フォト
無料ブログはココログ

« 今年もよろしくお願いします。2016年の元日と2022年の元日について 人間学例会他近況も | トップページ | 2022年1月9日(日)新大久保、大久保通りのにぎやかさを見る。若者は新コロナの感染ほとんど気にせず »

2022年1月10日 (月)

「ロシア風邪はコロナだった?」1月8日の記事・感染症・疫病に関する書物について

感染症、疫病に関する記事について(2022年1月9日、日経新聞、26面科学欄)

「ロシア風邪はコロナだった?」

約130年前に世界で猛威を振るったロシア風邪原因がコロナウイルスだったのではないかとの説が浮上している。約6年間で100万人の犠牲者を出した大流行はこれまで、インフルエンザとされていた。15億人の人口のうち100万人が亡くなった。1918年から20年のスペイン風邪は5000万から1億の死者が出てスペイン風邪のインフルエンザとされた。

220109_0912_01

ロシア風邪と新型コロナの共通点

・味覚や嗅覚の喪失などの神経症状

・肺などの呼吸器、胃腸といった多臓器への影響

・潜伏期間がインフルエンザより長い

・頭痛など比較的長期の後遺症

220109_0912_02

19世紀後半以降に流行した呼吸器系の主な感染症

流行時期      名称     死者      ウイルス名

1889~95年ころ ロシア風邪  100万      コロナ?

1918~20年   スペイン風邪 5000万から1億 インフルエンザ

57~58年    アジア風邪  110万~200万  インフルエンザ

68~70年    香港風邪   100万      インフルエンザ

2002~03年   SARS    約800万     コロナ

09-10年    新型インフル 15万~57万   インフルエンザ

20~?年    新型コロナ   500万人以上   コロナ

220109_0913_01-1

コロナウイルス 人に感染は7種

  直径約100ナノ(ナノは10億分の1)の球形で表面に

 突起が並び見た目は王冠に似ていることからギリシャ語で

 王冠を意味する「コロナ」と名づけられた。

 

病気、感染症に関する書物のご紹介

220109_0918_01

「病いと人間の文化史」立川昭二 新潮選書 昭和59年初版 

      平成2年7月10日 13刷 新潮社 800円 税込み

 歴史の裏側に隠れて見えない病が、時に一人の人間の生きざまに、

どうかかわってきたかをたどり、現代への反省の手掛かりとしたい。

 

220109_0919_01

「銃・病原菌・銃」 ジャレド・ダイアモンド 草思社文庫 

      上下 900円+税

 アメリカ先住民はなぜ、旧大陸の住民に征服されたのか。

なぜその逆は起こらなかったのか。現在の世界に広がる富と

パワーの「地域格差」を生み出したものとは。

220109_0921_01-1

「感染症は世界史を動かす」岡田晴恵 ちくま新書 

         2006年2月10日 820円+税

 第1章 聖書に書かれた感染症

           イエスとハンセン病

 第2章 黒死病は繰り返す?

    1348年から6年間 黒死病 ペスト 3人に1人が死亡

    キリスト教の権威が失墜 中世の終わり

 第3章 ルネッサンスが梅毒を生んだ

    ルネッサンスの時代売買春は違法でなかった。

    コロンブスの持ち帰った風土病

    16世紀 シューベルト モーパッサン ハイネ ニーチェ

           マネ ロートレックなどが感染

    水銀療法の苦痛

 第4章 公衆衛生の誕生

    施療院の発達 養育院

 第5章 産業革命と結核

   18世紀後半から19世紀 当時のロンドンでは5人に1人が肺結核

         で死んでいった。

   樋口一葉  正岡子規

   1916年の日本には100万人の結核患者がいた

 第6章 新型インフルエンザの脅威

  1918から1919年 世界新型インフルエンザ、8000万から1億人死者

  第1次大戦・戦争を終結させた

        各国の死者  当時の人口は20億人

   アメリカ  55万人 中国  400~1000万人 イタリア 50万人

   インド  120~200万人   イギリス20万人

 第7章 21世紀の疾病 

 

220109_0919_02

「感染症対人類の世界史」池上 彰 増田ユリア ポプラ新書  860円+税

 2020年4月28日

 

220109_0921_02

病気日本史」 中島陽一郎 雄山閣 昭和57年11月5日 4800円

  草紙に描かれた22の日本の昔の病

220110_0955_01

「感染症の日本史」 磯田道史 文春新書 800円+税

 2020年9月20日

裏、帯封

 歴史をひもとけば「給付金」も「出社制限」も「ソーシャルディスタンス」

もすでにあった。

220110_1000_01-1

 

第1章 人類史上最大の危機

    ・確実にやってくる危機・牧畜の開始とコロナウイルス・スペイン風邪は波状的に

     やってきた・・

第2章 日本史のなかの感染症―世界1の「衛生観念」のルーツ

    「最初の天皇」と疫病・ 奈良の大仏は天然痘対策?

    疫病を歓待する日本人・・

第3章 江戸のパンデミックを読み解く

     文政4年の第2波襲来・15代将軍のうち14人が疱瘡に・

     自粛をやめさせた上杉鷹山

第4章 はしかが歴史を動かした

    「横綱級」のウイルスに備えるには・幕末を襲った大はしか・稲すり流行

     はしか・イナスリ・あかもがき・・

第5章 感染の波は何度も襲来する―スペイン風邪百年目の教訓

    高まった致死率 。百年前と変わらぬ自粛文化

    患者たたきは百害あって一利なし・・

第6章 患者史のすすめ―京都女学生の「感染日記」

    日記が伝える「生きた歴史」・・

第7章 皇室も宰相も襲われた

   指導者たちの患者史・ストレスと連日の宴会・・

第8章 文学者たちのスペイン風邪 

   志賀直哉のインフルエンザ小説・・

第9章 歴史人口学は「命」の学問―わが師・速水融のことども

   数学の向こう側日・・

疫病の日本史 本郷和人 井沢元彦 宝島新書 2020年9月24日  

  830円+税

220110_1831_01-2

孝明天皇の死は細菌テロだった     天然痘

黒田官兵衛を「暴走」させた原因    梅毒

江戸の治水技術がパンデミックを防いだ コレラ

感染症並みの致死率で森鴎外の判断

 を誤らせた             脚気

高杉晋作から正岡子規まで近代著名人

  を死に至らしめた         結核

コロナ第2波襲の教訓となるか     スペイン風邪

 

東洋経済 2020,5月2-9 730円

 コロナ医療崩壊

220110_2010_01

物語 人間の医学史」R.コールダ― 佐久間昭訳 平凡社 2900円 1996年3月21日

Kimg0006

« 今年もよろしくお願いします。2016年の元日と2022年の元日について 人間学例会他近況も | トップページ | 2022年1月9日(日)新大久保、大久保通りのにぎやかさを見る。若者は新コロナの感染ほとんど気にせず »

人体と健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もよろしくお願いします。2016年の元日と2022年の元日について 人間学例会他近況も | トップページ | 2022年1月9日(日)新大久保、大久保通りのにぎやかさを見る。若者は新コロナの感染ほとんど気にせず »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック