フォト
無料ブログはココログ

人間学研究所の例会

2020年11月10日 (火)

1、人間学研の2020年11月例会で佐竹が話をします。2、「人間学研究所通信89号」の発行、3「交流の広場」始める

1、人間学研究所 2020年度11月例会で佐竹が話をします。

 日 時 : 2020年11月27日(金)午後6時から

 場 所 : 西戸山タワーホームズ N棟集会室

       新宿区百人町3-1-5

 テーマ :「ヒトは人相のどこに興味を持つのか(今度の入院のことも)」

     「こういちの人間学ブログ」でのアクセスを見ると、日本では

      人相の耳についてのアクセスが多く次は額でした。西洋人相術

      では目と髪についての関心が強いのです。なぜでしょう。

 講 師 : 佐竹幸一

       ご連絡は 090-6549-2677へ

◎新コロナウイルスの感染状況により、これも中止になることがあります。

 例会が開けるかどうかわかりません。それで急遽、臨時でお話しすること

 になりました。本来の順番の生田清人氏さらには、田中稲生氏には、状況

 が好転してからお話しいただきます。

 

2、「人間学研究所通信89号」”HUMANOLOGY89””が発行されます。

 2020年度は新コロナウイルスのために、まだ1度も例会が開かれていません

 が、岩田所長のご尽力で、「人間学研究所通信は」85号(3月27日)

 86号〔4月〕、87号(6月)88号(8月)89号〔11月〕と発行されてきました。

 89号の内容は

  p1  11月例会のお知らせ  会費納入のお願い

  p2『人間学研究所年誌2020』第18号刊行予告 原稿募集

  p4 「交流の広場」始めました

 

3、「交流の広場」を始めました

  新コロナウイルスのために、例会をずっと開いておりません。よく他の学会等

  では、オンラインでの例会に変えていますが、当研究所では困難です。

  その代わり、佐竹の提案により、人間学研究所の皆さんに、自由にいろいろ書いて

  いただく場を作りたいと思いました。その呼びかけに答えて、研究員の倉田 眞氏

  が早速2020年9月付 第1号、「政治報道の堕落」P4を書いていただきました。

  それに続いて、12ページの力作、同じく研究員の里見 脩氏の、第2号「倉田論文

  を受けて」を投稿していただきました。

  3号と5号には研究員の生田清人氏、第4号には副所長の森岡修一氏の投稿も送られて

  きました。

  今後、この欄を皆様が気楽に使っていただき交流を深めることができるならば、

  新コロナの蔓延も新しい交流の機会を与えてもらったと言えましょう。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月 5日 (木)

1、コロナウイルスで人間学例会中止、追記、当面4月以後も休会に、2、人間学研究所年誌の発行 3、人間学研の図書移動

1、人間学研究所の例会

 新型コロナウイルス騒ぎで3月例会は中止となりました。

◎追記 4月例会も中止となりました。当面騒ぎが収まるまで中止となります。

    

2月例会

日 時:2020年2月13日(木)午後6時から 159回例会

講 師:西田隆男氏 (人間学研究所研究員

           自由の森学園、学校カウンセラー)

テーマ:「こどものための哲学のケーススタディー」

場 所: 西戸山タワーホームズ集会室

3月例会

  例会は中止

2020年3月13日(金)予定の生田清人氏のお話は新型コロナウイルス騒ぎのために、4月17日(金)に延期になりました。それに伴って、4月17日にお話を聞く予定でした、田中稲生氏のお話は5月15日(金)に変更になりました。

3月13日に希望者が多くあれば懇親会を開く予定でしたが、それも中止いたします。

3月は年度末なので、希望者は会費を現金払いしてもらうのと、出来上がった人間学研究所年誌をお渡ししていました。それができなくなります。

4月例会も開催できればいいのですが。

4月例会 中止

日 時: 4月17日(金)午後6時から  160回例会

講 師: 生田清人氏(人間学研究所研究員

            駒沢大学等講師 地理学)

テーマ:「わかるからできるに向かうわが国の学校教育における教師の専門性」

場 所: 西戸山タワーホームズノースタワー集会室

5月例会 中止

日 時: 5月15日(金)午後6時から) 第161回例会

講 師: 田中稲生氏 (元銀行支店長)

テーマ: 「歌の歌詞について」

場 所: 同上

2、「人間学研究所年誌2019」No17が発行されます

3月10日ごろに印刷所から届く予定です。届きましたら郵送で皆さんにお届けいたします。

3、人間学研究所の図書を処分と移動中です。

 以前の人間学研究所のある部屋にある図書を処分と一部自宅に移動中です。

以前、人間学研究所(佐竹ビル3階)にあった書物は約1万冊でした。筆者が部屋に戻れなくなり、2000冊は新しい部屋に持ってきて、8000冊はそのままにしておきました。

この度、この部屋もテナントに貸し出すことになり、本の処分をしなければなりません。2月29日に社会科学系の古書店と、ブックオフがきて一部引き取りました。教育学系の本は古書として売れないそうです。占い関係の本は持っていき16000円ぐらいになりました。

まだ残っているので別の古書店に来てもらいます。それらは息子が手配してくれました。

今までに12000冊ほど本を買い、1000万円は本にかけたでしょうか。2000冊を前に処分しわずか5000円にしかならず、今度も大したお金にはなりません。2万円ぐらいでしょう。自宅には整理して、2500冊ほどを残しておこうと思います。

「こういちの人間学ブログ」2020年2月18日

「人間学研究所の8000冊の図書と人間学研究所の移動と廃棄について」

http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2020/02/post-4c981a.html

 

2019年12月14日 (土)

人間学研究所 2019年度例会 更新版 11月例会 岩田好宏氏のお話. 追記12月忘年会 の写真 2020年4月まで講師の方決まる

1、人間学研究所の第156回例会2019年度11月例会のお知らせ

 日 時 : 2019年11月15日(金)午後6時から8時ころまで

 テーマ :「遊び、仕事、学習、実践」

      電車の中で隣に坐っている若者がスマホゲームを

                 しているのを見て

      ”これは人間の生活の仕方の基本だと思った”

 講 師 : 岩田好宏氏 (当研究所所長・子どもと自然学会

              元会長)

 場 所 : 西戸山タワーホームズ集会室

       新宿区百人町3-1-5

◎当日は9名の方が参加され、懇親会も5名の方が参加されました。

 

2、以後の例会の予告

 157回例会 

    2019年12月13日(金)午後6時から

    鍛冶屋文蔵 高田馬場店

    参加費  料理7品+飲み物代 2000円+500円

    当日は、9名の方が参加されました。

    下記に参加者の写真があります。とてもきれいに写っています。

ダウンロード - 20191213_192900.jpg

 

 158回例会

    2020年1月17日(金)午後6時から

    講 師  森岡修一氏 (当研究所副所長・

                                大妻女子大名誉教授)

    テーマ  「日本の言語教育の動向とリテラシーをめぐる

          諸問題」

    場 所  西戸山タワーホームズ集会室

    (状況により3月でお話しいただける予定の生田清人氏に

     代わることもあります)

 159回例会

    2020年2月13日 (木)午後6時から

    講 師  西田隆男氏  当研究所研究員・

         (自由の森学園学校カウンセラー

                埼玉ダルク所長)

    テーマ  「子どものための哲学のケーススタディー」

    場 所  西戸山タワーホームズ集会室

 160回例会

    2020年3月13日(金)午後6時から

    講 師  生田清人氏  当研究所研究員・

               (駒沢大学講師他) 

   テーマ  「わかる」から「できる」へ向かうわが国の

        学校教育における教師の専門性

        ~日仏の新しい学校地理の比較から~

   場 所  西戸山タワーホームズ集会室

 161回例会

   2020年4月17日(金)午後6時から

   講 師  田中稲生氏 (実用的人間学研究会会員

               元銀行支店長)

   テーマ  未定

   場 所  西戸山タワーホームズ集会室

    

◎ お問い合わせは  当研究所事務局長 佐竹幸一まで

    pcr92240@nifty.com

           090-6549-2677

★ 人間学研究所のメンバー以外の方でも参加できます。

  お問い合わせは、佐竹まで、ご連絡ください。

 

2019年10月 3日 (木)

人間学研10月例会、対談「藤岡貞彦一橋大名誉教授に聞く」”SDGsの異常な期待を考える” (岩田当研究所所長との対談)

2019年度、人間学研究所第6回例会 (人間学研究所第152回例会)のお知らせ

 

日 時 : 2019年10月18日(金)午後6時から (会場は5時半オープン)

 

テーマ :「対談 藤岡貞彦名誉教授に聞く」

     ”CDGsの異常な期待を考える”

     ― あえて持続可能な社会を目指して

 

対談者 : 藤岡貞彦 一橋大名誉教授

      岩田好宏 人間学研究所所長

 

場 所 : 西戸山タワーホームズノースタワー集会室

      東京都新宿区百人町3-1-5

      山手線の新大久保駅、高田馬場駅の間の線路沿いの

                3棟の高層マンションの最も北側の1階

 

◎ 藤岡貞彦氏は1935年生まれ 東大卒。一橋大学で、社会学部長を務められる。

    専門は社会教育学、公害教育、環境教育など

    東京平成大教授などを務められ、現在一橋大名誉教授

    人間学研究所通信84号に(2019年6月7日発行)に

    「時は今、桔梗の旗揚げ」を寄稿されました。

 

◎ 当日は人間学研究所のメンバー以外の方も参加されます。

  いろいろ、貴重なお話を伺えると思います。

  参加ご希望の方は、事務局の佐竹幸一までお申し込みください。

    pcr92240@nifty.com 

    090-6549-2677      

◎10月18日 人間学研究所例会

 当日は、藤岡貞彦氏とほかに、人間学研究所のメンバーの方以外の方3名が参加されましたが、人間学研究所の方は3名の方から欠席のご連絡が入り、参加者は4名だけでした。参加者は合計8名でした。会場を借りている時間のぎりぎりまで、熱心に討議がされました。

 

 

 

 

2019年7月28日 (日)

人間学研究所2019年度9月例会のおしらせ。杉山靖夫氏(税理士)の「消費税について」。例会で12ページの詳しい資料が配布されました。

190905_102201

山手線の新大久保と高田馬場の線路沿いの百日紅の花が満開です。下はつつじの花です。

人間学研究所2019年度9月例会(第154回)のお知らせ

日  時 : 2019年9月13日(金)午後6時から

テーマ  : 「消費税について」

講  師 : 杉山靖夫氏 杉山税務事務所長 実用的人間学研究会副会長

場  所 : 西戸山タワーホームズノースタワー集会

◎お詫び 9月の例会が9月13日(金)に変更になりました。

 9月20日はラグビーワールドカップの初日で、日本対ロシア戦があります。観戦される方も

多いと思いますので、1週間前の9月13日に変更いたしました。申し訳ありませんが、よろしく

お願いいたします。

 

大幅な自公の得票数の減少と、自民党の10議席減ということは

あっても、今度の選挙で、人々は消費税増税を支持したことに

なります。オリンピックまではなんとかかんとか、景気を維持

するかもしれませんがオリンピック以後は、世界同時不況と

ともに、ひどい不景気に陥りそうです。

杉山氏に、税理士の立場から、今度の消費税増税をどう見るか

お話しいただきます。

ぜひご参加ください。

        お申し込み、お問い合わせは

    佐竹幸一 090-6549-2677

    pcr92240@nifty.com

◎追 記

 いつも、貴重なコメントを頂くイチロウ様から、この度の

消費税値上げの問題点を鋭く指摘されています。

 コメントを読んでいただくとともに、「ちきゅう座」での

熊王信之氏(イチロウ氏)の論説をぜひ,直接ご覧ください。

7月12日

「消費税は日本国憲法下の税制に相応しいのか」

7月24日

「選挙結果の感想各様」

 

9月13日の例会で配布された資料から

消費税について

H1年消費税 3% H9年 5%  H26年 8% R1年 10%

190916_100901

平成30年度歳入60.4兆円

190916_100902

所得税 19兆1100億円 19,5% 法人税12兆Ⅰ670億円 12,5% 消費税17兆5570億円 18%

公債金(借金) 33兆6922億円 34,5%

190916_100801-1

上図 所得税、法人税、消費税の内訳 推移

消費税が所得税を抜きそう

下のグラフは歳出の内訳

190916_100701

ポイント還元利用時の実質消費税率:9パターン

このややこしさ

 

 

2019年6月28日 (金)

人間学研究所2019年7月例会のお知らせ 江原氏が「日本の住宅事情」を話されます。「人間学研究所通信83号」が発行されました

人間学研究所2019年度7月例会 (人間学研究所153回、2019年度第4回例会

日 時 : 2019年7月26日(金)第4金曜日ですのでお間違えの無いように

      午後6時より

講 師 : 江原 正忠氏 実用的人間学研究会幹事 (株)エバー会長

テーマ : 「日本の住宅事情」

場 所 : 新宿区百人町3-1-5 西戸山タワーホームズ集会室

◎なお、例会終了後,有志の方で懇親会を予定しています。

 

Humanology「人間学研究所通信NO84号」が発行されました。

190628_105601

 

2019年7月27日付で「人間学研究所通信No83」が発行されました。

1、人間学研究所第4回例会のお知らせ。

2、藤岡貞彦氏(一橋大学名誉教授)の「時は今,桔梗の旗揚げ」p1からp5

3、岩田好宏氏の追記です。

 

◎今回から、多量に印刷がしにくいため、

メールアドレスのある方は、添付ファイルで、ない方は郵送でお送りします。

     事務局長  佐竹幸一

◎人間学研究所・実用的人間学研究会の会員の方で、メールアドレスをお持ちの方は

 すでに、例会のお知らせはメールでお伝えしておりますが、「人間学研究所通信」(humanology)も

 今後はメールの添付ファイルで送らせていただきます。メールアドレスの無い方は郵送でお送りいたします。

2019年5月30日 (木)

人間学研究所 2019年6月例会。韓国海鮮料理店、テジョンデにて、懇親会を開きます

2019年6月例会のお知らせ

日 時 :2019年6月14日(金)午後6時から

場 所 : 韓国海鮮料理店 「テジョンデ」にて懇親会

     久しぶりの開催です。ぜひご参加ください。

     新大久保はハットグやチーズ、タッカルビ、

     タピオカ飲料が大はやりですが、本当においしいもの

     があります。

     以前にも2回ほど開催しました。

     テジョンデは開店より19周年だそうです

     新宿区百人町1-6-15 NKビル2F

     新大久保から徒歩2分 大久保通りに面したところです

     03-3207-8881

190509_102003-1

 

会 費 : 2980円 Aコース、豪華12品付きのコースです。

    サラダ

    ケジャン(生かに、海老のしょうゆ漬け)3種類

    海鮮チジミ

    茶碗蒸し

    ぽっさむ(肉料理)

    いいだこ

    刺身盛り合わせ

    さんちゅプレート

    魚だし鍋

    

     飲み物代は実費でお願いします。

 

◎ お問い合わせ、ご連絡お申し込みは 佐竹まで 090-6549-2677

研究所の所員や実用的人間学研会員以外でもご自由に参加できます。お気軽にご参加ください。

◎ 当日は9名の方が参加されました。食べ物の量が多く、少し余り気味でした。

 

 

 

2019年4月26日 (金)

人間学研究所5月例会、岩田好宏氏が「農作を人間学から考える」をお話されます。

第151回人間学研究所、第111回実用的人間学研究会合同例会

として人間学研究所の5月例会が開催されます。

日 時 : 2019年5月17日(金)午後6時から

場 所 : 西戸山タワーホームズノースタワー集会室

      新宿区百人町3-1-5

講 師 : 岩田 好宏氏 (人間学研究所所長)

テーマ :「農作を人間学から考える」

◎興味のある方はぜひご参加ください。おといわせ、参加申し込みは佐竹まで

pcr92240@nifty.com

090-6549-2677

◎当日は7名の方が参加し、農作というものを人間学的に自然科学そして、人文・社会科学両面から、総合的にとらえていくというのは、画期的な取り組みだと、皆が討議の中で話をしました。

当日は、「農作を人間学的にみると」というテーマの11ページのレジメと、岩田氏が高校教師の時に、生徒に配布した資料を、皆さんにくばられました

10_1

 

2019年4月16日 (火)

4月人間学例会での話 そのために大久保通りの店の変化を見に行く。 例会のレジメの概略

2019年4月19日の人間学研究所の例会で、「大久保・百人町の歴史 江戸から現在に至る変化を、歴史地図で見る」という話をするために準備をしていました。今回は人間学研究所、新教育的人間学研究会の150回と、実用的人間学研究会の120回の合同例会で、2019年度の最初の例会ということもあり、かなりちからをいれて準備をしました。

当日は1時間ほど、資料の説明をし、後の1時間を討議の時間としました。

190424_093901

大久保百人町の歴史

1、江戸時代以前、旧東大久保は川の流れる窪地

 大きな窪地で大久保と名付けられる

 

真ん中の道が仲通りとよばれた大久保通り。左上は尾張藩の屋敷。下は百人町。

2、江戸時代

 百人町は鉄砲同心100人組の住む町ということでなづけられる

3、明治時代

 まだ畑が多い村 豊多摩郡大久保村

4,大正・昭和時代 

 関東大震災後移住者増

 前田侯爵や古川男爵ていなどのお屋敷もあり、庶民の家もある街

 多くの文人の住む街、同時に陸軍戸山学校、演習場があり、高級軍人が多数住む町でした

 戦災で焼け野原に

 

記憶をたどったわが町大久保の一部

明治40年ころ、筆者の曽祖父が大久保駅近くで桶屋を始める。

5、戦後の時代

 ロッテ工場、と韓国人の居住(オ―ルドタイマー)

6、東京オリンピック以後

 スラム街撤去、ホテル街へ

 

百人町東町会の図

7、多国籍の街へ

 ニューカマーの韓国人

 第1,2,3次韓流ブームと嫌韓デモとそれぞれの衰退時期

こういちの人間学ブログ 

 カテゴリー「大久保の街紹介」100ほどの中から年次ごとに重要なもの35ほどを列挙しました。

 2009年からブログを始めましたが、大久保の街を各街区ごとに回り紹介しました。

大久保・百人町の歴史地図 解説

 1、大久保村絵図 江戸時代末

190424_150901

 2、江戸時代の大久保百人町「江戸東京重ね地図より」

190424_155501

下の図の紫色で赤いツツジの花の印のところが百人町。草色のところが大久保。

 3、実測東京全図より 明治12年(1880年)

190424_153401

 4,大日本職業別明細図 大久保町、淀橋町 大正14年 (1925年)

190424_153201

 5、大正5年前後の大久保町の一部 書き直したもの

190424_153301

 6、記憶をたどったわが町大久保 昭和10年前後 戸山小学校の卒業生が記憶をたどり作った地図

190424_151001

 7、昭和37年(1962年)の5万分の1地図 新宿を中心として

190424_164301

 8、百人町東町会の見取り図 昭和62年(1987年)

190424_150801

 9、百人町、大久保エスニック地図 平成20年(2008年)

190424_160601

 10、百人町、大久保の商店会の変化 2000年の地図から2012年の変化

 下図

 11、同上 2019年4月の状況

 下図

 

◎例会で配布した資料はお話の概略5ページと、添付した大久保の地図は11枚ですが、最後の地図4枚は「大久保通り百人町明るい会商店街」と、「新大久保商店会振興組合」の両方の地域が載っているために非常に便利です。2000年につくられたものですが、2011年12月と、2012年5月に、もうやめたお店は線引きして消してあります。さらに2019年段階ではどうなのかを、23日朝早めに出て大久保通りの小滝橋通りから明治通りを調査することにしました。

百人町明るい会商店街は新大久保駅から西側で小滝橋通りまでの範囲を言います。一方新大久保商店会振興組合は新大久保から東側のところで一部は百人町で、大部分は大久保です。明治通りまでの区域です。あくまでも地図に載っている店数の比較で名簿で調べたものではありません。2019年の調査では奥のほうの店ではまだ調べていない店があり、あくまでも参考にということです。また再度調査したら追記します。新大久保会商店街では25店のうち5店ほどは韓国の方の経営する商店です。

2011、2年の地図 下図2枚

190424_094001

上部の地図が百人町明るい会商店会新大久保駅の左側(山手線の外側)

190424_094201

下部の地図が大久保商店街の地図。明治通り側

2011,2年のころはまだカラーインクで塗りつぶしていない店(営業中)が多かった。

上部の地図が明るい会の大久保駅側から小滝橋通りへ向かう地区

下の図は大久保商店会で新大久保駅から点線までが百人町、その左側が大久保地区。

新大久保駅周辺は韓国の店に変わっている店が多かった。

 

2019年4月の地図 下図2枚 2019年修正版 

190424_094101

190424_094102

 

2000年の時

百人町明るい会商店会の数   78店

新大久保商店会の数      105店

2012年の時

百人町明るい会商店会の数   41店

新大久保商店街        33店

2019年4月の時

百人町明るい会商店会の数   17店  未調査7店

新大久保商店街        25店  未調査2店

◎2012年の時には減少した店は新大久保駅周辺が主でしたが、2019年には明治通りや小滝橋通りの周辺の店でも減少しています。

減少した分、韓国系の店が置き換わっています。また韓国系だけでなく、ベトナムやネパールのお店特にビルの2階以上にも入っています。

2019年の新大久保駅周辺の地図

新大久保商店街のうちの百人町部分です。25店のうち残存する店は地図では〇で囲ってあります。

パリ-ミキ、盛好堂書店、円満屋熱帯魚、内藤シューズ、山本米店、サカエカメラの6店です。

大久保部分の店残存する店

ひらまつ青果、焼肉美苑、東京風月堂、万年湯、大丸設備、東京電建、美容室parco,フローリストしのざき、鳥重、新宿日曜大工センター、動物ショップZOO、島村印店(商店会長)、焼き肉中央苑、小倉屋酒店、とんかつかつ味、山手クリーニング,アライ手芸店,市沢自転車商会、柳沢陶器店、19店

不明  味むら。酒どころ司

このなかで、すでに商店会を抜けた店があるかもしれません。また、このほかに新たに商店会に入った店があると思います。

◎地図や資料はまだたくさんありますが、ほんの一部だけを紹介しました。ブログではさらにその1部だけを紹介しました。

 

 

2019年3月23日 (土)

人間学研究所2019年4月例会のお知らせ。「大久保、百人町の歴史」講師 佐竹 幸一

2019年度、人間学研究所4月例会
  第1回例会(新教育人間学部会150回・実用的人間学110回 合同例会)
         (丁度150回の区切りの会となります)
1、日   時
  2019年4月19日(金)午後6時から
2、講   師
  佐竹 幸一
3、テ ー マ
  「大久保・百人町の歴史」
    -江戸から現在に至る変化を歴史地図などで探る
190326_202401
大正5年(1930年)ころの新大久保駅周辺。
新大久保駅の北側は畠とツツジ園で,戸山が原陸軍演習場に続いていた。
商店は大久保通り(当時は仲通りといった)にあり、大久保通りの北側
戸山小学校の周辺も畑や雑草地などが多かった。
190326_204601
昭和62年(1987年)の新大久保駅の北側。大久保通りの北側部分
右下が新大久保駅。左上が戸山小学校。このころは商店も民家も日本人
が大部分でした。

 

  190103_140102-1
 最近の大久保のイケメン通り  ●印は韓国のお店です。
4、場   所
  新宿区百人町3-1-5
   「西戸山タワーホームズ、ノースタワー集会室」
◎ 研究所員・会員でなくとも参加できます。
  参加、ご希望の方は pcr92240@nifty.com  佐竹までご連絡ください
参考ブログ
 「こういちの人間学ブログ」2019年3月7日
  「江戸から明治、大正、昭和、平成に至る、歴史地図で見る大久保・百人町の歴史」
   
     http://koiti-ninngen.cocolog-nifty.com/koitiblog/2019/03/post-6aec.html
   その他、いろいろあります。
   

 

 

   

 

 

より以前の記事一覧

最近の記事

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック