フォト
無料ブログはココログ

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »

2023年1月

2023年1月29日 (日)

「人(ヒト)は食べられて進化した」などというという本がいろいろあります。(14冊以上)

1,「ヒトは食べられて進化した」    ”Man the Hunted"

       ドナ・ハート、ロバートとW・サスマン 伊東伸子訳 2007年7月1日

  2010年第6刷  2200円+税   化学同人  356p

Kimg1168

トラ、ライオン、ヒョウ、ピューマ、クマ、オオカミ、ハイエナ、ヘビ,ワニ,ワシ

・・・人類の祖先は数々の肉食動物に捕食されていた脆弱な生き物だった。

多くの人が持ち続ける「人類=狩猟者」のイメージを徹底的に打ち破り、新たな

初期人類像を描き出す。

 

1960年代から70年にかけて南アフリカの遺物群を、ボブ・ブレインが調査し

化石の散らばり具合から、殺人者たるヒト科が寝床で行った殺傷行為の結果ではなく

~化石人骨は捕食者や歯肉あさりが食べ残した残骸だと云う事が明らかになった。

そして、若いアウストラロピテクスの頭骨片に空いた1対の穴が化石ヒョウの歯と完全に

一致することを、ブレインは見事に立証した。

p333 化石ヒョウの牙が化石人類の頭骨にぴったり合う、という写真。

Kimg1179

◎末尾の解説で元京都大学総長の山極寿一が、次のように書いています。

1968年に書かれた、”Man the Hunter”(人間―狩りをする者)1968年刊行

この本の人間観を全くひっくり返すものである。(人間―狩られるもの)として

ゴリラの家族でも、強力なオスがいないときには、樹上に寝床を作る

地上にはヒョウや、ワニや、ヘビが居てゴリラを襲うのである。

 

2、「人類は噛んで進化した」”Evolution ’S Bite”

   ”A Story of Teeth,Diet and Human Origins”

   歯と食性の謎をめぐる古人類学の発見

        ピーター・S・アンガー        河合信和訳   2019年9月2日

   3000円+税   原書房   367p

Kimg1167

更新世の始まりに起こった環境の変化。狩猟が、採集が、われわれを人間にした。

食料を集めてそれを処理する新しい道具が、われわれを人間にした。

又、料理がわれわれを、人間にしたかもしれない。

第6章 ヒトを人間にしたもの

アフリカのハッザ族はアフリカ最後の食糧採集民である。何がわれわれを人間にしたのか。

オルドヴァイ峡谷での、ホモ・ハビリスの発見。男は狩猟を。

人間の脳は多くのエネルギーを消費する。

おばあちゃんと根茎ほり 調理がヒトを人間にした。調理した食物の分配。社会的な絆を結ぶ。

食物の変化。小さな大臼歯とあご。脳の巨大化と腸の軽減。次に起きた新石器革命。

  ーヒトを人間にした一部のもの。

7章 新石器革命

 

8章 自らの成功の犠牲者

   本当に問題なのは、砂糖、すなわち卓上に置かれたグラニュー糖である。砂糖は歯を損なう

  齲歯を引き起こす細菌を助け、最近がコロニーをつくり、累積し、乳酸を産生するのを

  容易にするのだ。~狩猟採集民は大臼歯を12本持っているが、アメリカの典型的な歯科

  患者は8本しか持っていない。

  (ブログ筆者は大臼歯を11本もっています。)

3、「人は海辺で進化した」

   エレイン・モーガン                             

   1588円   どうぶつ社

        1998年3月11日  料理で~

Kimg1171

 

4,『人は感情によって進化した」

   石川幹人 進化心理学

   ディスカバー・トュエンティーワン出版

    ディスカバー携書

        1100円  2011年6月

Kimg1173

 

5、「ヒトはなぜ人間に進化した」

    12の仮説とその変遷

    〈ナレディ発見にあたり考えた)

   National Geographic

        2015年9月

 

6,「文化がヒトを進化させた」

   ジョセフ、ヘンリック

   2019年7月

   白揚社   3960円 

Kimg1170

 

7、「人は宗教を信じるように進化した」

   河田 雅経 東北大

   2021年12月

   インターネット記事

 

8.「人間はなぜ歌うのか」

   人間はなぜ歌うのか 歌の起源

   ジョーゼフ・ジョルダーニア

    アルク出版

Kimg1172

 

9.「ミラーリングの心理学 人は模倣して進化する」

   フィオナ・マーディン

   原書房  2021年8月

 Kimg1174  

 

10、「ヒトは家畜化して進化した」

  -私たちなぜ、寛容で、残酷な生き物になったのか 

   ブライアン・ヘア、  ヴィネッサ・ウッズ

   藤原多加夫訳

   白揚社 3300円 2022年6月3日

   

Kimg1169

◎本を読んでいませんが、英文の原題は、”友人関係(親友、友達)を強めて、生存競争にうち勝った”

というようなと思いますが、『人は家畜化して進化した』という日本語の題は何か、合わないように

感じられるのですが・・・。

 

11,ヒューマン なぜ人は人間になれたのか

   NHKスペシャル取材班

   880円

Kimg1177

12, 火の賜物 ヒトは料理で進化した

Kimg1180

 

  リチャード・ランガム 依田卓己訳

 

 13,この6つのおかげでヒトは進化した

    -つま先、親指、のど、笑い、涙、キス

  チップ・ウオルター

  2007年8月24日  2200円

Kimg1181

 

 

14、ヒトは病気とともに進化した

  太田博樹 長谷川真理子

  2013年12月20日  2970円

 

Kimg1182

15,人類は肉食で進化した

     福田一典

     NTT出版  2010年3月  4329円

 

近い本  ヒトは~

1,

 

2、ヒトはなぜ子育てが下手か

  戸川幸夫

3、ヒトはなぜ争うのか

  若原正巳

4,ヒトはなぜ助平になったか

 

5,ヒトはなぜ眠くなるのか

 

6,ヒトはどうして人間になったか

  R, リーキー、R,レヴィン

7、ヒトは狩人だった。

  福島章

8、ヒトはいつ人になるのか

  村松 聡

  日本評論社

宮城谷昌光氏の「馬上の星」(小説馬援伝)とブログ筆者の、「第五倫伝」の中の「馬援と馬氏」について

馬上の星 

2023年1月28日〈土〉の毎日新聞第2面の下に大きく、宮城谷昌光氏の新刊『馬上の星』(小説 馬援伝)の広告が載っていました。『馬上の星』は後漢初期の名将、馬援を主人公とした小説です。

  定価 1800円+税 2022年11月10日発行

Kimg1160

裏表紙の帯封

 馬援が,上の3人の兄の秀才ぶりを見て、劣等意識に苦しんだことが、痛いほどわかった。~

 馬援が平等を根本思想として生き抜いたさまは、当時の群像の中では特異であり、非凡であるとしかない。

 光武帝が恐れたのは、各地の反勢力の首領でなく、平等の所有を提唱しそうな馬援ではなかったか、などと思うようになった。

 馬援の若い時代の資料は極めて少ない。

Kimg1161

馬援は武陵蛮の討伐の時に疫病にかかった。光武帝の娘婿の梁松を軍の監督にたたせた。以前、馬援に軽くあしらわれたことを根に持っていた。梁松が現地に到着した時、馬援はなくなっていた。失敗はすべて馬援のせいであると報告。劉秀はそれを信じ、遺骸を郷里におさめることもできなかった。ひとり朱勃だけが擁護の上書をした。

あとがき から

馬援の言葉で後世のものが引用する言葉

 当今の世 独り君、臣を選ぶのみにあらず

 臣もまた 君を択ぶ

宮城谷氏の後漢時代の著作

 「草原の風」上、中、下 光武帝 劉秀

 『呉漢』 上、下   呉漢  光武帝の武将

 

第五倫伝について

 〇ブログ筆者は、後漢初期の時代に大きな関心を持ってきました。特に後漢の唯物論哲学者王充に大きな関心を持っていました。王充の墓を訪ねにわざわざ紹興市の上虞県までも行きました。後漢初期の時代は前漢に比べ、翻訳があまりありませんでした。ですから、小説も少なかったのです。ブログ筆者は後漢書を読むために中国語を習いにも行きました。宮城谷氏の小説ははじめのころの本はすべて購入していました。その為に、1万2000冊の本を3000数百冊に減らした今でも、20種類ほどの宮城谷氏の本が保管されています。「馬上の星」は2022年11月10日に中央公論新社で発売され、原本は『中央公論』2021年5月号から、2022年9月号まで連載されたものです。価格は1800円+税で、315ページの本です。

 

ブログ筆者の書いた「第五倫伝」の目次から

Kimg1164

 

 宮城谷氏の小説、『草原の風』は後漢の初代皇帝劉秀を主人公としたもの、後漢の名将を主人公とした『呉漢』に続き、やはり後漢の名将馬援を主人公とした『馬援』が書かれました。はじめ後漢書は全部を和訳されたものがなく、中国語版の後漢書を購入し、必要なところは、日本語に訳しました。

第五倫伝  後漢初期の人間学(旧書名 ”人相食む”)

            筆者 佐竹幸一  (以前はペンネーム 王 伯魚)

第1章~全24章 終章  あとがき参考資料 全354ページ

 

第19章 馬援と馬氏

 〇 馬援

 〇「薏イ(よくイーハト麦)のそしり」

  ー馬援は南方で蛮族と戦った時、その地方でよく採れる、ハト麦を車いっぱいに積んできた。それを南方からの貢物の宝物だと訴えて、馬 

   援を讒言した。無実なものを讒言により罪をなすりつけることのたとえとして以後使われるようになった。

 〇 第五倫、馬氏について奏上す

  ―馬援の子 馬氏の横暴について上奏し、馬氏は失脚する

 〇 馬氏の没落と白虎観会議

 ー--

 〇馬援の娘 明徳馬皇后 は第2代皇帝明帝の皇后となる

   明徳皇后は立派な皇后であったが

   馬援の息子たちは横暴がひどく失脚する

2023年1月14日 (土)

12月10日、電動車いすで、新大久保から中野駅までの往復、中野は高層ビル化。2023年1月12日、近くの新井薬師へ行ってみました。

2022年12月10日〈土)電動車いすで、新大久保から中野駅周辺まで行ってみました。午後2時ごろ新大久保の自宅から、スタートしました。バッテリーの残量は80ぐらいでした。山手線の線路際の百人町3丁目をスタートしてお滝橋交差点から早稲田通りを直進しました。

左側に飲み屋さんが連なる小径、昭和新道を通り、中野ブロードウエイを通り中野駅へ。周辺は新しい高層ビルを建設中でした。その後大久保通りを通って帰りました。帰りの時間は4時ころで2時間でした。バッテリー残量は32でした。だいたい半分ぐらいを使ったことになります。

今日は好天に恵まれました。電動車いすでは、中野駅まで行くのは初めてです。

新大久保周辺

Kimg0946

中野駅周辺です

Kimg0947

神田川の小滝橋を通り、中野通りを直進します。中野駅近くの中の通りの横道 「昭和新道商店街」

 

Kimg0924

横道があちこちにあります。お店もいろいろ

Kimg0927

向こうに見えるビルは住友不動産の建築中のビル(中野2丁目再開発ビル)

新しいビルと、昔ながらの飲み屋街 いい対象です。

Kimg0926

やっと通れる細い横道

Kimg0929-2

中野ブロードウエイにつづく道 向こうは中野駅

Kimg0931

中野駅前のビル建設現場 元は自転車置き場のような。

囲町東地区と西地区に3つのビルが2025年完成めざす。

Kimg0932

中野駅前 黒いビルはNTTdokomoビル 向こうには大学が3つ 

帝京平成大学、明治大学、早稲田大学

 

Kimg0933

 

中野駅南口周辺 右のビルは丸井

Kimg0935

 

中野サンプラザビル 2028年完成めざし、周辺を再開発。隣りの中の区役所は移転。

Kimg0934-1

中野駅南口の高層ビル 中野2丁目再開発ビル 左側が住友不動産業務棟20階 右側は37階住宅棟建設中

Kimg0936

このビルは中野ツインマークタワー 中野3-34-32

Kimg0938

1月12日 新井薬師の梅照院に行く途中で、中野ブロードウエイの隣に

高層ビルができているのに気が付きました。 下の写真

Kimg1115

 帰りは大久保通りで 大久保通りと山手通りの交差点

Kimg0941

大久保通り 新宿の高層ビル群

Kimg0943

神田川から 神田川から先は新宿区、手前は中野区

Kimg0944

2023年1月12日(金) 今度は新井薬師へ行ってみました。

Kimg1113

 

 

 梅照院 新井薬師入口 ( 新井山、梅松院)真言宗

  眼の恢復に効果

 新井薬師の駅のそばに。叔父さんの家があります。

 でもここは初めてでした。

Kimg1098

新井薬師本堂 思ったより小さい本堂で下。 

Kimg1102

お寺の中から外を見る

 

Kimg1106

ここはお隣にある、新井天神です。

Kimg1109-1

ここでおみくじを買いました。中吉でした。

Kimg1110

 

2023年1月11日 (水)

母方の親戚の写真と系図を叔母さんに教えてもらいました。親戚はとても多いです。幸の名前で続きます。

以前、今は亡き母親の一番下の妹の叔母さん(鈴木和子さん、池袋で八百屋さんをしています)に、母の親戚の系図と写真を見せてもらうことになりました。母の兄弟姉妹まではわかるのですが、それ以上はわかりませんでした。

私の亡き母(佐竹より)は男2人と女7人の9人兄弟・姉妹の長女です。母の兄、長男金子幸雄が一番年上で、下の写真では左側で、右側が父の佐竹実です。二人は、仲の良い戦友で、その縁を深めるために妹の、金子より〈母)、と結婚したと云う事です。写真ではその下が母のより、その下が、母方の祖母タケ〈旧姓渡辺)です。抱かれている赤ちゃんは、私(幸一)かもしれません。

Kimg0759-2

未だ若かりしきの母親、金子より(長女)と一番下の(鈴木)和子おばさん(7女)

親子みたいにずいぶん年が離れています。

Kimg0763-3

池袋にある和子おばさんの八百屋さん。鈴木青果店。代々、八百屋さんが多いのです。

Kimg0761

私の母方の祖父の金子幸作の八百屋さん 尾久にありました。母によれば戦前、八百屋さんは大変、繁昌していたそうです。

母方のおじいさんの弟、金子清治も浅草で、八百屋さんを開業しています。

私の母方の曽祖父、金子幸四郎は、出身が新潟県北蒲原郡笹岡村です。曾祖母、椎野ノセの父は椎野熊蔵、兄は椎野寅蔵です。

ずいぶん強そうな名前ですね。

母方の祖母、渡辺タケの父は渡辺福松、その孫にあたる渡辺正吾さん〈母よりのいとこ〉には新潟へ行った時には、いろいろ

連れて行ってもらいました。住所は北蒲原郡本田村。私は中学生ころでした。このころ新潟から先は蒸気機関車でした。

この辺りは今では新発田市で近くには月岡温泉や福島潟があります。福島潟には正吾さんに連れて行ってもらいました。

Kimg0762-3

車いすに乗っているのが母親の佐竹ヨリ、あとは叔母さんたち。母の後ろに立っているのが

一番年下の叔母さん、今回写真を持ってきてくれた鈴木和子おばさん。私とは6歳違い。

7人姉妹のうち5人が集まっています。

Kimg0764-2

 

下の写真は母方のおじさんの写真 幸雄伯父さんです。金子幸作の長男で1917年生まれ(大正6年11月13日生まれ)

父、佐竹実の親友で、はじめ満州に。 ともに一時帰国その時に私が生まれました。 

今度は中国安徽省へ そこで匪賊に襲われ戦死しました。2人は縁を強めるために母と結婚しました。

幸一という名前は、曽祖父、幸四郎、祖父幸作、伯父幸雄と続きます。私の3男・哲夫の子も真幸君です。

母方の、祖先に体が大きい人がいて、村相撲では親子で、大関になったそうです。

それが誰かはわかりません。私も息子たち2人も体が大きいのが、遺伝したようです。

私は身長175Cⅿ、体重肥ったときは90KGぐらいありました。下の息子は180センチ

以上です。

Kimg0757-4

伯父さんの軍服姿 満州では父と同じ騎兵でした。

Kimg0756-3

右側が伯父さん。金子幸雄 中国では士官になり偵察隊長となっていましたが、安徽省蕪湖県毛家渡(南京の南方約70km)で匪賊に襲われ、何の遺品も残りませんでした。

Kimg0765-3

母方の祖父 金子幸作 1894年(明治27年1月)生まれ 祖母は(渡辺)タケ(渡辺福松の3女)

後ろの真ん中 金子幸四郎の長男

 

Kimg0758-5

下の写真ははっきりしないが、おそらく曽祖父 金子幸四郎と曾祖母(椎野)ノセ

 高祖父 金子良太郎〈1912年大正元年に隠居とある) 妻サト の長男

 

Kimg0760-6

 

金子家の系図

長男       長男        長男        長男

金子良太郎    金子幸四郎     金子幸作      金子幸雄(戦死)

      ー--      ー--       ー-- 長女

サト       (椎野)ノセ    (渡辺)タケ    金子ヨリ(佐竹ヨリ)母

                             次男

                                                                                  佐竹 実---佐竹幸一

 

                   次男 弟

                                                     金子清治 ー--  2男7女

                    (浅草にて青果店経営)

                   金子リク ー--  5男

                     長女

                   金子ノブ

                     3女

                   金子 登 ー--  3男1女

                     4男

                   金子ミヨ子

長男 幸雄

 

長女 ヨリ

 

7女   和子

 

中国の地図

Kimg1097

Kimg1096-1

Kimg1093

Kimg1094

Kimg1094

2023年1月 4日 (水)

2023年1月3日〈火〉久しぶりに上野の動物園に行ってきました。

 上野動物園は何と、4 ~50年ぶりです。近くの国立博物館、科学博物館には何度も行ってのに。

お正月に妻とどこかに行こうかと話しました。先日、都立美術館と国立博物館に行った、上野動物園がどうなったか、行ってみようということになりました。上野動物園も身体障碍者と付き添いは入場無料ですぐ入れます。

Kimg1053-1

入場した時にもらった動物園の地図です。東園と西園 をつなぐモノレールはなくなっていました。

Kimg1069-1

Kimg1074

パンダはメスと子どもは東園に、父親は西園にいます。

メスはしんしん 双子の子どもはシャオシャオとレイレイ

Kimg1077

 

Kimg1078

オスはレイレイ 西園にいます

 

Kimg1073

これは東園のインド象,西園にアフリカゾウがいます。 

Kimg1054

これは昔から同じ場所にある、人気のサル山 なんかの表示機の上に。

Kimg1055

アメリカバクの大きな表示板

Kimg1057_20230104111301

レッサーパンダ パンダはみませんでしたが。

Kimg1065

真ん中にゴリラ ゴリラの檻は大きい作りです。

Kimg1060

ヘビクイワシ

Kimg1056

◎建物の中で暗く作っているへやのなかで、通路が狭く、電動車いすが身動きが出来なくなり困った場所がありました。

 

この写真もゴリラなのですがよくわかりません

Kimg1061

通路から西園 不忍池が見えます。モノレールはなくなりました。

Kimg1063

 

 

サイ ひもでぶら下がったボールから餌が出ます。

Kimg1066

新大久保の自宅から、山手線で上野まで、動物園を回って帰って来た時、電動車いすの 使用量は58ぐらいでした

◎以前ずいぶん前に来た時より、設備が広がっており、動物を半分くらいしか見ていないのに結構疲れました。

 行列してパンダを見ていたらよけい疲れたでしょう。東園入ってすぐに・パンダの親子、西園にオスのパンダ。

 足の丈夫な妻も疲れたと云う事で、半分ぐらいしか見ていません。

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »

最近の記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック