フォト
無料ブログはココログ

« 佐竹幸一の講演記録と論文他 (2)2005年4月~1992年4月 修正版 | トップページ | 妻と妹の喜寿のお祝いを、新宿高島屋の人形町今半で6月22日12時からやってきました。 »

2023年7月13日 (木)

上野の都立美術館のマティス展を見ました。素晴らしいものです。ぜひご覧になってください。

2023年6月27日〈火)上野の都立美術館で開催されたマティス展(HENRI  MATISSE:The Path to Color)を見てきました。

マティス展は、NHKのテレビで紹介を2回ほど見ていました。そして、マティスの絵のすばらしさを感じていました。ピカソと並ぶ現代絵画を代表する画家であるということと、その絵画の明るい輝きを感じていました。当日はいつもと同じ、障碍者手帳を持っていきますと、本人と同伴者の入場料が無料になるのとともに、予約なしで入れるのです。

マティス展のアルバム  8月20日まで開催

Kimg1974 

「豪奢、静寂、逸楽」1904年 部分 

 新印象派のシニャックの招きで南仏へ行く。

 点描法への挑戦

Kimg1980

「豪奢」1907年

 左の大きな女性はヴィーナス

Kimg1981

「夢」1935年

Kimg1903

「金魚鉢のある室内」1914 パリのアトリエの窓から

Kimg1904

「コリウールのフランス窓」 1914 第1次大戦の勃発時 窓の中は黒で塗りつぶされる

Kimg1905

「マグノリアのある静物」1941年

Kimg1910

制作するマティス

Kimg1909

 

「座るバラ色の裸婦」 1935年

Kimg1916

「赤の大きな室内」 1948年

 

Kimg1979

 

 

マティスの作った教会 「ヴァンス・ロザリア礼拝堂」1948-51

Kimg1912

Kimg1913

Kimg1914

1931年―54年 1941年 手術で1命をとりとめ病床で切り絵を始める

[オセアニア 海』の一部 1948年

Kimg1976

[オレンジのあるヌード」1953年

Kimg1982

1954年11月3日 ニースのアパルトメントで死去

« 佐竹幸一の講演記録と論文他 (2)2005年4月~1992年4月 修正版 | トップページ | 妻と妹の喜寿のお祝いを、新宿高島屋の人形町今半で6月22日12時からやってきました。 »

小説、絵、映画など 芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐竹幸一の講演記録と論文他 (2)2005年4月~1992年4月 修正版 | トップページ | 妻と妹の喜寿のお祝いを、新宿高島屋の人形町今半で6月22日12時からやってきました。 »

最近の記事

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック