炎 国内各地に拡大」

200215_093201

3面 クローズアップ 追えぬ感染経路 新型コロナウイルス国内感染の状況

200215_091201-1

中国からの渡航者12人、最近の湖北省への渡航歴のない人9人

政府チャーター機による帰国者12人、ダイヤモンド・プリンセス号218人

そのほかでの記事

 2面 土記 青野由利 「新型流行の見える化」

 4面 新型肺炎 与野党政府対応に危機感

    社説 新型肺炎国内初の死者 感染拡大の防止へ

 7面 香港マイナス成長 デモに新型肺炎

 8面 湖北省で戦時管理

 25面 トップ どこで感染?高まる不安

2月15日 都内で8人

2月17日 東京の医師感染 愛知含め新たに6人

2月18日 都内の感染者22人

2月19日 NHKテレビ ニュース 

200219_181901

2月21日 毎日新聞朝刊

 1面トップ クルーズ船初の死者 80代の男女 国内3人に

 国内で感染 68人、中国で感染 12人 チャーター機帰国 14人 クルーズ船乗船者 634人 合計728人

 関連記事 1,3、5,6,9、11,24,25、面に

2月22日(土)

 毎日新聞 1面トップ 新型肺炎 小児3人感染 国内100人超える 「拡大期」拡大検討

 国内の感染状況21日午後11時 743人

 日経新聞 1面トップ 外出自粛 消費にブレーキ 人出急減

2月24日(月)

 毎日新聞1面トップ 船内隔離後 感染か ダイヤモンド・プリンセス乗客だった女性が陰性のテスト後、下船後に発病。

 1,2,3,6,18,23面に 関連記事、

2月25日(火)夕刊 東証一時1000円下落 、NY株も1000ドル安

 政府、基本方針案   近畿大 入学式、卒業式中止

2月26日(水)毎日、1面トップ、2,3,5,6,8、16,25面に関連記事

 日経、1面トップ、2~5、8面、スポーツ、社会面、に関連記事 国内重症50人

2月27日(木)毎日、1面トップ、首相、行事2週間自粛要請 国内死者3人に、ダイヤモンドプリンセスでは4人

 日経、1面トップ、経済活動 非常時モード 消費停滞懸念強まる 日経平均22000円割れ

   政府は、小、中、高校を3月2日から休校すると決定

2月29日 毎日1面 肺炎休校 首相独断 全10面に関連記事 

     毎日、日経夕刊 夢の国閑散 ディズニー休園

3月1日 北海道患者70人、死者3人

3月2日午後 感染者 国内での確認数260人 死者6人 チャーター便帰国者14人、クルーズ船の乗船者 760人死者6人

     合計感染者980人 死者12人 

3月4日 山口県の男性が感染 1000人目に

3月6日 韓国への不要不急の渡航中止 

    中韓からの入国2週間待機 首相要請 毎日1面トップ

    野球、相撲、高校野球、その他無観客試合相次ぐ

    国内での感染者347人、チャーター便14人、クルーズ船696人 計1057人

          日経平均が20749円に

3月7日 韓国ビザ免除停止 対抗処置 入国足止めパニック 

    国内 402人、チャーター便14人、クルーズ船696人。計1112人

3月8日 20代の男性が髄膜炎(初)広島、群馬、福島で初の感染者

           安部首相対策連発、後手批判意識。現場は混乱

3月9日 株 19847円 年率換算 ー7.1%  昨年の1月7日以来の2万円以下

    円高1ドル101円 感染者1193人

3月10日 新聞朝刊各紙 NY・一時株2000ドル超安 取引停止措置を発動

    原油急落 市場混乱   国内感染者507人、感染者合計1217人、死者16人

3月12日 株価18412円に下落 1日1003円の株安

     甲子園での高校野球 取りやめ

3月14日(土)毎日新聞 コロナ影響株暴落 東証18000円割れ

     日経新聞 世界分断マネー急収縮 市場の不安を示す恐怖指数は高止まりしたまま

     改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が施行

    国内の感染数 710人 クルーズ船697人 チャーター機14人 1421人 死者28人

3月15日(日)国内感染者771人 退院者525人 死者29人

    中国本土8824人 死者3189人 イタリア 17660人 イラン12729人 韓国 8086人 ・米国2110人

3月17日(火)毎日 日銀追加金融緩和 米ゼロ金利不発、NY株一時2700ドル急落対策連携 各国なお株安

    日経 G7,新型コロナ対策連携 NY株1次2700ドル安(2997ドル安)

    日本死者35人 デパート売上 3割減以上

3月19日(木)国内感染者901人(死者31人)クルーズ船712人(死者7人)チャーター機14人 退院者718人

     計1627人 死者 38人

     東証は17000円割れ NY株は1知事1300ドル安

3月25日(水)毎日朝刊 東京五輪延期 9面に記事 スポーツ紙1面は志村けんも新コロナ陽性と

200325_164501

  国内の感染者1192人(死者43人)・・合計・・1918人(死者53人)

3月26日 国内感染者 2016人 死者 55人 東京都で41人の感染、212人でトップに 

  毎日に志村けんさんコロナで入院の記事 小さく 英皇太子も陽性と

     東京で26日4時の段階で45人の感染

3月27日 東京で3日連続 40人以上

3月29日(日) 東京で最多一日 63人、千葉障害者施設58人感染

  NHKニュースより 感染 2438人 1726人 死亡 65人 55人

200329_125601

 3月30日(月)10時発表 2605人、国内1878人 死者66人

  志村けん 3月29日 肺炎で死去

 3月31日から日4月1日 東京1日で78人 1日66人 東京266人 国内2229人

  総計2941人 死者77人

4月2日 東京都で患者97人 684人に

4月4日 東京都の患者 4時15分 120人に

    安部首相1世帯2枚のマスク配布‥に対し批判 

4月6日 東京都患者 143人

4月7日 7都府県で「緊急事態宣言」来月6日まで

4月8日 東京都感染者144人最多に

4月9日 東京 181人 累計1519人

4月10日 東京 185人 累計1700人

4月16日 対象を全国に拡大

4月18日(土)17日、東京ついに最多の201人に、累計2794人に 国内感染者が1万人突破 (ダイヤモンド・・除く)

     全国の死者210人 韓国ではPCR検査を徹底し抑え込みに向かいつつあります。それを評価して韓国の総選挙で与党が大幅に伸び    ました。それに対し日本では小出しの対策でとても終息の見通しは立っていません。実際の感染者は10倍はいるとみられています。

     不評なアベノマスクが配布され始めました。

4月20日 国民1人当たり10万円の一律支給を決定

      10時 感染11531人、死者251人 東京感染者 3082人 大阪1211人 神奈川 785人

4月21日  12239人 〔国内11513人、クルーズ船712人、チャーター機14人)死者391人〔281人) 退院 2001人

4月25日 東京3836人 当日103人 都内死者100人に

4月26日 25日現在 感染者 13052人 死者360人 横浜クルーズ船 712人 長崎クルーズ船 148人 チャ-タ-機14人

               26日 東京感染者72人 27日 39人

4月28日 東京感染者112人に上昇 累計4059人 

4月30日 補正予算成立

     国内での感染者14127人 死亡457人

     合計15001人 死者470人

200501_090401

5月1日、緊急態宣言1か月程度延長へ

5月2日 東京 165人感染 3日ぶり100人超  感染者累計4317人 死者126人

    合計 15266人 うち死者499人

     世田谷区 384人、新宿区 304人、港区、268人、杉並区、183人、練馬区、168人

5月3日 緊急事態延長を5月末までに決定 延長にお詫び 

    PCR検査「目詰まり」と認める 感染者数の正確な把握なしでは経済再開は遠のく

5月6日 患者数 15354人 死者543人 東京 4748人 死者150人

5月9日 患者数全国で113人 1万6467人(クルーズ船ふくむ)死者 18人増えて637人

    東京都 36人 7日連続で100人以下

5月14日(木)「緊急事態」39県解除 毎日トップ記事

    国内での感染者 15914人 死者696人 クルーズ船等含む 総計 16789人 死者709人

    東京 4997人 +10人 死者210人 +7人 退院 10519人

    28歳の力士 勝武士が死去 20代 国内で初

5月20日(水)感染者16198人 死者773人 クルーズ船等含む 17073人 死者 786人

5月21日(木)緊急事態、大阪、京都、兵庫解除 首都圏、北海道は25日判断

5月23日(土)東京5139人 23日2人、22日3人

5月24日

200525_090901

5月29日 東京で患者22人 4日連続10人超え 

5月30日 国内感染者 16629人 死者890人、総計 17504人、死者903人

     東京 22人 北九州市26人

6月3日  前日、東京34名 東京アラート発令

6月10日 10日東京の患者数18人 10日連続10名以上 

     国内 17054人

      国内での感染者 20979人 死者982人 総計 21854人 死者 995人

 ー間が消えてしまいました

7月16日  東京286人

7月23日  東京 366人 初めて300人を超える

8月13日  いったん収まってきたと思われたのが人数的には前より増えています。国も都も患者に若者が多く、

       重病者が少ないからいいのだという態度ですが果たしてどうでしょうか。

    200813_1115_01

 

ダイヤモンド‣プリンセス号 コスタ‣アトランチカ号

日本発着のクルーズ船 115875トン 乗客定員2706人、乗務員1238人

1月25日 香港で降りた先客が発病 日本の横浜港に接岸

患者の増大 エアロゾル感染の可能性も。

検疫官も感染した。

 

2月12日新たに39人の感染者で、計174人となった。

ダイヤモンド・プリンセス号ではクルーズの費用などを一切返金すると表明

2月13日 感染者218人、重症者10人。高齢者は下船も考える。

2月14日 80歳以上の高齢者は船外の施設へ

 ワールド・ドリーム号[3600人)は日本で接岸を拒否され。香港で全員下船。

2月15日 新に67人 285人

2月16日 75人増えて355人に

2月17日 検査した289人のうち70人の陽性 重症者19人

 80歳以上の人で発病していない人は下船させると発表  21日以降

 アメリカの乗客416人はチャーター便でアメリカへ戻すと発表 340人がアメリカへ帰る 14人が感染

  香港でも330人を返すためにチャーター便を派遣すると発表

   カナダも250人の乗客を戻すため、チャーター機を派遣へ 

2月17日 クルーズ船 99人感染 454人に

  検査で陰性の人は19日以降、原則下船させる

2月18日 88人 計542人

200218_190101

2月19日より、下船開始

2月20日 ダイヤモンド・プリンセス号に乗船し、コロナ・ウイルスに感染し入院していた80代の男女2人が死亡、これで日本での死者は3人に。

2月23日 クルーズ船で新たに,乗員、55人、乗客2人発病。

2月25日 クルーズ船客4人目の死者 クルーズ船下船客24人発熱

2月27日 陰性の乗務員240人 下船へ

2月28日 クルーズ船客の70代の女性が死亡

4月26日 コスタ‣アトランチカ 感染者数 148人

 

世界への感染の広がり

2019年11月22日、武漢で原因不明のウイルス性肺炎が発生

各国への広がりにより、

2020年1月31日

WHOが国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態であると発表

世界経済にも大きな打撃が。

中国以外での死者は2月13日現在、フィリピン、香港、日本である。

2月15日の世界の感染者67,097人、死者は1526人

2月17日 世界の企業、新型肺炎が打撃 回復急減速

2月21日 世界で75000人以上発病 2000人以上死者。

2月24日 韓国「新天地イエス教会」で集団感染 感染602人、死者6人

2月26日 NYダウ1000ドルに続き、879ドルへ、続落

     中国死者2715人 韓国感染1146人

2月27日 日経夕刊 新型コロナ5大陸に

2月28日 日経夕刊 NY株,史上最大1190ドル安

2月29日 日米欧、時価総額1割減

3月3日 WHOは中国のほかに、韓国、日本、イラン、イタリアを要注意国に

3月5日 韓国感染者5766人、死者36人。中国死者3000人超 

    オリンピック中止などで世界で、10兆円の損害もと。

3月6日 中国以外の患者数14000人に

3月7日 中国の死者3070人

3月8日 アメリカで感染者300人死者17人 ニューヨークで76人

3月9日 、フランス1126人、イタリア7000人超

3月12日 WHO 世界がパンデミックの 状態であると宣言

     アメリカ、トランプ大統領イギリスを除き、ヨーロッパからの渡航禁止

3月13日 死者5043人 多い国、中国、イタリア、イラン、患者13万40⁰⁰人

      夕刊 NY株下げ最大2352ドル安。

3月14日 ブラジル大統領感染

  中国本土 8万824人 死者3189人 イタリア 1万7660人 死者1266人 イラン 1万2729人 韓国 8086人 スペイン5753人 

  フランス 3661人 ドイツ3062人 米国 2110人

3月19日 EU30日間入域禁止

       世界感染者 12万8609人 死者 5547人 中国 8万894人 死者3,237人 イタリア 35713人 死者2978人

3月25日 米国の感染者4万6481人 死者593人

3月27日 アメリカの感染者、中国を抜く 世界で46万、死者2万人を超える

   イタリア 感染者8万6498人、1日の死者の数900人 まだピークに達していない

3月29日 世界の感染者数 急増

4月3日 200万人超えた世界の患者 死者 53000人 1週間で倍増

  アメリカ 患者242000人、死者5900人 イタリア、患者11万5000人 死者 13900人 スペイン 患者11万2000人 死者10000人

  ドイツ 患者 85000人  中国 患者 82000人 死者3300人 フランス 死者5400人

4月8日 世界での死者8万人に

4月20日 世界患者240万3963人 死者16万5229人

4月30日 コロナウイルス感染者 多い国

200501_090701

5月2日 世界の患者数 342万 死者24万3795人 ロシアで1日 9600人

5月9日 世界の患者数 400万超える 発展途上国の感染者広がる

5月14日(13日現在)世界患者423万7832人 死者 29万2311人

     アメリカ 患者137万、死者 8万、ロシア24万(ロシア急増)、0,2万、スペイン23万、2,6万、英国、イタリア、フランス、

     ブラジル、ドイツ、17万、トルコ

5月16日 世界患者数454万人 死者31万人

5月20日 世界感染者481万9959人 死者 31万8833人

     米国 患者150,9万人 死者 9万人 ロシア 30万人 0,3万、ブラジル(急増) 25,5万 Ⅰ,7万

     英国 25万人 3万 スペイン 23万 3万 イタリア23万 3万 フランス18,5万 3万 、ドイツ、トルコ

5月21日 世界の感染者500万人超 死者 32,8万1か月で倍増

5月22日 ブラジル 感染33万890人 ロシア抜き2位に 1日2万人

5月24日

200525_090701

5月30日 世界 581,7万人 死者36万人

      米国 172万人  ブラジル43万人  ロシア 38万人

  英国28万人 スペイン24万人

6月2日の世界の状況  627万人 死者37,6万人

200603_112401

6月10日の世界の状況 724万人 死者41万人

   アメリカ 198万人   2日対比 181万人

   ブラジル 74万人    2日対比  63万人

200611_094201

6月19日 WHOは世界の新コロナ感染者数が800万に達し、1日の感染者が15万人に達したと発表

6月28日 世界の感染者1000万人 まもなく死者50万人

6月30日 米国 259万(12,6万) ブラジル137万(5、8万) ロシア 64万6(1万)インド、57万(2万)

     英国31万(4万) ペルー 28万(1万) チリ28万(0,6万)スペイン25万、イタリア24万 イラン22万

     メキシコ 22万 パキスタン21万 フランス20万 トルコ20万 ドイツ 19,5万(死者)0,9万、ー中国8,5万

     世界全体感染者 1030万人 死者50,5万人

8月13日

   200813_1117_01

8月17日 日経新聞より〔8月18日)

   200818_0948_01

10月11日

   インド 705万3806人 死者 10万8334人 世界1に迫る

 

政府派遣チャーター機

2月12日 武漢からの政府のチャーター第1便で帰国した日本人,197人が、様子を見るために勝浦のホテルに滞在していた

そして197人全員が陰性で、随時帰宅するとのこと、よかったですね。

チャーター機は4便まで

第5便が中国へ

 

新型肺炎の名前は「COVID-19]となったと、WHOが発表しました。

致死率は中国では2%、世界では1%

 

2月13日(金)毎日新聞朝刊 1面トップ

200213_080501

日経新聞2月13日朝刊 1面トップ

200213_080601

中国本土への路線は各国で大幅に縮小した。

200213_080701

◎大久保通りの人出は、日本人客が多いため、それほど減少していないが、職安通りに来ていた、中国人観光客が激減したため大きな打撃を受けている。

4月30日の毎日新聞の漫画

 あまびえの3回目の登場?

200501_090501

5月23日

200523_113401

9月28日(月) 追記 毎日新聞朝刊

日本は減り始めたように見えますが旅行で緩めたりしてまたの増加が懸念されます。

インドでの感染者の急増が大変です。

200928_0844_01

200928_0847_01

200928_0850_01

200928_0852_01

 

2021年2月 7日 (日)

近況 114 1か月半ぶりに「こういちの人間学ブログ」が復活いたしました。この間の概況について。1月の大腸腹腔鏡手術について。

新しいパソコンの購入とブログやメールの復活

2020年12月23日の「こういちの人間学ブログ」の記事、「諏訪通りと山手線の立体工事がやっと完成しました。~」を書いて以後、パソコンの故障により、インターネットが接続できなくなり、2021年2月6日(土曜)の今日までブログが書けませんでした。メールもできなくなり、妻のパソコンを借りて人間学研究所の連絡をする状態でした。

息子の友人にパソコンについて詳しい人がいて、新しいパソコンを購入して、古いデータを新しいパソコンに移してもらい、しばらく間が空きましたが、1か月半ぶりのブログの復活です。ブログを書けない間にもアクセスは減少しましたが、その後も続き、今はアクセス、190万を超えています

慶応病院への入院状況

近況113は2020年9月3日に書いた、「しばらく代々木病院に検査入院をしていました。~」(代々木病院は8月24日から31日まで)で、それ以後の入院記録は、慶応病院に、1回は9月14から18日までの5日間、2回目は10月19日から23日の5日間、さらには2021年の1月3日の入院、1月5日手術、1月14日退院の12日間と3回入院しました。

はじめは大腸のポリープ除去手術、腫瘍科での高度な内視鏡手術、そして最後に外科でのs字状結腸の腫瘍の切除手術にまでなりました。11月末から12月にかけてCT検査、PET検査、エコー検査などいろいろな検査を受けました。また4回となんども新コロナのpcr検査を受けました。

1月3日に入院した際には、熱が38度5分あり、コロナの疑いから2日間個室に移されました。熱はすぐに下がり、5日の手術後は一般病棟に戻りました。

個室に入るには4万数千円別にかかります。

210104_0855_01

個室の窓から外を眺める。遠くのビルは渋谷駅方面です。

210110_1217_01

2分がゆ

210103_1254_01

個室の寝室 部屋の広さは一般用の部屋の倍です。

210103_1255_01-1

トイレとシャワー室

210103_1255_02

洗面所

個室は手術前の2日だけです。手術後は4人部屋の一般病棟です。前の2回の入院では窓側のベッドでしたが今回は奥のベッドで薄暗い感じで、おまけに、新コロナで全く出られませんでした。

 

1月5日の手術では体に負担の少ない大腸腹腔鏡手術が行われました。

 

腹腔鏡手術では4か所に小さな穴をあけ、おへそのところを4センチほど切り、体への負担をすくなくする手術法です

体への負担が少ない手術法ですが、普通の開腹手術より時間がかかります。

炭酸ガスをおなかに入れ膨らませます。

手術では大腸と小腸の癒着があり、癒着をはがすのに6時間半と予定よりも長く時間がかかったそうです。

手術後は下記のように9本の管につなげられます。

210206_1637_01

1、点滴、2,胃管 3、ドレーン 4間歇的空気圧迫装置、5、硬膜外麻酔チューブ 6、心電図モニター 7、酸素マスク

8.酸素モニター 9、尿管

翌日まで、集中治療室にいます。次第にチューブは抜けていきますが、とても不自由です。

 

食事なしー流動食ー2分がゆー5分がゆー7分がゆー普通食と変わりました。

体重は72,6キロぐらいに減りました。入院前は76キロぐらい。高血圧で脳出血を起こしたころは最高88キロくらいありました。

新コロナウイルスにより、妻と会ったのは手術当日にガラス越しで短時間だけでした。病室は4人部屋で窓から離れた場所でした。前2回の入院の時には窓側のベットでした。今度はほとんど動けず暗い場所で前2回よりも厳しい状況でした。

ちょうど緊急事態宣言が出されたばかりで、厳しい制限が始まったころで、病室から出るのはトイレに行くだけした。前の2回の入院の時には、比較的自由に行動し病院内のコンビニに行ったりできました。

1月14日(木)退院 栄養指導で退院後の厳しい食事制限の話を聞きました。

1月29日(金)慶応病院へ 10時 医師より その後の状況について

 転移もなく、もう何でも食べてもいいよとのこと よかったです。

 

◎2020年の半ば以降から、2021年の初めにかけて、新コロナの蔓延で人間学研究所の活動もできず、2020年の半ばから病院通いで4回も入院と手術を重ね、12月から1月の初めからパソコンが壊れ、ブログがかけず、メールもできませんでした。まったく散々な年でした。ようやく病気から解放されそうなので、新コロナの消滅が重なれぼこんなにうれしいことはありません。

ブログの記事が書けない間にも、ブログへのアクセスは続き、累計アクセスが190万を超えました。

 

 

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック