フォト
無料ブログはココログ

大久保の街紹介

2018年5月12日 (土)

”第3次韓流ブームは凄いぞ!2018年5月、サンデー毎日の記事 大久保の現状                           

2018年5月20日号の、サンデー毎日では、”日朝関係は最悪、それでも、凄いぞ!第3次韓流ブーム、BTS,TWICE"という記事が載りました。
歴史的な瞬間だった。4月27日の韓国と北朝鮮の南北首脳会談で両者は「完全な非核化」に合意した。そうした和解に向かう風が実は日本にいち早く吹いていたのが。一時は冷え込んでいた韓流ブームが復活しているという。日韓も「和解と繁栄」の道に向かう兆しなのか。
ーこれが、今度の記事の冒頭の言葉です。
◎これはサンデー毎日冒頭の記事の言葉です。日本の安倍内閣は、北朝鮮はもとより、韓国も敵視し、記事に書かれるように、現在の日朝、日韓関係は最悪です。前の衆議院選挙では北朝鮮のミサイルの脅威をあからさまに宣伝し、Jアラートとやらで人々を散々脅かし、野党の分裂もあり、安倍自民党は勝利しました。北朝鮮による拉致被害もさんざん言っていながら本気で取り組む姿勢など見せませんでした。それどころかミサイルや原爆も、内心もっとやれ、もっとやれという態度です。そうすれば国民世論が改憲を進め、自衛隊を国防軍としより強化できる方向に進むからですから。ーですから、今度の北朝鮮のアメリカ、韓国に対しての和平への取り組みにおいては、日本は全く蚊帳の外の状態でした。安倍首相は和平に向かうのは良いことだと言っていますが、実はそうではないのです。
記事によればー
 東京・新大久保の「コリアンタウン」数年前は休日になると、耳を覆いたくなるようなヘイトスピーチの嵐が吹き荒れ、シャッターを閉ざした店舗が少なくなかった。その記憶がウソのようだった。
 南北首脳会談を翌日に控えた平日の夕方、大久保通り。制服姿の高校生、それに最近増えているというネパールやベトナムからの留学生らしい顔つきの若者もいる。どれも20,30人の行列だ。幅2メートルほどの歩道を通るのは一苦労。賑わいを取り戻している。
 「きっかけは、”チーズダッカルビ”ね。若い人たちが食べに来ています」
 そう教えてくれたのは新大久保商店街振興組合の理事長で,印章業の伊藤節子さん(66)韓流ブームの復活を実感するという。
 2年前から新大久保にハマってるという都立高校の2年生、来るたびに、チーズダッカルビを食べるのが楽しみだ。
 チーズダッカルビの生みの親は韓国料理店や韓国食材スーパーを運営する、ハッピーエンタープライズ外食事業部長の姜光植(カン・クアンシク)さん(50)だ。
 ・・鶏肉をからいソースで炒めた料理、タッカルビの店を開いたが「辛すぎる」と言われた。マイルドにするためチーズを混ぜると受けた。~姜さんの店、「市場タッカルビ」では、今年になって最長で8時間待ちの日もあった。同じ料理を出す3店の来店者は合計して月3万人という。
170423_105501
大久保通りに面する「市場タッカルビ」「のお店。この周辺はいつも行列。このすぐ先にイケメン通りの入口があります。
「韓国人志願」の日本人女子も
 前出の女子高生がハマっているのは,なにもチーズ・ダッカルビだけではない。韓国の化粧品や若者向けの韓国音楽「Kポップ」のグッズを売る店もこの街に引かれる魅力だという。
TWICEや、”バンタン”はダンスがそろっているところがかっこいい。厳しいオーディションで選ばれているから日本のアイドルよりレベルが高いんです。MOMOLANDは一回聞いたらずっと耳に残っています」
 おじさん族にはちんぷんかんぷん。
 注目株は”バンタン”だという。7人組の男性グループ「防弾少年団」のこと。「BTS」と略すが,ファンは「防弾」の韓国読みで呼ぶのがいきなんだとか。
 BTSは昨年12月、日本で8枚目のシングルを発売すると、すぐにオリコンチャート1位。初週の売り上げ枚数が海外アーチストとしては初めてとなる30万枚を突破した。
 群馬県に住む高2女子福島さんBTSファン。BTSを聞くようになってから、週末に新大久保に行くようになり写真やグッズを買いました。
 記者は最初の(第1次)韓流ブームで、ヨン様なら知っている。
 在日韓国人3世の女性が振り返る
「2004年の最初の第1次韓流ブームは、「冬のソナタ」が始まったときで。ドラマを見ないとママ友同士の会話についていけない、というマダムが中心でした。
 今はTWICEがかわいいから、私も韓国人になりたいという若い子までいる。だから、韓国のコスメや服、髪形にあこがれる。偏見と差別が根強かった日本人の韓国に対する価値観が、ここまで大逆転するとは想像していませんでした」
 2010年ごろから日本の若者の間でKポップ熱が高まり、KARA,少女時代が人気となり、第2次ブームに。」 2011年地価が上昇と言われた。(彼らは紅白でも歌った)
 しかし12年が転機に。2013年に新大久保でヘイトデモが。2014年に在京地上波で韓国放送が激減。客足が途絶え、韓国人経営の店3~4割は閉店した。
 2015年、韓国人の訪日客が増加。
 2016年、チーズ、ダッカルビを販売、第3次ブームはじまる
 2017年、韓国ブームの再来 
◎すでに、”第3次韓流ブーム””で新大久保の街がどうなっているかについては、
「こういちの人間学ブログ」にいろいろ書いております。ぜひ、ご覧ください。
「新大久保、2018年3月31日(土)春休みで大混雑。いろいろな人が、車いすが通れません」
「新大久保に女高生増加、人通り戻る、ホットクなどの店の一覧.、韓流ブームの興亡・貧富の差の拡大」
お店の写真がたくさんあります。
 
韓国の化粧品やグッズが、日本製品に比べ格安なので、若い女性には買いやすいのだ。
 
「サンデー毎日」の記事 
180512_131701
”バンタン”上の写真。下の写真は人気店での行列。
180512_131901
日本と朝鮮半島の関係はとても厳しいものがあります。
1998年 北朝鮮テポドン1号
2000年 金大中大統領、金正日総書記会談
2002年ごろ、サッカーW杯日韓首脳会談、拉致被害者帰国 友好ムード
2006年 北朝鮮、初の核実験
2011年 ソウルの日本大使館前に慰安婦像を設置
     金正恩氏が労働党委員長に
2012年 李明博大統領が竹島上陸
2015年 安倍首相戦後70年談話 慰安婦問題合意
2016年 釜山の日本総領事館前に慰安婦像
2017年 日本対抗処置
2018年 平昌五輪、韓国・朝鮮の対話
180512_131801
最後に記者の言葉はー
日本と朝鮮半島の間に横たわる溝はまだ深い。平和と繁栄の関係が築かれる日の訪れは。ーで結ばれています。
大久保通りの街路樹が変わっています
 今まで2017年までは、街路樹は大きな、桂の木でした。筆者のビルの佐竹ビルも桂の木で隠れてしまうようでした。最近,何の木でしょうか。小さい木に変わっています。看板もよく見えるようになりました。
お店は1階が。化粧品の店、REMAKE(リメイク)で、2階がグッズ店オルチャンです。4階にヨガのお店もあります。
180512_101801
180512_101701

2018年3月31日 (土)

新大久保、2018年3月31日(土)、春休みで大混雑、いろいろな人が。車いすが通れません

2018年3月31日(土)、好天に恵まれた新大久保のまちの様子を見に行きました。前回は混んで写真が取れないといけないので、朝9時半ころから10時半ころまでのまだ店が開く前に写真を撮って来ました。
通った道は新大久保駅の改札口の前の大久保通り北側の道からイケメン通りに至るところで、ここにホットクなどの屋台の店が何軒もあるところです。新宿区百人町2丁目から大久保2丁目にかけての道です。
「新大久保に女高生増加、人通り戻る。ホットクなど屋台の店の一覧の。~」
店のオープン前の状態もです。
すみません。出ませんので、2018年3月4日のブログをご覧ください。
若い人が多いので、昼食を屋台で簡単に済ませる人が多いのです。
.・
今度は最も混む時間、午後1時から2時ころに行ってみることにしました。
180331_140601
新大久保のガード下の様子。待ち合わせの人、通行する人で混雑です。
180331_140901
新大久保駅の近くのコスメ店に入る人たち。
180331_141201
この辺りはまだそれほどの混雑はありません。
180331_141301
お父さんと一緒に来ている子供さんもとても多いのです。左側は韓国スーパーのチョンガーネ。ここにも屋台が。アリランホットドッグ。
180304_094001
ありらんホットドッグ。いつも混んでいます。
180331_141501
このあたりから、ホットクの店、韓国風のドーナツの店などが
180331_141601
全く混んで、身動きが付きません。
180331_141701
全く身動きができず、通してください、と叫びました。狭い歩道に、屋台の店で順番を待つ人、右のガードレールの所にも順番を待つ人、たって食べている人も。真ん中は行きかう人でぎっしり。
180331_141801
ポポ・ホットクの店の看板が見えます。歩きながら食べる人。ちょっと離れた脇道のはじに座り込んで食べる人がたくさんいます。
180304_094401
まだ開店前のポポ・ホットク
180331_142101
大久保通りから、イケメン通りに入るところ。
180331_142001
イケメン通りの道へ。結構男性も来ています。
土日などは、あるコスメ店では、1日に1000人くらいのお客さんが来るそうです。
完全に元の賑わいに戻りました。
追 記 : 5月3日
連休中も同じような混み方です。 
 
 

2018年3月 4日 (日)

新大久保に女高生増加,人通り戻る。ホットクなど屋台の店の一覧。付、韓流ブームの興亡、貧富の差拡大

韓流ブームの興亡・略史
1、韓国の店が増えはじまる。韓国スーパー、「韓国広場」の創業25周年のチラシが入りました。(2018年)ここがオープンしたのは1993年ごろでぼちぼちと韓国のお店が増え始めてきました。韓国広場のお店は当社(株サタケ)で施工しました。
 1997年にはアジア通貨危機で韓国も打撃を受けました。
2、多国籍の街へ。2000年ころになると、大久保も多国籍の町ということで韓国の店ばかりではなく、多国籍の街というのを呼びものにしはじめました。筆者は大久保全部を回り、エスニック地図を作成しました。
3、第1次韓流ブーム 2003年から2005年ころ
 2003年、NHKBS放送で「冬のソナタ」が放送され、ぺ・ヨンジュンと、チェ・ジュウにより、大ヒットしました。次いで2005年からは「宮廷女官 チャングムの誓い」が放送されました。このころは、大久保の街は中年女性に最も人気がありました。
 また、k、ポップとかが徐々に若い世代にも広がり始めました。職安通り中心。
第2次韓流ブーム、2005年~2010年ころ
 東方神起、KARA,、少女時代などが爆発的人気となり、NHK紅白に出ました。大久保の街に韓国の店が急に増えてきました。イケメン通りに、60店もの韓国の店にができました。サムギョプサルが人気。イケメン通り中心。イケメン通りのテナント料がものすごく上がる。からの化粧品(コスメ)など韓国からの)など輸入品が割安。売り上げ伸びる。
日韓関係悪化、韓流ブーム衰退、
 2012年 大統領竹島上陸、天皇に謝罪要求、慰安婦像設置、ヘイトスピーチなどで、韓国の店の撤退が目立つ。人通りも少なくなる。円安で韓国の化粧品が割高となり売れなくなった。
 韓国の店が大幅に減少。テナント料低下により、ベトナム、ネパールの店などが増える
参 考:「こういちの人間学ブログ」
2014,6
「コリアタウン存亡の危機、新宿新聞の記事から」
2014,10,8
「韓流百貨店 K-PLUS閉店 最大の要因は貧富の差拡大と円安」
第3次韓流ブーム 2017年ころから
 人通り増える。10代の女性が多くなる。若い男性も増えてきました。韓国の化粧品の売り上げ回復。屋台の店が増加、客単価は減少。ダッカルビが人気。大久保通り中心。
2018年 3月は春休みで親子連れで小、中学生と思われる子供さんも一緒に来ているのも見られます。
◎2018年2月20日  NHK BSプレミアム 「アナザーストーリーズ」「冬のソナタが起こした奇跡」韓流ブームの発火点」 「冬のソナタ「」全20話
金大中大統領 映像産業を伸ばそうとし、韓国文化振興財団つくる。
1998年、日韓文化交流始める
「冬のソナタ」では,1,温かさ、2、美しさ、3、純粋さ、を求めて
ユン・ソクホ監督 10年も初恋の人を忘れない
庶民の所得低下が第3の韓流ブームの元
現在の日本において、長引くアベノミクスにより、庶民の所得は上がらず、所得格差は恐るべきほどに広がっている。庶民は安い値段で楽しめる、新大久保が人気となっているのです。新大久保では安い値段の韓国化粧品を買い、安い価格のスターグッズ商品を買い、安い食べ物でも買うことができるのです。(筆者のビルのテナントの、スターグッズ店、オルチャンはとても繁盛しています。)一方、アベノミクスで泡銭のような利益を得ているものも多く、所得格差は増大しています。今や地域格差、健康格差まで生じている。
 日経新聞の折り込みや広告では何千万円もするベントレー、時計などの広告が入り、超高級マンションのチラシが入る。
 今やもはや「格差」ではなく、「階級」なのであると言われる。
「新・日本の階級社会」橋本健二 講談社現代新書、2018年1月20日、900円税別
180305_063901
(この本については改めて紹介します)
 大久保の街の変化については「こういちの人間学ブログ」カテゴリー、「大久保の街」「をご覧ください。
180304_102501
新大久保駅の改造が進みました。入口が8か所ぐらいに増えました。
新大久保における屋台のお店が繁盛 若者増加  
 客層の若年化により、客単価が落ち、屋台のお店が急増してきました。道路で立って食べるので、狭い歩道を通り抜けるのが大変です。注文してから出来上がるのを待つ人、出来上がったものを食べる人でごった返します。車いすでは通り抜けるのが大変です。
3月4日(日)9時半ごろの店が開く前に行き写真を撮って来ました。11時ころには写真を撮るのが終了しましたが、もう混み始めました。11時オープンが多いのです。
屋台では、200円のホットクから、500円くらいまでです。
大久保通り南側 (百人町1丁目、大久保1丁目)
「ジョンノ ホットク」
180304_093201
新大久保駅直ぐ近くです
「ホットク」とは、中国の餅に由来する。中にアンやはちみつなどを入れたものなど、いろいろな種類がある。日本のおやきに近いもの。下記に種類と値段が出ています。
「市場 ダッカルビ」本店
180304_095101
チーズを使った、チーズ・ダッカルビを始めた店。開店前から行列です。
「DEM Kebab]
180304_094901
ケバブ店は一時より減りました。
「ソウル市場内ホットク」
180304_095401_2
大久保通り北側)(百人町2丁目、大久保2丁目)
「モゴモゴ」
180304_102101
タピオカやホットク
180227_145401
プラザ2周辺。このあたりに屋台の店が集中。
180227_145601
33のお店のオープンしているとき
「33」
180304_093601_2
トッポギや韓国海苔巻きなど
「ありらんホットドッグ」日本1号店とか。プラザ2内。
180304_094001
ここはいつも大変混んでいます。韓国風ホットドッグ。通り抜けるのが大変です。
180304_094201
「ポポ ホットク 屋台」
180304_094401
180304_094601
ホットクの種類と値段です。
イケメン通り(大久保1丁目)
鶏肉研究所
180304_095801
ドンキ・ホーテ 屋台おでん
180304_100401
ドン・キホーテ、たこ焼き
180304_100402
春川ダッカルビ
180304_100701
新大久保駅周辺(百人町2丁目)
NASCO KEBAB
161204_104201
。文化どうり。隣にも焼き鳥が 。このあたりイスラム通りとも。
上海生煎包
180304_103201
大久保通りに面す。
ここで昼ご飯のおかずを買いました。中で食べることもできます。
大久保駅近くにケバブ店。ベトナムのサンドイッチ店、バインミーがあります。
 

2017年12月31日 (日)

大久保多国籍タウンの現状ー2018年新宿新聞元日号から

2018年1月1日の、新宿新聞の元日号が届きました。
 2018年元日号の新宿新聞では、コリアン街新大久保とありますが、筆者はあえて多国籍タウン大久保と書きました。2017年の初めまでは、ネパール料理店、ベトナム料理店の伸びが目覚ましかったのですが、半ばから韓国の店への来客が増えてきました。大久保の町はコリアンタウンの街といわれるより多国籍の街と言われたほうがいいなという、ブログ筆者の願望によるものです。ほかにも多国籍のレストランがたくさんあるのです。
新聞の見出しを見ると、
 
4ページは
171231_094802
「チーズダッカルビが韓流の街を席捲」
「料理、大型コスメ、グッズ、スーパー、若者客が増え、売り上げは3割増」、
「出店意欲高まりテナント賃料が上昇-17年当初は一階で5万円だったのが年末には坪6万5千円から7万円まで高騰した」、
「大久保通り賃料坪7万へ一気に高騰、駅前小型ビル巡り10社が争奪戦」
「17年大久保通りの駅よりでは、―新店は7店、コクミンドラッグを除き韓国系の業者だった」
「イケメン通り相場は坪3,5~4万、引き合い増も空き物件なく出店低調」、
「ドンキが地下テナント再開へ、職安通り久々にコスメ新店も」
「無料のK-シャトルバス、ルート拡大し平日も運行」
イケメン通りのお店
171231_094901
5ページは
171231_094801
「コスメ出店が再び加速、若者客の増加、スーパーが売り上げ2倍ー11月」、
「大久保通りの料理店、週末は1日8回転!客の7割がチーズ・ダッカルビ注文。
◎食べてみましたが、こってりとした味で、いかにも若者向き
「17年は過去最多ペース、新大久保の乗客、1日4,4万人」、
   ー12年に4万1千人が14年には3万8千人に減少、17年には4万4千700人に増加
「グッズ店、1万円の買い物客が復活、週末は10代、男性客が増」
 -「売り上げはまだピークの2011年の半分程度。12から13年の水準。2018年にはさらに良くなるはず」
171223_115701
  ◎12月で大変混雑する新大久保駅。もともと狭いのに、工事中で余計混雑。道路で待ち合わせをする人がたくさん。車いすでは通れません。新大久保駅はエレベーターがなく使いませんが。
 ◎以前のお客の主流は中年女性で客単価が高かった。今は若い女性が主力。
「韓国風ドッグ(ハットグ)が人気、インスタグラムで拡散
現在は、第1次、2003年~冬ソナブーム、(中高年女性)第2次、2010~K・ポップブーム(若者男女)に続く、第3次ブームだそうで、全体の4割ぐらいを占めるのが10代女性だそうです。)客単価は落ち、街頭で食べる若い女性が増えています。化粧品の売り上げは多い。
店も増えています。
 ◎お店の中で食べないで外で簡単に済ます、若い女性が多いということ。
「ベトナムは微増、ネパール料理店は失速」
こういう店には10代の女性はほとんど行きません。
161108_105901
公園そばのこのネパール料理のお店は韓国料理店に変わりました。
 
171223_113201
大久保通りから銭湯のほうに入ったネパール料理店。前はホットチリというお店でした。
171223_115301
韓国風ホットドッグのお店。こういう立ち食いの若い女性のお客で混んで大変です。
◎ チーズダッカルビを食べてみましたが、豚肉を甘辛く炒めた上に大量のチーズをかけます。こってりとしていかにも若者向きでした。前は豚肉の脂身サムギョプサル全盛でしたが。
 ベトナム店は微増となっています。ネパール料理店は大久保公園に隣接した店が辞めました。日本人の利用者はそう広がらず、いっぺんに20数店もできて、でき過ぎです。
 韓国風ドッグのところは道路で立ち食いしている客が多く、車いすでは通るのが困難です。
171231_094902
2、3ページは
「東京五輪後へと続く駅周辺・再開発」
ロッテ新宿工場跡地
「再開発に向けて検討」、「住宅展示場として暫定利用!?」
171231_095001
2017年に、新大久保の街について「こういちの人間学」に書いたこと
カテゴリー「大久保の街紹介」から
12・23
「更地になったロッテ工場跡地。2273坪の広大な土地どうなる」
11・25
「大久保・百人町地区の外国人について人口比較。1,2丁目日本人3割」」
5・14
「5か所の東京新混雑エリアと新大久保のネパール料理店」
4,24
「2017年の新大久保駅周辺の状況。だいぶ若い女性でにぎやかに」
1,29
「新宿新聞、ネパール店が急増。リトルカトマンズと」
1,9
「NHK日本紀行。大久保ドリーム。多国籍タウン夢追い人」
2016,12,30
「大久保コリアタウンの現状 -大幅に変化、2017年、新宿新聞の元日号から」
◎興味がありましたらご覧ください。2017年前半まではネパール料理店に勢いがありました

2017年12月23日 (土)

更地になったロッテ工場跡地。2273坪の広大な土地どうなるのか

2017年12月23日、ロッテ新宿工場跡地の写真を撮ってきました。
まだ工事中の状態と、その時の新大久保駅の周辺については、すでに「こういちの人間学ブログ」に書きました。
2017年8月8日
「新大久保、山手線トップの伸び率に。駅周辺にぎやかに。ロッテ工場跡地」
ロッテ新宿工場について
 ロッテ新宿工場はロッテ創業の地です。戦後まもなく工場を作り、以後日本、韓国にまたがる巨大企業となりました。大久保通りから戸山小学校に向かう地にあり、筆者は小学生時代からずっと通っていました。大久保通から入る道の角には、筆者の戸山小学校の同級生である、盛好堂書店の道岡さんの店があります。
 旧ロッテ新宿工場は新宿区百人町2-2-23にあり、工場の敷地は7500m2あり広大です。他に女子寮や、多くの駐車場なども持っていました。工場では主にチュウインガムを作っていました。以前はロッテオリオンズの事務所もありました。2013年に狭山工場に移行し閉鎖されました。2017年に解体工事に入り、8月ころに解体終了となりました。新大久保駅に至近な土地で広大な空き地が生じたのでこれからどうなるか、というところです。女子寮の跡地は分割され住宅用に売られ、今はもう家が建っています。
跡地と周辺の写真
171223_111101
一番北から見た跡地。この広大な駅前の1等地をどうするのでしょうか。とても興味深いです。
 
171223_111201
跡地の北側から見る。西新宿の高層ビル群がよく見えます。
北側に事務所があり、昔ロッテオリオンズの事務所もありました。
171223_111401
北側、事務所の向かいにある戸山小学校。この裏に海城中、高があります。
171223_111701
工場半ばから北側を見る、最も古い高層マンション、西戸山タワーホームズが見えます。
171223_112101
新大久保駅に近い道から見る。左に見えるのは住友ガーデンタワービルです。
171223_112201
ロッテに隣接した細い道から山手線の線路を見る。最近広い道ができる。駐車場が多くできています。
171223_115701
近くの新大久保駅。今改造中です。12月23日祭日でごった返していました。
2018年1月19日 1987年(昭和62年)の百人町東町会の見取り図
180119_101901
下は大久保通りです。図面は当時の配置図。実際の地図と違います。右下に盛好堂書店の名があります。ロッテはもつと広い面積です。
追記
 はっきり決まるまで、住宅展示場として使う、という話があります。

2017年11月25日 (土)

大久保百人町地区の外国人について人口比較 1,2丁目日本人3割 更新版

2017年11月25日、追記して更新しました。(初期2010年8月の記事です)

新宿区は外国人が一番多い 

 新宿区新聞(今は新宿新聞)の最新号で、「国際色豊かな街に」として新宿区全体の外国人の国別比較、又百人町と大久保の外国人の世帯数と人口の表が出ていました。新宿区の外国人登録者の数は約35600人で東京都で第一位です。二位の江戸川区が約26000人ですからきわめて多いと言えます。足立区、江東区、港区が2万人以上です。全体として中国人が最も多く韓国朝鮮人が第二位となりますが、新宿区は、韓国朝鮮人が第1位、港区は欧米系の人たちが第1位です。豊島区は19400人ですが、中国人の数は一位の新宿区の数とほとんど同じの二位です。池袋駅の周りには、中国系のお店が多く、ミニ中華街のところがあります。これらの資料は都や区のホームページの人口統計を開けば出てきます。興味のある方はご覧ください。

2017年1月 追記

 新宿区に住民登録している外国人の数の比較で、韓国・朝鮮人が最も多かったのは、2011年の(平成23年)の14515人でした。中国人が韓国・朝鮮人よりも多くなったのは2012年(平成24年)のことで、それ以後はずっと中国人が一番です。

2016年12月1日の外国人数の比較では

中国 15258人 韓国・朝鮮 10266人 ベトナム 3587人  

ネパール 3407人 ミャンマー 1042人アメリカ 1040人  

フランス  837人 タイ 767人 フィリピン 710人 ・・・

2017年11月1日

中国 13953人 韓国 10134人 ネパール 3659人

ベトナム 3604人 ミャンマー 2208人 台湾 1936人

アメリカ 1046人 フランス 828人 フィリピン 782人

タイ 744人、英国 377人 スリランカ 261人

バングラデシュ 253人 インド 248人 カナダ208人・・・ 朝鮮 131人 

(ミャンマー倍増 中国、韓国が分離する。アメリカの数は誤りで修正しました )

合計 132国 男22357人 女20709人  合計43066人

新宿区の国別人口

 新宿区の2010年8月現在の国別人口は、韓国、朝鮮系が14524人、中国11947人、ミャンマー1242人、フランス、1048人アメリカ876人、ネパール869人、フィリピン855人、タイ688人,イギリス422人,カナダ,インド,バングラデシュと続きます。新宿区にはそのほか含めなんと118カ国の人々が住んでいます。以前多かったマレーシア人が急減し、ネパール人がインド人より多く急増しています。その結果ネパール料理の店が増えています。男女別では、中国、韓国、フィリピン、タイは女性が多く、歌舞伎町を中心に水商売ではたらいている人が多いのでしょう。他の国は男性が多いという状況です。フランス人は大久保地域にはほとんどいません。神楽坂地区に日仏会館やフランス料理の店などが多く、そちらに集中しています。

大久保と百人町の外国人

 新宿新聞には百人町と大久保の丁目ごとの世帯数と男女別人口合計人数の表が出ています。百人町全体で、外国人は3246世帯で3947人、大久保地域で4472世帯5442人です。大久保地域は特に韓国人が多く夫婦で住んでいる人も多いということです。百人町も大久保も圧倒的に1,2丁目が多く、そこだけで比較すると、大久保1,2丁目で総人口での比率は外国人が5133人で39%、百人町1,2丁目で36%となっています。そのほかに、観光ビザなどで定期的に来日して働いている人や、不法残留の人、親子で住んでいるが子どもが日本国籍をとっているなどの数が加わります。歌舞伎町などにつとめている女性で、日本人と結婚し、子どもが生まれた後、離婚するというケースが非常に多く、生まれた子供は日本国籍を持つようになります。日本国籍の子どもを持てば永住権がとりやすくなります。大久保1丁目は外国人2203人、日本人2522人ですが、今の勢いで行くと来年あたりには逆転すると思われます。外国人登録していない人も含めれば実質は日本人の3倍~4倍くらいはいると思います。それは以前私が百人町1丁目で国勢調査で3ブロック、300件を調査した結果でもそうでした

外国人の子供が多い大久保小学校

 大久保1丁目は歌舞伎町にもっとも近く、韓国料理店が密集し、外国人比率が、もっとも高いところです。その中にある大久保小学校は、外国人の子どものほうが多く、父兄へのお知らせも確か7ヶ国語のお知らせを作るとか聞きました。私の卒業した百人町二丁目の戸山小学校でも大久保小ほどではありませんがかなり外国人比率が多いのです。転居したばかりで、日本語がよくわからない子どもも多く、教える先生は大変だと思います。以前戸山中学校の中学生が、地域の会社や商店に3日ほど実習に来たのですが、中国から来た男の子は日本へ来たばかりで日本語が全く分からず大変困りました。

 前にも書いたように、私の所有しているビルの一つも、今年から、韓国スターグッズ店と、韓国料理のお店に貸しましたし、どんどん昔からのお店が韓国系のお店に変わっています。前から住んでいる人も、自分で商売をしないでみんな貸しビル業に変わってしまいました。外国から来た人たちと、もとからの日本人の連携はいま一つですが、うまく手を組んで大久保の街全体がさらに活性化するといいのですが。

追記 2015年5月

 このブログは2010年8月に書いたものです。このブログが急にアクセスが増えました。どこかのテレビの放送か新聞記事に大久保地域の外国人のことがのったのでしょうか。2010年ころ、この時期には大久保地域にはかなり、韓国・朝鮮系の人が多かったのです。しかしこのところ中国系の人が多くなりました。また新宿全体では三番目にベトナムの人(留学生)、ネパールの人、ミャンマーの人が増えています。

2015年5月1日現在 外国人の数 新宿全体32473人

2016年10月1日        2017年11月1日

(2016年10月新宿全体 40518人 1年と少しで8000人増加、2017年には2548人増加)

百人町1丁目  1841人   1735人                                         百人町2丁目  2024人   2166人                                         百人町3丁目   376人   417人                                         百人町4丁目   376人   399人

大久保1丁目  2035人   2332人                                  大久保2丁目  3258人   3358人                                            大久保3丁目   305人   517人

次いで多い地区は

北新宿1丁目 1697人   1846人                                            北新宿3丁目 1682人   1789人                                           北新宿4丁目 1283人   1575人

ここは百人町に隣接しています

高田馬場4丁目 1121人

1000人以上は以上です

国別人口  新宿区

          2015、5、1  12、1  2016,10,1

1位 中国   13710人  14184人  14645人                                      2位 韓国朝鮮 10463人 10205人  10246人                                            3位 ベトナム  2981人  3251人   3435人                                     4位 ネパール  2512人  2831人  3305人                                      5位 ミャンマー 1425人  1673人   1853人                                         6位 アメリカ   985人   936人   1020人                                          7位 フランス   748人   820人   820人                                      8位 タイ     710人   707人   727人                                       9位 フィリピン  678人   710人   767人                                        10位 イギリス  344人   372人   366人                                            11位 インド    228人         238人                                           12位 カナダ   192人          211人                                       13位 ドイツ    162人         171人                                       14位 インドネシア161人         194人                                       15位 ロシア   156人          157人

    スリランカ               218人                                   ・   バングラデシュ           202人

   オーストラリア            179人      

 2015年全部で117国の方が住んで居ます

 2016年10,1 123か国 40,518人の方が住んでいます。

スリランカ12位、バングラデシュ、14位、

オーストラリア16位と順位が変化しています。

2017年11月 132国、 43,066人の人が住んでいます。

 新宿区の全人口 342,723人 日本人 299657人 外国人 43066人(12,6%)

(このほか観光ビザで3か月ごとに来ている韓国の人などがたくさんいます)

2017年11月15日 (水)

新大久保のタイ・ベトナム料理店「ソムオー」へ行ってきました。おすすめの店です。

 
Kc4a04830001
新大久保駅から1分。山手線線路ぞいの道です。郵便局通りにあります。
お店の正面。段差がありひとりで車いすで登れません。入口にはテラス席があります。
オープンは2004年。それまでは、筆者はタイ料理のクンメー(近くに3店あり)に行っていましたが、ソムオーができてからは、ベトナム料理、タイ料理どちらもあって便利なので、ソムオー専門に行っています。タイ商務省「Thai Select]だそうです。
 食べログでの評価は3,56点かなり高めです。
人間学研究所やクラス会などの懇親会でもよく利用しました。多くの人で行くと、いろいろな料理が楽しめます。
 ディナーポイントカードで、60ポイントで5000円割引になります。
新宿区百人町1-11-24 YSビル1階
 050-5863-8433 夜は予約してからのほうがいいです。
171114_131403
お店の入り口。左側の席と右奥に席があります。60席があります。
171114_131404
お店の中。タイやベトナムの品も売っています。
171114_132001
メニューの一つ。ものすごく品数がたくさんあります。同じ料理でもタイ風、ベトナム風があります。
コース料理の例
スペシャルコース     4860円
オリエンタルコース    3240円
ベトナムアオザイコース 3024円
他にいろいろ、雷魚のコースなどもあります。
2017年11月14日に食べたもの
171114_131901
頼んだ品物、生春巻きです、842円。揚げ春巻きもあります。
171114_132901
蟹チャーハン、1058円。初めて頼みましたがとてもおいしかったです。1058円。他に海老チャーハンとかいろいろな種類があります。
171114_133101
蟹と卵のカレー炒め、1512円。 絶品です。海老と野菜のカレー炒め、ソフトシェルと卵のカレー1728円もとてもおいしいです。行くと必ず頼んでいます。
たくさんできたときは、タイ米のもち米のライスを頼みます。
171114_133701
エビと野菜炒め 値段忘れました。
エビスタル生ビールを2つ頼んで、二人分合計4379円でした。
おすすめの品
トムヤムクン  S 1132円  L 2160円
パインセオ   S 1080円  L 1620円
レッドカレー  牛 1026円
グリーンカレー鳥 1036円
トムヤムラーメン 1058円
フォー        972円
タイスキ      1036円
パッタイ       961円など
サラダはタイ、ベトナム各種あります、非常に辛いものがあり要注意。唐辛子少なめにしてもらいます。
ランチタイムにはランチコースがあります
日替わりランチセットなど月~金 907円
  土日                972円
 サラダ、スープ、デザート、ドリンク付き
◎ 一度行ってみることをお勧めします。今まで多くの方に紹介しましたが、好評でした。
2018年2月6日
斉藤さんと2人で。昨年11月に頼んだものと違うものを頼んでみました。
180206_132701
揚げ春巻き 900円くらいか
180206_132901
ソフトシェルのトムヤムスープ 1512円 かなり辛いです
180206_133101
チャーハン 972円
180206_133201
ソフトシェルと卵のカレー、1728円 これは食べやすくおいしいです。
ほかに恵比寿生ビール2杯 648円×2=1296円
合計  2人ででした。6400円
 

2017年10月 9日 (月)

2016年大久保まつりの状況、韓人会の伝統舞踊を目の前で見ました。2017年追記

171009_134001 

2017年10月9日の第36回大久保まつりのパレードです。

12時 交通少年団から始まり7つの団体によるパレードです。

上の写真は子供たちによる民謡踊りです。

好天に恵まれ、すごい人出でした。2016年の記事に追記して更新しました。

171009_141301

新大久保駅前です

14時10分からの韓人会のパレードの前に写させてもらいました。

12時45分から東京韓国学校の生徒による民族舞踊、14時10分から韓人会の伝統舞踊があります。YouTubeで大久保まつりパレードと検索すると動画で見られます。

 

171009_135101

わんわんパレード 大久保駅スタート

171009_140601

14時10分から子どもたちによるテコンドー

171009_132701

韓国の子どもたちによる踊り

171009_153401

2017年のチラシ 上

これから下は2016年のものです

2016年の第35回大久保まつりが、10月10日の体育の日に恒例通り開かれました。8日、9日は雨でしたが10日は何とか曇りで、雨は降りませんでした。気温が低く、長そで2枚着ても寒いくらいでした。

 新大久保駅から明治通りにかけて新大久保商店街振興組合が、小滝橋通りから新大久保駅までを百人町明るい会商店街振興組合が担当します。このお祭りは大新宿祭りと協賛で小滝橋通りから明治通りまで12時から3時まで歩行者天国になり、いろいろな催し物があります。

 パレードは12時15分から、新宿交通少年団、西戸山とわらーず、創価学会、富士鼓笛隊、東京韓国学校、大久保未來組、百人町児童館、民謡踊り、韓人会、テコンドー、伝統踊りです。14時10分が最終スタートです。見られたのは大久保未來組からです。東京韓国学校では華やかな女子生徒の韓国の踊りが披露されます。前は自宅のビルから写真を撮りました。2013年のブログをご覧ください。2014年2015年の大久保祭りは見に行けませんでした。2016年は電動車いすなので1人で見に来られます。

日本年金機構広場ではジャズフェスティバルが開催されました。全龍寺とルーテル教会のところで模擬店が開かれます。以前は全龍寺でトウモロコシ焼きを担当していました。

 年金機構広場では、いろいろなイベントが開かれます。落書きコーナー、ハンドペインティングなどもやっていました。

161010_150502_1

「2013大久保祭り、出足は昨年と同じ韓国人学校女生徒の民族衣装での踊りが見もの」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2013/10/2013.html

 今年は残念ながら12時50分からの東京韓国学校の踊りは見られませんでした。

161010_131901

これは大久保未來組とか。よくわかりませんでした。

161010_132001

ルーテル教会(プロテスタント系、建て替えました)前の模擬店会場です。だいぶ混んでいました。

161010_134002

日本年金機構広場のジャズ・フェスティバル。ハッピーサックスの演奏です。

161010_135001

歩行者天国で座り込む人々。

161010_135401

毎年恒例の花笠音頭の踊りです。大久保と百人町のグループが踊ります。

161010_140501

全龍寺の入口、中に入りいろな模擬店が。

161010_141101

韓人会のテコンドーの子供たちです

161010_141401

韓人会の舞踊と一緒に民族楽器を演奏します。

161010_141601

韓人会の伝統舞踊です。車いすで車道のところにいたのですぐ近くで見られました。

161010_141603

161010_141801

扇子を開いたり閉じたりの時に勢いよく音が出ます。

 

 

2017年9月17日 (日)

2001,2008,2017年の大久保エスニックの街と、韓国広場周辺の韓国レストランの減少を見る

 2001年(平成13年)と、2008年(平成20年)と2017(平成29年)に置いての、エスニックの街、韓国グッズ・レストランの変化を見て、大久保地域の街の変化を見てみたいと思います。
 「こういちの人間学ブログ」においては、2009年8月にブログを書き始めてから、カテゴリー「大久保の街」という名称で86ほどの記事を書いてきました。詳しくはカテゴリー「大久保の街」で検索してみてください。その概略の流れと元になる資料をご紹介します。
2001年ごろ
 2001年は多国籍の街ということで注目し始められた年です。このころは韓国料理の店が次第に増えてきましたが、韓国料理以外の店もあり、大久保=エスニック・多国籍の店と言われました。このころは新大久保駅周辺でも日本の店のほうが多かったのです。
 共住懇で作った「おいしい”まち”ガイド」の2001では、最初にエスニックということで、韓国料理だけでいろいろなエスニック料理店や物販店が3ページ半で80店ほど紹介されています。その中で韓国料理店は40店ほど、そのうち2017年現在も残っている店は半分に達しません。いかに入れ替わりが激しいかを示しています。
 2001年当時は、しかしそれ以上に、大久保通りだけで、4ページ半と多くの日本の店も紹介されています。
◎それ以前の新大久保は日本人経営の商店がずらっと並んでいました。
170917_085201
中に同封されている地図・エスニックマップ
170917_085401
2001年当時の 新大久保駅から明治通りにかけての大久保通りと職安通りのエスニック料理、グッズ店。
170917_085402
新大久保駅から大久保駅にかけての百人町1丁目と2丁目地区。このころには大久保通りとお滝橋通りの交差点には三和銀行がありホテル海洋もありました。新大久保駅のすぐ近くにハラルフードの店ができてきました。
170917_085502
2001年の新大久保駅から百人町地区のところまで。このころは日本の店も多かったのです。この地図に書いてあり、35店中、2017年にも残っている店は、サカエカメラ、内藤シューズ、山本米店、パリミキ、盛好堂書店、だけです。
2008年ごろ
 2008年には筆者が独自に大久保地域のエスニック料理店を全部自転車で回り地図上に記入していきました。このころには韓国料理店は一番多く、特に職安通りに集中していました韓国料理店高麗の裏の道には8店も軒を連ねすぐ近くの路地にも6店も韓国料理店ができました。。このころには新大久保駅の周辺の店はまだ日本人が経営する店は多かったのです。それで職安通りのほうに多くの店が集中しました。また新大久保駅の近くにはハラルフッドの店が多くなりはじめました。
 筆者のところも、東京ガスの委託店から、1,2,4階を韓国の店に貸すことになりました。新大久保駅から3分ほどで、いわゆるイケメン通りの手前の場所なので、テナントはすぐ決まりました。5階は自宅で、3階は株サタケの事務所と人間学研究所の事務所に残しました。
2008年8月1日に筆者が作った手書きの大久保エスニックの地図(大久保方面)
上部が大久保通りで、下部が職安通り.右が明治通り。
自転車ですべての道を回り調査しました。結果は人間学研究所の例会でも発表しました。
170917_085701
地図の左半分。百人町地区。新大久保駅と大久保駅に挟まれた地域
2011年には長く文房具店をやっていた柳やさんが、土地とビルを韓国系のところに売りました。周りに日本人が減り文房具の売り上げが激減してきたそうです。
170919_111501
手前の茶色のビルが、プラザ1、真ん中の白いビルが2、奥谷や低いビルがです。プラザ3には大画面のテレビがあります。
170919_111401
このビルはプラザ2 元114銀行のビルでした。
2012年12月にはしばらく空いていた三つのビル(K-プラザ1、2,3)が韓国系のビルとなりました。初めは3つのビルを取り壊して1つの大きなビルにする計画でした。ビルの一つは元114銀行の持ちビルで、1,2階が銀行でその上は社宅でした。
 
170917_085801
 2008年ごろは、この当時もっとも韓国の店でにぎやかだったころです。韓国系の店は大久保通りよりも職安通りのほうがにぎやかだった。韓国系スーパーマーケットの韓国広場(歌舞伎町)とその前面に密集してつくられた韓国レストラン。ここには高麗博物館が作られました。
 大久保通りから職安通りに抜ける、いわゆるイケメン通りのテナント料が高騰し脇道なのに坪4~5万円近くの店まで現れました。
 このころには脇道にも人があふれ、大久保通りから2件横道に入った第2サタケビルも行列ができる盛況でした。1階から3階は韓国グッズ店で、地下は宮(クン)というバーでした。
 
2013年から2014年ごろ、反韓デモで客数が激減
 2013年ごろから 2014年にかけては反韓デモが大久保通りに何回も通り、それに対してレイシストしばきたいが応酬し街は騒然となった。これにより客数は激減し、韓国の店のバブルが崩壊し、大久保通りの新大久保からイケメン通りの先の店や職安通りの店は撤退する店が多くなりました。今まではお客さんが多く、どんな店も流行っていたのが味とサービスの良い店だけが残りました。
 筆者のところでも第二佐竹ビルのテナントが、地下1階のバーも、1、2、3階のグッズ店も撤退しました。現在は地価のバーは入れ替わり、1階はソウルレコード、2,3階はコンゴのお店でしたがこれもやめました。
2013年末には百人町1丁目に第三サタケビルが完成、1階はカフェ、と中国のお店、2階は韓ホドンチキンが入り人気が高まりました。3階は日本人の事務所といろいろです。
 2014年10月には職安通りにできたかなり大きな複合店、Kプラスが閉店し、韓国系の店から中国人、台湾人などに向けた免税店に変わりました。
 テナント代が下がり、韓国系の店だけでなく、ベトナム、ネパールのお店が増えてきました。2016年にはネパールのレストランが25店も出来ましたが、さすがに急に店を増やしすぎ、やめる店が出始めました。ベトナムの店は順調に増えています。
2017年ごろ、多国籍化もあり客足回復
 大久保通りの日本人経営の店がなくなり、代わりにエスニック・韓国の店が増えてきました。
 職安通りの韓国広場の前で韓国レストラン高麗の横道に以前は8店の韓国レストランがありました。今はなんと2店になりました。大久保通りのイケメン面通り周辺からイケメン通りは混みますが、職安通りの人どうりは急速に減少しました。
 大久保通りでの嫌韓デモが禁止されてから、大久保への客足は急速に回復してきました。従来は韓国の店のお客は中高年の女性が多かったのですが、最近は圧倒的に若い女性が増えています。
 2016年には竹見ビルがビルを売却し、カプセルホテル、9アワーズができました。
 はやりの食べ物が、はじめは豚肉の脂身を焼いたサムギョプサル、それがチキンの店が多くなり、今はダッカルビが大人気です。どこかで初めて人気が出るとみんな始めます。
 前にも書きましたが、大久保の街は再び韓流の街から、多国籍の街に戻ってきました。多国籍の街のほうが私は歓迎します。大久保通りの人通りはだいぶ回復しました。
 新大久保駅は改装中ですがオリンピック前には完成します。駅前の混雑が早く解消してほしいものです。
職安通りの韓国広場周辺の韓国レストランの店のさびれ方
170919_105501_2
職安どうりのスーパー、韓国広場。こちらは歌舞伎町でこの店の周辺に韓国レストランがたくさんできました。
170917_085702
 上の地図で韓国のレストランが密集していたところ。左下にスーパー韓国広場。
170913_143501
今も残るデハミング。
170913_143701
今も残る宋家カムジャタン。宋家カムジャタンは他の場所に何店かできています。隣はデハミング。
170913_143601
韓国レストランの代わりに入った串カツ屋さん。左の店は韓国のチキンの店。
170913_143301
評判の良かった韓国レストラン、オザッキョの後はホテルになっていました。建物が汚れ、さびれた感じです。
 
・]
170919_110301
職安通りからみたにぎやかな韓国レストランの店がたくさんあった道の入り口。2階は韓国レストラン高麗でしたが、改装中でまた営業するかは不明です。1階は韓国風?中華レストラン新宿飯店。
170919_105502
高麗の隣のビルには高麗博物館と文化センターアリランがあります。1階はコンビニに。
170919_110101
以前はここはK-plusという韓国スーパーなどの複合店でした。それが客数の減少から倒産し今は免税店となっています。
002_1
「こういちの人間学ブログ」 2014年10月8日
「韓流百貨店K-plus 閉店 最大の要因は貧富の差拡大と円安」
170919_105802
店の前には、中国系の観光客でしょうか、たくさんあつまっています。
170919_105801
この通りにもたくさん韓国レストランがありましたが今では1階は中国免税店。2階の水宝館など数店です。
 
 
「大久保コリアタウンの変化―大幅に変化 2017 新宿新聞の元日号から」
 

2017年9月11日 (月)

戸山の歴史、今昔。尾張下屋敷から陸軍の施設へ、そして戸山公園と早稲田大学

2017年9月10日(日)戸山シニア活動館の講演会があると新宿区のお知らせがあったので、電動車いすで出かけてきました。戸山シニア館は東京都新宿区戸山町にあり、電動車いすでもそのまま入れる施設です。
170910_144801
 会の名称は、「第18回戸山の歴史を語り継ぐ集い」で常連のメンバー40人ほど筆者のような新規参加者は10名ほどでした。当日は資料2枚が配布され、壁にはいろいろな写真が貼られていました。
170911_135401
途中で帰りましたので終わりのほうは聞けませんでした。戸山競馬場が明治につくられ、日本で一番早い競馬場でしたがあまり知られていません。
170910_140901
 前日の9月9日も天気が良いので戸山町一帯を電動車いすで回りました。
戸山が原について
 大久保と戸山の地は関連が強く、戸山が原は大久保、百人町の地区にも及んでおり、例えば筆者の卒業した戸山小学校の校歌では「大久保・戸山の学び舎に~」という歌詞があるように大久保と戸山はかなり重なっていました.
戦前から戦後しばらくの間、大久保3丁目の地には、陸軍の射撃場がありました。戦後もそれは使われ機関銃などの音が聞こえました。そして弾が外に出ないようにかまぼこ型のドームの中で行われました。昔はここは西大久保4丁目と言っていました。東大久保という地名もありましたが今では新宿7丁目となっています。
 また西大久保1丁目は歌舞伎町2丁目となりました。西大久保2丁目は大久保1丁目となり、大久保2丁目、大久保3丁目と名称が変わりました。
 百人町3丁目の地域も昔は陸軍の演習場で、大久保3丁目の射撃場、百人町3丁目共に戸山が原と呼ばれていました。百人町3丁目には陸軍の研究施設もありました。戸山が原には立ち入りが比較的自由で子どもたちのいい遊び場だったようです。
 戦後しばらくしてから、大久保3丁目は戸山公園、早稲田大学理工学部、都営住宅などが建てられました。百人町3丁目にも国立科学博物館分館(現在は筑波に移転)都立衛生研究所、光線研究所など様々な研究所などが作られました。国立科学博物館分館後には桜美林大学を建設中です。また都営住宅、一戸建ての復興住宅などがたてられました。
 現在は戸山1丁目は国立国際医療研究センター病院(元陸軍病院、昔、旧館のコンクリートの厚みは普通の倍の厚さがありました)、国立感染症研究所などがあり、元は陸軍病院でした。他には早稲田大学戸山キャンパス、があり、お寺がいくつもあり、なかなか瀟洒な住宅もあるところです。戸山2丁目は戸山公園あり、戸山ハイツといわれる都営住宅があります。3丁目には、学習院女子大学や戸山高校などがある地域です。
尾張家の広大な下屋敷
 江戸時代は御三家筆頭尾張家の下屋敷がありました。戸山町全部に及ぶ広さで13万数千坪の広大な屋敷でした。戸山町のお屋敷には箱根山という人工の山を作り、そのふもとには町屋が36軒建てられ、東海道の宿場のようにつくられたそうです。
 当時のお屋敷の様子は絵巻物に描かれ、大きな池が2か所あり立派な橋がかけられ、龍門の滝という立派な滝も作られました。
170911_140001
尾張家戸山屋敷全図。配布された資料。上下とも。
170911_135501
素晴らしい絵巻物になっています。
170911_135301_2
明治12年、大久保、東大久保はまだ村。 屋敷の池から川が流れ東大久保に砂利場があった。大久保の地にも川が流れ一部田んぼがあった。
明治20年 日本初の競馬場が作られる。尾張の庭園の池がまだある
明治43年 大久保村に射撃場が作られる 陸軍戸山学校できる
大正12年 近衛騎兵連隊がおかれる
昭和3-4年 幼年学校置かれる
昭和15年の戸山の地図 大久保、百人町には高級軍人が多数住む。
明治維新における尾張藩と藩主徳川慶勝の動向―尾張藩は「勤皇誘因活動」を行う。
170910_144201_2
射撃場の端にあった弾除けの場所―三角山。戦後も残り、筆者たちは小学生時代ここでいろいろと遊んだ。山手線の電車は単線で、はじめ新大久保駅はできていなかった。高架線でなくおばあさんは狸が電車にひかれたとか言っていました。新大久保駅もできた当時、裸電球がポツンとあるような駅だったとおばあさんが言っていました。
9月9日に電動車いすで戸山町を回ったところです
 諏訪通りは諏訪神社のところから早稲田につながる道です。山手線をくくる道は今拡張工事中です。明治通りを超えて進むと西早稲田中学校、そのご学習院女子大、高校、中学校の塀(レンガ造り)が延々と続きます。
 通りの左側は西早稲田町で右側が戸山町。早稲田大学戸山キャンパスがあります。今学生会館を工事中です。
170909_113301
穴八幡神社ここの高田馬場流鏑馬は有名。こちら側は西早稲田。手前は戸山町。早稲田通りと合流。
171001_104901
穴八幡の社殿。裏から車いすでも入れます。
170909_120201
早稲田大学戸山キャンパス。ここは文学部系。学生会館工事中。大久保3丁目の戸山公園には早稲田大学西早稲田キャンパス(理工学部)があります。
170909_115001
地図の上のほうは早稲田大学戸山キャンパス。戸山1丁目の看板、赤い現在地のすぐそばに夏目坂通りがある。この辺りは夏目漱石の関連地。この辺りにはお寺がたくさん.
170909_114401_2
戸山東公園、小さい公園ですが水が流れていました。
170909_120401_2
都立戸山公園。箱根山周辺、人工の山ですが、山手線の内側ではここが最も高いところです。
10月1日早稲田大学周辺へ行ってみました。
171001_110701
近くの商店街から大隈講堂を見る
171001_111101
大隈講堂
171001_111201
 

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック