フォト
無料ブログはココログ

人間学研究所の例会

2019年1月20日 (日)

人間学1月例会。日高聡氏「~オランダから学んだ挑戦する生き方。2月例会、倉田眞氏石牟禮道子氏

2019年1月例会 (実用的人間学第106回・人間学研146回)
日 時 : 2019年1月18日(第3金曜日)午後6時から
テーマ : 「超個人主義の国オランダから学んだ挑戦する生き方」
講 師 : 日高 聡氏 (東京工業大学修士課程2年 
                デルフト工科大学留学)
会 場 : 西戸山タワーホームズ集会室
お話の内容
自己紹介
東京田無で生まれ育つ。最近新大久保の佐竹ビルの3階、以前の人間学研究所のところに住むようになりました。(日高 聡氏は筆者の甥になります)
現在、東京工大大学院修士2年、オランダの国立大学”デルフト工科大”との、交換留学生でオランダへ。デルフト工科大は世界の大学63位、(東京工大は250位)ノーベル賞受賞者も3人出している名門校。授業はすべて英語で行う。オランダの院生、ミーシャと友人に。彼らの積極性に刺激を受ける。
前代未聞の専攻変更への挑戦、
はじめ、科学工学部の学生としていったが、途中でデザイン工学部へ専攻を変更したいという前代未聞の申し出をしたが、先生や学校側は了承してくれた。非常に刺激を受け、得ることも多かった。2017年9月日本に戻る。
日立製作所での挑戦
各社を就職活動した。パナソニックと日立製作所にともに合格した。ともに私服で面接を受ける。日本の優秀な学生は外資系に流れる傾向があるが、それはあえて受けなかった。パナソニックはぜひ来てくれという話があったが、より硬いイメージの日立製作所への入社を決めた。面接した本部長はぜひ来てほしいという話があった。600名の新入社員のうち唯一、社内ベンチャー部門へ配属ということになった。
起業への挑戦
世界的に起業して世界的な企業になったものが多い。(GAFAなど、フェイスブックの社長
,ザッカーバーグはハーバード大学在学中に起業、今は巨大企業になっている)。
現在、東工大、早大、慶応、千葉大の院生などと新しい取り組みを始めている。名称未定だが(例えばコラボロなど)気軽にパソコンの使い方の説明やいろいろな雑務などを気軽に低価格で学生に頼める組織を試行中である。ブログ筆者の住むマンション、大久保の町会や商店会などにも紹介して声掛けをしている。
日立でも起業を了承。9時から5時半まで日立の社員として勤務。他社の従業員として勤務はだめだが社長としてならよいということ。
7_2
試作したチラシ
すでにブログ筆者のほうでは、パソコンの操作や蛍光灯の取り換え等を依頼して、大変助かっています。画像は蛍光灯の取り換え中のものです。今後、なんでも気軽に低価格で頼める組織があるととても助かるのではないでしょうか。
人間学研究所2月例会
日 時: 2019年2月15日(金) 午後6時から
テーマ: 「石牟礼道子氏を悼む」 
        ー「苦界浄土わが水俣病」
講 師: 倉田 眞氏 (元新聞社編集局長・人間学研究所研究員)
会 場: 西戸山タワーホームズ集会室

2018年12月15日 (土)

2018年12月14日人間学研、柴田先生を偲ぶ会兼忘年会、「人間学研通信82号」発行

2018年12月14日(金)午後6時より、人間学研究所、実用的人間学研究会合同の柴田義松先生を偲ぶ会、兼忘年会が開かれました。場所は、はじめ忘年会として居酒屋での開催予定でしたが、前所長柴田義松先生のご逝去に当たり柴田先生をしのぶ会・忘年会のとしての開催とし、場所もいつもの例会場に変更になりました。参加者は12名でした。会費はお酒を飲まない方、2500円、飲まれる方3000円でした。

筆者の司会のもと岩田好宏新所長に最初のご挨拶の後、森岡修一副所長の献杯とご挨拶をしていただきました。

しばらく懇談の後、一人づつ参加者全員で柴田先生の思い出を語り合いました。皆共通して、柴田先生は普段めったに話をされないのだけれど、人間学研究所を心から愛し、例会を楽しみにされていたこと。また例会の後にこにこしながら焼酎のお湯割りを飲まれていたこと、時にはカラオケなども歌われていたことなどが話されました。何人からも福島の原発事故の跡地を一緒に見に行ったこと、それから千葉南房総への1泊旅行、などの思い出が話されました。

最後に、筆者の話となりました。森岡先生が「人間学研究所通信」83号の追悼文の中で、「『柴田先生が全面的に筆者のことを信頼している』といく度となく聞かされている」という文章を書かれているというをことを紹介しました。それで以下のようなことを話しました。

柴田先生と筆者とは特に、総合人間学会との関係において、ともに非常に嫌な思いをしてきたという点において共通しているのではないかということです。総合人間学研究会時代に3人の共同代表であったにもかかわらず柴田先生だけ総合人間学会の会長になりませんでした。

筆者も総合人間学研究会時代は事務局長でしたが、学会設立の本の出版の問題でトラブルがあり、早々に役員をやめました。また、後年、乞われて会計監査になったときも、学会誌への応募を拒否されたうえに、役員会に参加させてくれればということでなったのに、一度も会議に呼ばれなかったので最後に監査だけして1期でおりました。

柴田先生も、もう総合人間学会をやめたいと言ったそうですが、学会事務局からは顧問ということで会費はいいからということで続けられたそうです。ともかく、筆者は2018年12月で学会は他も含め、全部やめましたのですっきりです。

人間学研究所通信(HUMANOLGY)83号の発行について

181215_131001_2

2018年12月月25日発行の人間学研究所通信は

2019年1月の合同例会のお知らせ P1

日 時:2019年1月18日(金)18時より

テーマ:超個人主義の国オランダから学んだ挑戦する生き方

講 師:日高 聡氏 (筆者の甥で、前の人間学研究所-佐竹ビル3階に住んでいます)

会 場:西戸山タワーホームズノースタワー集会室

   新宿区百人町3-1-5 1階

2019年2月22日の柴田先生を偲ぶ会のお知らせP1

日時:2月22日(金)午後6時から

場所:松柏軒(女子栄養大学・JR駒込駅徒歩7分)

会費:4000円

発起人:    阿部 昇 (読みの授業研究会会長) 

               岩田好宏(人間学研究所長)

       尾関周二(総合人間学会長)     

               木内 剛(成蹊大名誉教授)

       佐竹幸一(実用的人間学研究会会長) 

               武田正直(日本ユーラシア協会長)

世話人:  宮坂琇子・木村廣子

ご出席連絡先: 木村廣子  (090-4064-5174)

特集 柴田義松先生(前人間学研究所所長)のご逝去を悼む P2からP14

柴田義松先生を偲んで    宮坂琇子

柴田先生を偲んで       森岡修一   大妻女子大学

柴田義松先生の思い出    佐竹幸一  (続きは年誌で)

ありがとうございました    天野幸子

柴田義松先生にお会いして 白村直也

柴田義松先生ありがとうございました  岩田好宏 本研究所所長・子どもと自然学会顧問

2018年11月17日 (土)

11月例会(高橋氏のお話)終了、12月、柴田義松氏をしのぶ会兼忘年会は会場変更

2018年11月例会は高橋喜代治氏はにお話していただきました。
人間学研究所の2918年度11月例会は、西戸山タワーホームズ集会室で行われました。参加者は9名でした。
講師は立教大学特任教授の高橋喜代治氏です。高橋氏には以前、人間学研でお話していただきました。
2016年4月には「耕地の子どもの遊びと暮らし」で
2017年2月には「アクティヴ・ラーニングとひとりひとりの学びの構成」でした。
11月例会、2018年11月16日は
「道徳の教科化と問題解決的な授業」-小グループ指導と教材分析がカギとなる
でした。
当日はたくさんの資料を持ってきていただきました。
「教職研究30号」立教大学
  道徳の問題解決的な授業に関する1考察
毎日新聞、2017年6月7日号 論点 「道徳どうあるべきか」
特別な教科道徳の、学年段階、学校段階の1欄
小学校高学年の読み物  手品師
今まで,「教科外活動」となっていた「道徳」が、小学校で2018年から、中学校で19年度から正式な教科として全面実施される。今度からは成績をつけなければならない。
道徳科の教材で、「手品師」というものがある。
うではいいがパンを買うのもやっとの貧しい手品師がお父さんが死んで、母親が働きに出て寂しい貧しい子供に手品を見せる、子供は喜ぶ。明日もと子供に約束する。しかし友人から2度とない大劇場で演ずるチャンスの電話がかかってくる。しかしチャンスは今日だけ。そして結局友人の誘いを断り子ども一人に手品を見せる。-約束を守るという素晴らしい話、として人気のある教材。
これを巡って論議された。
森岡先生は、友人のせっかくの誘いを断ってしまうのはおかしい~。友人の好意を断ることもおかしいのではないかと。ブログ筆者はその子も、劇場に呼んだらいいのでは。解決策はいくらでもいい方法がある、単に約束を守るということだけでしゃくし定規になるのはおかしいと。・・・
しかし、約束を守り断るという答えをしたものが成績がよく、高得点なのかと。高橋氏も文部省の矛盾点をいろいろ指摘されていました。
道徳の教科書に安倍首相が出てくる教科書があるそうで、、さすがに3校しか採用しなかったそうです。
故柴田義松先生をしのぶ会、および忘年会の会場変更について
・、
2018年12月14日(金)の、上記の会は、場所が多くの方に参加していただくために変更になりました。前の会場は12名まででした。(旧、鍛冶屋文蔵)
初めての方はわかりにくいのでご説明します。
場 所: 西戸山タワーホームズノースタワー集会室
東京都新宿区百人町3-1-5
最寄りの駅
 山手線新大久保駅を降りて、前の道路を渡りマツモトキヨシとパチンコ店の横の道を直進します。
 まっすぐ行くとグローブ座があり、そのために文化通りといいます。
 コンビニ、ローソンがあり、少し坂になります。信号のある小さい十字路があり直進します。 
 右にグローブ座、さらに直進すると3棟の25階の高層マンションがあります。
 一番北側の棟、高田馬場寄りの棟の集会室です。
 高田馬場駅から来た場合、新大久保から来た場合も、
 線路側の道からは直接入れません。またわからくなった人は佐竹まで電話してください。
 090-6549-2677 カギを開けます。
時 間 :午後6時から   会場は準備のため午後5時から空いています。
 午後8時半から9時ころまで。
会 費 : 2500円から3000円程度。お酒を飲まれる量により
◎メールアドレスのある方は、メールでご連絡しますので、出欠をメールでご連絡ください。
ほかの方ははがきでご連絡します。

2018年10月30日 (火)

当研究所の前所長、柴田義松氏、逝去のお知らせ。追悼文特集の発行と追悼の集い開催。当面の例会等も。

人間学研究所前所長の柴田義松氏は2018年病気で入院されましたが、その後の経過がわからないままでした。ところが、2018年10月29日、木村廣子先生から柴田義松氏が1週間ほど前になくなられているとのお知らせが入りました。
人間学研究所では所長の岩田好宏氏からのご連絡で、今度発行する『人間学研究所通信』の特集号として、「柴田義松先生の追悼特集号」を発行したらどうかというご連絡が入りました。それで、直ちにメールで連絡のつく方15名ほどにはメールをお送りしました。早速、記事を書きますとのご連絡を数名の方から頂きました。
定例のご連絡は、研究所全員に葉書でお送りしたばかりでしたので、今日30日にはメールで連絡した以外の方にまた再度はがきでご連絡することになりました。
当面の例会等
1,2018年11月例会
日時  :2018年11月16日(金)18時より
場所  :西戸山タワーホームズN集会室
               新宿区百人町3ー1-5
講師  :高橋喜代治氏
       立教大学特任教授
テーマ :「道徳の教科化と問題解決的な授業」
       -小グループ指導と教材分析がカギとなる
2、柴田先生追悼集会,兼忘年会
日時  :2018年12月14日(金)18時より
場所  :鍛冶屋文蔵(昨年と同じ)
       新宿区大久保3-8-4
       新宿ガーデンタワーアネックス
       03-6205-5171
       高田馬場駅戸山口から4分
訂正
    会場が西戸山タワーホームズ集会室に変更になりました
3、2019年1月例会
日時  :2019年1月18日(金)18時より
場所  :西戸山タワーホームズN集会室
講師  :日高 聡氏
       東京工大修士2年 デルフト工科大留学
テーマ :「超個人主義な国オランダから学んだ挑戦する
       生き方」
◎ 日高氏は人間学研究所の部屋に住んでもらっています。
 来年4月より日立製作所に入社、社内起業を認められて
 いるそうです。
◎ このお知らせは全員にはがきでお送りいたしました。30日には届いているはずです。
柴田義松先生の追悼文集の発行について
人間学研究所の設立から来年4月で20年になります。柴田義松先生は人間学研究所の設立以来ずっと続けて所長を務められてきました。
この間、毎月の150回近い例会、82号に及ぶ『人間学研究所通信』の発行、15号におよぶ『人間学研究所年誌』の発行などを続けてまいりました。
柴田先生は細かいところまであれこれと指示などはしませんが、柴田先生の人徳で、研究所の運営もスムースに行えて来ました。研究所の前身、人間学研究所準備室での活動も含めると28年の長きにわたります。
昨年の12月の忘年会に柴田先生の米寿のお祝いをしたばかりですのに、ちょうど1年後の12月に今度は追悼の集いを行うようになってしまいました。
柴田先生と筆者の出会いは1985年3月から始まります。そして第2次人間学研究会が発足しましたが、それ以来のお付き合いです。昔の人間学研究会については、追悼文で書くことにいたします。
人間学研究所の会員の野池さんから2011年6月頃の柴田先生のお元気な時の写真が送られてきました。ありがとうございます。
画面右側が柴田先生です。
Dscn5655_1
柴田先生真ん中です。
Dscn5658
Dscn5660_1
Dscn5661_2
例会の後、懇親会で台湾料理のお店で撮った写真です。
11月末までに岩田好宏氏に、「人間学研究所通信83号 追柴田義松氏追悼集号」の原稿を下記に添付ファイル等でお送りください。
    yosihiro_hanamigawa @yahoo.co.jp
◎ 「こういちの人間学ブログ」
  「柴田義松氏の教育的人間学 2017年12月人間学研で米寿のお祝い」
・すみません。つながらないので、バックナンバーで2017年12月のところを開いてください。
 
Kc4a0168_2
2013年8月 人間学研究所で1泊旅行。千葉の白浜灯台にて。
Kc4a00530001_2
2013年4月、福島の放射能汚染地帯を見た後での検査。背の高い人が柴田先生。

2018年10月14日 (日)

2018年10月19日(金)の人間学例会で話、再び事務局長へ、今準備をしています。「人間学研究所通信82号」の発行。19日例会報告

1,2018年10月19日(金)の人間学研究所、実用的人間学研究会、合同例会で話をします。
人間学研究所第144回例会・実用的人間学研究会第104回合同例会
日 時 : 2018年10月19日(第3金曜日)18時より
テーマ : 「人間学研の歴史―特に5年前以後、今後についても考える」
    話は30分ぐらいで簡単に済ませ、皆さんで今後どうするかを、いろいろ
        と話しあえればと思っています.
講 師 : 佐竹幸一
        (実用的人間学会長、人間学研究所専務理事)
会 場 : 西戸山タワーホームズ北棟集会室
        東京都新宿区百人町3-1-5
連絡・お問い合わせ先
        佐竹幸一 090-6549-2677
         あるいは、pcr92240@nifty.com
2、「人間学研究所通信No82」が、発行されました
181014_103601 敬称略 
p1  
 人間学例会のお知らせ
p2~p3
 「人間学研究所年誌2018」第16号刊行予告,原稿募集
 刊行日 2019年3月15日
 原稿締切日  2018年11月15日
 原著論文、短報、エッセイ、研究所、活動報告
 編集幹事 岩田好宏、木村廣子、倉田 眞、白井 亮、杉山靖夫、白村直也、宮坂琇子
 応募連絡先
       岩田好宏
p3-p4
「植物、plantに出会う」
       岩田好宏
p4
 「人間学研究所通信」
    発行者 岩田好宏
    連絡先 佐竹幸一
・・・
◎通信にいくつか誤りがありました。
連絡先
 正 新宿区百人町3-1-5 西戸山タワーホームズノースタワー2402
   (N2402)で郵便物は届きます
メールアドレス
 正 pcr92240@nifty.com
  誤 psr92240@nifty.com
どうでもいいことですが、佐竹は人間学研の専務理事で常務理事ではありません。
・ 
人間学研究所の事務局長に再びなるにあたり
元の佐竹ビル3階の、人間学研究所を使えなくなりましたので、すでに数か月前より例会の場所も変えました。柴田義松前所長が病気で退任されるに伴い、今まで、柴田所長を支えてこられた木村廣子氏が、人間学研の実質的な事務局長を降りたいとおっしゃりました。
また、現在、筆者が住んでいるところで人間学の例会を行うようになりましたので、再び、筆者が5年前と同じく、事務局長に戻ることになりました。
しかし、5年前に脳出血を発病していた時の前に比べると、車いす生活になり、活動範囲も狭まりました。以前は、佐竹ビル3階に印刷機もコピー機もあり、事務的な作業も簡単にできました。
「人間学研究所通信」や「人間学研究所年誌」の発行は副所長で、今度所長になられる、岩田氏のおかげです。岩田好宏氏に引き続きお願いすることになります。ありがとうございます。
人間学研究所が研究所らしい体裁を整えられたのは、ひとえに、いままで人間学研究所の実質的な所長を務められた岩田氏のおかげです。
これまでの例会などの連絡役は木村廣子氏にお願いし、人間学研究所の会計もやっていただいていました。これまで多大なご苦労をおかけして申し訳ありませんでした。人間学研究所通信の発行と発送には、ユーラシア協会の役員の木村氏と、事務局長をやっておられる白井亮氏のおかげです。ありがとうございます。引き続きお手数をおかけします。
実用的人間学研究会での会計は、副会長の杉山靖夫氏にお願いし、立派にまとめていただきました。どうもありがとうございました。ほかの方々にも大変、ありがとうございました、また多大な、ご迷惑をおかけしました。
これからも障害者ゆえの、不十分さで皆さんにご迷惑をおかけするとおもいますが、ご容赦ください。
2018年10月21日 追記 19日合同例会報告
10月19日の合同例会には、岩田好宏人間学研究所新所長初め、森岡修一副所長、杉山靖夫実用的人間学研究会副会長と幹部がみなそろい、30分ほどの資料の説明をブログ筆者の、実用的人間学研究会会長、兼人間学研究所、専務理事、事務局長がした後、今後どうするかについて話し合いました。
最初に岩田新所長から就任のご挨拶がありました。
柴田前所長の様子や、小原前名誉所長についてのお話がありました。
もし、柴田前所長がなくなられていたら、追悼特集号を出そうということになりました。
2015年から合同例会だがどうするか。たまに月2回もたまいいかと。
会計は一つにすることに。
連絡をメールと組み合わせることも検討。
2019年4月に人間学研究所創立20周年、どうするか。
当面の重要課題、年誌2018の発行。
研究所例会講師   
場所は、東京都新宿区百人町3-1-5西戸山タワーホームズ集会室
11月16日(金)  高橋喜代治氏
12月14日(金)  忘年会 文蔵にて
2019年
1月18日(金)   日高 聡氏
2月15日(金)   未定
3月15日(金)   未定
 何人か候補者があがっています
ご連絡は 佐竹まで pcr92240@nifty.com

2018年8月 3日 (金)

人間学研究所の事務局長に復活しました。岩田好弘氏が新所長に、7月例会でお話。人間学研の略史。9月にカラオケ大会を。

1、人間学研究所の経過と現状

2013年11月に旅行先の滋賀県で脳出血で倒れ、4か月ほど入院し、車いす生活となりました。佐竹ビルの5階の自宅と、3階の人間学研究所に、エレベーターがないため戻れず、副会長の岩田氏に人間学ニュースと例会のお知らせをやっていただき、事務局長の仕事を木村廣子先生と税理士で実用的人間学研究会の副会長の杉山靖夫氏にお願いしていました。筆者が人間学の例会に参加できなかったからです。

佐竹ビル3階に甥っ子の日高さんに住んでもらっていましたが、改めて印刷機などがある元の風呂場を直し、本格的に住んでもらうことになりました。残っている猫の面倒も見てもらいます。それで、人間学の例会は現在、筆者の住んでいるマンションの集会室で行うことになりました。以前は、筆者が話をするときだけ、住んでいるマンションの集会室で行いました。

人間学研究所の所長の柴田義松氏と名誉所長の小原秀雄氏も今度から、名誉所長と顧問になっていただくことになりました。そして、実質的に所長の役割をされていた岩田好弘氏に所長になっていただくことになりました。そしてブログ筆者も4年半ぶりに事務局長に復活することになりました。ただ、以前行っていた、人間学研究所通信の発行は印刷機がないので今まで通りでお願いしたいと思います。メールの添付ファイルでしたら簡単なのですが。メールアドレスをお持ちの方は出来るだけ教えてもらいます。

人間学研究所通信は従来どうりで発行していただきます。ハガキでの例会のお知らせはこちらで行います。

人間学研究所には8000冊の本、特に人間学と名のついた本、昔の貴重な本はたくさんあります。例会の記録テープ、膨大な量があります。人間学研究所のノート多数。人間学例会の資料等。
 古い教科書、映画のビデオなどは捨ててしまいました。

なお、前にも書きましたが、柴田義松前人間学研究所所長に変わり、岩田好弘氏が2代目の所長になられました。岩田好弘氏は、柴田義松氏が所長時代に副所長として極めて重要な役割を果たしてこられました。岩田好弘氏は、東京教育大の動物学科を卒業され、筆者の4期先輩になります。高校の生物科の先生をやられるかたわら様々な団体の会長や役員をやられ、現在でも、総合人間学会の理事をされています。当研究所においては極めて重要な役割を果たしておられます、筆者が病気になった後は、事務局長の役割も果たしていただきました。人間学研究所においては極めて重要な役割を果たしてこられました。
 ・
1、人間学研の簡単な歴史を書いてみます。

   詳しくは「人間学研究所年誌2007」(No5)人間学研究会のあゆみ1と

 年誌2008(No6)」、人間学研究会のあゆみ2

 「人間学研究所年誌2012」(第10号)をご覧ください

1963年、筆者が東京教育大の学生のころ、関東生物科学生懇談会(生懇)の分科会で・・人間学分科会を作ったのが始まりです。

1966年に(第1次)人間学研究会を小原秀雄氏らととらもに作りました。

1985年に佐竹ビルの完成とともに第2次人間学研究会を作りました。この時、小原氏とともに柴田義松氏、岩城正夫氏などとともに設立しました。

1985年4月に第2佐竹ビルの完成とともに第3次人間学研究会が始まりました。これは数年続き解散しました。


1991年人間学研究所準備室を作り研究所設立に備えました。この時の中心メンバーは柴田氏、小原氏、岩城氏、筆者でした。
研究会は1998年4月にはすべてが実用的人間学研究会となったこともあり、名簿には114名の名前がありました。この時には今度の新所長、岩田氏も参加されました。

1999年4月には人間学研究所となり、研究所設立寸前の人間学研究会の4月の名簿には142名の名前がありました。この時例会で講師をしていただいた方が31名となかなかの盛況でした。
正式な人間学研究所の発足に伴い、所員と所友制度となり人数は減少しました。。

6月には「人間学研究所通信」(Humanology)が発行されました。(Humanology)2018年8月現在で81号となっています。

2000年には「人間学研究所年誌」NO1が発行されました。
派生的に人間学研究所を母体として2002年に総合人間学研究会、2006年には総合人間学会が設立されました。総合人間学会設立時には筆者は事務局次長でした。

2008年には第2次実用的人間学研究会が編成されました。

2009年7月より、「こういちの人間学ブログ」の開始。

2010年3月には人間学研究所の場所が佐竹ビル3階となりました。

2013年3月に年誌2012(第10号)が発行されましたこの時のメンバーは、人間学研究所32名。実用的人間学研究会会員31名でした。(実人員60名) 

2018年3月発行の年誌2017(15号)に登録されている会員数は、人間学研究所員27名。実用的人間学研究会員19名でした。重複3名、名誉会員2名。2018年8月段階での名誉会員と重複者を除くと29名です。筆者が事務局を離れている間に、この5年間で会員数は半減しました。

事務局長復活に伴い、これからは、面白くてためになる人間学研究所と実用的人間学研究会として、面白い企画をいろいろ考え、会員も増やしていきたいと思います。以前は、大久保の街散策やめずらしい食べ物のたんぽう、科学博物館の「顔展」を見たり千葉の白浜旅行へ行ったりと、いろいろな企画を行いました。

2、9月21日に、カラオケ大会を企画します。

・・・・

正式にはニュースかはがきでご連絡します。会員以外の方も興味ある方はぜひご参加ください。

日 時 : 9月21日(金) 午後6時から9時まで

場 所 : カラオケ店、「ビッグエコー」山手線新大久保駅前店、マツモトキヨシ前、パチンコ店2階

参加費: 2800円 料理8品・ソフトドリンク飲み放題コース
      お酒飲む方は実費払い カラオケ歌わなくても食事で楽しく歓談しましょう

お問い合わせ
申し込み: 佐竹幸一まで 090-6549-2677
        pcr92240@nifty.com     3日前までに、それ以後のキャンセルは支払いお願いします。、

第142回人間学研究所、第102回実用的人間学研究会が開催されました。

日時:2018年7月20日(金)18時より

テーマ:「人間は植物をどのようにみてきたか」

講師:岩田好宏氏 人間学研究所新所長

場所:西戸山タワーホームズ集会室

資料は「人間学研究所通信81号」に岩田氏の同名の文章が載せられています。

参加者が5名とすくかったのですが、大変重要な参考になるお話でした・


追記

 思えば私の人生は人間学特に私の提唱している、実用的人間学とともにありました。実用的人間学の組織を維持するために、学者とならずに、会社の経営者となりました。会社の社長の道楽として会社の1室を確保し、そこを人間学研究所としてまいりました。本来はもっと大きな会社にしたかったのですが、東京ガスの下請けとしてはいっぱいの規模でした。例会を開催する場所や事務所を確保することは、組織にとって重要です。
 新宿で場所を借りて事務所を維痔するには数十万かかります。

 また学者だけでなく、一般人も参加してもらい、それぞれのお得意の分野を話してもらうことは有意義なことです。また研究活動だけでなく、いろいろな親睦活動も行ってきました。それが研究所が1991年から27年間も続いていてきた理由です。

筆者の突然の病気で、活動が停滞しましたが、この度、再び事務局長に復活しましたので、また人間学研究所を盛り上げてゆきたいと思います。

2018年6月30日 (土)

人間学6月例会で「寿命100歳時代の明と暗」追記2017年の人口減、外国人最多249万人

人間学研究所141回、実用的人間学101回合同例会を開催しました

レジメ、講演の内容

はじめに・ 
1、寿命100歳時代の世の中
2、今の世の中の変化、独占と集中が進む
3,100歳時代の様々な健康法の氾濫
4、おすすめ健康法
5、寿命100歳時代の暗い未来
6、人口減少の年表を見据えた「戦後日本の人口の減少の年表」
まとめ
参考書、「こういちの人間学ブログ」の記事、人間学研究所での過去のお話

開催日: 2018年6月28日(木)午後6時から8時まで

テーマ及び配布資料
「寿命100歳時代の明と暗」

講師: 佐竹幸一
    人間学研究所、専務理事、実用的人間学研究会会長

開催場所:西戸山タワーホームズ集会室

参加者10名

講演後、今後の会について、佐竹幸一がご提案により

人間学研究所の所長を岩田好弘氏とする
柴田義松氏は名誉所長とし、小原秀雄氏は名誉顧問とする
例会会場は西戸山タワーホームズ北棟集会室とする
などが決まりました。

例会終了後希望者で、懇親会へ行きました。

◎ お話のポイントは、

日本人の寿命がどんどん延びてゆくのは大変おめでたいことではあるが、日本の場合、少子化が進み、遠くない将来日本人が絶滅するとかの未来も語られています。政府は2017年安倍首相のもとに「人生100年時代構想会議」を開き頻繁に対策会議を重ねています。急速な少子高齢化が進み、日本の働き手がいなくなってしまうのをどうするか、という対策です。政府の対策は、小中高の教育費の無償化などと、外国人労働者の導入、定年を延長し80歳ぐらいまで働いてもらうということです。またAIなども導入してロボット化ていこうとしています。しかし根本的に人口を増やす対策のほうは全く不十分です。

フランスでは一時落ち込んだ合計特殊出生率を、思い切った子供を増やす政策により2、0に戻しました。しかし最近のフランス政府は予算を削り又率は低下してきました。要は国の政策次第です。日本の政策はあくまでも大企業のためにどう労働者を確保するかが最大関心事です。ですから平然と2100年ごろには日本人が絶滅するような予測図を国の研究所や内閣府などが平然と出してくるのです。

レジメでは2ページ半に及ぶ年表で戦後の日本の人口にまつわる出来事を書き、、日本人が3000年には2000人となり絶滅寸前になるとの予想年表を書きました。

この話をするために、新書版を中心に新しく出た関連書物を20数冊購入しましたが、その内容の概略も、紹介しました。

追記 ブログを読み直しましたら、たくさんの誤字脱字がありました。修正しましたがまだ不十分かもしれません。
良く読み直さないで、ブログの記事を出してしまい、申し訳ありませんでした。

「寿命100歳時代の明と暗」資料12ページのうち1ページ
 (ファイルはうまく保存できませんでした)

180630_112101


12ページの図表 切り張りの原板


180630_112201

参考書の1部を紹介します

「未来の呪縛」日本は人口減から脱出できるのか 河合雅司 中公新書ラクレ2018年4月
「未来の年表」人口減少でこれから起きること 河合雅司 講談社現代新書 2017年6月
        46万部のベストセラー
「未来の年表2」人口減少日本であなたに起きること 河合雅司 講談社現代新書2018年5月

「日本の国難」 中原圭介 講談社現代新書 2018年4月

「フランスはどう少子化を克服したか」 高崎順子 新潮選書 2016年10月

「縮小ニッポンの衝撃」 NHK取材班 講談社現代新書 2017年7月

「ルポ 老人地獄」朝日新聞経済部 経済部 文春新書 2015年6月

「下流老人」1億総老後崩壊の衝撃 藤田孝典 朝日新書 2015年6月

「健康格差」あなたの寿命は社会が決める NHKスペシャル取材班
               講談社現代新書   2017年11月

参考ブログ「こういちの人間学ブログ」

NHKスペシャル「縮小日本の衝撃」~    2018年6月

「迫る人生100年時代の生き方」 BSフジ プライムニュースで
                           2018年6月

2018年7月12日追記

日経新聞1面に。「人口減最大37万人、9年連続減、生産人口6割切る」

7月12日の1面にこのような記事が載りました。

総務省が11日発表した住民基本に基づく2018年1月1日時点の人口動態調査で、9年連続で減った。前年から37万4055人減り減少額は1968年の調査開始以来最大。15から64歳の生産年齢人口は初めて全体の6割を切った。外国人人口は過去最多の249万7656にんで前年比7,5%増えた。

人口が増えたのは東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県と愛知、沖縄の計6都県だけだった。

出生数は94万8396人で8,79年の調査開始以来最小、。死亡者数は134万774人で過去最多だった。自然減は11年連続でその幅は39万2378人で過去最大となった。

3面にはトップ記事で

外国人最多249万人
東京では20代の1割に、働き手、高まる存在感

新宿区には4万人超の外国人が暮らす

新宿区で20歳代の日本人は5年前に比べ7%減ったが、外国人は48%増えた。20歳に限ると外国人の割合は4割を超える。JR新宿駅近くのコンビニエンスストアで働く中国人女性(31)は「私がシフトを外れると店が回らないと話す」
日精基礎研究所の鈴木智也氏は「小売りなどの人手不足の業界は外国人労働力で成り立っている」と指摘する。全国のセブン-イレブン・ジャパンで働く外国人は全従業員の7%に当たる約3万5千人にのぼる。

人口に占める外国人比率
               外国人住民 外国人比率
1、北海道占冠村    329人     22,7%
2、大阪市生野区   27773人    21,8%
3、群馬県大泉町    7585人    18,1%
4、北海道赤井川村   160人     12,7%
5、東京都新宿区   42428人    12,4%
6、大阪市浪早区     8280人    12,4%
7、横浜市中区     16440人    10,9%

10、東京都豊島区  28010人    10,1%

厚生労働省によれば、日本で働く外国人は17年10月末時点で約128万人。中国人が全体の3割を占めるが、ベトナムや、ネパールから来た人も急増している。
OECDの調査によると、16年の海外からの一時労働者の流入者は約20万人で、英国やカナダを上回る。政府は単純労働者を受け入れない立場を続けてきたが、若い世代を中心に留学生や技能実習生という形で流入しているのが実情だ。

参考までに2018年7月1日の新宿区の外国人の数は7月1日で42923人

町単位では第1位 大久保2丁目  3244人
         2位 大久保1丁目  2226人
         3位 百人町2丁目  2124人
  いかに大久保、百人町地域に多いかわかります。 

2018年6月28日 (木)

「HUMANOLOGY No81」人間学研究所通信81号が発行されました。

『人間学研究所通信第81号』が発行されました。


180628_095901


目   次

1、人間学研究所第142回・実用的人間学研究会第102回合同例会開催通知 P1

2、予告「人間学研究所年誌2018」の発行について P1

3、岩田好弘 : 「人間は植物をどのようにみてきたか」 P2~16

人間学2018年度第4回開催通知

日 時:: 2018年7月20日(第3金曜日)18時より

テーマ: 「人間は植物をどのように見てきたか」

講 師: 岩田好弘氏 (人間学研究所副所長、実用的人間学研究会顧問)

会 場: 西戸山タワーホームズ・ノースタワー集会室


予告「人間学研究所年誌2018」の発行について


1,2018年10月末:応募受付締め切り

2,2018年12月末:原稿提出締め切り

3,2019年3月10日:発行

4,現行長さ1ページ40字×30行、図表含めて20ページ以内、B5判、1段組

5、執筆上の規定は、10月中旬発行予定のHUANOLOGYに発表します

「人間は植物をどのように見てきたか」  岩田好弘

180628_095902


2018年5月25日 (金)

2018年度人間学研究所・実用的人間学研究会合同第3回例会「人生100歳時代の明と暗」佐竹が話をします。参加自由

実用的人間学研究会(第101回)・人間学研究所(第141回)合同例会
1、日 時 : 2018年6月28日(第4木曜日) 18時より
         お話は1時間程度 残る1時間は質問・討議にいたします
2、場 所 : 西戸山タワーホームズノースタワー集会室
         新宿区百人町3-1-5
         山手線の線路際、3棟の25階建ての高層マンションがあります
         その最も北側の建物、1階の集会室
3、講 師 : 佐竹幸一
         実用的人間学研究会会長 ・人間学研究所専務理事
4、テーマ : 「人生100歳時代の明と暗」
  会員でなくとも自由に参加できます 参加費無料
 出来ましたら事前に下記にまでメールをいただけると助かります
  pcr92240@nifty.com   佐竹幸一
 例会終了後、希望者は杵屋文蔵で懇親会

2018年5月 7日 (月)

2018年度人間学研究所・実用的人間学研究会合同例会、第2回例会,生田清人氏の話

実用的人間学(第100回)・人間学研究所(第140回)合同例会
1、日 時 :2018年5月18日(第3金曜日)18時より
、場 所 :新宿区百人町1-3-17 佐竹ビル3階
          人間学研究所
、講 師 : 生田 清人氏 
           人間学研究所研究員 .駒沢大学非常勤講師 地理学
4、テーマ : 「日仏の新学習指導要領にみる学校地理の「明日」」
 生田さんは、来年1月に開催される日仏教育学会シンポジウムのコメンテーターを担当されことになっています。
実用的人間学研究会は、今回で第100回となります。
問い合わせは
 木村廣子氏  090-4064-5174
・ 
 あるいは 佐竹幸一 090-6549-2677
6月例会の日時変更 6月28日(木)に変更
◎ 6月例会は6月28日(第4木曜日)に佐竹幸一が「人生100歳時代の明と暗」
をお話しする予定です。会員でなくとも参加できます。参加費無料
会場は、西戸山タワーホームズノースタワー集会室
     新宿区百人町3-1-5
◎ 現在の実用的人間学研究会(第3次)2008年4月23日に第1回の例会、
を開いたものです。
 第1回目は懇親会を兼ねたものとし女子栄養大学レストランで開催しました。それ以後で今回100回です。
1991年4月に第2サタケビルに人間学研究所準備室が作られました。
(第1次)実用的人間学研究会は例会会場が、第2サタケビルの時に作ったもので、1993年5月に作られました。第1次、第2次、第3次いずれも会長は、佐竹幸一、副会長は杉山靖男氏です。です。
一時中断していた実用的人間学部会2003年8月に再開されました。(第2次)

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック