フォト
無料ブログはココログ

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月

2022年12月29日 (木)

電動車いすで四谷の新宿歴史博物館まで、行ってきました。大久保の地図もまた買いました。

区立新宿歴史博物館はいままで1度も行ったことがありませんでした。新大久保からでは車いすでは少し距離があるように感じました。

行ったのは、すこし前の11月27日です。住所は新宿区四谷三栄町2-16です。

入り口のモニュメントです。

Kimg0897

博物館の入り口です。

Kimg0898

特別展の場所 新宿の弥生時代展 大きな銅鐸

Kimg0902

光を当てると小さく金色に光るところがありました・

Kimg0901

常設展の眼玉の建物

Kimg0905

新宿の縄文時代の展示

Kimg0904-2

昔の写真や絵

上ー大久保満花園 ツツジ園

下ー早稲田大学

 

Kimg0906

大久保の昔の地図 神田川が下から右側、早稲田の低地

赤は遺跡の後

Kimg0903

大久保の三角山

弾除けの人工の山と保善高校 ブログ筆者の子どものころは

この山で皆であそびました、

Kimg0907

各地区ごとに作った歴史地図 淀橋・大久保 編

Kimg1028

新宿区の民俗 淀橋地区編

Kimg1029

江戸時代の百人町の地図 鉄砲同心百人組

Kimg1045

大正時代の地図に氏大久保駅と大久保駅の間に、佐竹桶店が載っています。

Kimg1043

新宿区の民俗』で

大久保地区の「大久保と百人町」の155ページ「井戸」と156ページの「職人の暮らし」は、ブログ筆者(佐竹幸一)の父親(佐竹実)が答えています。

大正、昭和の初めは、わが家は井戸掘りと風呂桶づくりが仕事でした。明治末期は曽祖父傳蔵が桶屋をやっていましたが、その時は祖父、庄次郎は大阪に行っており、父親も大阪で子ども時代を過ごし、詳しい話を聞けませんでした。曽祖父が倒れてから祖父が大阪から帰ってきました。

井戸を掘るには木の桶が必要で、それで桶屋が井戸掘りも兼ねたのです。桶屋よりも井戸掘りが本業でした。新大久保は比較的浅くで、水が出たのです。以前、第2佐竹ビルの地下を掘ったとき、大量に水が出て困りました。

父の兄は井戸掘りの酸欠事故で亡くなりました。新聞記事にのったそうです。

桶職人は住み込みで働いたが、井戸の職人は通いでした。筆者が中学生のころまで住み込みの職人さんがいました。

 この記事では『エネスタ百人町』という名前で、紹介していますが、これはずっと後の、東京ガスの委託店になってからの名前です・

父は住み込みで働いている職人は「ワカイシ」という名前で言っていますが「若い衆」の事です。

2022年12月18日 (日)

「国宝 東京国立博物館のすべて」展に行ってきました。帰りに上野精養軒ででランチ 12月18日、高校の展示会と国立博物館2度目の訪問

Kimg0852

◎12月18日(日)今度は妻とともに展示会の最終日に行ってきました。

東村山に住む息子の次男が、上野美術館での東京の高校生の美術展に入選したのを見に行ったついでに、再度の訪問です・

下の像は国立博物館で再度撮ったもの。

Kimg0960

Kimg0961

東京都美術館 高校生の美術作品 中央展です

中央の機関銃 段ボールで作ったものが、孫の出品作です、本物そっくりです。 

Kimg0954-1

 

会場入り口です

Kimg0953-1

Kimg0957-1

優秀作品の中から2つ

Kimg0959

 

Kimg0958-1

 

「国宝 東京国立博物館のすべて」

2022年11月1日〈火〉、東京上野の国立博物館の所有している国宝をすべて展示するという、「国宝 東京国立博物館のすべて」展を見てきました。入場希望者は抽選なのですが、身体障碍者と介助者は入場料2000円が無料でそのまま入れます。あいにくの天気で寒空でしたが待たずにそのまま入れました。入場制限はありましたがガイドの説明をレシーバーで聞いている人が前をふさいでいて、人気のあるものは車いすでは、結構待たなければ見られませんでした。私はNHKのこの展示会のテレビを見ていましたので、何が見どころか説明を受けていました。

テレビでは長谷川等伯の松林図屏風が最初に出てきましたが、どういうわけかここでは出てきませんでした。テレビで詳しく説明していた孔雀明王像は事前に詳しい説明をテレビで見ていたのでよくわかりました。絵の中の線は細かい金箔でそれできれいに絵が輝いているというのがわかりました。地獄草子と平治物語絵巻は素晴らしいものでした。納涼図屏風も親子のくつろぐ姿を良く表していることを事前に説明を受けていました。

最後に展示されていた金剛力士像2体と、見返り美人だけは写真を撮ってよいということでした。

 

Kimg0853

カメラブレしてしまいました。

Kimg0855

2度目に撮った写真 やはりはっきりとは取れませんでした。

Kimg0962-2

上野精養軒で食べたランチです、

Kimg0857

Kimg0859

3000円の図録です。とても立派なものです。

Kimg0872

図録の中から 孔雀明王像 平安時代

Kimg0873

国宝の太刀がずらっと並んでいるのは壮観でした。

これは 天下五剣の一つ 

太刀 銘三条(名物 三日月宗近)三条宗近 平安時代10~12世紀

平安時代はだいたい細身だそうな

もっともうつくしい日本刀といわれる

高台院が所持 徳川秀忠に贈られる

Kimg0874

Kimg0876

 

 

国宝の刀剣19件を1つの部屋にまとめる

11月12日の毎日新聞朝刊 26面に 国宝銘三条のことがのっていました。

 

天下五剣のうちの1つ 銘安綱(名物 童子切安綱)

伯耆安綱 平安時代 源頼光が酒呑童子を斬ったといわれる

足利将軍家に伝来 秀吉、家康が所持

Kimg0875

Kimg0876

天下五剣とは、上記の他に

鬼丸 国綱  御物

大典太 三池 国宝

数珠丸 青江恒次 重文

を言います

他に国宝の刀がたくさん

名物 大包平 古備前

無銘 政宗(名物観世政宗)

無銘 貞宗 (名物亀甲貞宗)

などなど

 

◎人間学研究所と実用的人間学研の本を書くための原稿を書くのに専念していたため、ブログも不十分なものしか書けませんでしたが、ようやく、1段楽して、ブログを書きました。天下の名剣が1どうのもとにそろうのは圧巻でした。

2022年12月 8日 (木)

人間学研究所で2023年には、自費出版の本を出そうと思っています。書名は「人間」の探求を続けて

このところ、「こういちの人間学ブログ」の記事が減少し、その結果、アクセスも減少してきています。それは、人間学研究所と実用的人間学研究会とで、記念の本を出しましょうと、佐竹が呼びかけて、そのための記事を書いていたためです。

研究所等の皆さんも趣旨に賛成していただき、いくつか提案がありましたが、出版社も2名の方から推薦がありましたのでそちらに決めました。8月30日に出版社にメールをし、31日に社長さんと電話で話をしました。車いすでは2階に上がれるかというお話でした。11月8日、車いすで会社訪問しました。車いすで上がれましたが、社長さんは不在でした。佐竹の書いた、実用的人間学部分の記事を参考までに、プリントアウトして持参しました。

11月28日に書名、執筆者名、記事名などをまとめた資料を出版社に送りました。ところが出版社から「諸事情もあり、いろいろと忙しいので、今回は見送らせてほしい」とのことでした。これから新たに出版社を探すようになります。

◎さて、前後しますが、ブログ筆者の佐竹幸一は来年〈2023年)の2月20日に80才となります。人間学の取り組みは、今から60年前の学生時代から始め、その後の空白期間もありますが、1991年に佐竹ビルの2階に人間学研究所準備室が作られ、第3次の人間学研究会ができてからは、現在に至るまで継続しています。名称も変わっておりますが、人間学研究所などが母体となり、総合人間学会もできました。筆者は今は脱会しています。

◎人間学研究所、実用的人間学研究会のメンバーもだいぶ減少してきまはんした。さらにこのところの新コロナ騒ぎで。例会もほとんど休会となってしまいました。それで、一つの区切りとして本を出しましょうと思ったわけです。これから出版社探しを皆さんにお願いするようになります。

◎「人間の探求を続けて」書名

A5版、並製 筆者は13名 250ページ予定 記事の締め切り1月末ごろまで延長です。主版費用 120万円予定

Kimg1116

Kimg1117

Kimg1118

2022年12月 4日 (日)

高田馬場駅周辺の再開発始まる。駅周辺の2つのビル建設現場と駅周辺を見てみる、2021年3月、5月も。2022年12月更新版。

Kimg0917

上図は改装中の稲門ビル だいぶできてきました。

2022年12月4日 三協信用金庫ビル 下

Kimg0916

稲門ビルも完成しました。

Kimg1006

12月4日の Vessel Hoteles ほぼ完成しました .

 

Kimg0915

高田馬場駅近くから3つのビルを見る

Kimg0923

 

2022年8月11日(木)菊月ビルのところにできたVissel Hotels もうすぐ完成です。 

Kimg0688

Kimg0687

Kimg0452

ホテル入口の隣の三井住友銀行

2022年4月1日の新宿新聞が送られてきました。その7面に、「相鉄グランドフレッサ オープン」の記事が掲載されました。

高田馬場駅前東口・東口駅前通りに相鉄ホテルマネジメントが運営するホテル「相鉄グランドフレッサ高田馬場」(客室数252室)がオープンする。このホテルは通常のフレッサより客室が広く、14,3~28,1平方メートル、コロナ終息後の観光需要の取り込みを視野に置いたものとなっている。~3年がかりで地上12階、地下1階建ての、ホテル、商業ビルへと建て替えられた。

早稲田通り沿いでは来年の完成目指し、地上13階地下1階建てのホテル・商業ビル「ベッセリイルイン。高田馬場」(客室数160室)、来年春オープンを建設中。

2022年3月24日オープンしたホテルと三井住友銀行(右奥側)

Kimg0188

Kimg0314-1

2022年3月 高田馬場3丁目にある2つの小さな神社・

高田馬場3-33にある天祖神社

Kimg0168

高田馬場3-29 鉄砲稲荷神社

高田馬場3丁目の鎮守です

Kimg0170

Kimg0171

 

高田馬場駅前の稲門ビルは工事中

旧高田馬場駅前ビル(旧ホテルサンルート)

211219_1140_01

2022年1月4日

220104_1112_01

ほとんど出来上がりました。12月末の竣工でしょうか。 菊月ビル鉄骨が12階まで組みあがりました。12月21日

211221_1420_01

 

 

早稲田通りから見た旧高田馬場駅前ビル(2021年9月)右はビックボックス。奥に見える大きなビルは37階の住友ガーデンタワー。

工事中の旧高田馬場駅前ビルの手前はFIビル。ここにはドン・キホーテ、芳林堂書店や地下1階、2階はレストランがあります。

2021年9月28日 旧高田馬場ビル

210928_1237_01

完成予定は2022年1月。

210915_1322_01

 

旧高田の馬場駅前ビルを下の写真は裏から撮ったところ もうだいぶ出来上がっています。

210915_1309_01-1

1階は銀行窓口 2―3階は店、4から12階はホテル

 

早稲田通りに面した3つのビル建築計画のお知らせ

早稲田通りに面して以前はゆう文ビルと菊月ビルは1つのビルでした。今回は2つの道路に面したゆう文ビルがいち早く出来上がってしまいます。。菊月ビルの鉄骨がもう少しで組みあがります。元は1つのビルでした。今度は2つのビルが分離します。またこのビルの隣の三協信用金庫の本店ビルが改築します。

211219_1137_01

2021年12月19日、上記 菊月ビルの鉄骨があと少しで組みあがります。

ここは菊月ビルと三協信用金庫ビルの工事現場です。先にゆう文ビルは完成させてしまいます。

左側のビルはゆう文ビル先に完成です。

210915_1313_01

早稲田通りに平行した道から見る

210915_1316_02

菊月ビルの建築計画のお知らせ。

住所 新宿区高田馬場2-503(2-17-14)

 ホテル・店舗  地上13階 地下1階

 令和5年1月31日完了予定

210918_1507_01

210915_1320_01

ベッセルイン高田馬場

 元和菓子菊月堂  ホテルに160室 2023年春開店 ビルは4706,62m2

 

三協信用金庫新本店ビルの建築標識

住所 新宿区高田馬場2-503-7

用途 銀行   地上9階地下2階

2023年10月31日完了予定

210915_1318_02-1

2021年9月12日(日)旧高田馬場ビルもかなり出来上がってきました。

下のほうの階は壁のガラスが入っています。

 

ゆう文ビル 

外装はほぼ出来上がっています。

2021年12月竣工  40,84坪

10階建て  2階の飲食店を除けばすべて医療関係になります。

210915_1323_01-1

2021年8月27日〈土)

旧ゆう文ビルはほぼ外装が出来上がりました。

210828_1258_01

2021年7月18日(日)

旧高田馬場ビル かなり出来上がっています

210718_1121_01

ゆう文ビル

210718_1122_01

 

 

2021年5月29日〈土)

ゆう文ビル裏から見る

 

210529_1347_01

 

お隣(旧菊月ビル)はホテルではなく、東京三協信用金庫の本店ビルになるようです。

210529_1324_01

 

210529_1325_01

 

2021年4月18日(日)2つのビルはほぼ骨組みは完成

旧ゆう文ビル お隣はまだほとんど進行していません

210418_1255_01

旧高田馬場ビル、ここもほぼ骨組みは完成しました。

210418_1256_01

 

2021年3月、高田馬場駅周辺を回り、写真を撮ってきました。高田馬場駅周辺は老朽化したビルが多く、再開発が前から叫ばれていたのですが、このところ、2つの駅前のビルが改築中でいよいよ再開発がスタートし始めたなと感じます。

高田馬場駅の周辺地図です

 高田馬場駅は山手線のほかに西武線、地下鉄東西線少し離れたところに都電荒川線も通るターミナル駅です。1日の乗降客数は世界第10位の93万人、ちなみに2つ隣りの新宿駅は世界1です。高田の馬場駅は乗降客のわりにさえない駅です。駅前は早稲田通り、神田川の向こうに新目白通り、明治通りがあります。高田馬場駅から新宿駅につながる、つつじ通りも最近できました。

 高田馬場駅の山手線の内側すぐちかくには、豊島区高田が入り込んでいます。また神田川でしきられています。北側は発展の余地はありません。山手線の内側には高田馬場1,2丁目、外側に、3,4丁目があります。駅前に戸塚第2小学校があります。これらにより地理的に発展しにくいところです。

主な通りは駅前の早稲田通りと、山手線に沿った駅前通りです。


210317_1030_01

赤線で囲ったところが高田馬場再開発地域ですが、そのなかで,高田馬場駅から山手線に沿った道、区道補助72号線(駅前通り)を中心とした再開発計画(青線で囲った部分)があります。どのようにするか協議会や検討委員会が作られました。

補助72号線の先には,37階の高層の住友ガーデンタワー(事務所と賃貸マンション)ができ、その隣に26階の分譲マンションもできました。(ここは住所は大久保3丁目)この道路は2020年に通り新大久保方面に行くのがか大変便利になったところです。

高田馬場駅周辺の地図です

210318_1259_01

これでいいのか東京都新宿区」という本があります。地域批評シリーズ36、昼間たかし編 2019年5月27日 マイクロマガジン社

210319_0910_01

その161ページから「高田馬場の泥臭い姿も見納めか」と書いている。「老朽化したBIG BOXをはじめとする駅周辺のビル群を一括して立て直すというものである。~と書かれている。BIG BOXは1974年5月5日に建てられたのでもう47年近くになる。

高田馬場のビルが古いので車いすのブログ筆者にとっては大変困るのです。よく行くFIビルのレストランもトイレの床が高く入れないのです。

p215

時代が変わっても高田馬場は変わらない 高田馬場テイストは今も健在

高田馬場も駅を挟んで西と東で風景が変わる。メインロータリーのある東側は、今でも待ち合わせの定番スポット。並ぶ店舗は学生向けかつビンボー人向け。一段と安くておいしい店が増えている印象。名画座も健在-古書店街があり、その先は早稲田大学~

名画座の早稲田松竹

210323_1226_01

西側は賑やかなのは早稲田通りよりもさかえ通りのほう。西側は夜の街になっていること。さかえ通りの入口には富士大学の看板が~。学生ローンの看板があるのは高田馬場くらい。

町全体が昭和テイストを継続させている。~高田馬場がオシャレタウンへと変貌したら? そんな居心地の悪い街に人は寄り付かなくなるな。

 

1、駅前通り(区道補助72号線)

高田馬場駅から線路に沿って、新大久保方面に行く道を正式には、区道補助72号線といいますが、高田馬場駅周辺の道を一般には駅前通りと言われています。しかし線路に沿っているのであまり駅前通りというイメージがありません。

駅前通りの終点ところにある住友ガーデンタワービルは2016年3月に竣工37階建て、地下2階 下はオフィスで、上は高級賃貸マンション、その隣は26階建ての分譲マンション スカイフォレスト レジデンス。 これができたので駅前通りを通る人も増えました。このビルの近くにある、スーパー マルエツはビル建設とともに大改装し、おしゃれなスーパーとなりました。

このビルに付随して小さいビルが作られ、ガーデンタワー・アネックスとなり、1階は居酒屋 文蔵で、2階はレストランとなりました。

ガーデンタワー前の通りは諏訪通りで、工事中です。

210312_1113_01

左側に見えるビルがガーデンタワー・アネックス この交差点は駅前通りと諏訪通りの交差するところです。ガード下は道路の拡幅工事中です。1階は人間学研究会の例会の後によく行く鍛冶屋 文蔵です。

210312_1044_01

駅前通りをガーデンタワー側から高田馬場方面を見る

210312_1043_01

並行して点字図書館のある通りも再開発地域に入っています。

210312_1134_01

ビックボックスビルから補助72号線(駅前通り)をみる。むこうにガーデンタワービルが見えます。

210312_1100_01-1

駅前通りにあるスーパー ピーコックです 2階はしまむら

210312_1053_01

駅前通りの中頃 店舗よりも事務所ビルが多く、にぎやかさはいまいちです。

210312_1051_01

 

,高田馬場駅前の周辺部分 左がビックボックスビル

ビッグボックスビルは1974年5月5日に竣工。設計者は黒川紀章。所有は西武鉄道。 

210312_1057_02

 

駅前のロータリー 左にビックボックスビル 右に早稲田通り

 

210316_1245_02

駅前通りの入口から駅前ロータリー部分を見る。左がビッグボックス。正面が稲門ビル。1969年9月竣工(51年)10階建て

左に黒いかすかに見えるのが、タックイレブン高田馬場ビル この裏が袋小路。まっすぐ行くと神田川です。

210312_1055_01

高田馬場駅正面にあるタックイレブンビル高田馬場 1979年3月竣工 11階建て

210320_1406_01

「高田馬場駅前の袋小路を見てきました。~ジビエの店”米とサーカス”昆虫食の自動販売機も」

 面白いところですぜひご覧ください

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2021/02/post-0c5808.html

 

 でも、駅の正面にこんなところがあるのもおしゃれな街として発展しずらいのでしょう。

 

早稲田通りで駅方面を見る。正面の黒いビルがタックイレブン高田馬場ビルです。このビルの後ろが袋小路です。

210316_1334_01

駅前のビックボックスビル 駅前通り(補助72号線)のこの先に新大久保、新宿につながる補助72号線(つつじ通り)が貫通しました。

210316_1247_03

高田馬場駅の戸山口とそこの道 この左側のところも再開発地域

210312_1106_01

戸山口の山手線をくぐる道 戸山口は車いすでは上がれません

210312_1107_01

点字図書館 ここを点字図書館通りといいます。再開発地域です。

210312_1049_01

点字図書館通りを見る 右が点字図書館 左が郵便局

210312_1047_01

高田馬場駅から見た、山手線の外側の早稲田通り 右側が北側の高田馬場3丁目 左が南側の高田馬場4丁目

210316_1305_01

さらに進んだところ 駅から離れるにつれ、だんだん人通りは減ります

向こうは高田馬場駅

210316_1315_01

高田馬場駅から見た山手線の内側の早稲田通り 南側

手前の黄色のビルは駅前の名店ビル となりはKIビルです 名店ビルは竣工1969年ですから、52年ほどたっています。

KIビルは1,2階が店舗、3から8階がマンションです。

210316_1247_02

3,2020年12月よりとりこわされた、ゆう文ビルと菊月ビル 

一橋学院の看板があるところ

その隣は東京三協信用金庫ビル

210312_1135_01

2021年、取り壊し現場 反対側の道路から見たところ

前の道は早稲田通り

ゆう文ビルと菊月ビルは1969年完工 7階とも8階とも

今までは1体のビルでしたが今度は別々のビルになります

 

高田馬場2丁目ゆう文ビル

 高田馬場2-17-6

 2021年12月31日竣工

 敷地 207,67m2

 建築 171m2

  10階建て

菊月ビル―仮称 高田馬場ホテル

  竣工 令和5年(2023)予定

 敷地  643,7m 

 建物  493,76m2 

  13階建て地下1階

 用途  ホテル、店舗

 

早稲田通り 駅から見た山手線の内側 道路北側です 旧菊月ビル側です。

210316_1247_01

取り壊しの現場を近くで見る

210316_1249_02

4,旧高田馬場駅前ビル

ホテルサンルートのあったところー高田馬場1-27-6、手前のお菓子屋さんと含めてビルができます1275m2

2022年1月完成予定 敷地1275m²  

 1階は銀行、2,3階は店舗、4から12階はホテルとなる予定

 ビルの前面は将来駅前広場を広げるために引き下げられる

210312_1103_01

隣りのビルはFIビル このビルは竣工1979年。建ててから42年ほどが経ちます。1階にドンキホーテ、よく行くパン屋さんなど 2階はレストラン街、ロシア料理店チャイカ、ビヤホールのキリンシティ  小豆島のうどん屋さん大儀などもよくいきます。3,4階はこれもよく行く、芳林堂書店 前に倒産して,書泉の経営に、広さは前の半分に

早稲田通りにはKIビルもあり、いずれも東西建物が管理しています

さらに隣りは早稲田通りの名店ビル いずれも古いビルです

210316_1337_01

FIビル

210312_1103_02

高田馬場駅前には11階のタックイレブンビルがあり、袋小路があります。

5,その他の地域の写真

高田馬場駅前から神田川に行く道、一番賑やかな、さかえ通り 飲食店が多数あります

つきあたりは富士大学 テレビの鉄腕ダッシュという番組のためにビルの屋上を貸しています。

さかえ通りのトルコ料理のケバブやさん ここにはミャンマー料理店、ベトナム料理店などもあって多国籍です。

210310_1315_01-1

富士大学 神田川を挟んで橋があります

210310_1302_01-1

早稲田通りに平行した道にもたくさん飲食店があります。店頭でいろいろなつまみを安くで売っています。うな丼が500円など。最近見つけた店ですがもう2回かっています。

210310_1326_01

早稲田通りの駅から少し離れたところにあるCITZEN ボーリング場、スケートリンクなどがありました

改築前で閉鎖中です

210316_1322_01

ここは駅から5分の ミャンマー ヌードル です。神田川に面しています。ここは高田馬場ではなく、豊島区高田です。

210316_1255_01

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック